nana624.png

2013年05月30日

「ラストクリスマス」#03 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜13:50

「涙の抱擁」(本放送:2004年10月25日

片瀬那奈 as 藤澤律子


第一話と第二話を合わせて「たったの二分!」しか出番が無かった片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子が、第三話では初っ端から登場します。遂に「藤澤律子がメインの巻」となったのです。其れで「おやおや、ようやく前に出て来たわね」と思ったら、日垣の想いを受け入れてしまうって事でして、えっと「たったの二分!」で説明された「日垣の四年越しの想い」を頑なに拒否した「律子の亡くなった恩師への想い」とは、一体何だったのか?と、視聴者は呆れ返るしか術がありません。所詮は主役カップルをくっつける為の小道具に過ぎない「律子と日垣」は、序盤で本筋からセミ・リタイアしてもらおうって事なのでしょう。其れにしたってトンデモな展開で進行します。然し、もっと酷いのはこれからなのですけどね。

なな、なんと、律子は日垣に「結婚する事にした」と告げ、「亡くなった恩師を忘れられずにいた」と思っていた日垣は呆然!でも、実は「律子が日垣を好き」だと気付いた青井が日垣への想いを告白しつつ「恋のキューピット」となり、めでたく「律子と日垣」のカップル誕生!って、おいおい、律子の新たなる婚約者はどーすんの?仮装パーティーでの「真っ赤な悪魔」風なコスプレなど、片瀬那奈ちゃんが場面ごとにスタイリングを変える見どころはありますし、出番も「10分以上もある」見せ場の回でした。ところが、ようやく出番が増えたのにも関わらず、片瀬那奈ちゃんは声を枯らしています。何が原因かは分かりませんが、プロの女優として恥ずべき事でしょう。「女優回帰」となった「藤澤律子」を抑えた演技で作り込んでいた事は伝わりますが、体調管理を怠っていたのではお話になりません。

「体調万全の片瀬那奈ちゃんはいつでも観れても、ハスキー・ボイスの片瀬那奈ちゃんはなかなか観れませんよっ」と未亜たんなら擁護するのでしょうけど、前半の藤澤律子にとって最大の見せ場であった第三話での失態は、決して許される事ではありませんよっ。ラヴ・テロリスト・高瀬彩香から貢がされている春木の後輩・葉山達平は、在ろう事か取締役・新谷伍郎(春木の学生時代からの親友)へ押し付ける様に春木に嘆願し、伍郎に言い寄られている青井も協力しって、なんじゃらホイ。ネタバレすると、彩香と伍郎は結婚寸前まで進むのですから、こいつら全員どーかしています。日垣を想う青井と、其れを知る春木は、「律子と日垣」のカップル誕生へのおせっかいを焼き捲くります。日垣は春木にとって「最大の恋のライバル」なわけで、無意識を装いつつも律子とまんまとくっつけて「振られたての青井」からチュー!のプレゼント。サリー柴田は春木に抱きついて、サリーの旦那がマンションに乗り込んで来てって、あ〜あ、下らない。こんなテキトーな内容で数字が「20%」超えって、お気楽な時代だったのですね。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする