nana624.png

2011年12月18日

「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ 3位決定戦に柏レイソル登場!」柏レイソルXアルサッド

DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004


日本テレビ 16:20〜18:50

【MC】タカアンドトシ、片瀬那奈
【スペシャルMC】明石家さんま
【ゲスト】城田優(バルセロナ公式名誉ファン)
【スペシャル選手ゲスト】澤穂希選手、三浦知良選手
【スタジオ解説】武田修宏、北澤豪
【中継解説】都並敏史、城彰二
【中継実況】寺島淳司(日テレアナウンサー)
【リポーター】中野謙吾、田中毅(日テレアナウンサー)

昇格1年目でJ1優勝、クラブW杯では準決勝に進出し世界を驚かせた柏レイソルが3位の座をかけアジア王者と対決!カズ選手&なでしこ澤選手&さんま&タカトシ&片瀬那奈
開幕戦でオセアニア王者オークランドシティに快勝、準々決勝では格上と言われたタレント軍団・北中米王者モンテレイをPK戦の激闘の末くだし準決勝に進出。そして最後まで南米王者サントスを苦しめた柏レイソルが3位の座をかけアジア王者アルサッド(カタール)と対決!アルサッドはアジア有数の資金力を誇りコートジボアール代表やセネガル代表韓国代表などW杯でも活躍した選手を揃える。アジアのプライドが激しくぶつかる!!



柏レイソルとアルサッドによる「三位決定戦」の実況生中継です。片瀬那奈ちゃんは現場で生観戦し、ハーフタイムと試合終了後に登場する予定です。最終日に日本代表が出場するのですから、決勝戦を前にして既にスタジアムは出来上がっております。前半は柏レイソルが攻め込んでいますが、なかなかゴールは決まりません。結局、「0対0」で前半が終了しました。此処的には「お待ちかねのハーフタイム」になりまして、片瀬那奈ちゃんが登場しました。ジャケットに、大会カラーのスカーフをオシャレに付けております。ナレーターを務めるコーナーは「遼くん」ですか。タカの「石川クンはサッカーも詳しいけど、ゴルフにも詳しいんですよ」との大ボケに「へぇ〜!」と那奈ちゃんが畳み掛けるオチが好いですね。タカトシは無名時代から片瀬クンが推しておりましたし、サッカー番組での共演も多いのでコンビネーションもバッチリです。「間もなく、後半のキックオフです!」と「此の後、後半のキックオフです!」のコールは、片瀬クンが担当しました。

後半になっても、お互いに点が取れない展開が続きます。シュートの数は圧倒的に柏レイソルが多く、20本以上も撃ったのに決まりません。「0対0」の侭で後半も終了し「PK戦」での決着となりました。結果は「5対3」でアルサッドが勝ちましたが、柏レイソルは本当に頑張ったと思います。試合が終わり、片瀬那奈ちゃんが再登場しました。おやおや、野外に出て来られた。グレーのコートを着ておりますが、矢張り防寒対策でスタイリングを変えておられたのですね。さんま師匠と澤選手が合流しておりますが、あらら、タカアンドトシの姿が見えません。またしても、片瀬クンに丸投げしてしまわれたのかっ。「PK決着」となった後でも、番組の尺はたっぷりと残っています。決勝戦を前にした大事な時に、結局は「メイン司会が片瀬那奈ちゃん」なのだ。凄いぞ、那奈ちゃん!イカスぞ、那奈ちゃん!さあ、遂に決勝戦ですよっ。那奈ちゃん、ぶちかまして下さい。


【関連過去記事 INDEX】
 「サッカーで片瀬那奈ちゃん」INDEX Part 1
 「サッカーで片瀬那奈ちゃん」INDEX Part 2
 「サッカーで片瀬那奈ちゃん」INDEX Part 3


(小島藺子/姫川未亜)



「FIFA Club World Cup Japan 2011 presented by TOYOTA」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 18:57| TV | 更新情報をチェックする