nana624.png

2011年10月29日

「AFTER THE BEATLES」其の参

Ram Imagine Wings Wild Life


1970年12月31日に、ポールは「法的にビートルズを解散させる為の訴訟」を起こします。翌1971年3月にポールが勝訴し4月に他の三人が控訴を断念した事で「ビートルズ解散は確定」と思われましたが、色々と面倒な事情があって実際には1975年1月まで法的な確定は持ち越されます。2011年の現在でも「ビートルズは解散していない」とも云えます。只、四人が揃って活動する事はなくなりました。

1971年2月に、ポールは解散後初のシングル「ANOTHER DAY」を発表します。3月にはジョンがシングル「POWER TO THE PEOPLE」を、4月にはリンゴがシングル「明日への願い」を出し、それぞれヒットし、ジョージも三枚組からの「MY SWEET LORD」や「WHAT IS LIFE」がシングルでも大ヒットしていました。そして、5月にポールがアルバム「RAM」を発表します。名義は「ポール&リンダ・マッカートニー」となっていますが、実質的にはポールのソロ作品です。

ビートルズ解散後に最後にソロ・アルバムを発表したのもポールと云う事になります。ポールは、ジョージやリンゴの成功は別に何とも思っていなかったのでしょうけど、「ジョンの魂」にはムカついてしまったのでしょう。あからさまにジョンを揶揄した楽曲を何曲も収録し、喧嘩を売りました。作品としては「ポールの最高傑作」と後に評価が高まったのですが、発表当時はボロクソに貶されたのです。リンゴにまで「ポールは才能をスポイルしている」なんぞと云われたのですから、トンデモですね。いくら「明日への願い」が売れたからって、リンゴも随分と偉くなったもんですよ。そもそも「明日への願い」はクレジットはリンゴだけど、ジョージが書いた曲じゃまいか。

ポールは元々ジョージやリンゴを見下してましたから、全く気にしてなかったのでしょう。攻撃対象は「ジョン・レノン」ただ一人なのだ。でも、相手が悪かった。ジョンは10月にアルバム「イマジン」を発表しますが、たった一曲の「HOW DO YOU SLEEP ?」でポールを叩き潰します。ご丁寧に「RAM」のジャケットをコケにしたポートレートまで付けての、正々堂々とした返り討ちをやらかしたのです。「RAM」でのポールは逃げ場を作っての揶揄でしたが、やられたジョンは憤慨したのでした。アルバム「イマジン」にはジョージが参加していて「HOW DO YOU SLEEP ?」でもスライド・ギターで熱演していますが、メイキング映像を観ると此の曲をジョンがジョージにピアノで弾き語りして聴かせる場面があります。ジョージが「まさか、こんな曲をレコードにしないよね?」と訊くと、ジョンは「するに決まってるだろ!げへへへ」と返してジョージが呆然とするのでした。

見事にボコボコにされたポールは、12月に新しいバンド「WINGS」としての初アルバム「WILD LIFE」を発表します。荒削りな一発録音中心で二週間足らずでレコーディングされたと云われ、此れも発表当時は酷評されました。「RAM」は音楽的には「後期ビートルズの発展形」と云える作品でしたが「ビートルズの出来損ない、60年代ロックの汚物」と罵られ、新たなアプローチで「WILD LIFE」を出せば「あのビートル・ポールは何処へ行った?聴くに耐えないアマチュアの屑音源」と罵倒されたのです。嗚呼、哀れなり、ポール・マッカートニー。そして、ジョンに返り討ちにあったポールはアルバム後半の二曲で「あっさりと敗北宣言」までしてしまいます。何という「ヘタレ」ぶり。

「YESTERDAY」のコードを流用した「TOMORROW」では、後半に「DON'T LET ME DOWN」と切々にシャウトしますが、其れが誰に向けられているのかは明白でしょう。続く最後の「DEAR FRIEND」はもっと直接的にジョンに許しを請う内容です。別に其れが理由ではないのでしょうけど、ジョンは「WILD LIFE」を「好いんじゃないの」と評価していました。ポールは自分から喧嘩を売ったのに「もうやめよう」とマスコミで発言したりもしました。ビートルズを作ったのはジョンですが、ジョンも云う通り「ポールなしでは成功しない」のです。其のジョンの先見の明は見事に当たりますが、出会った当時に直感した「こいつに食われるかも」が現実味を帯びて来ます。だから、ジョンはビートルズと離婚しました。ジョージもリンゴも抜けました。でも、ポールには無理なのです。もうお気づきでしょうけど、此の「AFTER THE BEATLES」の主人公はポールです。


(小島藺子)



posted by 栗 at 20:33| FAB4 | 更新情報をチェックする