nana624.png

2013年11月08日

「恋のダウンタウン」

バルビ・ベントン(生産限定紙ジャケット仕様)






毎週「金曜日のお楽しみ」は、「下町レコード」でございます。本日も「シングル5枚!アルバム4枚!の計9枚!!」に「珈琲2杯にお煎餅つき!」の出血大サービスで、なな、なんと、たったの「1,530円税込み!」と云う、俄かに信じ難く「また、イコちゃんのホラ噺か・・・。」と思われても致し方ない「ホントの噺」なのですから、マジで土田くん、コレで商売が成り立っておるの?と心配になっちゃうのよさ。アノですね、だってさ、あたしゃ高校生の時に、例えば「バルビ・ベントン」の「サムシング・ニュー(オマケのポスターまで付いている完品!)」だけでも「2,300円」も払って買ったのよさ。あたくしは、オリビア・ニュートンジョンよりもバルビが好きだったのだけど、当時は「たかがPLAYBOYのグラビアおねえちゃん」とか莫迦にされていたから、誰にも真実を云えなかったのだよ!だったら、其れだけでも最早「−770円」じゃまいか。他の8枚の立場は?ぜんぶ無料ですか?てか、すでに「マイナス」なんですってばさ。

はあ?するってえと、ナニかい?ザ・ビートルズの「ヘイ・ジュード」とか、ジョージ・ハリスンの「美しき人生」とか、ニルソンの「ウィザウト・ユー」とか、キャロル・キングの「スウィート・シーズンズ」とか、ペトゥラ・クラークの「恋のダウンタウン」とかの5枚のシングル盤とかですね、ポール・マッカートニーとウイングスの「バンド・オン・ザ・ラン」とか、リタ・クーリッジとか、ホイットニー・ヒューストンとかの3枚のアルバムってえのは、いったい何なのだ?無料以下なのですか?ウソだ!シングルは400円から500円だったし、LPは2,500円もしたんだぞ。諭吉を軽く超えるお金を必死で衣食住まで犠牲にして貯めないと買えなかったんだぞ。それが、9割引?夢だろ・・・。シングル盤のB面曲なんて、無に限りなく等しい存在でしかないのかっ。そんな莫迦な噺があっていいのでしょうかしらん。でも「事実」なのよさ。いやあ、長生きはするもんですナァ。流石は「カタセの街」でございます。こんなに得しちゃってウハウハなのも、「かたちん」こと片瀬那奈ちゃんの御蔭でございますナァ。

てか、帰宅したら「般若参号さん」が、またしても何か録画していてですね。「さっさと観ろよ、ヒヨッコのイコちゃん!」と御立腹でございます。なんか予約したっけかしらんと思えば、また「スーパーニュース」ではありませんか。「Choice !」なんて、「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×8、「桐島さんのChoice篇」×4、そして「片瀬さんのChoice篇」X4!と「39本目」だろーが。全く、未亜たんはイカレておるのぉ。ん?猪木がまた何かやらかしたの?まあ、お千代さんがお亡くなりになられたのですか。これから「七化けのお千代」を観るのに・・・好い歌手だったナァ。25年位前に、リサイタルに親に誘われてイヤイヤ行ったガールフレンドが、観て来たら「島倉さんって、凄かった!だって、アノ歳でおさげ髪でモンペ姿の少女に化けて歌っちゃうんだよ!しかも可愛いんだからっ」と、熱く語ってくれたので、あたくしもお逢いすれば好かったと悔やんでおります。逢える時に逢わなきゃダメですね・・・無念です。心より、御冥福をお祈りいたします。


「THANX 4 土田くん」 (小島藺子/姫川未亜)






(小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」序章

LOOK OUT !

OH ! HERE SHE COMES !!

ON 2013・11・17


SINCE 2013・11・7



FROM NO IMAGE INC. TO EVERY*** WITH LOVE



posted by 栗 at 18:55| CHIAKI | 更新情報をチェックする