nana.812.png

2021年04月05日

「逆転人生」話題の毛筆フォント 親子3代が執念の開発



NHK総合 22:00〜22:45

【司会】山里亮太、杉浦友紀
【ゲスト】フォント制作会社 初代・坂口綱紀、フォント制作会社 2代目・坂口茂樹、フォント制作会社 3代目・坂口太樹
【出演】片瀬那奈
【解説】奈良女子大学 教授・鈴木広光
【語り】池水通洋、谷昌樹

出版物やテレビの字幕、看板などでひっぱりだこの毛筆フォント。アニメ版「鬼滅の刃」の一場面でも使われて話題になった。開発したのは鹿児島の親子3代。龍神をイメージした荒々しい書体や如来をイメージした優しい書体など約60種類を制作した。フォントを作るには仮名や漢字など約7千文字を同じテイストでそろえなければならない。初代はもともと画家志望。「文字ではなく絵を描いている」という独自の感覚が開発の鍵になる。

那奈ちゃんが「逆転人生」にゲスト出演です。衣装は白地に黒い縦波模様のシャツとパンツで、髪はオデコを出してポニーテールにしています。主役は毛筆フォント制作の親子三代ですので、那奈ちゃんの出番は小窓中心となりそうです。スタジオの場面になり、那奈ちゃんの全身ショットも観れました。那奈ちゃんの名前も、如来毛筆フォントで用意されていました。そう云えば、那奈ちゃんは「書道七段」の腕前でしたね。確かデビュー当時は六段だったはずで、其の後に昇段していたのだと思います。取材と再現ドラマと初代と2代目のリモート出演があり、リモート出演のパートではスタジオの那奈ちゃんの出番も思ったよりはありました。書道をやっているだけに、那奈ちゃんのリアクションは的確です。初代が実際に書いているわけで、那奈ちゃんはもし自分がダメ出しされたら「イラッと来て、2、3日どっかへ行く」とか云っています。「鬼滅の刃」に使われてハッピーエンドとなり、リモートには3代目も参加しました。初代が好い味を出していました。

(小島イコ/姫川未亜)

posted by 栗 at 22:45| TV | 更新情報をチェックする