nana624.png

2012年11月13日

BOOT-026:I'LL BE ON MY WAY

Very Best of Live at the BBC


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 録音:1963年4月4日(1963年6月24日放送「Side by Side」)

 1994年11月30日発売 (「LIVE AT THE BBC」 disc1-7) アップル (1963年版)

 (ビリー・J・クレマー&ザ・ダコタス盤:1963年4月26日発売 パーロフォン R5023)


初期の「レノン・マッカートニー」は、マネジャーの「ブライアン・エプスタイン」にお願いされて、多くの提供曲を書きました。「I'LL BE ON MY WAY」は、ビリー・J・クレマー&ザ・ダコタスのデビュー・シングルのB面に収録されたポール・マッカートニーが書いた作品です。A面はジョン・レノンが書いた「DO YOU WANT TO KNOW A SECRET」で、ビートルズとしてもデビュー・アルバムでジョージ・ハリスンに歌わせております。でも、ビートルズのヴァージョンは英国ではシングル・カットされなかったので、ビリー・J・クレマー&ザ・ダコタス盤がヒットしました。「I'LL BE ON MY WAY」もBBCのラジオ番組でビートルズが演奏しておりますので、此の二曲に関しては別にビリー・J・クレマー&ザ・ダコタスの為に書いたのではないと思われます。

如何にも初期のポールらしい楽曲で、思いっ切りバディ・ホリーのパクリみたいな稚拙な出来栄えです。「I'LL FOLLOW THE SUN」にも似ていますから、おそらく10代の頃に書いた曲でしょう。然し、ビートルズ・ヴァージョンは「ジョンとポールが一緒に歌っている」だけでも聴かせます。解散間際となった時期の「TWO OF US」でも、此の感じは不変でした。曲が些かヘッポコリンでも、ジョンとポールが二人で歌えば「魔法」が生まれるのです。つまり、「DO YOU WANT TO KNOW A SECRET」をジョージに歌わせて、「I'LL BE ON MY WAY」を当時は公式レコードにはしなかったのは、上手いのよさ。レノマカに歌われたら、ビリー・J・クレマーの立場がありません。さて、此処から「LIVE AT THE BBC」へ行くのもアリなのですけど、一寸寄り道して「1963年〜1964年のレノン・マッカートニー提供曲」へ進んでみます。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする