nana624.png

2009年12月06日

「夢みる歌謡曲」第那奈章: 片瀬那奈がきこえる
#087:「禁断のテレパシー」album version

EXTENDED(初回)(CCCD)(DVD付) EXTENDED (CCCD) Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best(初回限定盤)(DVD付)


 作詞:秋元 康
 作曲:後藤次利
 編曲:Shoichiro Hirata

 オリジナル:工藤静香(1987年、オリコン1位)

 品番:AVCD-17426/B、AVCD-17427(ミニアルバム「Extended」06)

 発売日:2004年4月21日(オリコン最高24位)


中盤で持ち直したかと思えた「Extended」ですが、終盤に進むと此の最悪なカヴァー曲「禁断のテレパシー」が登場し台無しになってしまいます。

此れは実は「Extended」全体にも云える事なのですが、カヴァー企画での片瀬那奈は自慢の「テレパシー・ヴォイス」を封印しているのです。基本的にメイン・ヴォーカルは「生歌」のまんまで、其れはどーゆー事かと云うと「手抜き」なんです。

かつての名曲を片瀬流にアレンジするとの試みは、確かに編曲面では成されて居ます。でも、片瀬那奈が歌うのなら「テレパシー・ヴォイス」でなければならないでしょう。オリジナル作品で魅せた「トリプル那奈ちゃん」で歌ってこそ、カヴァーの意味が在ったでしょう。最初の「ミ・アモーレ」では「テレパシー・ヴォイス」の片鱗が残って居ました。其れが、此の「禁断のテレパシー」からは消えました。明らかに「カラオケ那奈ちゃん路線」へと向かったのです。時間が掛かって無いと、ハッキリと分ります。何故なら、シングルにカップリングされた「EDM」を聴くと確かに「テレパシー・ヴォイス」の名残が聴こえるからなのですよ。つまり、時間が無いからヤメちゃったわけだろ?こんな中途半端な作品を発売したのは、真摯に片瀬那奈の音楽を愛するファンを完全に舐めた愚挙です。

あたくしは熱狂的なファンなので「那奈ちゃんがカラオケで歌ってくれた」って疑似体験が出来る「Extended」は貴重な作品だと思います。でも、正直云って片瀬のオリジナル楽曲の様には愛していません。其れに、カヴァーされた原曲と聴き比べると、那奈ちゃんの歌唱が明らかに劣って居るのです。此の「禁断のテレパシー」の様に那奈ちゃん自身が全く原曲に思い入れが無い楽曲は、特に酷いです。冒頭の「夜明けに抱かれて」って一節からして「しーちゃん」の足元にも及ばない。

昔からアイドルを愛し続けて、其の終着の浜辺が「片瀬那奈」である僕にとって、適当に流して創られたとしか思えない「Extended」は最悪の作品です。こんな下らないレコードで、片瀬那奈が音楽活動を休止してしまったのです。あんまりじゃまいかっ!其の象徴が此の楽曲です。シングルよりも「2秒も短い」ヴァージョンが収録されていますが、エンディングのFOが早くなっただけです。つまらんっ!


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 05:13| YUMEKAYO | 更新情報をチェックする