nana624.png

2006年12月10日

「鉄板少女アカネ!!」最終話

百花繚乱~ベスト・オブ・ピンクフロイド~


TBS 21:00〜21:54

「今夜すべての謎が明かされる!」

原作:青木健生、ありがひとし
脚本監修:秦建日子
脚本:酒井雅秋、小川みづき
演出:倉貫健二郎
制作:TBS、ドリマックス・テレビジョン

出演:堀北真希、塚本高史、片瀬那奈、大友みなみ、奈津子、亜希子、とよた真帆、竜雷太、陣内孝則、ほか

「ついに父・鉄馬に逢える!と思ったアカネ(堀北真希)の前に、なんと黒金が立ちはだかる!」


最終話は、まさに、

「 怒 涛 の 展 開 」 

でした。

「エレナ様は、整形美人だったのかぁーっ!!」

「エレナ様、またさらに50億円も一体何時の間に使ってらっしゃったんだぁーっ!!」

「エレナ様が壊れたぁーっ!!おとーさぁーんっ!!」

「エレナ様には、彼氏が居ないのかぁーっ!!」

「エレナ様こそが、策士だったのかぁーっ!!」

「エレナ様の掟破りの逆・土下座出たぁーっ!!」

「エレナ様が情に訴えたぁーっ!!ミクロちゃんを知り尽くしてるぞぉーっ!!」

「エレナ様のコンマ数秒早い逆『熱くて悪いか!』キターー!!!」

「エレナ様が何故か最終決戦も仕切ったぁーっ!!」

「エレナ様のピンク髪の晴れ姿、美しすぎるぞーっ!!」

「エレナ様の野望が達成されたぁーっ!!おめでとーっ!!!」


ん?あたくし、何かおかしな記録をしておりますかしら?

いやはや、「鉄馬が死んでました」「嵐山はアカネの祖父でした」って、、、エレナ様が不憫でなりませんよ。まったく「今までの私は、なんだったの?」です。エレナ様のアイデンティティ崩壊。無茶苦茶すぎ。

其れでも、天下無敵の「西豪寺エレナ様」は強かった。なんと、宿敵「ミクロちゃん」へ寝返り、見事に西豪寺グループ念願の「東京フードパーク計画」を成功へと導いたのでした。思えば、すべてはエレナ様の計画通り、ミクロちゃんを育てあげた最大の功労者は「ライバル・西豪寺エレナ様」だったのです。めでたし、めでたし。

おや?あたくし、やっぱり些か変なことを云ってますかしら?

だって、そーじゃん。「ミクロちゃん」を育て上げ、「ミクロちゃんと心太くんの恋」にもキューピット役となり、アレだけ屈辱を受けた「嵐山」へも起死回生の秘策で対抗し勝利を収め、破れた「黒金」にすら愛の手を差し伸べる「西豪寺エレナ様」は、

 「 菩 薩 で す 。 」 

ミクロちゃんの行く末をすべてお見通しの、神々しいラスト・シーンの表情には、涙が出ました。嗚呼、エレナ様、貴女は美しい。

はぁ?其の後にミクロちゃんが出たって?其れはね、きっと「エレナ様が夢想するミクロちゃん」って意味での「エピローグ」なんですよ。ま、おまけだね。

兎も角、ぼくらの那奈ちゃんは最後まで、やらかして下さいました。あたくしは嬉しいです。親愛なるアカネ・チームの皆さん、お疲れ様です。DVDで、またお逢いしましょう。


(小島藺子/姫川未亜)



日曜劇場『鉄板少女アカネ!!』TBS公式サイト



以下、「現場レポート」VOL.19 笑顔でALL UP !! より引用。


西豪寺エレナ役 片瀬那奈

「3ヶ月間エレナでやってきたので、現実に戻るのに1年ぐらい掛かると思います(笑)。西豪寺グループの皆さん、特にお世話になったデビさんとみなみさん、ちょっとワンランク上の笑いの芸が磨かれたかなと(笑)。あと、真希ちゃんと塚本くん、本当にお世話になりました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。私、本当にこの現場が大好きでした。ありがとうございます。」



posted by 栗 at 21:54| ACTRESS | 更新情報をチェックする