nana624.png

2009年07月17日

「MERCY MERCY ME(the Ecology)」

What's Going on


 ういっす!鳴海です。

 小島から大量のメールが送られて来ました。それは、小島が持つ複数のメアドやmixi等に届いたモノの転送で、それらを要約すると「イコ、氏ね!いや、ついに氏んだか、おめでとう!!」って誹謗中傷&罵倒が51%、「イコさん、がんばってください。私は何もできないけど、更新を楽しみにしています☆」って無責任なファン発言が42%でした。それで、残りの7%だけが意義があると鳴海は判断しました。他にも、コトノハで伝えてくださった方々もいらっしゃって、小島と鳴海の共通の「大姐御:ティンカーベル」からは「ママがイコによろしくって言ってたから、さっさと復帰しなさいって言っとけよ、鳴海」と言われましたからね、イコ姐さん!ウチはココでしかコンタクトとれないから、今、伝えましたからね。ウチはよくわかんないけど、そろそろマズイんじゃないっすか?大姐御が言う「ママ」って、通称が鳴海とおなじのエライひとでしょ?かなり心配なさっておられたとのことですよ。

 小島が何を考えているのかは、鳴海はバカなんで、サッパリわかんないです。エンジニアの姫川未亜さんとも面識がないので、本当に今後の運営に関して困っているのです。それで、姫川さんに連絡を取ろうと思って、「流星☆ブラッドベリーズ」の相棒で常連投稿者(星村番記者)の牧野さんに消息を電話して訊きました。

 牧野さんは「え?未亜さん?生きてる生きてる、元気元気、で拍子抜けしちゃいましたよ。仕事をまた増やしたみたいでなかなか片瀬の館にもいないみたいだけど、こないだ真夜中に行ったら電気がついてて、普通に住んでいましたよ。ええ、寅さん映画とかをみながら、相変わらずウクレレ弾きながら呑んでました。ただ、イコさんとかくりぼうとかがどっかにいっちゃったみたいで、ひとりぽっちで留守番してるみたいでしたよ。確かに最近、キヨシローとか三沢とかマイコーとか未亜さんの好きな人が立て続けに逝っちゃったんで、淋しそうだったけど、那奈ちゃんの記録は普通に完璧にやってましたよ。ほら、でも、未亜さんは元々更新権ないから、データにしてイコさんに渡してるみたいですよ。だから、未亜さんはイコさんやくりぼうたちの居場所を知ってるんじゃないんですか?はあ?イコさんがくりぼうを連れて外国に逃げた?有り得なくはないですけど、僕はわからないですよ。イコさんは、全くわかりませんよ。大体、僕ら那奈ちゃんファンの間では『イコさんって、未亜さんが演じている別人格なんじゃないの?』って定説があるくらい『イコさんは謎』ですからね。だって、僕ら那奈ちゃんファンでは、たぶん、まるかちゃん位しかイコさんに会った事がないんですよ。ええ、僕たちは最初から『未亜さん人脈』ですからね。でも、『ゼンキロ』に関しては僕も代表のイコさん宛に投稿してますし、普通に僕の投稿は全部反映されてるから、イコさんも元気なんじゃないですか?『革命』の全国公演のチケットを買ったのに全部行かなかった?ええ、知ってますよ、でも理由は言うなって言われてますから。未亜さんは、那奈ちゃんの舞台を確か40回位は観てますからね。「革命」は主演じゃないし、たぶん忙しかったんじゃないですか?去年の『フラガール』なんか、赤坂23回を全部観たんだもんなぁ。アレはもう、伝説ですよ。アンテツさんと未亜さんは、やっぱり別格ですからね。だって、アノ二人が正座して那奈ちゃんを拝んでる現場に僕は何度もいましたから。でも、確か今回も少なくとも9公演分はチケットを買っていたはずですよ。え?池袋四回しか行ってないの?それは知らなかった。名古屋と山口は行ったと思ってましたよ。池袋だけでもたぶん最低でも那奈麻衣は買ったはずですよ。直前にまた仕事をヤメたから、今回も全部行くんじゃないかって噂してたんだから。じゃあ、最低でも五枚位はチケットをムダにしたんですか。ま、買わなきゃ行けないから、未亜さんならとりあえずは押さえちゃうでしょうね。ふ〜ん、そこまで怒ったんだ。だったら彼奴が行かずに、未亜さんが来るのが普通ですけどね、有り得ない話だなぁ。いや、こっちの話です。えへへへ。」と悠然とおっしゃるのです。

 それで鳴海が「いえ、あの、先月(2009年6月)からは、実は小島の命令でウチが更新してるんですけど、、、」と言うと、うっぴー☆さんは「あ、そうなんですか。なんか雰囲気が変わったナァとは思ってましたけどね。僕はイコさんに会った事ないですから、更新さえしてもらえば、誰がやっていようが別にどうでもいいんですよ。ナルミさんでしたっけ?管理人になられたそうで、よろしくおねがいします。未亜さんは毎日書いてるみたいだから、更新してあげてくださいね☆」と平然と言うので、鳴海は「あの、その、ウチも姫川さんと面識がないし、片瀬さんのこと知らないし、姫川さんの原稿も転送されてこないんですけど、、、」と返すと、牧野さんは「ナニ言ってんですか、未亜さん。ナルミさん、貴方、ホントは未亜さんなんでしょ?何を女の子みたいな声色使って話してんの?相方の僕はダマされませんよ、未亜さんは三オクターブ半の声域でどんな声でも話せますからね。全然心配してませんから、もっと面白い事をやってください。また遊びに行きますよ。現場でも会えるでしょ?次は『本編:敷島』でしょうけど、ドラマも決まったみたいですよね。ま、詳しいトコみつけたら連絡しますよ。僕もマイマイが大変な時なんで、そうだ、未亜さん、☆くんやふみかの応援もしっかり頼みますよっ。お互いに『那奈ちゃんとDDは、混同なさらぬように☆』えへへへへ、、、」とか捲し立てて、電話を切ってしまいました。あのね、、、まるかサンとどっちに訊こうか迷って、牧野さんの方が近場だから電話したのにさ、、、ウチが姫川さんなわけねぇだろ。姫川さんってさ、片瀬さんの私設広報でしょ?アンテツさんとかと同レベルの「別次元のひと:竜虎」だって小島から聞いてますよ。毎日、片瀬さんの写真を拝んで「世界が幸せになりますように」とかお題目を唱えている「片瀬信者」だって言うじゃないですか。ウチなんか、片瀬さんとウチの中学の後輩のサトエリの区別がつかないレベルですからね。

 とにかく、姫川さんが「片瀬の館」にいるらしいとの情報を得たので、鳴海は行ってみました。鳴海が卒業した中学の近くだし、そもそもイコ姐さんの家ですから、昔はよくおじゃましたもんです。鳴海の記憶では、イコ姐さんの家が何故「片瀬の館」なんて呼ばれているのかわからないです。壁には洋楽や洋画の写真しかはられてなかったし、アイドルって言ったら増田未亜ちゃんの資料がこっそりと本棚の片隅にあった位だったと思います。他には、最後に訪問した頃に「最近、コノコが推しなのよさ」とか言われて田村正和さんの娘役をやっている新人さんの映像を無理矢理に延々と見せられ、名前を覚えてしまったことがありました。ソレは「内山理名ちゃん」と言う新人さんでした。「みあみあ以来10年振りに、遂にみつけたと思う。鳴海、あたし、マジになったわよ」と姐御は確かに言いました。でも、あくまでも当時のイコさんは「洋楽者」で「プロレス者」でした。それで、約10余年ぶりに訪れて、留守番している姫川さんに初めてお逢いして、懐かしいはずの部屋に入った鳴海は失神しそうになりました。姫川さんは、膨大な資料に囲まれて、ひとりぽっちでマックに向かい何かを延々と打ち込んでいました。問題は、ソノ資料です。てか、玄関開けたら速攻で「トンデモな空間」が待っていたのです。

