nana624.png

2013年06月15日

「35歳の高校生」第十話

35jk2.jpg


日本テレビ 21:00〜21:54

「魔女裁判…彼女が高校生になった目的を糾弾」

裏サイトで行われていた3Aのランキングが全員同じ点数になり、スクールカーストはなくなったかのように思われた。生徒たちは亜矢子(米倉涼子)のお蔭だと感謝する。そんな中、亜矢子が阿佐田(渡哲也)の指令を受けてスパイとして編入し、高校生を使った人体実験を行っていると告発する文書が生徒の間に広まる。動揺する生徒たち。正光は本当のことをはっきりさせるために、“魔女裁判”をやろうと亜矢子を挑発する。

■ キャスト
 米倉涼子 :馬場亜矢子(35歳の高校生、全話を通して不動の主人公!)
 溝端淳平 :小泉純一(担任教師、国語担当、第八話の主役のひとり)
 片瀬 那奈 :長峰あかり(スクールカウンセラー)
 広瀬アリス :長谷川里奈(第一話の主役、最初の友達)
 水野絵梨奈 :山下愛(第二話の主役、二人目の友達)
 (※ 第三話の主役「大竹亮太(上遠野太洸)&三枝鉄平(西井幸人)」が友達3&4号)
 (※ 第四話の主役「猿渡先生(東根作寿英)」は入院中)
 宮崎香蓮 :羽鳥梨花子(第五話の主役)
 小島藤子 :国分萌(第六話の主役のひとり)
 新川優愛 :工藤美月(第六話と第那奈話の主役のひとり)
 北山詩織 :泉優奈(第那奈話の主役のひとり)
 森川葵 :権藤瞳(第六話と第八話の主役のひとり)
 (※ 第九話は生徒全員が主役、目立ったのは湯川理(野村周平)で、裏主役は長峰あかり先生!)
 (※ 第十話も生徒全員が主役、強いて云えば、土屋正光(菅田将暉)です)
 手塚理美 :馬場依子(馬場ちゃんの母親) 第十話特別出演
 升毅 :蜷川真樹夫(生活指導)
 横山めぐみ :黛有紀(副校長)
 榎木孝明 :野田芳男(校長)
 渡哲也 :阿佐田幸信(教育長、別名「カイザー」)
 、ほか

■ スタッフ
 脚本:高橋悠也
 演出:南雲聖一
 音楽:横山克
 主題歌:EXILE「Flower Song」
 統括:神蔵克
 チーフプロデューサー:大平太
 プロデューサー:池田健司、秋元孝之、高明希
 制作協力:オフィスクレッシェンド
 製作著作:日本テレビ



片瀬那奈ちゃんがスクールカウンセラーの長峰あかり先生を豪快に演じるドラマ「35歳の高校生」第十話です。次週は「最終回2時間スペシャル!」ですから、最も盛り上がるのは「最終回前の今宵」となるのかもしれません。前回で最終章へ突入しても、片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生のキャラクターは揺るぎなく不変でした。いや、益々スットコドッコイぶりが増していたと思います。果たして、最後まで「あかりちゃんはあかりちゃん」の侭を貫き通されるのでありましょうかしらん。なんぞと呑気そうに予想しておりますが、本日は映画「二流小説家 シリアリスト」の初日舞台挨拶がございまして、イソイソと出掛けて御本尊様であらせられる「リアル・片瀬那奈ちゃん」を拝ませて頂きましたので、気持ちは完全に「ほわんほわん」しております。片瀬那奈ちゃんは、本日も後光が射しておられた。本当です。

さて、第十話が始まりました。本日のナビでも「クライマックス!」と謳われた重要な「最終回直前の回」でございます。冒頭から片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生はスットコドッコイなノリながら「前回のキャンプでスクールカーストが無くなったのでは?」と的確な解説をぶちかまします。然し!前回のキャンプを仕掛けたのもラスボスのヘッドフォンである事もバレバレなのだ。正光とヘッドフォン以外は全員が馬場ちゃん派となったところで、告発文が送られて来ます。内容は「馬場ちゃんは、カイザーに雇わたスパイで、人体実験を行っている!」で、二人が密会している写真付きと来たもんだ。ヘッドフォンが大胆にも正体を明かし始め、馬場ちゃんに「君と僕とで新時代の救世主になろう!」なんぞと「アタマがイカレテいる」としか思えない勧誘を開始します。

カイザーのタイミングが良過ぎるテレビ発言で、生徒諸君は大混乱し、ヘッドフォンからの指令で馬場ちゃんの過去を知り勝ち誇った正光(勿論、彼はヘッドフォンの指令とは知らない)は馬場ちゃんにバケツで水をぶっかけて、馬場ちゃんの席を教室から放り投げてしまいます。米倉姐さんに役柄とは云えやらかしてしまった菅田将暉くんは、ドキドキだったでしょう。ヘッドフォンは、過去のトラップは全て自分がやったと馬場ちゃんに衝撃の告白!いや、視聴者はみんな知ってますから。自殺しようとするヘッドフォンを止めて、諭す馬場ちゃん。正光は、馬場ちゃんを「魔女裁判」にかけると云い出します。えっと、今回も教室内での生徒達がメインなのね。「馬場ちゃんがスパイ」との職員室での噂に過敏に反応していた長峰あかり先生は、またしてもいち早く情報をキャッチするものの、あくまでも好い加減な「観客」としての立場を貫きます。あかりちゃんの「情報収集力」や「分析」は鋭く的確なのだけど、何故か「傍観者」を気取っておられる。

「魔女裁判」では、馬場ちゃん自らが「過去」を語ります。てかさ、此の第那奈話での「ティーンコート」と同じ生徒中心の「学芸会ノリ」って、マズイんじゃまいか。こんなんじゃ、数字が取れませんよっ。一方、カイザーは倒れ、職員室で小泉と傍観していたはずの長峰あかり先生は消えています。衝撃的な馬場ちゃんの過去が明かされ、秘密のノートも押えられておりました。馬場ちゃん、大ピンチ!そして、何故か倒れたカイザーの病室に長峰あかり先生がっ!ホラね、片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生がドラマにとって重要人物だって、最初からあたくしは主張して来たざんしょ。でもですね、コレって「熟年離婚」の続きではありませんよね?さあ、いよいよ次週は「最終回2時間スペシャル」でございます。遂に正体を現した長峰あかり先生の結末は、一体どーなるのでありましょうかしらん。ん?馬場ちゃんの行方はどーなるかって?アノですね、ココは「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」なのだよ。


【第10話の湯呑み文字】 相談室場面が無かったので不明、てか、もう「湯呑み文字」どころじゃない!
(第10話視聴率「13.1%」)


(小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 21:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする