nana624.png

2013年08月18日

「テキトーに聴くビートルズ」第24回

Wings Over America


NHK BSプレミアムで「サー・ポール・マッカートニー」のライヴが放送されているので録画しつつ観ているのだけど、1970年代中期の「WINGS」全盛期時代映像が満載で眩暈がしますナァ。ポールも三十代で、もう兎に角スゴイのよさ。でも、11年ぶりの来日公演の煽りでこんなトンデモな映像を公開しちゃってええのかしらん。うっかり、コノ三十代で若くてバリバリのポールを見ちゃって来日公演に行ったら、出て来たのは「古希を越えたおじいさん」で、ガックリしちゃうなんて事にならないとも限りませんよっ。なーんてこたあ、ありません。ポールは今でも「現役バリバリ」ですから、絶対にみんなを失望させたりなどいたしません。そりゃ、あたくしだって、若い頃のポールを観て、現在との違いはイヤと云う程に認識しています。コノ圧倒的なシャウトを、現在のポールに求める事は出来ません。ジュリーは、ポールが1990年にようやく初来日公演を果たした時に「全盛期に観たかった!」とぬかしやがりました。でも、当時のポールは「未だ47歳だった」のよさ。でもでも、気持ちは分かります。だって、ポールはクスリで二度も来日公演が流れてしまっていたのですからね。ジュリーには原爆を作って「ストーンズを来日させろ!」と日本政府を脅した過去もありますから、説得力もあります。

片瀬那奈ちゃんを15年追っかけているあたくしですが、リアルタイムで追う時には気付かない大きな変化を過去の作品を見返す時に思い知らされます。確かに、もうアノ頃に夢中になった10代のアイドルだった片瀬那奈ちゃんも、20代前半で歌手活動をしていた片瀬那奈ちゃんも、其の後に女優回帰して悪戦苦闘した片瀬那奈ちゃんも、今とは違う。でも、どの時代でも「那奈ちゃんは那奈ちゃん」だったし、今でもそうです。ポールを追い続けているのもおんなじで、常にポールは変わってはゆくのだけど、やっぱり「ポールはポール」なのよさ。其れは、つまり「ポールは、ずっと、ビートルズでいる」って事なのです。あたくしは、この「WINGS」全盛期のライヴで、ポールがジャケットの肩から上腕部にキラキラの装飾をしているのが大好きなのよさ。誰が見たって「ポールのワンマン・バンド」なのに、メムバーも目立たせようなんて余計な気遣いをしていたポールだけど、やっぱり自分が目立ちたいのよさ。片瀬那奈ちゃん演じる桜井玲奈さんが「キラキラ女」なら、ポールは元祖「キラキラ男」じゃん。てか、「歌手・片瀬那奈」のルーツって「カイリー・ミノーグ」ではなくて「ドナ・サマー」だと、あたくしは思うのだけど、其れはまた別の記事で語ります。何にしろ、やっぱり、ポールは、かっけぇな。もしも何となく迷っていて来日公演に行かなかったら、生涯、後悔するでしょう。少しでも興味があるのなら、絶対に観るべきです。

其れにしても、こんなに素晴らしい番組を蔑ろにして、たかが「あまちゃん」のダイジェストなんぞを優先しようと企んでいた未亜たんが、あたくしは許せませんナァ。お前さんは、33歳のポールの熱唱と演奏を何だと思っておるのよさ。はあ?画面が赤くってチープだって?てめえ、何様なのよさ。「かたちん」のライヴ映像なんか、マネジャーが記録用に録画したもんまで収録していたんだから、もっともっとチープだろ!おっと、ライヴが終わったらプロモが始まったぞ。まずは定番のスティーヴィーとのデュエット「エボニー&アイボリー」と来ましたね。おやまあ、次は「パイプス・オブ・ピース」とは渋いねえ。おい、未亜たん、何をモゾモゾとリモコンを操作しているのよさ。ラストは「マイ・ヴァレンタイン」のメイキング付きプロモなんだから、絶対に譲らないわよ。天下のポール様に加え、ナタリー・ポートマン様&ジョニー・デップ様が出ておられるのに、ぽっと出の「あまちゃん」なんぞにチャンネルを変えられてたまるもんですかっ。なんぞとエラソーにぬかすあたくしも、相手が「かたちん」ならば、何の躊躇もなく「サー・ポール」でもアッサリと「ポイ捨て」します。あたくしの推しは「かたちん」だけ!そんなあたくしが、何となく書くから「テキトーに聴くビートルズ」なのよさ。ま、テキトーに聴いているけど、わりとマジで書いているんだけどね。


(小島藺子)



posted by 栗 at 01:41| FAB4 | 更新情報をチェックする