 「なんじゃこりゃ!片瀬那奈ちゃんだらけじゃないですかっ!!あっ、こんな片隅にビートルズのサイン入り額が、あわわ、大瀧師匠や大貫先生のサインがアンナ端っこに、、、2DKの四方八方全方位、片瀬那奈ちゃんがウヨウヨじゃないですか。片瀬は綾波かっ!いや、エヴァ好きな鳴海が思うに、片瀬さんはアスカやミサトなどの全て内包する存在ですけど、うわっ!!なんだ、コノ等身大ポップはっ!!本棚もCDラックも全部片瀬那奈ちゃん資料じゃないかっ!!ビートルズ・コーナーは何処へ?ああっ、リビングの押し入れが開放されてる。なんなんですかコノ大量なファイルは。500冊は下らないでしょ?うげげっ、全部、片瀬那奈ちゃんの切り抜きじゃん。ソコの山は?整理前の切り抜き?そっちの山は?切り抜き前の雑誌?ええっ?なんで同じ雑誌が10冊とか積んであるの?うわっ!みんな片瀬那奈ちゃんが表紙の雑誌だ。一体何部買ってんですか?ソコのソレとか50冊位はありますよね?ああぁあぁーっ!何、コノCDラック。片瀬那奈コーナーが三段ですかぁ?あの、えっと、コノ『GALAXY/TELEPATHY/FANTASY』ってのが延々と並んでいるのは何故ですか?20枚位は並んでますけど、隣の『Babe』ってのも軽く15枚位はあるみたいですけど、一体片瀬さんのCDだけで何枚あるんですか?はぁ?100枚までは数えたけど知らない?アノですね、鳴海が勉強したところ、片瀬さんってCDを9枚出したって事なんですけど、なんで10倍以上になってんの?ギャオスっ!アナログ盤じゃないっすか。テープまであるし、あらら、コレって『白盤』ですよね?てか、そこに飾ってある片方だけのルーズソックスって何?煎餅のレプリカって何?なんでソコに飾ってあるグレートムタのTシャツに片瀬さんがサインしてんの?(以下、延々とつづくので略。)」

 イコ姐さんの部屋は本当に「片瀬の館」になっていました。鳴海は驚愕しました。一体、1998年春からの10余年に、小島に何が起こったのか気になりました。(鳴海が少しだけ安心したのは「増田未亜ちゃん」と「内山理名ちゃん」の資料も、片隅に遺っていた事です。鳴海も身長が150センチ台で、イコ姐さんが「あたくしはさ、ちっちゃいコが好きなのよさ」と可愛がってくれてましたので。だから、背の高い片瀬さんのファンになっていたってことが信じられなかったのです。)勿論、洋楽や洋画のソレもキチンと遺っていました。でも、99%は片瀬那奈ちゃんの資料でした。膨大なメモも遺っていて、その数十冊には「カタセ黙示録(仮)」と書かれていました。ソレは「the diary of nana katase」の草稿でした。ココに書かれた文章の10倍くらいはあるでしょう。ほとんどに「オフレコ」とか「社外秘」とか書かれていました。そして、小島愛用の「iBook G4:美海」が消えていました。姫川さんに問いただすと、「美海とウクレレみどりだけ持って、姐御はくりぼうやみんなを連れて旅に出ますた。老いぼれのオラだけが置いてけぼりじゃよ。行く先は、知らないだ。オラ、もう何もしゃべらないだ。アスカと留守番するだ。負けてらんないのよぉーっ!」と、うわ言の様に呟いて、「iBook G4 弐号機:アスカ」で「カタセ黙示録(仮)」書き起こしの作業にもどってしまいました。鳴海、困惑してます。姫川さんも既にエンジニアを実質的にはやってないみたいです。それで、姫川さんに訊いたら、トンデモな返答がかえってきやがったのです。「ボキの後任エンジニア?ボキはナルミさんだって姐御からきいてますけど。」と。

 イコ姐さん、アータは何を考えてんの?今、ドコにいるの?結局、鳴海に丸投げかよ。つーかさ、ココに関わっている連中は一体なにをやってんの?ハッキリ言わせてもらいますけど、イコ姐さんは甘過ぎです。舐められまくってますよ。メールをみて、鳴海は忸怩たるおもいでしたよ。もうね、鳴海の好きにやらしてもらいますよ。エンジニア後任は、娘の七海にやらせますからね。まだ七才だけど、パソコンくらいできますから。ウチらは、小島藺子姐御以外とは「しがらみ」ないですからね。イコ姐さんがやんないなら、鳴海がやってやりますよ。

 破門とかで済まさないから。姐御を舐めたってことは、鳴海を舐めたってことです。イコ姐御を傷つけたボケナスちゃんは、覚悟してくださいね。鳴海は、手加減しないからさ。



(鳴海ルナ/鳴海七海/牧野 潮/姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 23:57| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

「桃色うらら」情報

ももいろパンチ


 現在、某処にて連日連夜果てしない「PINK SESSIONS」を敢行中の謎の楽団「桃色うらら」に関する社外秘資料が、何者かによって片瀬の館から持ち出された模様です。「NO IMAGE INC.」及び「ななごころ法人」代表でもあるバンマスの小島藺子は「大体の見当は付いて居るのよさ。外道め、覚えてらっしゃい。むふふふふ(猪木声で)」と既に犯人を特定し、遂に法的手段を敢行するとの意向です。鳴海も、小島の様子からおそらく「アノ腐れ外道」がやらかしたと分りました。鳴海の呼び掛けに対しても全く応答も無く、片瀬の館から持ち出した資料返却も未だ無い「キモヲタ外道」ですからね。鳴海的には「リーサル・ウエポン:七海(ウチの娘)」を差し向けてボコボコにしちゃいたいんですけど、イコ姐さんから止められてるんですよ。

 「仏の小島」代表からは全構成員に対し「放置せよっ!」と命じられたものの「若頭:姫川未亜」さんが心配して、安藤会長、牧野幹部、秘書まるかサンなどの「ななごころ」重鎮、更には「VIP」の方々にも相談したそうです。すると、皆さんが異口同音に「イコさんと未亜さんにお任せしますよ。僕らはそんな奴、最初から相手にしてないですよ。イコさんや未亜さんが勝手に可愛がって居るから、右ならえで付き合ってただけ。ハッキリいってムカついてましたからね。何であんな新参者がデカイ面してんだってね。代表のイコさんが破門って云うなら、それでお終いでしょ?だって『ゼンキロ』とか『ななごころ』とか、全部、イコさんと未亜さんが創ったわけじゃないですか。僕らは乗っかっているだけなんですよ。そのへんの大前提は、僕らは最初から一緒だったから分るけど、彼奴等新参者どもは知らなかっただけでしょ。未亜さんは、他人に甘いからナァ。舐められただけですよ。僕らは始めから未亜さんの味方ですよ。だから、其の未亜さんの姐さんであるイコさんの味方でもあるわけですよっ!安藤会長も止めなかったんだもの。もう充分でしょう」といわれたそうです。鳴海もそれを、牧野さん、まるかサン等から直電で伝えられたので、放置する事にしました。七海は「ケッ!合法的にヤッチマエルと思ってたのに、マミー、このあたしのパッションをどうしてくれるの?ファック!」と怒り心頭ですよ。

 噺が逸れまくりましたね。其れで、3ピース楽団として起動した「桃色うらら」ですが、矢張り「天才バカボンのパパ」並の知能(IQ:200)を有する小島バンマスの構想は「桃色うららオーケストラ」へと発展途上していて、その決定事項が書かれた資料が流出したらしいのです。そこで、小島は「だったら『ゼンキロ/ネヲ・コピコン』で先に書いちゃえば好いじゃん。鳴海、書きなさい!」と云い放ちましたです。流石下町娘のイコ姐さん、気風が良過ぎです。ええ、鳴海マネジャーが書かせていただきますよ。(以下、流出した「小島メモ」原文ママです。)


「桃色うらら」

【a】009-PINK:小島藺子(♀)
   担当:制作、監督、作詞、作曲、編曲、歌、全楽器
   通称:イコ、姐御、理名、社長、乱美論M、ゴジラ、!∞、15、◆IKO/CL7Az2、他
   好師:THE BEATLES、MADONNA、片瀬那奈、他

【b】009-BLUE:姫川未亜(♂)
   担当:技術、作詞、作曲、歌、弐弦、四弦各種、鍵盤各種、笛各種、他
   通称:未亜ちゃん、茉奈ちゃん、64アんBlue、アンキロサウルス、N#、他
   好師:片瀬那奈、小島麻由美、椎名林檎、多羅尾伴内、他

【c】101-BLACK:多絵子(♀)
   担当:太鼓、打楽器各種、叫び、魔法、他
   通称:TACO、Flying Taeco、さかさま、ヘドラ、他
   好師:及川奈央、大塚愛、JOHN LENNON、他

「桃色うらら楽団」

【d】015-WHITE:栗(♂)
   担当:作詩、歌、鍵盤、笛、他
   通称:くりぼう、ミニイ、キングギドラ、「m・T」、他
   好師:片瀬那奈ちゃん☆、イコおねえちゃん、他

【e】016-YELLOW:反日 眞(♂)
   担当:作曲、六弦各種、声、他
   通称:すぽにちクン、ソリくん、キングシーサー、他
   好師:大貫妙子先生、SUGAR BABE、小島藺子、他

【f】051-ORENGE:鳴海 月(♀)
   担当:管理、制作補佐、六弦各種、管楽器各種、声、他
   通称:鳴海、ルナ、メイマネ、ゴメス、他
   好師:GEORGE HARRISON、イコ姐さん、他

【g】057-RED:鳴海七海(♀)
   担当:技術、鍵盤各種、声、他
   通称:ナナちゃん、ジラース、他
   好師:アントニオ猪木、佐山サトル、小川直也、魔裟斗、他

【h】100-GREEN:原田沙織(♀)
   担当:編曲、管弦楽器各種、二胡、ヴィオラ・ダモーレ、声、他
   通称:原田サン、コピコン、モスラ、他
   好師:BURT BACHRACH、他



 流出資料はココまでです。小島の構想では「桃色うらら」3名に加え「桃色うらら楽団」53名と「桃色うらら合唱団」が21名、総勢77名にするらしいです。つまり上記以外の残り69名も、既に小島の元へ集結したのでしょう。さらに「ななごころ」会員などからも多数の客演を予定している様です。7曲入り処女作「桃色うらら」への収録作品は、ほぼ決定したともきいております。以下、暫定的な小島のメモを公開しますね。タイトルは仮題ですが、楽曲はすべて完成しています。小島と姫川が書いた膨大な楽曲(500曲以上はあるでしょう)から厳選した6曲と、カヴァー1曲の「那奈曲」で発表されるとの事です。ま、気長に待ちましょう。


「桃色うらら」1st.(制作:小島藺子、姫川未亜&多絵子)

 1.「ウニの男」2.「美海」3.「ティンカーベル」4.(カヴァー曲)
 5.「コジマユ」6.「トマト」7.「ななごころ」

 初回限定おまけ:「未亜/イコ:27デモ」
(※上記那奈曲の別ヴァージョンやボツになった楽曲から27ヴァージョンを選んだマニア向け音源集です。)


 えっと、鳴海も先日、ちょろっと吹きましたです。それは「ウニの男」と「トマト」って曲でしたけど、ちゃんと使ってもらえるかは分りませんです。一緒にスタジオに来てた原田沙織さんの二胡がムッチャ素敵だったので、たぶんウチのサックスはボツですよ、、、てかさ、イコ姐さんはケイト・ブッシュかよ、、、「何年掛けてんだっつーの。何回録音し直してんだっつーの。どーでも好いじゃねーか、こんなモン、な?(加藤絵里声で)」


(鳴海ルナ)



posted by 栗 at 00:17| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

「復活の日 2009」

復活の日 デジタル・リマスター版 [DVD]


えっと、そろそろ起きるよ。半年間、フェイクに付き合ってくれて有難う。あたくしも、よくも半年も仮眠状態で毎日更新の振りを続けられたと、我ながら驚愕して居りますよ。

お待たせ致しました、「ゼンキロ/コピコン」完全復活です。

お楽しみに☆


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 14:08| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

「小さな決心」

アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 中山忍


みんな御存知でしょうけど、昨日から本日に掛けて「seesaa」様がメンテナンスを行って居りまして、当ブログもアクセス不能になって居ました。トホホです。

片瀬那奈ちゃんのファンにとっては、連続ドラマの放映日でも在り、掲載雑誌の発売日でも在り、しかも新ドラマ出演公式発表日でも在った「特別な日」に、此の様な事態になりました事を、心からお詫び致します。きっと、常連の方々は何度もアクセスして下さったのでしょう。本当に申し訳在りませんでした。

無事に復旧した模様ですので、今後共、何卒「片瀬那奈ちゃん」と「ゼンキロ」を御愛顧して下さいね。僕は、真摯に、那奈ちゃんを遺します。お好きな片は、お付き合い下さいませ。期待は、決して裏切らないと誓います。


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 22:46| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

「新しい夜明け」

新しい夜明け(紙ジャケット仕様)


1998年1月から丸12年間を暮らした部屋を後にしました。

はい、引っ越しましたよ。片瀬那奈ちゃんがデビュウする事になった年の始めに、夢のお告げで移り住んだ場所でしたので、あたくしの人生で最も長く暮らした場所となりました。元々、あたくしは「引っ越し好き」でして、20代には9回も引っ越したもんです。

で、実は隣町に移ったのでした。ええ、あたくしが「片瀬の街」から離れるわけないのです。引っ越しで不要なモノを処分しましたので、益々「片瀬の館」と化した部屋になりました。
那奈ちゃん以外は、ほとんど捨てちゃったもんね。スッキリ爽やかですよっ。

同志諸君、遊びに来て頂戴。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 20:25| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

「僕はキンキー」

Everybody's in Show-Biz


此れまで10年位インターネット上で色んな事をやって来たけれど、キチンとやれたと思うのは「月刊・未亜」(2002〜2005)と「COPY CONTROL」(2004〜2009)、そして此処「the diary of nana katase」(2004〜更新中)の三つだけです。現在の此処は其の三つを統合したカタチに落ち着きました。

「月刊・未亜」は、友人のサイトを間借りして月壱で書いて居たのですけど、其のコンセプトは「アバンギャルドなメタ・フィクション」でした。タイトルは当時出版されて居た新潮社の「月刊シリーズ」から頂いたのですけど、別に其のムック本が好きだったわけでは無く「つまんない写真集紛いのモンを出してるナァ」と思ってたのです。

其れを発展させた「COPY CONTROL」は、あたくしが初めて自分で運営した場所でしたので、より「アバンギャルドなメタ・フィクション」を試みました。タイトルは、当時全盛だった「CCCD」からなのだけど、当然乍ら「反CCCD」なわけで、でも愛しの片瀬那奈ちゃんの音楽作品が当時は「CCCD」でしか発売されていなかったので付けたのです。

「月刊・未亜」も「COPY CONTROL」も、メイン・テーマは片瀬那奈ちゃんでした。でも、其れは多くの読者に理解されなかった。其れで此処「the diary of nana katase」を始めました。「COPY CONTROL」も此処も、基本的にはおんなじです。僕が最初にやったのは「日記」と云うカテゴリを抹消する事でした。

ブログと云う便利なツールが出来て、何故みんな「日記」なんか書いて全世界に公開しちゃってるのかが、僕には理解不能でした。だから「COPY CONTROL」では「空想」を書いたのです。そして、辿り着いたのが此処です。此処は「僕が観た片瀬那奈ちゃんの日記」です。此処での僕は毎日、只只「片瀬那奈ちゃんを観て居る」って事しか書いて居ません。そして、勿論、此処に書かれて居るのは「片瀬那奈ちゃんのファンが観た彼女の日記」なのです。

本当の片瀬那奈ちゃんの日記には鍵がかかっていて、そんなものは永遠に読む必要はないと、僕は思います。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 22:57| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

「素晴らしき百円レコ」

Penguin


「下町レコード」に行って「百円レコ」を買うのは、僕の楽しみのひとつです。

安いレコードは、大概のお店なら所謂ひとつの「エサ箱」に入って居るので、探すのは結構ナンギなのよさ。其の点、下町レコは「屑レコ」もキチンと棚に入れてくれて居るので、とっても快適に選べるのです。

本日は、愛しのロバート・ウェルチが間違ってブレイクしちゃった「フレンチ・キッス」と其の二番煎じの「スリー・ハーツ」が、無惨にも百円コーナーに並んで居りました。好いレコードなんだけどナァ。其れで、彼がマックに居た頃の「ペンギン」も安値で在ったので一緒に買いましたよっ。

実は、あたくしはリアルタイムでは「PARIS」でロバート・ウェルチさんを知ったのです。其れで、彼の初ソロ・アルバムだった「フレンチ・キッス」を聴いて完全にメロメロになっちゃたんだけど、其処にマック(当時「噂」が全米で莫迦売れしてて、あたくしもスティーヴィー・ニックス様に惚れてファンになって居たのです)のメムバアが多数参加してる事に「?」となりまして、結局は「バッキンガム・ニックス」参加の直前まで彼が実質的なバンマスだったと知ったのです。時は1970年代後半、探し求めてもロバート・ウェルチ時代のマックのレコなんか無かった。

そんな「ウェルチ好き」な僕が初めて発見して即買いしたのが「ペンギン」でした。確か、1980年前後の事です。カッコいいジャケットに興奮して針を落としたものの、何だか面白くないレコだと思いました。ハッキリ云って「失敗した!」と思いました。当時、10代の僕にとって、輸入盤(当時は日本盤よりも高価だった)を買うなんて「大冒険」だったのです。其れ以来「ペンギン」は駄目レコだと決めつけてしまいました。

ところが、本日「ペンギン」をたぶん30年振りにマトモに聴いたら、此れが好いのよさ。もうね、聴き乍ら「あたくしったら、なんでアノ頃は此の素晴らしさを理解出来なかったのかしら?全く、もう」と過去の自分を叱責しまくりでした。

流石に「ペンギン」は百円コーナーには無いけど、今聴いて居る「フレンチ・キッス」なら在るのよさ。「KISS」なんか一杯在ったけど「百円でも、今日はイラネ」とスル〜しちゃったのよさ。トム・ジョーンズもカーペンターズも全部「百円」なのよさ。お宝じゃん!CDなんか買ったり借りたりするよりも、音源をダウソするよりも、全然安くレコードは買える時代なのよさ。勿体無いじゃん。百円ですよっ。壱曲幾らなのよさ?

と、そんなトコを入り口にして「THE LONG AND WINDING ROAD」が待ち構えても居ます。でもね、百円でヤメてもええのよさ。さぁ、いらっしゃいませ☆ケケケ


「此れじゃ宣伝になってないかしら、、、」(小島藺子)


posted by 栗 at 18:32| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

「The COMPLETE NANA KATASE working sessions」始動。

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付)


此処「ゼンキロ」を遥かに超える、片瀬那奈ちゃんの記録サイトを鋭利制作中です。題して「The COMPLETE NANA KATASE working sessions」!(通称「コンプリ」)勿論、日々の記録で在る此処も継続しますが、よりパワーアップした母体が出現します。

えっと、今回はマジです。

近日公開!お楽しみに☆


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 00:43| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

「がんばった、がんばった、がんばった」

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付)


現在、「WEB デザイン」の学校に通って居りまして、来週で基礎コースを卒業します。卒業制作でサイトを作らなければならず、「The COMPLETE NANA KATASE working sessions」を制作しました。未だ未だ納得が行く出来映えには至って居りませんが、何せ片瀬那奈ちゃんの仕事を完全に網羅したデータ集を目指しておりますので「一朝一夕に出来るわけないじゃん!(9ちゃん声で)」なのよさ。

何とか、卒業制作締め切りの来週の月曜日には公開しても好いかしら?ってトコまで来ました。時間が足り無くって、此処と大いに連動させたカタチになっておりますが、何も無い処から作った初めてのサイトです。パーツもタグも何もかんも全部自分だけで作ったのですから、稚拙乍らも愛着が湧きますよ。当然乍ら、今後も作り直してゆくのですけど、此の一週間制作していて、しみじみと思いました。

「此れは、あたくしの生涯を賭けるべき仕事です」


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 23:22| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年12月25日
















COPY CONTROL

















(mia/IKO)


posted by 栗 at 03:38| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

「FROM A WINDOW」

ラヴ・レター・フロム・レノン&マッカートニー


本日、窓を買いました。前世紀から十余年、仕事もプライベイトもマカーで在ったあたくしですが、諸般の事情で遂に転びました。いえ、やはり、どー考えてもマックの方が好いのですけど、新品で購入するには高価なのだ。

そーです、其の通りです。那奈年近く連れ添った愛機「MIMI」ちゃんが、どーも最近ご機嫌斜めになってしまいましてですね、正直、此処の更新もとっても難儀な事態にまで陥ったわけですよ。先ずもって立ち上がらない。立ってくれてもすぐに落ちる。挙句には文字を打っても変換しない。もう、完全にイカレてしまったのです。

ま、それで、新品を買わなきゃって状況になりまして、学校で使っているのも窓だし、安いし、、、って事で「窓使い」になってしまいました。いえ、あの、マックも使うんだけどさ、、、。で、此れが新しい窓「NANA」ちゃんで初めて書いている記事なのだ。

てか、マウスを買ってくるのを忘れたので、トンデモなんですよ。ノートパソコンだからマウスなしでも何とかなるのだけど、マックの感覚で打ってるとキーボード操作だけだと無茶苦茶になってしまうじゃまいか。何でコマンドがないのよさ。てか、何なんだこの右左のクリックはっ。嗚呼、しんどい。

名前を「NANAちゃん」にしたのは「Windows 7」だからです。まぁ、片瀬那奈ちゃんにちなんだわけだが、つーか、一発変換で「片瀬那奈」って出ないじゃん。登録してないんだから、当たり前なのですけど。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 21:32| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

「SO COOL」

ウィズ・ザ・ビートルズ


「かたせなな」と打って「片瀬那奈」と変換できるようにしたり、あたくしの名前「こじまいこ」で「小島藺子」って変わる様にしたり、新しい機種を買うと楽しいですね。皆さん、楽しんでますか?

此の世は、面白いんですよ。楽しんだ方が好いと思いますよ。色々と「辛い」とか「苦しい」とか在るかもしれないけど、そんなのみんな一緒なんだからさ。

僕は、いつも幸せなんだなって最近思ってます。過去の写真を見ると楽しそうにしてるけど、結構重たい気分も在るわけです。でも、其の時点では「幸せだナァ」って思っていたんだろうって事も分かるのよさ。

明日はもっと幸せになれる。僕は、自然とそうして生きているみたいです。其れは、きっと、片瀬那奈ちゃんに出逢えたからなのだ。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 02:22| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

「未亜たんは、びんぼう」

大瀧詠一



文章は、後でテキトーに書きますねん。あたしゃ、多忙なんですよん。貧乏ヒマなしでしてねん。全くもう・・・「大天使・未亜たん」が「弐ヶ月間、無一文生活」を敢行中だと云うのに、「ななこころ」で差し入れして下さったのは「000・あっちゃん」と「002・うっぴー☆」と「099・まやや」のみ!!!励ましのお便りも「001・アンテツ」と「元祖・フラワーガールズ(あさまさん&すみれちゃん)」のみ!!!「ななこころ」ではない「砂町のみんな」とか「アンリーさん」とか「グスコーブドリくん」などの激励や差し入れがあるのに、10余年も世話になっといて「シカト」しやがっている輩どもは「ひとでなし」ですよん。未亜たんはね・・・「不死身」なのだ。ホラ、もう2月25日じゃまいか。未亜たんはね、本当に2月1日には無一文だったんだよん。其れなのに、もう25日も平気で生きているんだよん。弥生はね、あと3日で終わるんだよん。キャハハハハ、二ヶ月連続で無一文生活達成は、もうすぐじゃまいか。けけけ。


(小島藺子)



nana1001.png nana.777-7.png
nana.1502.png nana.1504.png
nana753.png nana751.png

miamia.757.png







小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」序章 其の那奈(壇)

(序章完結篇)


デモ完成、鋭利レコーディング中です。

未亜たん&イコちゃんへ、

励ましの「煙草」と「焼酎」と「お菓子」を

贈ろう!!!


ロングピース、いいちこ、そして、

ブラックサンダーが好物ですよん。


HEY EVERYBODY OUT HERE !

CALL 「SUNAMACHI」!!!


ON 2014・3・3


アンテツあにいへ告ぐ。


当日、昼、あっちゃんと逢います。

序章完結、及び、キミのお誕生日祝いです。


「001」よ、

「000」と「009」が待っているよん。


聖地へ、キナサイ☆☆☆ミ


SINCE 2013・11・7



DE IMAGEN NO INC. A CADA*** CON AMOR



posted by 栗 at 07:47| Comment(0) | NO IMAGE | 更新情報をチェックする