nana624.png

2013年06月11日

「さようなら、藤澤律子!されど片瀬那奈ちゃんの温故知新はつづくのだ」

ラストクリスマス ザ・コンプリート・コレクション


あたくしが九年近い怨念を込めて徹底的に叩き潰した「片瀬那奈ちゃんが2004年に演じられた藤澤律子」は、如何でしたかしらん。一年半前に開催した「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」で、小早川妙子の狂乱ファイトで多くの片瀬那奈ちゃんが演じられたキャラクターが惨殺される場面を書きましたが、藤澤律子は未亜たんの実況で「神崎今日子、岡元めぐみ、菜穂美、松下梨絵の四人が、東西南北の最上段最後部座席後方の壁まで吹っ飛ばされ叩きつけられましたっ。全員、血まみれです!おそらく、生きてはいないでしょうっ。おおっと、藤澤律子は天井に飛ばされ落下し照明機材に串刺しになっておりますっ。なんと云う無惨な光景なのでありましょうか!と、もっとも悲惨な死に様を魅せております。

賢明な片瀬那奈ちゃんファンのみんなにはバレバレでしょうが、あたくしは藤澤律子を心から深く愛しています。どんなに無様な再出発であったとしても、彼女はココを創ってしまった、云わば「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」の母親です。そして「ラストクリスマス」には、片瀬那奈ちゃんを愛するみんなにとってスペシャルな本当のオチがありました。2004年12月20日の最終回を観て呆然となったあたくしは、2004年12月25日に「本当の奇跡」を体験しました。ドラマ以上に、ドラマチックでロマンチックなクリスマスの夜でした。リアルタイムの片瀬那奈ちゃんに対する絶望感だけでは、こんな酔狂なモンを立ち上げたりしません。藤澤律子は、最後の最後で輝いてくれた。彼女は風邪をひいて最悪の体調なのに「Shine」を生歌で高らかに歌ったのです。

「ラストクリスマス」の再放送は終わりましたが、まだまだ片瀬那奈ちゃんの旧作はぞくぞくとスカパー!を中心に放送されていきます。リアルタイムの片瀬那奈ちゃんは、映画「二流小説家 シリアリスト」の公開が目前で、ドラマ「35歳の高校生」は数々の裏番組砲にもめげず「最終回2時間スペシャル」が決定!次のクールには「ショムニ 2013」へ御出演!と女優として大活躍中ですし、生放送で司会を務める「シューイチ」も続きます。新作を追うのでいっぱいいっぱいとも云える素晴らしい状況ですが、今の片瀬那奈ちゃんを創ったのは過去の積み重ねです。旧作を再見する醍醐味は、計り知れません。片瀬那奈ちゃんは多くの作品を遺して来ました。それぞれが愛おしく、何度でも観る価値があります。もう一度くりかえしましょう。あたくしは、心から藤澤律子さんを愛しています。貴女と出逢って「ゼンキロ」は生まれました。ありがとう。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 18:21| ACTRESS | 更新情報をチェックする