nana624.png

2011年08月19日

「美男ですね」第6話

Elvis' Golden Records


TBS 22:00〜22:54

彼女は俺のモノだ

■ キャスト

 瀧本美織 :桜庭美男、美子(二役)
 柳沢慎吾 :馬淵始
 高嶋政伸 :安藤弘
 小嶋陽菜 :NANA
 片瀬 那奈:RINA
 、ほか

■ スタッフ
 原作:韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」(韓国SBS)
 脚本:高橋麻紀、ほか
 演出:坪井敏雄、平野俊一、大澤祐樹
 音楽:市川淳、michitomo
 プロデュース:高橋正尚
 協力プロデュース:加藤章一
 制作:TBSテレビ



此のドラマの再放送は、第1話、第3話、第4話と飛び飛びで行われて来ました。再放送されなかった第2話が「11.0%」と現在まで最高の数字だった様に、先週の第5話も「9.9%」と持ち直したのが再放送スル〜の原因かもしれません。第1話(10.9% )は「う〜む、鳴り物入りなのに此れではイカン!」だったでしょうし、第3話(8.3% )、第4話(7.7% )は「もう、後が無い!イケパラにだけは負けられないぞ」との危機感が在ったのでしょう。てか、「9.9%」で満足してもらってもナァ。

第6話は、序盤から「NANA」が全面に出ておりまして、コレがまた「ウルトラ酷い!」です。「こじはる」ちゃんって「AKB48」なので未だ10代のヒヨッコかと思ったら、もう23歳だって云うじゃありませんか。おいおい、主演の瀧本美織ちゃんは19歳ですよっ。何なんだ、此の演技力の差は。主要キャストに「ど素人」を使っちゃイカンですよ。完全なるミスキャストでしょう。楽しんごチャンのオチャラケはスル〜出来ても、敵役の「NANA」がヘッポコ過ぎるのは困ります。

つーかさ、ドラマにどーこーゆーのもバカバカしいのですけど「美男(ホントは美子)」は「誰がどー見たって女の子」じゃまいか。いえ、実際に「女の子」なのだけど、気付かない社長って何?「オレの目は節穴じゃない!」とか云ってて、何ゆえ肝心の事が見抜けないのですかっ。挙句に「オレの夢だ!」とか云い出して間抜け過ぎます。えっとですね、よーするに片瀬クンの出番が少ないので、例によってあたくしは「ドラマの粗探し」って方向へ向かっているのだよ。

肝心要の片瀬那奈ちゃん演じる「RINA」の出番は、中盤の楽屋シーンでした。「美男(ホントは美子)」を気遣うシリアス演技と、いつものコミカルな味を短い時間で魅せて下さいましたね。其の場面で、初回の「くーちゃん」以来、ようやく香取慎吾ちゃんが「実在のアーティスト」として登場しましたが、思いっ切り「映画の宣伝」でした。主役陣は三人が後輩ですから、些かリアルな恐縮振り。「トリプル・シンゴ」のネタ合戦に冷めたツッコミを入れる「RINA」は好かったです。ま〜た其れだけで出番終了かと思いましたが、終盤で「美男(ホントは美子)」のソロ・イベントが行われるクライマックスに再登場!シリアス・モードで脇を固めておりました。

ストーリー展開に関しては、正直「一寸、もう勘弁して下さい」と云いたくなる感じで御座います。別に、片瀬クンの出番が少ないからそう思うわけではありません。う〜んとですね、少なくとも「どや顔」よりは面白いとは思います。金曜日は「二時間・那奈ちゃん・リレー」って「素敵な時」と喧伝したいのですけど、いっぱいTVに出ればええってもんじゃないのだ。何にしろ「表現」ってナンギですよ。あたくしは此処を、誇りを持ってやっています。此処は「趣味」じゃないのよさ。命懸けなのです。


(小島藺子/姫川未亜)



「美男ですね」TBS公式サイト

posted by 栗 at 22:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする