nana624.png

2010年06月26日

「2010FIFAワールドカップWEEKLY」

心の壁,愛の橋


フジテレビ 19:00〜20:54


「ポルトガルvsブラジル」の再放送では、片瀬クンの出番が丸ごとカットされていました。尺が短くなってましたので、致し方無いのでしょう。さて、片瀬クン、またまたギンギラの衣装で降臨だっ。相変わらず「ニタニタ」しちゃって、嬉しくってたまんないんですね。「だはは、だはは」と、だらしなく笑っております。木天蓼を与えられた猫みたいになってますよ。小窓ちゃんが多いのですが、ロナウドが出て来た時に「ルンルン!」と首を振ったり、エジルのゴールに両手を握りしめウットリしたりと、一時たりとも見逃せません。「う〜ん、ふ〜ん」の相づちも益々冴え渡り、シュートが決まると「おお〜っ!」と吹き出しが見える様に吃驚した表情をするのもゲロマブです。

番組は、「グループ・リーグ全48試合のダイジェスト(此れは便利だね)」、「可愛いマラドーナ監督特集(絶対、片瀬クンは今後の持ちネタにするでしょう。いえ、アノ指差しポーズは杉尾園子サマとソックリじゃまいかっ。先んじておられたのかっ!)」、そして殿方用の「サポーター美女祭り」と続きます。ジローラモとトニーは毎度の事乍ら「何を云ってんのか、よく分んない」ですね。ジローラモに関しては10年以上も前(片瀬クンのデビュウ以前)からウォッチャーであるあたくしですけど、昔よりも最近の方が「日本語が辿々しい」と感じられます。ハッキリ云いますけど、最近のジローラモは、姑息にもキャラを作ってますね。其の美女選考でスリーアミーゴスが「片瀬の方が可愛いよナ、うんうん(思いっきり、カタセと呼び捨て)」と振ったのはナイスでした。流石は「オヤジ殺しの片瀬クン」です。どーせなら、小野サンには「うらら姫の方が、別嬪さんだっ!」とやらかしてもらいたかったです。

最後は、ツッチー&片瀬クンが選ぶ「大興奮映像」でした。片瀬クンは「あたしが興奮するのは、川島キーパーのスーパーセーブ後の『どや顔』!」とか「やっぱり、大好きなエトーの脚が綺麗!!」とか、えっとですね、サッカード素人のあたくしからしても「なんでやねん?」と物言いを付けたくなる場面を選んでおりました。特にエトーの脚には相当ご執心で「此の筋肉のスジが堪んない!」なんぞとフェティシズム炸裂の問題発言を連発し、マジで大興奮しています。正直に申しまして、サポーター美女に現を抜かす男性陣よりも不埒な有様でしたよっ。其れ也に真っ当なサッカー解説をしていたのに、結局「脚フェチ」って落ちで墓穴を掘りまくりです。もしかして、片瀬クンって変態なんですかぁ?ま、ファンとしては面白いから、もう何だって好いや。例え、異常性愛嗜好者でも「いいよ、そんな片瀬クンも、受け止めるからっ!」(リコちゃん声で)

そんな疑惑の片瀬クンは、6時間後の「アメリカvsガーナ」へ向けて、しっかりとネイルアートも施しておりました。ツッチーに「自分で塗ってたんですよ!」と絶妙のパスをもらい、ゴンにも「器用だね〜」とアシストされ、「どうだ、見たかっ!!」とばかりに自慢げです。何が「気合いだぁーっ」なのかは理解不能ですけど、実にエラソーで、ゾクゾクする名場面ですね。こりゃ、堪りませんナァ。此の女王気質が、片瀬クンの大きな魅力です。何だかツッチーやゴンなどの男性陣が、片瀬女王にかしずく北村やフリオに見えてしまいました。今回は両手の爪にそれぞれの国旗を描いていて、ノーサイドの姿勢で臨まれる御様子です。


(小島藺子)


posted by 栗 at 20:57| TV | 更新情報をチェックする