nana624.png

2007年10月29日

「I DIG NANA」

All Things Must Pass (30th Ann) (Dig)


「the diary of nana katase」が此処まで続いて、異常な更新数になるとは、始めた時には全く予想していませんでした。僕は、只、自分が敬愛する那奈ちゃんの記録が何処にも見つからなかったので、自分で始めただけなんです。最近はイコ姐のノリで、良く分かんない事も書いて在るけど、僕がやりたいのは記録の積み重ねです。那奈ちゃんに興味の無い片は勿論、ファンの片ですら「雑誌のスタッフを記述する」ことや「ドラマの出演者やスタッフまでリンクする」ことなどが理解不能らしいのですけど、僕は此のデータが欲しかったんです。

掲載誌のスタッフデータを記述するのは、結構、難儀なことです。字が細かいし、あたくし「ローガンズ」入ってますから大変なのよ。でも、此れは貴重な資料になると自負しております。「あ、此れはこずえさんじゃないな」とか、分る様になるんですよ。楽しいですよ。

此処で僕がやっているのは「片瀬那奈」と云う稀人の公的な活動記録です。其れ以上でも其れ以下でも在りません。でも、宇宙一のファン・ブログだと、自負しております。


(姫川未亜)



posted by 栗 at 01:28| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

「NEVER MY LOVE」

Inside Out ~ Deluxe Expanded Mono Edition


「那奈ちゃんは(色んな意味で)素晴らしいんですよ」

あたくしの尊敬する同志「アンテツあにい」の御言葉です。

アノですね、此れで理解出来なきゃお話にならないのですよ。其れをだ「上から目線」だとか云われても困っちゃうのよさ。だってさ、例えば「INNERVISIONS」を聴いたこともない片とスティーヴィーを語れますか?「REVOLVER」も聴いてないコと深い THE BEATLES 談義が出来るかい?

今日は片瀬クンの御誕生日だ。一日中、お祝いだよ。君もお祝いしてみれば好い。他人を批判するのは、子供でも出来る。其れは生産的なことでもなければ、芸術的なことでもないじゃん。そんなのよせよ。やってて面白いのかい?何かを生み出して行かなきゃ、此の世は滅びるんだ。君は、ショッカーなのかい?

御免、それじゃ「ともだち」になれないや。あたくしは「正義の味方」なんだよ。


初出「COPY CONTROL」 (小島藺子)



posted by 栗 at 01:31| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

「RITIRARSI ?」

Beggars Banquet


あたくし個人の繰り言とも云える「那奈ちゃんねる」が、今回の

「公式BBS御誕生日コメント不採用事件」

によって、俄に賑わって参りました。正直に云って、こんなことで盛り上がるのは不本意です。けれど、例年、ずっと祝って来た方々のコメントをオミットしてしまうのは、全くもって理解が出来ません。あにいなんかさ、BBSが始まった時から毎年、必ず書いていたんだよ。那奈ちゃんだって、電エースのことは知ってるじゃん。結婚した時にお祝いしてくれたじゃないか。何で、そーゆーデビュー当時からのファンを切り捨てたのですか?

其れは、那奈ちゃんの責任じゃない。那奈ちゃんは、ずっとファンを大切にしてくれている。其れは実際に何度もお逢いして知っています。じゃあさ、何でこんな事が起こるの?那奈ちゃんは、来年、引退するの?

「教えて下さい、シュガーちゃん!」


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 02:21| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

「A LONG BIRTHDAY」

Pin Ups [ENHANCED CD]


片瀬クンは多忙です。彼女は1981年11月7日に生誕されたので、毎年当日には公式BBSに怒涛の書き込みがなされて来ました。其れは今年もおんなじだったのだけれど、何故か当日には壱件のみ、そして翌々日になって数件が反映されただけでした。そして、20日になって、唐突に残りの多くの「御誕生日お祝いコメント」がアップされました。此の問題は多くの古くからの所謂「那奈ヲタ」の間で、大問題となり多くの抗議の声が「那奈ちゃんねる」に書き込まれましたし、あたくしも「ゼンキロ」で疑問を投げかけました。

今年の春から彼女のHPがリニューアルされ、其の直前までスパムメールだらけになって居たBBSも「承認制」に変わったのです。私が投稿したモノは、すべて反映されていますが、今回みたいに弐週間も経ってからと云うのは記憶に在りません。せいぜい三日後位には載せて戴いておりました。

其れが何故か肝心の「御誕生日」に、おかしな事になってしまったわけです。どんな事情が在ったのかは、全く分りませんが、私も含めて「反映」まで弐週間待っていた同志諸君は不信感を抱いたと思います。当日以後に「遅れましたけど」なんて感じで書き込まれたコメントが先にアップされていたのも、不快感を呼びました。壱年に壱度の大切な日を毎年忘れずにいて、其の日に心を込めて書いたお祝いの言葉が無視され続けたことは、厳然たる事実です。HP制作スタッフさんには、猛省して戴きたいです。

那奈ちゃんが多忙なら、チーム片瀬もおんなじです。スタッフによる御誕生日会が行われたのは18日だった様です。理名ちゃんや☆クンなどのお友達とのパーティーも、未だ開くことが出来ない状況なのでしょう。確かに、那奈ちゃんは忙しい。だからスタッフもてんてこ舞いです。けれど、其れと「BBSの件」は別問題だと思います。

文句なんか云いたくはないのです。僕らは「那奈ちゃんのファン」です。僕らが不満に思うのは、御誕生日に山の様に書き込まれたメッセージを那奈ちゃんが当日に読めなかったことなのです。「えっ、みんな忘れちゃったの?」って思ったかもしれないじゃん。那奈ちゃんに哀しい想いをさせないで下さい。何卒、お願い致します。


初出「COPY CONTROL」 (姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 00:01| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

「未亜イコ対談の逆襲」

キングコングの逆襲 [DVD]


イコ:おいおい、またやるのかよ。もーいいよこんなスットコドッコイ対談。

未亜:あのね、姐御が「やるわよ」って云ったんじゃないですか。

イコ:だからぁ、あたくしはゲストなんだからさぁ。

未亜:デジャブしてますよ、姐御。

イコ:なんか随分と久しぶりじゃない?片瀬クンが引退でもしてネタがなかったのか?

未亜:那奈ちゃんはバリバリ働いてますよっ!

イコ:ま、昔の「月刊・未亜」同様、あんまり頻繁にやると飽きられるからな。

未亜:だから、全部そーやって姐御が決めてんじゃん。ぷんすかぷんぷん。

イコ:そんで、なんで此の忙しい師走にこんな下らない対談を復活させたわけ?

未亜:そりゃ、那奈ちゃんが「師走するぞーっ!」って宣言してですね、「暴ママ」でもいよいよ主役を喰う勢いになったと思えば、来年早々遂に主演!なんですよっ!!

イコ:主演?ああ、また深夜ドラマか。次は昼ドラ進出だな。

未亜:確かに那奈ちゃんは「昼ドラ」にハマってますからね、って、おいおい。

イコ:ええじゃん、昼ドラに出たら毎日片瀬クンを観れるんだぞ、極楽だろ?

未亜:ボキは榮倉サマ絡みで、朝ドラにって展開を予想してるんですけど、、、

イコ:もう研音ちゃんで「ナナちゃん」と云えば榮倉になっちゃったもんナァ。立場ないナ。

未亜:那奈ちゃんは、永遠に那奈ちゃんだけですよっ!

イコ:そんで、久しぶりの主演作ってのはどんな感じなのよ?

未亜:「西豪寺エレナ様物語」のスタッフで、ダブル主演が塚本クンで、、、

イコ:おいおい、そりゃ「ダメドラマ確定」じゃまいか。「アカネふたたび」かよ。

未亜:なんれすか?「アカネ」って。

イコ:おまえは未だタイトルすら覚えられないのかよ。片瀬クンが名前入りでサインしてくれた箱にも「鉄板少女アカネ !!」って書いて在るだろーがっ!

未亜:ボキには「西豪寺エレナ様物語」としか見えませんです。

イコ:おまえ、今片瀬クンが出ているドラマのタイトルを云えるのか?

未亜:知ってますよ「暴れん坊倫子ママ」でしょ?

イコ:お莫迦っ!「暴れん坊ママ」だよ。主演は上戸彩ちゃんだろーがっ。

未亜:姐御もボケましたね。倫子サマ役の那奈ちゃんが主役に決まってるじゃないですか。

イコ:おまえ、症状が悪化してるんじゃないか?片瀬クンは端役じゃん。

未亜:那奈ちゃんを愚弄する輩は、例え姐御でも許しませんよっ!!

イコ:デジャブしすぎてるナ☆


初出「COPY CONTROL」 (小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 20:03| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

「ゼンキロ、危うし!」

Tusk (Dlx)


此処は、片瀬那奈ちゃんが公的に活動した記録を残すことを目的とし立ち上げて、参周年を迎えようとしております。過去ログの更新数を御覧になって戴ければお分かりになられると思いますが、そもそも、あたくしが戯言を書き連ねているだけの「COPY CONTROL」から分家された此処は、当初はエポックとなる活動のみを記録する場としてのみ在ったのです。其れが、昨年の9月あたりから違って来ました。自分でも驚くべきことなのですが、昨年(2006年)9月25日から当ブログは毎日更新しつづけているのでした。其れどころか、毎月平均「那奈拾更新」を超えております。「異常なる更新数」だと思っております。

其れだけ「片瀬那奈」サンが、休み無く話題を提供しつづけて下さっていると云うわけですが、どーもあたくしも「こーなったら毎日、何としてでも更新してやろーじゃねーか」って気になってしまったのも確かでしょう。今年の予定としては、明日放送の「暴ママ」最終回と24日のラジオドラマしか公表されていない状況で、果たして年を越せるのか?「ゼンキロ」よ、と自分に問いたい。

「『女子マネちゃん日記』が在るから安泰じゃん」なんて「悪魔の囁き」も聞こえて参りましたよ。でもね、其れだけじゃダメなんだっ。那奈ちゃんと僕らは、日々、同じ世界に存在しているのです。話題は、在る。あたくしは、女子マネちゃん任せにはしないよ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 20:44| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

「働く那奈ちゃん 3」

Like a Prayer


2007年のお正月には世界一周を楽しまれた那奈ちゃんですが、どうやら2008年は其れ程お休みをもらえなかった御様子です。研音さまやディノスさまの動きからして、ズバリ云って、

「那奈ちゃんは5日から働いている」

と推測されます。すぎょいナァ。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 12:31| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

「THAT WAS ME」

追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル(DVD付)


ようやく「COPY CONTROL」のカテゴリ「NANA」を此処へ移転完了致しました。

何度も何度も繰り返し語って参りましたけれど、此処「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」通称「ゼンキロ」は、あたくしの個人ブログであった「COPY CONTROL」通称「コピコン」が起源です。

元々「コピコン」は片瀬那奈ちゃんの記事で始まっていましたし、洋楽やプロレスなどに関して書いても、すべては「カタセカイ」の範疇であると主張していたのですが、理解を得られず「ロックやソウルに関する文章を求めているのに、何故に片瀬那奈の噺が出てくるの?」と批判されることとなったのでした。

そう云った経緯で、致し方なく「ゼンキロ」を立ち上げたのです。但し、あたくしも当初は本当に単純なる「片瀬那奈ちゃんの記録」をメモする様な軽い気持ちで始めたわけでして、正直云ってメインのサイトではなかったのですよ。

ゆえに、あくまでも、メインは「コピコン」で在ったわけです。実際に、以前は「コピコン」の方が圧倒的に多くの読者を得ておりました。ですから、必然的に那奈ちゃんに関する文章も「コピコン」の方が「チカラ」が入っていました。

「ゼンキロ」がメインになったのは、更新数が飛躍的に伸びた「2006年秋」頃だったと思います。其れが何故なのか?は、当時の記事を読んで戴ければお分かりになるでしょう。簡単に云えば、片瀬那奈ちゃんから「此処を読んでいる」との事実を直接知らされたのです。僕が何にも教えてなかったのに、彼女は全部知っていました。あんなに感動した瞬間は、なかったナァ。

今回、こうして閉鎖した「コピコン」の記事を移転してみると、此処の記録がより深みを増したんじゃないかしら、と自負しております。次に復刻されるのは「コピコン」以前に書いていた「月刊・未亜」です。

僕が、片瀬那奈ちゃんに関して書いた文章は、此処にすべて回帰します。


(姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 01:28| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

「ナナノナツ 2008」を待ちながら

片瀬那奈写真集 「ナナノナツ」


イコ:おい、未亜たん。颱風の影響でTV画面が滅茶苦茶だナ。

未亜:まったくもう、此れじゃ「ジゴ沙汰」がちゃんと録画出来ませんよっ!

イコ:はあ?おまえ「ジゴ沙汰」なんて本放送で全部録って、DVD箱も持ってんじゃん。

未亜:再放送は別ヴァージョンなんですよっ!ミックス違いじゃん。

イコ:おいおい、いつから片瀬クンは THE BEATLES になったんだ?

未亜:那奈ちゃんは、ビートルズなんてとっくに超えてますよっ!

イコ:未亜たん、、、片瀬クンに逢い過ぎて遂に発狂したのね。

未亜:そうそう、那奈ちゃん可愛かったナァ。ぽわわ〜ん。

イコ:はいはい、全くおまえは、三国一の幸せ者だわ。

未亜:姐御だって盛り上がっていたじゃん。

イコ:そりゃおまえ、本人の前でアンポンタン発言なんて出来ねーだろーが。

未亜:いや、なんか女子マネちゃんと仲良く話し込んでたじゃん。さては、女子マネちゃんに「ホ」の字ですね?

イコ:あのさぁ、おまえ、そーゆー那奈ヲタにしか通用しないギャグはよせよ。

未亜:此処の読者は、全員「那奈ヲタ」ですよ。

イコ:そんなこと云って平気か?なんか今日の未亜たんは強気だナ。

未亜:嗚呼、夢の様な五日間でしたよ。ほわわわ〜ん。

イコ:好かったナ。ホントに夢だったのかもしれないぞ。あたくしなんか本当の事しか書いていないのに「またイコの妄想話が始まった」とか地元で叩かれるからさ、ダンダンダンとリアルだったことすら夢だったんじゃまいか?って思えてくるぞ。

未亜:姐御、相変わらず「人気者」ですね。アンチも所詮は姐御のファンですよ。

イコ:名無しのファンなんかイラネ。てかさ、未亜たん、マジで「フラガール」のテケツ全部買ったのかい?

未亜:はいっ!(きっぱり)

イコ:23公演だから、、、げげげっ!20万那奈千円じゃまいかっ!!

未亜:いえいえ、手数料も掛かっていますし、此れから地方公演も買いますし、旅費も掛かるからさ、ま、50万円くらいとみていますよ。えっへん!

イコ:き、貴様っ!其の金は英国と伊太利亜行きの資金だったんじゃまいかっ!!

未亜:あはははは、そんな海外旅行なんていつだって出来ますよ。那奈ちゃんの舞台は其の時限りなんですからね。

イコ:てかてか、おまえさ、ええ加減に働けよっ!何で金にもならない映画のエキストラばっかやってんのよさっ!

未亜:だってぇ〜「20世紀少年」には那奈ちゃんも出てるんだも〜ん。夢の共演じゃないですかっ!

イコ:ばかやろ様っ!今度のロケなんて6月なのに野外で真冬の格好なんだぞっ。ヤメろよっ、死んじゃうぞっ。

未亜:那奈ちゃんの為に死ねるなら本望ですよっ。「君の為なら死ねるっ!」

イコ:おまえは、岩清水かよ。てかさ、久しぶりに対談したから「ボケ」と「ツッコミ」の役割が逆転してないか?

未亜:(馬耳東風で)那奈ちゃん、さいこーっ!!

