nana624.png

2020年02月09日

「私刑人〜正義の証明〜」で内山理名ちゃん

正義の証明〈上〉 (GENTOSHA NOVELS―幻冬舎推理叢書)


テレビ朝日 21:00〜23:05

法で裁かれない犯罪者に制裁を加える“私刑人"と、それを追う警察が繰り広げる激しい攻防ーー。そして、たどり着く驚きの結末…。あなたに「正義とは何か」を問いかけます。

内山理名 AS 吉尾恵美

理名ちゃんの、今年初めての新作ドラマです。役どころは「週刊エラー」の記者・吉尾恵美さんで、理名ちゃんによると週刊誌の記者役は初めてだそうです。キャスト陣は曲者のバイプレイヤー揃いで、恵美さんは主要キャストでは紅一点の重要なポジションです。物語は、法で裁かれない犯罪者に制裁を加える「私刑人」を追う警察の話で、記者の恵美さんは3年前に「私刑人」による狙撃事件の記事を圧力で差し止められ、再び現れた「私刑人」の犯行現場を目撃してしまう展開です。主役の遠藤憲一さんが演じる松永は、3年前の狙撃事件で警備に付き身代わりで負傷し、葛藤しながらも再び「私刑人」に立ち向かう警察官で、恵美さんとは浅からぬ因縁がありました。理名ちゃん演じる恵美さんは、番組冒頭から登場し、ナレーションまで務めています。ところで、松永の姪のしずくちゃんが可愛いのと、「カメラを止めるな!」の主役のお父さんが政治家秘書役で出ていて、気になって仕方ありません。恵美さんは、松永に「私利私欲にまみれたクズの為に、どうして命を賭けるんですか!それがあなたの正義ですか!」と詰め寄ります。秘書の「カメ止め」のお父さんは、竹中直人さんが演じる悪徳政治家の身代わりで射殺されてしまいました。地上波ドラマの見せ場がある役どころで、出世しましたね。此の事件で「私刑人」に対する世論が変わり、悪徳政治家に有利に動きます。恵美さんは、「私刑人」に対する考え方が揺らいできます。どうやら「私刑人」には、本物と模倣犯がいるみたいです。「私刑人」として松永の元同僚の江崎が逮捕されますが、松永は恵美さんに「江崎じゃない」と云います。果たして、秘書の殺害事件は悪徳政治家の自作自演でした。本当の「私刑人」は、悪徳政治家の娘のせいで娘が自殺した医者の藤谷でした。協力者だった江崎から聞いた松永は藤谷を止め、藤谷は逮捕されました。そして、松永は悪徳政治家に銃を向けますが、同僚に撃たれてしまいました。悪徳政治家は総理になり、恵美さんは記事をもみ消され、松永はタクシー運転手になりました。ドラマは面白かったし、理名ちゃんの演技も良かったです。撮影中と云う新ドラマも楽しみです。

(姫川未亜)

posted by 栗 at 23:05| RINA | 更新情報をチェックする