nana624.png

2011年12月18日

「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ決勝戦 サントス×バルセロナ」

バルセロナが最強なのは必然である グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー


日本テレビ 19:20〜21:29

【MC】片瀬那奈、タカアンドトシ(ハーフタイム)
【スタジオ解説】城彰二
【スタジオ進行】鈴木崇司(日テレアナウンサー)
【中継解説】都並敏史、北澤豪
【中継実況】鈴木健(日テレアナウンサー)

2年連続世界最優秀選手のメッシ&イニエスタ、シャビ、セスク、ピケ、プジョル・・・と多数の南アフリカW杯王者スペイン代表を揃える欧州王者バルセロナ!!そしてペレが絶賛する19歳の天才ネイマール、21歳のガンソ、エラーノら7人もブラジル代表に送り込む南米王者サントスがペレの時代以来48年ぶりの世界一を狙う!各国でメッシ×ネイマールの特集が組まれるなど全世界注目の歴史的決勝戦で世界一が決まる!(最大70分延長)


「FIFAクラブワールドカップ ジャパン2011」の決勝戦「サントスXバルセロナ」の実況生中継です。片瀬那奈ちゃんは、三位決定戦からずっと横浜国際総合競技場から生出演を続けております。既に屋内のスタジオを飛び出し、野外で生観戦しておられる模様です。片瀬クンは当然乍ら「バルセロナ推し」ですので、あたくしもバルサを応援しております。やったーっ!メッシのゴールでバルサが先制です。うわっ、シャビが二点目のゴールだ。バルサ、強い!おおっと、前半終了間際にセスクが三点目ですよっ。前半は「3対0」で、バルセロナが圧倒的な優位で終了しました。

ハーフタイムになってタカトシが合流しましたが、片瀬那奈ちゃんは「あら、今頃来たの」と云った感じで流しております。其れよりも、試合に熱中しておられたのでしょう。いつの間にか、屋内のスタジオに戻ってコートを脱いでおられました。メッシの独占インタビューが三度の登場となりまして片瀬クンは熱く語っておりますが、またしても「おねえさん目線」でメッシを評価してしまわれたっ。さて、後半です。

超満員の観客となった決勝戦の後半は、一進一退の攻防が続きました。サントスも果敢に攻めますが、バルサは守備も完璧です。そして、メッシが四点目のゴール!何だ?今のプレーは。マンガじゃないんだからさ。ど素人が観ても吃驚仰天ですよ。残り10分を切っておりますので、決定的な得点です。圧倒的な強さで、バルセロナが「4対0」で完勝し「FIFAクラブワールドカップ ジャパン2011」で優勝しました。いやはや、強かった。片瀬那奈ちゃんも、バルサの完勝に大喜びでしょう。番組はバルセロナの優勝を伝えて終了してしまいましたが、引き続き「総集編」が生放送されます。


【関連過去記事 INDEX】
 「サッカーで片瀬那奈ちゃん」INDEX Part 1
 「サッカーで片瀬那奈ちゃん」INDEX Part 2
 「サッカーで片瀬那奈ちゃん」INDEX Part 3


(小島藺子/姫川未亜)



「FIFA Club World Cup Japan 2011 presented by TOYOTA」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 21:27| TV | 更新情報をチェックする