イコ:おまえは、ミッチーかよ。

未亜:あ、姐御、其れはヤバイですよっ。

イコ:聞き流せよ。おまえが反応するから何か在るって思われるんだよ。「ゴジラの息子」はミニラだとか、当たり前の話じゃん。な〜んも問題ないじゃん。片瀬クンと共演した俳優大集合!なんて全然ネタバレじゃないじゃん。おまえが過剰反応するから、ボロが出てるだけじゃん。未亜たんが悪い!

未亜:ひ、酷いよ、、、姐御。


初出「COPY CONTROL AGAIN」 (小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 09:43| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「TVC 15」

地球に落ちてきた男[完全版]


僕が初めてテレビに出たのは、小学五年生の時だった。幼少時代から「少年少女合唱団」に入っていた僕は、10才にも満たない年齢で何度もステージに立っていた。其れで、場慣れしてるって思われて小学校の学芸会で主役をやらされ、テレビにまで出させられたのです。僕は、10才でした。

ローカル民放局の土曜日の昼のぬる〜い生番組でした。「年賀状を版画で作る小学生」って設定で、僕と男の子と女の子が選ばれて出演しました。僕以外の二人は、版画の先生に習っている生徒でした。だから、僕だけが何も知らずに出演したのです。

担任の美人音楽先生に「テレビに出るのよ、頑張ってね」と云われた僕は、前日に夜更かしして「版画の原画」を描いてもってゆきました。でも、其れは全くの「無駄」だったのです。スタジオに入ると、もう既に出来上がった版画が彫って在りました。とても小学生じゃ彫れない様な綺麗な作品でした。リハーサルが始まり、デレクターが僕に云った。其れは、生涯忘れられない「コトノハ」でした。

「ボクは、コレを自分で彫ったんだよ。アノきれいなおねえさんが、ボクに質問するからね。そしたらさ、ボクは、こう応えるんだよ。『此の龍の髭のトコロを彫るのが難しかったです!』ってね。わかった?じゃあ、練習してみよう。」

僕のポケットには、昨晩頑張って描いた絵が入っていた。でも、其れは使ってもらえなかった。「これを描いて来たんです」って、ちゃんと云った。そしたらデレクターは「なかなか上手だね、マンガ家になれるんじゃない?でも、今日はもう決まっているから、オジサンが云った通りにしようね」と云った。

僕は、本番で云われた通りの演技をした。テレビって、凄かった。学芸会の劇で主役をやって小学校中で知らない奴がいなくなったけれど、もっともっと、考えられない程に有名になってしまった。でも、劇に出た僕は「本物」だったけど、テレビに出た僕は「ニセモノ」だったんだよ。僕は、悔しかった。だって、みんな、「嘘」の僕を知っているんだもの。合唱団や演劇でやったのが、本当の僕だったのに、一番有名になったのは「テレビ出演」だった。だから、僕は「二度とテレビには出ない!」と決めたんです。

20代の頃、僕は放送業界にいたけど、ラジオしかやらなかった。其の理由は、此の「10才の時の苦い経験」からだったのです。なのに、僕はテレビに出てしまった。「AD歴那奈年」の20代は伊達や酔狂じゃない。絶対に使えない様なコメントをしたはずだった。那奈ヲタ仲間もみんな「未亜サン、アレは使えませんよ。確信犯だナァ」なんて云ってた。なのに、見事な編集で、一番目立つ「カタチ」で、バッチリと地上波で流れてしまいました。

「素晴らしかったです!」
「那奈ちゃん、最高でした」
「ありがとう!」


と、わざわざテロップまで入れて頂いて、「面バレ」しちまったじゃまいかっ!!てゆーか、何だよ、アノ編集はっ!!

