nana624.png

2013年06月07日

「ラストクリスマス」#09 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜13:50

「天使の雪」(本放送:2004年12月6日)

片瀬那奈 as 藤澤律子


残すは三回となった「ラストクリスマス」でございますが、今回も大荒れの展開となります。片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番は相変わらず少ないのだけど、其れよりも前回で日垣が青井への心変わりを青井の説教で吹っ切り(青井が母親で、日垣は子供かよ)、恋愛がメインである此のスットコドッコイなドラマで主役カップルである「春木と青井」の物語から完全撤退してしまったのが問題です。今後は「如何に、律子と日垣が上手く収まるのか?」が描かれていくのですが、其れはもう本筋とは全く関係が無い世界となります。「律子と日垣」は、所詮は使い捨ての「端役カップル」でした。日垣はヒロインの青井(元・日垣にとって都合のいい女)と絡んでいたから出番も多かったものの、律子は相手が「墓の下」なわけで、日垣と絡むしか物語に参加出来ない立場でした。其れでも、日垣が青井の母性に気付きマザコン魂に火が付いて(イチオー、おじいちゃんコンとなっているけど、どー見ても日垣はマザコン)、律子をやり捨てて青井へ向おうとしていたから、律子も物語に絡めていたのです。でも、もう其れは無いのだ。

ゆえに、日垣の「本筋(春木&青井の恋模様)」からの離脱と共に、片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子も「完全に蚊帳の外」となります。物語はクライマックスに向うのに「律子と日垣」はハッキリ云って「居なくとも、全く支障が無いキャラクター」と成り果てたのでございます。逆に云えば、今後「律子と日垣」を追えば、主役も他の連中も「居なくとも、全く支障が無いキャラクター」なのだ。第九話はテレビ番組に伍郎が出演して、お得意の寒いギャグを連発する場面から始まります。伍郎を演じた伊原剛志さんには何の責任もないどころか、実に上手く演じておられるのだけど、脚本家や演出家は本気で伍郎のキャラクターを「面白いでしょ?」と思っていたのかしらん。ドアを塞がれてしまった主役カップルですが、お隣さんなのだから普通にラヴラヴです。然し!春木の母親の容態が悪化!青井は「お義母さんは、あたしに任せて!大事な出張へ行って!」と、夫婦同然なのだ。然し、然し!春木を見送った青井は難病再発の危機!出張は日垣と一緒なのだけど、もう日垣は春木のライバルではありません。

周辺の恋愛事情では、伍郎が彩香と結婚するとなって、でも彩香は前回で「本当は達平にひと目ぼれして好きだから寝たの!でも、ウチは貧乏だから恋愛と結婚は別なの!」と伍郎との仲を取り持つ為に奮闘した達平に告げていたのでした。ココで片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子が春木にデザイン画を渡す為にハートスポーツを訪れて登場しますけど、当然乍ら春木も日垣も不在です。そこで律子は「ニューヨークへ行く」と伝言を残しますが、えっとですね、コレって「其れを説明する為に、律子を登場させただけ」でしょう。春木の母と「アタック・チャンス」の熟年カップルもラヴラヴになっていて、どいつもこいつも色恋沙汰にしか関心がない模様です。ニューヨークの見学から帰った律子をマンションで待ち伏せしていた日垣は、伍郎と彩香の結婚パーティーに誘います。パーティーで律子は日垣に「あのクリスマス・ツリーの絵が完成したら、ニューヨークへ行くわ」と告げます。其れを青井に日垣が報告すると、青井はふらついて異変に気付くわけですよ。

いよいよ伍郎が彩香に結婚指輪を渡そうとした時に、絶妙のタイミングで伍郎のパパが乱入し式は中止となります。パーティーに出席したので、片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番は「いつもよりちょっとだけ多かった」のですが、それでも僅か三分です。相変わらず、声の調子が悪くダメダメで、そもそもこんな端役は片瀬那奈ちゃんでなくとも構わない役柄でした。其れにしたって、二年半ぶりの女優回帰作だったのです。何ゆえ、こんな不完全な体調で、気合が入っていないヘッポコ演技をやらかしてしまったのか?日垣が春木に「青井が具合悪そうだった」と教え、春木が「アタック・チャンス」に問いただすと「青井由季さんは、再発しました」と地獄の宣告を受けてしまいます。輝くツリーをバックに、余命幾許も無いと思われる青井を抱きしめる春木!いつもの様に無理に明るく振舞う青井!もう、可哀相で涙が止まりませんナァ。「天使の雪」を二人で見て、BGMが過剰に盛り上げ、次回予告では、いよいよ青井が死んじゃうの?と引っ張ります。片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の「名セリフ」も飛び出しますよ。最終回までは「青井の難病ネタ」で進行するわけで、不治の病に立ち向かうヒロインと支える主人公の姿に泣けます!オチで「あたしの涙を返して!」と云っても、あたしゃ知らんけどさ。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする