nana.812.png

2024年04月01日

「ポールの道」#327「THE 7‘’ SINGLES BOX」#03「THE BACK SEAT OF MY CAR / HEART OF THE COUNTRY」



ポール・マッカートニーは、当初は1971年5月リリースのポール&リンダ・マッカートニーのアルバム「RAM」からはシングル・カットはしない予定でした。ソレを見据えてのシングル「ANOTHER DAY」であり、B面の「OH WOMAN, OH WHY」と共にアルバム「RAM」には未収録でした。ところが、バカな評論家による酷評にもめげずにアルバム「RAM」は大衆であるファンには好意的に受け入れられて売れ続けたので、米国キャピトルは1971年8月2日になってアルバムの最高の目玉である「UNCLE ALBERT / ADMIRAL HALSEY」(B面は「TOO MANY PEOPLE」)をシングル・カットして、なんと、まあ、チャートで首位になってしまいます。ソレでですね、英国では同年8月13日に「THE BACK SEAT OF MY CAR / HEART OF THE COUNTRY」をシングル・カットして、日本では同年9月5日に「出ておいでよ、お嬢さん(EAT AT HOME)/ スマイル・アウェイ(SMILE AWAY)」と、各国で全く違ったシングル・カットを敢行してしまったのです。

そう云う経緯で「THE 7‘’ SINGLES BOX」の3枚目には、英国盤の「THE BACK SEAT OF MY CAR / HEART OF THE COUNTRY」が、ピクチャー・スリーヴもないアップルの黒い内袋入りで復刻されています。アルバム「RAM」のラストを飾る超絶神曲「THE BACK SEAT OF MY CAR」と、B面1曲目だった「HEART OF THE COUNTRY」を収録した此のシングルは、全英チャートで39位までしか上がらず、大失敗シングルとなってしまいました。「THE BACK SEAT OF MY CAR」は1970年10月20日にレコーディングされていて、メンバーはポール&リンダ・マッカートニーと、ギターでヒュー・マクラッケン、ドラムがデニー・シーウェルに、ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラがストリングスを担当していて、作詞作曲はポールの単独名義です。B面の「HEART OF THE COUNTRY」は、お気楽な田舎暮らしをのほほんと歌ったカントリー調の曲で、作詞作曲はポール&リンダ・マッカートニーと云う事になっています。こう云う詞すら出来ずに鼻歌にしちゃうマヌケな曲は、他のミュージシャンならば駄作になりそうなのに、ポールだと佳作になっちゃうんですよ。

シングル・ヒットには至らなかったA面の「THE BACK SEAT OF MY CAR」ですが、アルバム「RAM」の最後に収録されている此の楽曲は、ポール・マッカートニーと云うミュージシャンを一曲に凝縮したかの様な、掛け値なしの大傑作です。目まぐるしく展開するドラマティックな美しいメロディーは、優しい歌い出しから、最後の最後に飛び出すポールの渾身の絶叫まで、息を吞む様な緊張感があり、歌詞はポールお得意な下ネタ全開なのに、涙が出る程に感動的です。オーケストラ・アレンジも、これしかないと云える程にピッタリで、正にビートルズのアルバム「ABBEY ROAD」のつづきです。アホ丸出しの評論家の耳には届かなくとも、ビートルズ・ファンならば肯定するしか術がない傑作です。しかしながら、アルバム「RAM」の最後に収録されているからこその大団円なので、とてもじゃないけれどシングル向けではありません。此の楽曲も、1969年1月のビートルズの「THE GET BACK SESSIONS」でポールがピアノの弾き語りで披露している音源が残されていて、ジョンやジョージにもこうしたソロになってから正式にレコーディングされた楽曲が山ほどあるのが「THE GET BACK SESSIONS」の面白いところなのです。

(小島イコ)

posted by 栗 at 23:00| FAB4 | 更新情報をチェックする