アレじゃ僕は「著しく語彙に乏しい高田」状態じゃん。

確かに、使えるトコを繋ぐと、アレしかない。うっぴー☆なんか「只となりでニヤニヤしている友達」にしか見えないじゃん。うっぴーもコメントしたんだよっ。やっぱ、テレビってインチキだナァ。


初出「COPY CONTROL AGAIN」 (姫川未亜)



posted by 栗 at 01:50| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

「A LONG VACATION」

A LONG VACATION 30th Edition


未亜:あのさ、姐御。もう、やる気無くしたとしか思えない展開なんですけど。

イコ:「悪い?」(ミサミサ声で)

未亜:いや、あの、その、姐御が好いなら、ええですますまんねん。

イコ:安心しなさい、一寸だけ遅い「夏休み」だよ。ま、永遠に終わらない「夏休み」だけどね。あたくしは、此処はもう書かないわよ。未亜たん、頑張ってね、チャオ☆

未亜:ええっぇーーっ!(ミクロちゃん声で)



(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 02:59| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

「温故知新の未亜イコ対談」

温故知新


イコ:うるうる。

未亜:姐御の目に涙、、、スワッ、何ですかぁっ!

イコ:オワタ、やと、オワタ。

未亜:隠居決めたか。やれやれ、此処も平和になるね。

イコ:はぁ?あんた、ばかぁ〜?

未亜:(タジタジ、、、)えっ。だって、オワタっておっしゃるからさぁ、へどもど。

イコ:お莫迦っ!やっと、舞台「フラガール」レポを書き上げたのよさっ!えっへん。

未亜:あのぉ〜、「フラガール」って昨年の夏の舞台だったんですけど。

イコ:此のアンポンタン!今じゃんっ。スパリゾートでやってんだろっ!

未亜:そう来たか、、、姐御のクリシェが出たナ、、、(ぼそっ。)

イコ:ん?何か云ったか?

未亜:いえ、な、なんでもないです。そーですね、今こそ「フラガール」が旬だっ!

イコ:あのさ、空々しいんだよ。遅いだろ?今更だろ?

未亜:えっと、ボキは、もう、何と対処すればええのか解んないです。

イコ:宣伝だよ。片瀬クンの弟子なんだからさ、過去記事も見てネ(はーと。

未亜:弟子失格ですよぉ〜、姐御、しっかりして頂戴。

イコ:おまえだろ、おまえが司会者じゃん。あたくしは「ゲスト」なの。

未亜:えっと、コアな片にしか通じないけど、云うぞ。

イコ:何よ?やる気?プロレスなら好いわよ。片瀬クンなら、出来るっ!

未亜:「デジャヴしてるナ☆」


(小島藺子&姫川未亜)



posted by 栗 at 23:54| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

「PLEASE LET ME WONDER」

Today!/Summer Days (And Summer Nights!!)


やあ。同志諸君、毎日此処を読んでくれて有難う。僕らが愛する片瀬那奈ちゃんは、日々活躍を止めない。あたくしも懸命に追っているけれど、なかなかリアルタイム更新が出来ず「詳細は後ほど」で誤魔化す事も在ります。でも、「片瀬那奈ちゃんの太田牛一」で在るあたくしは、過去記事も遡って書き足しております。今回は、極最近に書き足した主な過去記事を紹介させて下さい。

「あしたの那奈ちゃん」も大いに楽しみだし、今の那奈ちゃんが常に壱番好きです。されど、「昨日は在った」のだよ。其の積み重ねが、今後の更なる高見へと繋がる。あたくしは、片瀬那奈ちゃんを遺すよ。其れは、誰に頼まれたわけじゃない。自分自身が選んだ道です。其れでは、以下が今回の「GET BACK SESSIONS」です。

2008年08月24日:『フラガール』大阪公演二日日(30/36)
2008年08月31日:『フラガール』名古屋公演千秋楽(36/36)
2008年11月29日:「‘08ガス展」広島会場「片瀬那奈トークショー」
2009年01月15日:「City wedding」2009 SPRING SPECIAL
2009年01月30日:「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」DVD発売!
2009年01月30日:金曜特別ロードショー 「20世紀少年 〜もう一つの第1章〜」
2009年01月31日:映画「20世紀少年」第2章:最後の希望、公開!


