nana624.png

2013年08月28日

「ショムニ 2013」第7話

shomu2.jpg


フジテレビ 22:00〜22:54

「就職難女子VSコネ学生に社内危機一髪」

不採用百社の就職難女子 vs 内定二十社のコネ学生で社内大混乱!男を得るなら胃袋から社員食堂新メニューを開発せよ!

■ キャスト
 江角マキコ :坪井千夏(庶務二課)
 ベッキー :三波まどか(庶務二課)
 本田 翼 :円山詩織(庶務二課)
 安藤サクラ :安倍麗子(庶務二課)
 森カンナ :小島美鈴(庶務二課)
 堀内敬子 :福田益代(庶務二課)
 三浦翔平 :左門大介(海外事業部員)
 片瀬 那奈 :壇上みき(経営企画室長)
 泉 里香 :三田 茜(キラキラガールズ)
 高田有紗 :柏木アオバ(キラキラガールズ)
 東野佑美 :恩田ゆず(キラキラガールズ)
 升 毅 :前川 進(代表取締役社長)
 鈴木浩介 :下落合耕ー(人事部員)
 安田 顕 :星野ケンジ(人事部長)
 、ほか

■ スタッフ
 原作:安田弘之「ショムニ」(メディアファクトリー)
 脚本:大浦光太
 演出:小林義則
 音楽:大島ミチル
 主題歌:Serena「ピンクの弾丸」(アリオラジャパン)
 編成企画:石井浩二、清水一幸
 プロデュース:岩田祐二(共同テレビ)
 制作:フジテレビ
 制作著作:共同テレビ



片瀬那奈ちゃんが「壇上みき」サマを怪演しておられるドラマ「ショムニ 2013」の第7話でございます。ゲストは「山下リオちゃん」との事で、おいおい、また「あまちゃん」人気に便乗ですか。でも、フジテレビが「あまちゃん」主要キャラ二人(福士・フォーゼ・蒼汰くん&有村架純ちゃん)を姑息にもキャスティングした「スターマン・この星の恋」は「ひと桁街道まっしぐら!」と、「あまちゃん」の半分にも満たない数字しか取れておりません。いくら旬な若手を引き抜こうとも、テレビ桟敷の視聴者は冷酷です。ドラマがつまらなければ、忽ちそっぽを向くわけで、「数字を持っている俳優」なんぞ此の世界には存在しません。「片瀬那奈ちゃんが出ているから、毎週欠かさず観て録画します!」なんて、大甘ちゃんなエールを送るのは「片瀬那奈ちゃんの熱狂的なファン」だけなのだ。あたくしは、なんとなく面白くなったから「スターマン・この星の恋」も観ているのだけど、あたくしに面白がられたドラマって大抵は低視聴率になるのよさ。「ショムニ 2013」も低視聴率に喘いでおりますが、ドラマとしてもサッパリ面白くないです。「数字なんかカンケーねえや!」と啖呵を切るあたくしも、「数字が悪いのは当然で、ダメだこりゃ!」と認めるしかありません。但し、片瀬那奈ちゃん演じる「壇上さん」だけは、メガトン級に面白いのだ。

ところで、ココでは「アイサイト篇」と呼んでいた片瀬那奈ちゃんが御出演中の「体感!スバル!」新作は、正式には「とびださないクルマ編」と、ようやく「マネ日記」で公表された模様です。公開から一週間近く経って押っ取り刀で発表とは呑気なもんですナァ。「信じ難いの誤植」であった「門前中町」と「青山放送」も、サラリンコと削除して何の謝罪も無し!って、別にあたくしは構わないけど、色々とヤバイんじゃねーの?スタッフが「かたちん」に不利な状況を作って、どーすんのよさ。また年末年始あたりに「女子マネちゃんが謝罪しておしまい」って事にするのかしらん。アノですね、マネジャーなら命懸けで「かたちん」を守りなさいよ。「チーム片瀬」は「あまちゃん」を観て、「ユーサクの長男」や「マギーちゃん」や「太巻社長」から、「マネジャーの在るべき姿」を学びなさい!「かたちん」だって、インタビューで「スタッフへの信頼感」を強くアピールしておられるのに、寝ぼけた事ばっかやらかしてんじゃないわよっ。でも、「2013年8月27日」に片瀬那奈ちゃんが「バラエティ番組の収録をされていた」と明かして下さった事には感謝いたします。されど、「満帆ブログ」を見れば、相変わらず「自惚れ全開!」のプロデューサーが自画自賛し捲くる宣伝で、もう「勝手にやってろ!」としか申し上げられません。全く「危機感」の欠片もないのね。コレじゃ、応援しているファンが莫迦じゃん!

アノですね、自分で「エライべ?えっへん!」ってやらかして好いのは、「未亜たん」だけなのよさ。視聴者に見放されたにも関わらず「私は、こんなにも素晴らしいドラマを創っておるのです!皆さまも、さぞかし感動しておられるでしょう。過去の名作ドラマにも劣らぬ絶妙なキャスティングに酔いしれておられるに決まっていますね!がっはっはっは」みたいな薄っぺらな事ばっか書いているんじゃ、ブログなんてやる意味ないじゃん。大昔に、「鉄板少女アカネ !!」って打ち切りになったドラマがあったのだけど、プロデューサーのブログは本音が出ていて好かったわよ。数字が悪くて打ち切りになった事も、包み隠さず明かして「自分のチカラ不足でした!正直、すまんかった!」と謝罪していたのよさ。其の伝説のドラマで、片瀬那奈ちゃんは「西豪寺エレナ様」を演じ、狂気の沙汰とも思える暴走で「怪優開眼」されたのです。あたくしが「壇上みき」に大いに期待してしまうのは、「追い詰められた片瀬那奈ちゃんが制御不能となり、大暴走する」予感をビンビンと察知しているからです。いや、もう既に「かたちん」は伝説の「西豪寺エレナ様モード」に入ってしまわれた。どんなにまわりがヘッポコリンでも、片瀬那奈ちゃんが演じる「壇上みき」の鬼気迫る艶姿を観れるのですから、「ショムニ 2013」には価値が在ります。

片瀬那奈ちゃんは、また「VS 嵐」に御出陣されたそうですが、今度はゲームに参加するみたいなので楽しみですね。さて、第7話ですけど、壇上さんは「熟女キター!」とか「熟女壊れっぱなし」とか書き込みされて可哀相だべ?山下リオちゃんも「100オチさん」とか罵られて可哀相だべ?学生インターンの四葉銀行の御曹司は、優秀だけどイヤな野郎だな。自分の不注意で失くした大切な書類を、「100オチさん」が盗んだとか云ってサイテーだべ?と序盤の展開を観ただけで、オチまでまるっとお見通しになる相変わらずの安直すぎる脚本には辟易しますナァ。壇上さんもあんまり出て来ないし、つまんねえの。予告であった後ろ姿で「ダーッ!」を決める壇上さんも、本編じゃカットされていました。案の定、天下無敵の坪井千夏サマが啖呵を切って「ショムニ」の連中も尻馬に乗って、どいつもこいつもギャフン!と云わせるってか。「100オチさん」は満帆の採用を蹴って実家の造り酒屋を再建しようと決意し、四葉の息子もコロリンコと改心して、めでたし、めでたし。何ら意外性の欠片もなくて「水戸黄門」みたいなドラマなのだけど、残念乍ら坪井千夏サマは前の副将軍ではないし、「ショムニ」の連中も助さんでも格さんでもないのです。次週予告にはサトエリばっか出ていて、壇上さんはどうした?


(第7話視聴率「8.8%」) ←「数字の下落が、もうどうにもとまらない」


「THANX 4 うっぴー☆」 (小島藺子/姫川未亜)



「ショムニ 2013」フジテレビ公式サイト
「満帆ブログ」


posted by 栗 at 22:54| ACTRESS | 更新情報をチェックする