nana624.png

2010年05月20日

「プロゴルファー花」#07

地獄の狂宴〜ROCK THE NATION LIVE! [DVD]


読売テレビ、日本テレビ系 23:58〜24:38

「ゴルフの奇病が襲う コーチ、血を吐く!」

花とリコの一騎打ちとなったテストラウンドは、リコが勝ちプロトーナメントに出場する。リコに敗れ、練習に身が入らない花だったが、ある夜、暗闇の中でパター練習をする今出川に会う。今出川は、醍醐からリコと付き合っているふりをするよう命令されていたことを打ち明ける。さらに、花に自分の気持ちを伝えようとするが、今出川と話して元気になった花は「プロテストを1回でパスします」と告げて走り去る。翌日、プロテストを想定した練習ラウンドに挑む花は、前にも増して力強いティーショットを放ち、リコたちの度肝を抜く。

■ キャスト

 加藤ローサ :野宮 花

 片瀬 那奈:高瀬リコ様

 高梨 臨 :戸田あゆみ
 上野なつひ :福島百合子
 高橋真唯 :尾口ミチル
 井上正大 :今出川 順
 石黒 賢 :醍醐一馬
 、ほか

■ スタッフ
 脚本:福田雄一
 演出:久保田博紀
 音楽:瀬川英史
 主題歌: ステレオポニー「OVER DRIVE」(gr8! records/Sony Music Records)
 挿入歌:May J.「Believe」(rhythm zone)
 チーフプロデューサー:堀口良則(ytv)
 プロデューサー:尼子大介(ytv)、森谷 雄(アットムービー)
 制作協力:アットムービー
 制作著作:読売テレビ



「リコ様、優勝おめでとーっ!!」

今出川クンが祝ってくれないのならば、此処で大いに祝福しましょう。黒にキラキラのドレス姿が麗しいですよっ。てかさ、片瀬那奈ちゃんに問いたいっ。

「リコちゃん力道山」って、どーなのよっ?

えっとですね、「地獄突き」はブッチャーの必殺技だけど、渾名がブッチャーだった橋本真也も得意技にしてましたし、現在でも使い手はいますよ。「マフラー・パンチ」とか「スピニング・クリオネ」とか「リコちゃんパンチ連打」とか「リコちゃんウェーヴ」なんかはオリジナル技と云えますね。でさ、今回のは「空手チョップ」なわけでしょ?其れを「リコちゃん力道山」って云いますか。

ああ、そうですか。では今後、例えば「岩石落とし」を炸裂させたら「リコちゃん ルー・テーズ!」とでも叫ぶわけなのですね。挙げ句に「卍固め」を決めて「アントニオ・スペシャル」から「リコちゃんスペシャル」と改名しちゃうわけですよね。なんでも「リコちゃん」を付ければ、片瀬クンの技になっちゃうのね。だってさ、日本のプロレスの創始者で在る「力道山」を平伏させたわけですよ。リキさんよりもリコちゃんが上だから「リコちゃん力道山」なわけじゃん。

其れにね、2010年の世の中で此のドラマを観てる人は、もう大多数が「力道山の必殺技=空手チョップ」なんて事を知らないですよ。何ゆえ「リコちゃん力道山」なのよさ。あの、、、もしかして片瀬クンってば、マジで「プロレスラー転向」も視野に入れてますか?アノ場面で「リコちゃん大森ゆかり!」と口走ったら、決まりだったナァ。

其れは其れとして、全13話の物語は丁度ど真ん中の那奈話を迎えました。此の時点でライバルのリコ様が勝利するのは当然の流れです。今後のプロテストで「花ちゃんのリベンジが成るか否か?」ってガチンコ対決が見どころになるのでしょう。ま、普通なら花ちゃんが最終的には勝者になるのよさ。でも、もしもあたくしが脚本を書いたならば、どんなに花ちゃんが頑張っても、

「リコ様が、花をケチョンケチョンにして、勝つのだっ」

と云う「リアリズムに満ちた結末」にします。そして、もしもそんな敵役が最後まで勝ちまくるって「有り得ない落ち」になっても、高瀬リコ様ならば納得させられると思います。其れ程までに高瀬リコ様は、余りにも秀でて居る。今出川クンが再び花ちゃんに告白するのを目撃してたのが、あゆみ&百合子で安心しましたよ。彼処でリコ様が現れたら、何もかも持って行っちゃいますからね。もう少しためてから出て来てもらわないと、こっちの身が保ちません。

あたくしは当然乍ら片瀬クンが出て来るのを楽しみに出演作を観て居るわけですが「もう一寸出て来るの待ってよ」なんて思ったのは「高瀬リコ様」が初めてです。凄過ぎるよ、那奈ちゃん。


(小島藺子/姫川未亜)



「プロゴルファー花」読売テレビ公式サイト
「prohana」on Twitter

 
posted by 栗 at 23:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする