nana624.png

2010年05月13日

「プロゴルファー花」#06

ARIGATO!


読売テレビ、日本テレビ系 23:58〜24:38

「私本気出しちゃうぞ コーチに買収疑惑?」

リコに200打差を付けられた花だが、家族のためという決意を胸に巻き返しを図る。一方、リコは余裕の表れかラウンドを欠席し、今出川の迷惑を顧みずにかいがいしく彼に尽くす。そんな時、醍醐はリコが休んでいる間、彼女のスコアを108にすると発表する。リコ不在の中、花は連日アンダーパーをマークし、ラストラウンドを残してリコの合計スコアに追い付く。ミチルもトップまで5打差に迫り、花と二人で健闘を誓い合う。

■ キャスト

 加藤ローサ :野宮 花

 片瀬 那奈:高瀬リコ様

 高梨 臨 :戸田あゆみ
 上野なつひ :福島百合子
 高橋真唯 :尾口ミチル
 井上正大 :今出川 順
 石黒 賢 :醍醐一馬
 、ほか

■ スタッフ
 脚本:福田雄一
 演出:岡本浩一
 音楽:瀬川英史
 主題歌: ステレオポニー「OVER DRIVE」(gr8! records/Sony Music Records)
 挿入歌:May J.「Believe」(rhythm zone)
 チーフプロデューサー:堀口良則(ytv)
 プロデューサー:尼子大介(ytv)、森谷 雄(アットムービー)
 制作協力:アットムービー
 制作著作:読売テレビ



いきなりだナァと魅惑のモンロー・ウォークで闘いのリングから立ち去り、今出川クンへの一途な想いに賭けてメイド姿での甲斐甲斐しい乙女ちゃん振りを魅せた今宵の高瀬リコ様ですが、うっかり休んでいる間に花ちゃんに並ばれ、今出川クンからも何となく叱咤激励され、再び闘いの舞台に還って参りましたっ。其れにしても、醍醐コーチの「リコだったら、いいのっ」は、蓋し名言でしたね。

そうです。リコ様なら何をやらかしても許されるのです。中盤を迎え、リコ様と花ちゃんのガチンコ対決も盛り上がって参りました。されど、どんなに花ちゃんの兄弟愛やミチルとの友情が描かれても、高瀬リコ様の出現で全てを完食してしまうのです。今回は、トリッキーな数々の必殺技を封印しシリアス・モードに変貌し「初めて本気出しちゃうわよ」と宣言しました。其の凛々しい姿の、何と麗しい事かっ。

予選落ちし荒れる今出川クンに戸惑い乍らも「いいよ、そんな順クンも受け止めるから」と健気に向き合う場面の可愛らしさは何なのよさ。直後にジャガー・チェンジして再び決戦に向かう時に魅せる「正に怪獣王ゴジラの如く咆哮した表情」は、直後に流れた「怪物くん予告でのおーちゃんがミニラに見えてしまう」程の、ど迫力でした。其の緩急を使い分ける完璧な演技には、全く以て何の文句も付ける余地無しです。花ちゃん、ミチル、あゆみ、百合子も、みんな好い味を出しているのですが、贔屓目抜きに「リコ様は、ラベルが違う!」と云わざるを得ません。

今後も更に魅惑の展開が待っている様です。2010年の代表作どころか、片瀬クンの歴史上で現時点での最高傑作と呼んで差し支えないでしょう。「ダメ出し担当」のあたくしと致しましては、此処まで絶賛しちゃったら立場が無いのですけど、高瀬リコ様の前には屈服するしか在りません。潔くハンセンのラリアットを喰らった坂口の様に、云わせて頂きます。

「御本尊様、参りましたぁ!ぐわっ」(吐血)

ゲホゲホ、、、豊原みどりちゃんが上手く使いこなせず妊娠しちゃった道具は、こんな使い方も在るのですよ。こうなったら是非とも、遂にIWGPを戴冠した真壁と対戦して下さい。「掟破りの逆キングコング・ニードロップ」を炸裂させて、苦労人の真壁からあっさりとベルトを強奪しちゃってはくれないか。ミニスカート姿で露になるアノ逞しい太腿なら大丈夫だ。いや、今の片瀬クンなら、アフリカ象にだって勝てますよっ。ハネムーンで南アフリカに再び行かれた際には、是非ともチャレンジして頂戴。


(小島藺子)



「プロゴルファー花」読売テレビ公式サイト
「prohana」on Twitter

posted by 栗 at 23:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする