nana624.png

2012年10月10日

「REEL MUSIC」INDEX

ReelMusicalbumcoverfront.jpg


 プロデューサー:ジョージ・マーティン、フィル・スペクター
 エンジニア:ノーマン・スミス、ジェフ・エマリック、他
 歌と演奏:ザ・ビートルズ

 (録音:1964年1月29日〜1970年4月1日)

 1982年3月22日 (米国)、3月29日 (英国) アルバム発売
 キャピトル SV-12199、パーロフォン PCS-7218 (ステレオ)


side-A

1. A HARD DAY'S NIGHT (1964年)
2. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER (1964年)
3. CAN'T BUY ME LOVE (1964年)
4. AND I LOVE HER (1964年)
5. HELP ! (1965年)
6. YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY (1965年)
7. TICKET TO RIDE (1965年)
8. MAGICAL MYSTERY TOUR (1967年)

side-B

1. I AM THE WALRUS (1967年)
2. YELLOW SUBMARINE (1966年)
3. ALL YOU NEED IS LOVE (1967年)
4. LET IT BE (1970年)
5. GET BACK (1970年)
6. THE LONG AND WINDING ROAD (1970年)


1980年12月8日に、ジョン・レノンが殺されました。ジョン自身も望んでいたとも云われる「ビートルズ再結成」は永遠に叶わぬ事となりました。いえ、そうぢゃなくって、ジョンが死んでしまったのですよ。五年も遊び惚けてやっと復帰してくれたのに、1981年には来日コンサートをやると云っていたのに、一曲目は「HELP !」をやるはずだったのに、あんまりじゃないか!どうしてジョンが殺されなきゃならないのだ?日本のマスコミは「元ビートルズのジョン・レノンが死んだ!」と報じ「イエスタデイ」を流しやがったのだ。えっとですね、例えば「イマジン」とかが持ち上げられたのは、ジョンが死んでからですよ。遺作となってしまった「ダブル・ファンタジー」だって死んじゃったから売れたのです。

ビートルズのレコードも売れました。1981年12月7日には「THE BEATLES EPs COLLECTION」も出ました。アルバム、シングル、EP、が全て箱になったわけです。もう、いいでしょう。然し!ビートルズは売れるのだ。1981年に「Stars on 45」なる謎のグループがビートルズの楽曲をメドレーにしたシングルを発売し、全米チャート首位を獲得します。演奏は上手くコピーしていて、声もジョンに似ていました。それで、メドレー・ブームが起こります。「ニセモノよりも本物だべさ」とばかりにキャピトルは「The Beatles Movie Medley」なるビートルズが主演した映画の楽曲を繋いだメドレーをでっちあげシングル化し、映画に使われた楽曲をテキトーに集めたアルバム「REEL MUSIC」も発売しました。

ところが、シングルは「米国12位、英国10位」とヒットしちゃうし、アルバムもアメリカでは18位まで上がり50万枚も売れてしまった!こんなもんでも出せば売れちゃうのですから、レコード会社は放っておきませんよ。ジョンは死んじゃったし、ポールは頑張っていたけど、ジョージやリンゴの新作よりは確実に「過去のビートルズ音源を出し直しただけ」の方が遥かに売れるのだ。所謂ひとつの「モービル盤」のステレオ箱や、パーロフォンからモノラル箱も出て、高価な限定箱物なのに「あっ。」と云う間に完売!「20 Greatest Hits」なるベスト盤も各国で別選曲で発売されました。ジョン・レノンが殺され二年が経った1982年でも、ビートルズは死ねなかったのです。

そして、時代はレコードからCDへと向っていました。そんな中で、ビートルズは不気味な沈黙を開始します。ぞくぞくとCD化が進むわけですが、ビートルズは我関せずとばかりに全くCD化する気配を見せません。当時は結構ゆるかったので、アナログ落としのインチキCDなんかも出回っていました。思えば其の時期には「ポールの活躍にも翳りが見え、ジョージはレコードが売れないからやる気を失くして映画制作三昧、リンゴはアル中治療」と元ビートルズの三人も散々でした。ところが、遂に1987年に満を持してビートルズがCD化されます。すると、其れに呼ばれるが如くポール、ジョージ、リンゴも復活するのです。ビートルズのCD化は、事件でした。世の中を、レコードからCDへ変えてしまったのですからね。そんなCDも、今や滅びようとしております。ビートルズはCDを見限っていたからこそ、2009年にリマスターを出したのでしょう。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする