nana624.png

2011年08月12日

「カタセカイ列伝」# 024「榮倉奈々」

榮倉奈々 2011年 カレンダー


榮倉奈々は、1988年2月12日生まれの女優です。2002年、中学校三年生の時に渋谷「109」前でスカウトされ芸能界入りしました。デビューしてすぐに雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとなり、2009年まで七年半(歴代最長記録)務めました。2004年からは女優活動も開始し、「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜(2006年、CX)」で連続ドラマ初主演、「瞳(2008年、NHK)」で朝ドラのヒロインとなり全国区で人気を得ました。特技の三味線(準師範)と民謡(名取り)は、肩書きが示す通り「完全なるプロ」で、以前TVで披露された時に目撃し度肝を抜かれました。

其の後もドラマ「メイちゃんの執事(2009年、CX)」「泣かないと決めた日(2010年、CX)」や映画「余命1ヶ月の花嫁(2009年、東宝)」などで主演し乍ら、ドラマ「グッドライフ(2011年、CX)」や映画「のぼうの城(2012年秋公開予定、東宝)」では脇役も務め、多くのCMでも活躍しています。ちなみに、あたくしが好きな役柄は「プロポーズ大作戦(2007年、CX)」で演じられた「奥エリ」です。

片瀬那奈ちゃんとは、榮倉サマ主演ドラマ「泣かないと決めた日(2010年、CX)」と其のスペシャル版「絶対泣かないと決めた日(2010年、CX)」で共演しています。お二人は研音の先輩後輩であり、「研音東京タワーズ(アンテツ命名)」による夢の「ダブル・ナナちゃん共演」として話題になりましたが、劇中で片瀬クンは榮倉サマを苛める先輩OL役でした。榮倉サマがデカイ(公称:170センチメートル)ので、苛め役のボスに片瀬クン(公称:172センチメートル)、そして敵役に「へび娘」こと杏ちゃん(公称:174センチメートル)と配した「長身女優マニア」にとっては「嬉しいキャスティング」ではありました。

然し、榮倉サマ演じる「9ちゃん」に偶然「万引き現場」を目撃されて、鼻水を垂らしながら号泣し土下座する片瀬クン演じる「藤田千秋」とか、弱みを握られているはずなのに「嘘ブログ」を信じて益々「9ちゃん」をイビリまくる「藤田千秋」とか、ところが終盤で数々の偶然が重なり「9ちゃん」は嵌められていたと気付き再び鼻水を垂らしながら号泣する「藤田千秋」とか、「一生消えない顔面の傷」を負ったはずの「へび娘」がスペシャル版では綺麗に治っていたとか、「泣かないと決めた日」なのに初回から最終回、さらにスペシャル版まで「9ちゃんが泣かない日は無い!」などなど、其の荒唐無稽なストーリー展開には眩暈がします。此のスットコドッコイなドラマに関しては、本放送ばかりか再放送でも徹底的に語り捲くったので、「泣かないと決めた日」INDEXを参照して下さい。

さて、榮倉サマ初主演連ドラ「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」で共演したのが、(つづく)


(小島藺子)


posted by 栗 at 05:13| KATASEKAI | 更新情報をチェックする