他にも色々と直しておりますので、今後も「ゲバ」したらお知らせ致します。

ところで、当サイトでは片瀬那奈ちゃんの身長を「173センチ」と紹介しております。公式での「172センチ」と食い違っておりますが、当サイトのデータは「2008年11月28日」に人間ドックに行き計測した最新版を載せております。其れは「2008年11月29日」に広島で片瀬那奈ちゃん本人が公表した事実です。より最新の正確なデータを遺すのが、ファン・サイトならではの役割だと思いますので、敢えて「公式データ」と違う表記をしております。

本人が云う事が全て「真実」とは限りません。でも、僕らが信じるのは「片瀬那奈」の文言で在り、活動です。此処で、絶対的な正義は、常に「片瀬那奈」です。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 15:14| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

「いきなりだナァ」
〜月刊・未亜〜<突然復活篇>

CoCo☆うたの大百科その1


未亜:あのですね、、、何なのよさ、最近の此処。

イコ:あんた、莫迦ぁ?「CoCo」なんて何十年前の噺よ?

未亜:瀬能あずさちゃん&三浦理恵子ちゃん派でした。じゃなくって、此処の展開が変だって噺ですよ。那奈ちゃんがメインなのにさ、何やら妖しげな感じになってませんかっ。

イコ:乙女塾って好かったよね。どれ、理恵子の「水平線でつかまえて」でも聴く?

未亜:♪くろーるくろーるしてぇー♪、あのね、、、そーじゃなくってさ、

イコ:あっ、御免ね、未亜たんはやっぱ「キューティーズ」だよね、元祖「みあみあ」のレアなカヴァー曲でも如何かしら?

未亜:姐御、、、本気と書いてマジになったわけですか。

イコ:おやまあ、随分と素直になったわね、未亜たん。

未亜:いえ、長年コムビ組んでいますからね。分りました。ついてゆきます。

イコ:なんか、つまんねーナ☆もっと絡めよ。けけらけらけら。

未亜:じゃあ、云うけどさ。もう此処、滅茶苦茶じゃん!那奈ちゃんは、何処へ?

イコ:片瀬クンは、此処にいるよ。

未亜:いえ、多分さ、いたいけな那奈ちゃんファンは理解してませんって。

イコ:「いたいけな那奈ちゃんファン」って、誰よ?

未亜:だからぁ、若いヤングの、、、

イコ:今年で28才!キャリア10年以上のベテラン女優だぞ、片瀬クンは。

未亜:あっ。

イコ:こんな処まで辿り着く輩はさ、擦れっ枯らしのコアな那奈ヲタだけだろ?

未亜:うぐぐ。

イコ:あのさ、此処って何か知ってる?単なる個人が書いている「BLOG」だぞ。

未亜:いや、そりゃそーだけどさ、今や、あのその、へどもど、、、

イコ:あたくしが自分の場所で何を書こうと勝手でしょ?其れに、全部「片瀬噺」じゃん。

未亜:そりゃそーなんですけどぉ、一応「ゼンキロ」じゃん。那奈ちゃんの記録が、、、

イコ:だから、全部「片瀬那奈の記録」でしょーが。

未亜:はぁ?姐御、其れは一寸、、、

イコ:此の世は「カタセカイ」でしょ?其の時代を記録する事になるのは当然よ。

未亜:何だか、訳分んないんです。

イコ:分んなくって好いのよ。未亜たん、楽しい?

未亜:はい、訳分んないけど、楽しいです。

イコ:うん、楽しければ宜しい。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 22:07| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

「革命的未亜イコ対談」

London Calling


未亜:姐御、何なんですか?女子マネのセコイ対応は。アレじゃボキらが悪者でしょ?

イコ:好いじゃん。あたくし達の「正義」は、歴史が証明するわよ。

未亜:姐御は山崎クンかよ。

イコ:スタッフなんて、所詮はそんなもんよ。保身だけなのよさ。相手にするだけ無駄。

未亜:ま、此れでハッキリしましたね。現場で不遜な態度を取りまくっても、
   メディア操作で何とでもなると認識して居るわけですよ。

イコ:そんなの今に始まった話じゃねーじゃん。もー好いよ。クダラネ。
   あいつは、たかが二年位片瀬を担当してるだけで有頂天になってるだけだろ。
   可愛いモンじゃん。必死で片瀬に尽くしてさ。女子マネ☆LOVE !

未亜:アンタ、また何か画策してまつね。

イコ:はて、何の事やら。シュガーも女子マネも「ガクブル」なだけじゃん。
   こっちが正論なんだしさ、あんな小物を苛めたって仕方ないでしょ。
   何にも言い返せないの。間違って居るって自覚が在っても退けないんでしょ?
   昔から、シュガーってそうだったじゃん。可哀想なコなのよ。泣けてきちゃう。

未亜:随分とトーンダウンしますたね。

イコ:だって、もう云う事なんもないでしょ?あいつらに決定権なんて無いのよ。
   「挨拶する必要無し!」って命じた輩が居るわけさ。
   「現場では断固として如何なるファンも相手にするな!」とね。
   「何を書かれようと潰してやるから安心しろ!」ってさ。
   正しく「殴られ損」なの。「危険分子」扱いが強化されるだけよ。

未亜:其処まで認識して居て、姐御は糾弾したの?

イコ:今に始まった事じゃないじゃん。公式の提灯記事は未亜たん担当だろ。

未亜:あっ。

イコ:だから、おまいは「検温ちゃん批判」はヤメなさいね。

未亜:「わかりました、おねえさま!」(蓮くん声で)

イコ:おまいまで暴走してどーすんじゃ、ぼけっ!

未亜:「ごめんなさい、おねえさま!」(大輝くん声で)

イコ:古いっ!!「暴ママ」は昨日で終ったんだよっ!

未亜:♪あり〜がと〜暴ママ、倫子ママ〜♪
   やっぱ、アノ場面での「鏑木海智クン」は神演技ですよね。

イコ:あたくしは「みーちゃん派」だからさ。

未亜:どっちも神の子ですよっ!御本尊様の御子なんですよぉっ!!

イコ:おい、上手く話題を反らしたな。

未亜:いえそんな気は無いです、、、

イコ:おまいが憤ったのは「公式BBS」のイ牛なんだろ?
   だからさ、古参の連中なんて、とっくにおまい位しか書いてないじゃん。
   みんな見放したんだよ。大体、アレじゃ「女子マネちゃんBBS」だろ?
   「女子マネちゃん、御誕生日おめでとー!」とか、
   「女子マネちゃん、いつも有難う!」とか、片瀬は何処へ行ったの?

未亜:いえ、まあ、そうなんれすけろ。

イコ:呂律が廻ってねーぞ、未亜たん。おまいが悪いんだよ。
   おまいが提灯記事ばっか書いて、女子マネを煽てて、煽動したんだぞ。

未亜:えっ。それは流石に酷過ぎるでしょ?

イコ:いや、世界は全て繋がって居るんだからさ、連帯責任なの。
   かつての自由でオフ会まで在った「公式BBS」なんて、もう無いの。
   アンテツあにいですら、ウチしか観てないって云ってるじゃん。

未亜:いえ、やっぱ、共存共栄で、みんな仲良く、、、

イコ:あたくしは匙投げた。女子マネ日記の記録も、今や秘書がやってます。

未亜:あらら、姐御、バラし杉。

イコ:あのさ、此処の主役は片瀬だろ?枝葉なんだよ。片瀬だけを追えよ。
   あたくしが広げた枝葉は「FAB4」とか広大じゃん。未亜たんはさ、狭いんだよ。
   担当マネの話なんて記録する意味ないじゃん。あいつら、裏方だぞ。

未亜:裏方さんだけど、御本人は「スター気取り」な風情が、、、

イコ:だからぁ、そう仕向けたのは、未亜たん、おまいだっつーの!

未亜:いえ、あの、姐御も十二分に梯子を掛けたと、、、あっ。

イコ:やっと分ったの?そうよ。だから、あたくしは、
   梯子を外して居るだけさ。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 17:20| MIAMIA | 更新情報をチェックする