nana624.png

2009年11月24日

「REMEMBER 〜4人はアイドル〜」
#002:IT'S ALL TOO MUCH

It’s all too much It’s all too much(初回生産限定盤)(DVD付)


鳴海:えっと、今回は対談形式で行きます。イコ姐さんが台本を書いてくれたので、読むだけなんすけど、、、

イコ:いきなりネタバレしてんじゃないわよ、鳴海。さっさとお始めなさい!ノッテ来たら台本は無視しても好いからさ。ガツンとアドリブかまして頂戴!

鳴海:はい、えっと、ウチからでしたっけ?あっ。ホントだ。え〜、あ〜、だ、誰とは云いませんが、歌謡曲では THE BEATLES の曲名をそのまんま借用して自作曲に付けちゃうって事が結構在りますよね。例えば「A DAY IN THE LIFE」とか「IT'S ONLY LOVE」とか「TOMORROW NEVER KNOWS」とか「LADY MADONNA」とか「IT'S ALL TOO MUCH」とか色々と在って「おっ、ビートルズじゃん!」とか割と好意的に受け止めるんですけど、流石に「LET IT BE」なんて曲名は赤ら様過ぎて「とほほ、、、」と思いましたよ。ケホケホ、、、

イコ:かつて萩原健太氏が「『ビーチ・ボーイズ』ってドラマの主題歌が『フォーエヴァー』って、ふざけんなっ!」と怒り狂ったけど、一般人には余り伝わらない話だったナ。彼は「ビーチ・ボーイズってバンドが存在するし、彼等には『FOREVER』って名曲も在るわけだから」と怒ったわけよ。そして其れがどれだけ厚顔無恥な所業なのかを説明するのに「これは例えば『ビートルズ』ってドラマの主題歌が『LET IT BE』だという事とおんなじ」と続けたのよさ。其れなら一般人にも理解出来るけど、「LET IT BE」まで出てしまったわけよ。「マジで?そんなの昔から在るコトノハなんだから、偶然じゃん!」等とトボケる事は不可能なの。「LET IT BE」って云ったら、そりゃビートルズの曲名でしょう。音楽を生業にして居て知らないとは云えないし、「IT'S ALL TOO MUCH」なんてマイナーな曲名を引っぱって来たらもう確信犯ですし、「TOMORROW NEVER KNOWS」なる「英文法を無視したリンゴ・スターの造語」なんかをパクったら「200%真っ黒」です。

鳴海:はっ、あ、ウチの番っすか?う〜んと、じ、自分の好きな作品のタイトルを自作に拝借したいって気持ちは、創造者には付き物で映画や小説や漫画などにもビートルズはパクられて居るっす、じゃない、居ますね。其れは、やはり彼等のコピーライティング能力が優れて居るからでしょう。其れはアルバムのタイトルだけを見ても明確です。「A HARD DAY'S NIGHT」とか「RUBBER SOUL」と云った「造語」のセンスも抜群ですが、既成のコトノハに過ぎない「HELP !」とか「REVOLVER」とか「ABBEY ROAD」、更にはソロ作品の寄せ集めの様な芳醇な二枚組で在る通称「ホワイト・アルバム」に冠された「THE BEATLES」には唸らされます。えっと、姐さん此れって棒読みになってないっすか?真面目な話ってウチ苦手なんすよ。

イコ:(無視して)でもさ、ビートルズも先達から大いに影響を受けてタイトルの拝借もして居るのよ。ポール・マッカートニーが「僕らは20世紀最大の盗作集団さ」と語った様に、創造の為になりふり構わぬ大いなるパクリを堂々と敢行したわけさ。ジョージ作の「SOMETHING」が歌詞の冒頭までも当時アップルに所属して居た新人ジェームズ・テーラーの「SOMETHING IN THE WAY SHE MOVES」と云う楽曲からの引用で在る事は有名でしょ?他にも「CRY BABY CRY」とか「P.S. I LOVE YOU」とか「GOLDEN SLUMBERS」とかモロパク題名も多いのよ。ジョン・レノンの再起作で遺作になった「ダブル・ファンタジー」の冒頭を飾り先行シングルでもあった「(Just Like)STARTING OVER」は、「STARTING OVER」と云う楽曲が既に在るのでジョンが照れて(Just Like)を付け足したのよさ。

鳴海:へぇ〜、流石はイコ姐さん。大好きなビートルズでも盗用は暴くんっすね。今回も勉強になったっす。

イコ:鳴海、皆まで聴け!ゴホン!されど、右から左に引用するのとビートルズの其れは決定的に違います。「YESTERDAY」も「LET IT BE」も予め存在した何の変哲も無いコトノハなのです。彼等は、其れに別の意味を持たせました。日本人にとっては「イエスタデイ」は「昨日」では無く「ビートルズの曲名」になったのです。そして「HELP !」は「助けて!」では無く「4人はアイドル」になってしまったのです。確かに映画「HELP !」はアイドル映画でしたから「4人はアイドル」で正解なのですが、行間が全く読めなくなってしまいました。でも其れこそが日本のビートルズです。そもそも「抱きしめたい」で始まったのですから、屈折しまくるのですよ。しかし「IT'S ALL TOO MUCH」って同名異曲を2009年に聴くとは思わなかったナァ。ジョージが生きてたなら、ベリンダの時みたいにスライドギターで客演したかもね。

鳴海:イコ姐さん、何だか難しくって分んないっすよ。台本以外のアドリブなんて出ないっすよ。ウチ、お莫迦なんで、、、

イコ:う〜む、やっぱ、対談は未亜たん相手じゃなきゃダメか。

鳴海:はい、ウチもそう思います。


(小島藺子/鳴海ルナ)


posted by 栗 at 00:15| ONDO | 更新情報をチェックする