nana624.png

2007年07月19日

「地獄の沙汰もヨメ次第」Battle 3

ラヴ・ガン


TBS 21:00〜21:54

第三話「子宝」

(ラテ欄では「婚姻届忘れてた」になってます)

今回は、真琴の妊娠騒ぎを巡って、またも千代子とのバトルが繰り広げられる。バーベキューパーティーの席で吐き気をもよおした真琴に、もしや妊娠!?と舞い上がる千代子。検査の結果も聞かずに真琴のNY出張をキャンセルしたりと、大暴走。果たしてその騒動の結末は!?


■ キャスト
 江角 マキコ:橘(森福)真琴 (40)
 野際 陽子:森福千代子 (68)、橘 深雪(二役)
 沢村 一樹:森福三四郎 (37)
 片瀬 那奈:森福みちる (22)
 白石 美帆:小森紗江 (26)(友情出演)
 青田 典子:篠塚雅美 (38)
 浅田 美代子:森福小百合 (45)
 佐野 史郎:城之内竜太 (49)
 伊東 四朗:森福大三郎 (69)
 ほか

■スタッフ
 脚本:西荻弓絵
 音楽:長谷部 徹、吉田兄弟
 主題歌:『CLAP & LOVE』絢香
 挿入歌:『エブリシング〜きみのすべてに恋してる』マイケル・ブーブレ
 演出:加藤新
 プロデュース:植田博樹
 制作:TBSテレビ
 製作:TBS



「みちるちゃん、サイコー!!」

あっ。まあ、知ってるだろーけどさ、あたくしって創成期からの「まろゆきのシンパ」なんだよね。所謂「ねらー」ですよ、ええ。しかもコテハン。サイテーじゃん。ケケケ

引用するわよ。好いかしら?

 565 :557:2007/07/15(日) 04:32:36 ID:FY50x0PG0
 きっとイコタンくらいの真性の那奈オタになると
 そこに片瀬がいるというだけで楽しめるんだろうなw
 まぁオイラは未だそこまで精進が足りないので
 もっと数字が取れるようなドラマに出演して欲しいです。


>GO GO 7 たん
確かに、あたくしは「眞性那奈ヲタ」ですよ。でもね、「ラスクリ」とか「ジーン」とか、認めてないから。

アレ「つまんなかった」もん。

ガッカリしたんだよね。歌手止めて、女優に回帰して「月9」に連続して出て、演じるのが「誰がやってもいい様な役だった」ってのに、不満でいっぱいでしたよ。「中途半端なことはしたくない」って云って、女優休業して歌をやったのに、結局全部「中途半端」になってしまうんじゃないのか?って危惧しましたよ。

あたくしは、片瀬クンが好きだからさ、大いに心配だったよ。本人にとっちゃ「大きなお世話」だろーけど、あたくしは「彼女のファン」なんだもん。勝手に好きになって、勝手に身銭きって、勝手に追っかけてるわけだけど、愛しているからさ。女優サンとして、いや、表現者として大成して欲しいんだよ。ずっと、片瀬クンを観ていたいからさ。消えて欲しくないんですよ。

「みちるちゃん」はね、面白いよ。表情だけで笑える。那奈ちゃんったら、本当に成長したんだナァ。ホント、みちるちゃんのネタだけ編集してDVDに焼きたいくらいだよ。どーせ、箱買うからね。でも、市販されると変えられちゃうんで(小早川妙子の恨みは生涯消えませんよっ!)オンエア版もきちんと残しますよ。再編集で別のを作ればええだけじゃん。

ミヨちゃんとのタッグ、絶妙ですネ〜。「カラクリ」へもお呼びが掛かった様ですので、

「明石家さんま様、何卒宜しくです。」

此れまで「さんまサン」の番組では、片瀬クンの良さが出ていなかった。夏観社長も「知らないひと」じゃないざんしょ?ラビットも居るし、今度こそ「楽しくゆかいな片瀬クン」を引き出して下さいナ。お願いっ☆

(小島藺子)



「地獄の沙汰もヨメ次第」公式サイト

TBS




以下、引用。


「第三話」あらすじ


千代子(野際陽子)の反対を押し切って、夫婦別姓、つまり事実婚を押し切った真琴(江角マキコ)。

しかし、大三郎(伊東四朗)がご近所さんから貰ってきた“子宝草”という観葉植物が発端で、またも嫁姑バトルが勃発!!千代子は、接待やバイク通勤で日々飛び回っている40歳の真琴に、子供が出来るのかとプレッシャーをかけてきたのだ。

ある日、真琴は会社の社員を招いてバーベキューパーティーを開催する。一方、千代子は、ご近所さんを招いて七輪で魚系焼き物パーティー。

真琴は、千代子の三味線仲間の立江(大島蓉子)から、“子授け兎”というお守りを貰いウンザリするが、その席でレモンを何個も齧り、ついには吐き気をもよおす真琴。不妊治療の甲斐あって、真琴と三四郎(沢村一樹)はついに妊娠!?と舞い上がり、病院に行へ行き…。



posted by 栗 at 21:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする