nana624.png

2011年06月11日

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」DVDについて書いてなかったことに気付いた。

nana202.jpg



片瀬那奈ちゃんが「美人鬼検事:マリリン」こと「長谷部真理」を演じた映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」のDVDは、5/25に発売されました。毎度の事ですが、那奈ヲタの常識で「K-SHOP」の「お嬢様商売」で購入しましたが、些か配送までの時間が掛かり過ぎではなかったかと思えます。あたくしどもが商品を受け取ったのは、発売から一週間近く経った5/31です。特典の「生写真」も些か「う〜む、、、」と思える出来栄えで御座居ました。

肝心のDVDですけど、特典映像が壱時間以上も加えられた優れモノです。先ず以って、映画本編が面白い。あたくしは劇場で舞台挨拶目当てで公開初日に二回続けて観ましたが、全く飽きる事なく楽しめました。こうしてDVDで再見しても、普通に面白いです。多くの役者さんが出演されているので、観る度に新たなる発見がある実に「マニアックな映画」ですね。

本編は実際に御覧になって頂くとしましてですね、特典映像に関して言及します。前述の通り、特典映像だけで「63分」とてんこ盛りでありますが、特に多く収録されているのが「初日舞台挨拶」です。渋谷での初回と、埼玉の三回目が記録されております。

あたくしは、渋谷での初回と二回目の舞台挨拶を観ました。三回目の埼玉は「其れを観るには渋谷での二回目の上映を捨てなければならない」との理由でパスしたのです。でもですね、あたくしは「ジーン・ワルツ」の時には梯子して二回目の新宿では映画の後半しか観れなかったのだ。

えっとですね、何が云いたいのかと申しますと「やっぱり、埼玉も行くべきだったっ」って事です。埼玉での舞台挨拶が、これまた好いのだよ。でもですね、渋谷の二回目が未収録ってのもポイントが高いんですよ。「ボキは観たよ」って「えっへん!」てな気分になれます。でもでも、行ける現場は全部行かなきゃダメですね。「映画と片瀬那奈ちゃん」なら、迷わず「片瀬那奈ちゃん」じゃん。やっと「糸氏」サマの教えが理解出来ました。五年掛かったよ。


【関連記事INDEX】

 「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 20:02| ACTRESS | 更新情報をチェックする