nana624.png

2013年07月31日

「Message 2013」サプライズ!(完結篇)

決定盤!!「タッチ」完全版 ベスト


@ 渋谷公会堂(2013年7月30日、開催)

14:00 開場、15:30 開演、19:30 終演
(14:00 ロビー開場、15:00 客席開場)

【出演】
 財前直見、唐沢寿明、反町隆史、田万由子、竹野内豊、りょう、沢村一樹、原沙知絵、
 片瀬那奈、黒川智花、市川由衣、速水もこみち、天海祐希、さくら、成海璃子、
 榮倉奈々、菅野美穂、志田未来、入江甚儀、市川知宏、川口春奈、水上剣星、伊藤祥平、
 ハナエ、竜星涼、SPYAIR、福士蒼汰、家入レオ、山本涼介、杉咲花、永瀬匡、Serena


「Message 2013」第二部 Part 2のつづき

合唱が終わって、時刻は、18時半となっておりました。終演予定時刻には、未だ一時間の余裕があります。そこで、今回も益々磨きが掛かった司会を担当されておられた片瀬那奈ちゃんから、重大発表が告げられました。なな、なんと、本日御出演の研音オールスターズが全観客をハイタッチで送り出す大出血サービスが、みたび実現だっ。場内には、一斉に「ぎゃーっ!!」と観客の絶叫が響き渡りました。確かに、一昨年も昨年もサプライズはありました。でも、「二度ある事は三度ある」保障なんぞ、ありゃしません。片瀬那奈ちゃんが発表して、超満員の「研音ファン」は、初めて夢の実現を知りました。二千人とのハイタッチをしっかりとやる研音オールスターズの心意気には、尊敬の念を抱くしかありません。そして毎年事故も無く行われているのは、研音を愛するファンもキチンとした方々ばかりだからでしょう。其の関係は実に清々しく、汚れたクズ野郎であるあたくしには魂が浄化される様で、とっても心地が好いのです。

三回目となった「Message 2013」は、完全なる「研音の手作りイベント」となりました。昨年までは外部からも進行役や講師を招いておりましたが、今回は全てを研音のタレントとスタッフのみで作り上げていました。何せ、前説まで黒川智花ちゃんに担当させたのです。あたくしは開演前だったので「随分と綺麗なADさんが出て来たナァ」なんぞと思ったのだけど、よくよく観たら雨ちゃんだったのでひっくり返りましたよ。エロスは「ウチの事務所のタレントは、みんな変わっていますね!」と云っておりましたが、人として信じられる方々ばかりだと思います。繰り返しますが、今年で三年目となる「研音チャリティーイベント」は、マスコミではほとんど取り上げられません。其れが何故なのか?は簡単明瞭で、取材を断っているからなのだよ。勿論、イベントの模様は映像と写真がカメラで収められていました。然し、其れは研音のスタッフが行っており、マスコミ取材クルーではないのです。

研音はかなりの大手事務所であり、人気者も沢山おります。今回はスケジュールの都合で、山口智子さん、江角マキコさん、松田翔太くん、そして体調不良で、伊東美咲さん、と四名が欠席されました。然し、他の32組ものタレントが一堂に会しチャリティーイベントを行ったのです。片瀬那奈ちゃんが早朝から「ショムニ 2013」の撮影に臨まれた後に駆けつけ立派に司会を務められた様に、皆さんが売れっ子でリハーサルも含めれば半日以上は拘束されたに違いない此のイベントに御出演されたのです。無論、ノーギャラでしょう。あたくしは、こうして人知れず地道に復興支援を続けておられる研音様の志には、本当に頭が下がりますし、もっと多くの方々に賞賛されて然るべきだと思っております。「チーム片瀬」にどーのこーのと文句を云ったりもしますけど、どーでもいいならそんなこたぁしませんよ。例えば「あまちゃん」で能年玲奈ちゃんがめんこいと思っても、所属する「レプロエンタテインメント」全てを応援しようなんて気にはなりません。

でも、研音は違う。もう、あたくしは三年連続でチャリテーイベントに参加してしまったのだ。其れ以前から片瀬那奈ちゃん目当てにエキストラ参加とかして、唐沢さんとかあまみんとかともお逢いして人間性に惚れちゃったから「ハッキリ云って研音贔屓だっ」となっておるのだよ。さてさて、今年のハイタッチは、二階ロビーで行われると発表されました。昨年まではステージ上だったのだけど、緞帳が下りてしまい、二階席から粛々とハイタッチが行われている模様です。始まって30分ほどが経過して、一階席の番となりました。ズバリ云って五列目だったので、順番はすぐにやって来ましたけど、一体どうなっているのか全く分からずに二階ロビーへと誘導されました。つまり、片瀬那奈ちゃんが何番目で待っているのか見当がつかないのだ。心の準備が出来ません。物凄い速さでハイタッチしてゆくので、コレは困ったぞ。最初は若手の女優さんたちで、菅ちゃんは流石に分かりました。

すると、いきなりだナァと片瀬那奈ちゃんが目の前に居ました。那奈ちゃんは、僕の顔を見て「ありがとうございました!」とニッコリ笑ってハイタッチして下さった。僕は、何にも云えなかった。「ありがとう」って云いたかったのは、こっちなんだよ。また、やられちゃったナァ。ちなみに、榮倉奈々ちゃんも「ありがとうございました!」と云ってくれました。「Wナナちゃん」から云われるなんて、夢の様ですナァ。そー云えば、片瀬那奈ちゃんは榮倉奈々ちゃんを「奈々ちゃん」と呼んでいましたよ。高速ハイタッチだったけど、ナンダカンダでほとんど全員の顔は認識出来ました。嗚呼、今年も参加できて、本当に好かった。気が早いけど、来年も絶対に当てますよ!マジで「研音チャリティーイベント」は最高ですので、皆さんも是非とも応募して参加して下さいね。広めちゃったら自分の当選確率が下がるなんて、チッチャイこたぁ申しません。生で司会する片瀬那奈ちゃんの晴れ姿を、是非とも御覧になるべきです。そして、どんなに倍率が上がろうとも、あたくしは来年も再来年も其の後もずっと、必ず当てます。今年も長々と御静聴して頂き、ありがとうございました。いやあ、研音って、本当に好い事務所ですねっ。其れでは、また来年、お逢いしましょう。さよなら、さよなら、さよなら。


「Message 2011」INDEX
「Message 2012」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)




【オマケ】

「かたちん」に夢中になっていたら、うっかり「ウルトラ怪獣総選挙」で「かたちん」の盟友である「ブースカ」が「カネゴン」に抜かれて「八位」に転落しているじゃないのよさ。舎弟のくせに、親分に盾突くなんてトンデモナイわよっ。どーせ、金にモノを云わせたんざんしょ?清らかな心を持ち、謙虚な姿勢で選挙戦を行っている「ブースカ」が、「世の中、銭じゃ!」と公言している「カネゴン」に負けてもいいの?片瀬那奈ちゃんも「シオシオのパー!」になっちゃうわよ。然し、やっぱり「カネゴン」は「食えない奴」だったナァ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 01:39| EVENT | 更新情報をチェックする