nana624.png

2013年08月29日

「テキトーに聴くビートルズ」第27回

ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 [DVD]


Paul McCartney 'New' - Album out 14th Oct [UK] / 15th Oct [US](YouTube 8/29)
ポール・マッカートニー、ニュー・アルバム『New』を10/14にリリース(RO69 8/29)


片瀬那奈ちゃんの新作ドラマの数字が悪くってションボリしていたら、途轍もないニュースが飛び込んでまいりました。なな、なんと、ポール・マッカートニーが新曲を公開したのです。初めて聴いても、一瞬で「ポール・マッカートニー」と分かる楽曲ながら、新しい!更に、10月には新作アルバムも発表すると云うではありませんかっ。コレは、もう11月の来日公演が益々楽しみになりましたね。新曲「NEW」を聴いても、ポールは神通力を全く失っておりません。コレを「71歳」のじじいが書いて歌い演奏していると云う事実が、俄かに信じられないほどに瑞々しい創造力に溢れた新曲です。大胆不敵なタイトル「NEW」からも、天下無敵のポールの「俺様はまだまだ現役バリバリなのだ!」と云う「自惚れ全開!で自画自賛で尊大」な気持ちが伝わって来ます。でもね、ポールはこうでなくっちゃいけません。もっと、もっと、「エライべ?えっへん!」とふんぞり返ってひっくり返って下さって、大いに結構なのだ。だって、ポールはザ・ビートルズなのですよっ。そりゃもう、エライに決まっているのです。

11月の来日公演では、当然ですが新作からも披露されるでしょう。確かにポールには珠玉の名曲が山ほどあります。みんな、過去のビートルズやウイングスやソロでの楽曲も期待しているし、ポールもファンの気持ちに応えて歌い演奏してくれるでしょう。されど、新作を引っさげて来る!と云う意味は重いのです。サー・ポール・マッカートニーと云う名の怪物は、常に新たなる挑戦を続けています。単なる「懐メロショー」なんぞには、決してならないのだ。コレまでの三度の来日公演でも、必ずポールは最新オリジナル・アルバムを発表してやって来た!そして、11年ぶりとなり「71歳」となった今回も意欲的な新作を制作し、来日の一ヶ月前にドカーン!と発表しやがるのです。其の異常なまでのバイタリティーには、驚嘆するしか術がございません。本当に、此のお方は凄すぎる!カッケー!是非、来日公演で此の「至上の化け物」を目撃しましょう。新作「NEW」をバッチリとヘビロして、ポールを拝むのだっ。てかさ、画面の白地に黒で「単純な9本の線」って「NEW」を解体した記号なんざんしょ?相変わらずのお茶目な「ポール節全開!」でございますナァ。ジョンもあの世でニンマリしているでしょう。


(小島藺子)



posted by 栗 at 14:32| FAB4 | 更新情報をチェックする