nana624.png

2009年09月21日

「夢みる歌謡曲」第那奈章: 片瀬那奈がきこえる
中入りノ壱:「竜虎」アンテツ・未亜 対談

藤波辰爾自伝 未完のレジェンド


イコ:全国那奈千万の片瀬那奈ファン同志諸君、こんにちは!小島藺子です。「片瀬那奈がきこえる」も最初のクライマックス直前となりました。次回の「#031」からは、いよいよ怒涛の「Shine / REVENGE〜未来への誓い〜」〜アルバム「TELEPATHY」篇が開始されます。今回は、片瀬那奈ヲタ界の「竜虎」アンテツあにい&未亜たんに思う存分片瀬噺を語って戴きます。

未亜:やあ、わざわざすみませんね、あにい。

アンテツ:いえいえ、ところで、コレって対談の日時とか明記します?

未亜:ん?姐御、どーするの?

イコ:そりゃ、書くでしょ。「ゼンキロ」だもの。

アンテツ:あの、ソレ、ちょっとマズイんで捏造してもらえますか?今日じゃなくってコノ日だって事にしてもらいたいんですけど、、、

イコ:何で?あっ。そっか、分ったわよ。じゃ、9月某日ってコトにしとく。

アンテツ:流石イコちゃん。話が分りますねっ。じゃあ、始めましょうか?何から語ります?

未亜:へ?何で今日じゃダメなの?

イコ:未亜たん、空気嫁!嫁だよ、嫁、嫁!!

未亜:あっ。「プチ妙子」でつか、、、

アンテツ:あんたら、ヤメて下さいよっ!嫁にバレちゃうじゃまいかっ。

未亜:あにい、自分で云ってますけど。。。

アンテツ:あっ。ココ全部カットしてもらえます?

(三者談合の末、此処までを大幅にカット)

未亜:さて、此の連載もいよいよ次回からは「ボキが那奈ちゃんと対面してからの時代」へと進むのです。ボキは此処までは「TVや雑誌の那奈ちゃん」しか知らなかったわけですよ。其れで、此処までの流れを当時実際に那奈ちゃんに逢って居たあにいに語って欲しいわけです。最初の出逢いは、やはりアノ「諭吉10人超えTシャツ事件」ですよね?

アンテツ:アレかぁ。吃驚しましたよっ。僕もね、ついつい熱くなっちゃって、気付いたら「壱拾萬円」を超えての落札になってしまったんですよ。それで「ああ、俺はやってしまった、、、たかがTシャツに10万出してしまった、、、」と後悔する気持ちもあったんです。でも、最後まで競り合った相手の履歴を見たら「こんな奴に那奈ちゃんのTシャツは絶対に渡せないっ!!」と強く思って、やってしまいました。

未亜:えっ?じゃあ、其の後の展開ってのは予めオプションでって事じゃなかったんだ?

アンテツ:そうですよ。Tシャツが郵送されて来て終わりって思ってたら、インセントから電話があったんですよっ。「予想を超えた高額落札を知った片瀬が、直接手渡ししたいと申してますので、お時間の都合が宜しければ事務所まで来て頂けませんか?」と。「マジ?コレは10万どころの話じゃないぞ。那奈ちゃんに逢えるの?」と二つ返事で承諾して、当日は一睡も出来ずに向かいましたよ。ほら、コノ写真の僕、目が腫れてるでしょ?本当に完全徹夜の「アンテツ」が「カンテツ」だったんですよ。それで、ビルに着いて玄関を抜けたら、なな、なんと一階の受付のトコに那奈ちゃん本人が立って待っていたんですよっ!!

未亜:おいおい、其れじゃ「荒木理恵子」じゃん。隣には「ハセキョー」もチョイ役で居た?そー云えばさ、那奈ちゃんって香里奈ちゃんと「こち亀」で初共演じゃないよね。2007年の隅田川の花火大会で実際には逢って無いかもしれないけど共演してるよね。アノ頃の香里奈ちゃんは、未だモデルでは有名でもTVじゃ十葉ひと絡げ要員だったわけで、出世したナァ。那奈ちゃん効果は抜群だよねっ!

アンテツ:ええ、那奈ちゃんと絡めばみんな幸福になりますよっ。でも僕を待っていた那奈ちゃんは、未だ「三代目」襲名前でしたから。もっとずっと前です。未だ「村井ひろみ」時代ですよっ。だって、未だ研音じゃなかったんですからねっ。

未亜:「新宿暴走」時代かよ。「マシンガン姉妹」じゃん。「理沙ズバ」再開しないかナァ。そー云えば、あにいの嫁も「理沙ズバ」が大好きって云ってなかったっけ?ん?其れってさ、もしかしたら「清水茜」で「柴田広子」の時じゃまいか。

アンテツ:「内山知恵」も忘れないで下さいよっ!「元・理名ヲタ」の未亜さんにしては、珍しいミスですねっ。理名ちゃんに懺悔して下さいっ。おや、しっかり理名ちゃんの写真集とかも持ってるんですね。アレレ?矢沢心ちゃんの1st写真集まで隠し持ってたんですか。何ですかコノ一角は「DDコーナー」ですかぁ?ドレドレ、う〜む、押さえてますね、流石です。でも、みんな今や「那奈ちゃん人脈」になってますね。

未亜:忘れてないよ。ボキは今でも「プチ隠れ理名ヲタ」ですからねっ。全部チェックしてますよっ。てかさ、牧野に「花村」のDVDをあげたそーでつね?ま、アレはボキもオリジナル・テープを持ってるからさ。じゃなくって「FLY」と「遠い夏」の「2000年」の噺をしてるんでしょ?

アンテツ:そりゃ、そーですよ。生まれて初めて那奈ちゃんに逢った年を僕が忘れるわけないでしょう。「花村」なんて未亜さんなら持っているって思ったから敢えて渡さなかっただけで、、、あっ。

未亜:で、「FLY」と「遠い夏」は、今回こそは持って来たわけだ。

アンテツ:いや、アノ、ウチに娘がね、ほら二人いるんですけど、写真見る?可愛いでしょ?

未亜:誤魔化すなよ、あにい。。。頼んでから那奈年位経ってるんでつけど。

アンテツ:ま、ほら、在るわけだし、そのうち持って来ますって。それより、那奈ちゃんの話をしましょう。

未亜:あのさ、もしかして「スポコン」も持ってるんじゃないの?アレも「2000年」だよね。

アンテツ:え?まあ、第一次全盛期でしたからね。「ヤンサン」も三冊買いしてたし、アノ辺は全部録画してますよ。ああ、いつぞやは「天国のKiss」有難うございました。アレ、最終巻だけ抜けてるのを買ってしまったんで「落ち」が観れなくって本放送時のヴィデオを探してたんですよね。土下座、サイコーですよね。「スポコン」も、テニスやってんのとか未亜さんも持ってるじゃないですか。知り合った頃に頂いた映像集に入ってましたよっ。未亜さんは、大抵持ってますよ。流石の僕もコノ部屋に初めて来た時には唸りましたからね。「まさかココまでとは、、、予想を超えたっ!」って、思わず云っちゃったもの。

未亜:アノ辺は全部「糸氏」ジンちゃんから貰ったか、自分で録画してたかだよ。もう「片瀬の館」で抜けてるのは「FLY」と「遠い夏」と「スポコン」の「2000年」だけなの。ジンちゃんは「MIU」とか「Ban」とかCM関係を全部提供してくれて、後はドラマ&バラエティ部門のあにいだけじゃん。コア部門のボキだって「水着ショー完全版」をあげたじゃん!

アンテツ:ほら、未だ揃わないから夢があるわけですよっ。揃っちゃったら壊して集め直すんですよっ。お楽しみはこれからだ!

未亜:おまいは和田誠かよ。ま、其れは好いとして、一体あにいは幾ら貢いだわけ?

アンテツ:またその話ですか。みんなとおんなじですよ。こんくらいです。普通です。

未亜:だからぁ、其れってゼロの数を間違ってるでしょ?本当は此れ位でしょ?

アンテツ:そんなに多くないと思いますよ。大体、那奈ちゃんってファンに散財させないじゃないですか。トレカでウン十万とか海外ツアーとかやんないしさ、グッズも安価な実用的な物ばかりだし、洋服はレディース専門だから買えないし、、、あっ。未亜さんは着れるから買ってますよね?舞台とか遠征とかも、今や「既婚者二児のパパ」になった僕よりも自由自在にやりたい放題じゃないですか。もう、僕より未亜さんの方が貢いでますって。

未亜:ボキが貢いでるのは「アッチの方」だよ。那奈ちゃんが「プレゼントはイラネ!」って云うからさ、何を贈れば好いのか分んないのよさ。何度か贈ったけど、直接、那奈ちゃんから感謝された事なんか無いもん。あにいは毎回贈る度に「ありがとう!」って公式に云われて裏山椎名ですよ。アンタと那奈ちゃんの絆は深いです。敵わん。参りました。

アンテツ:いえ、未亜さんには敵いませんよ。未亜さんが続けているのは「文化事業」です。「ゼンキロ」こそが最高の贈り物だと思いますよ。僕らも楽しみにしているし、きっと那奈ちゃんも喜んでくれてますよ。ずっと続けて下さいね。

未亜:本当に那奈ちゃんは喜んでくれてんのかナァ。。。姐御が主導権握ってるわけだし、過激じゃん。ボキなんか、こないだ女子マネちゃんに謝っちゃったよ。「姐御はいつもテキトーな事を書いてるんで、本当はみんな女子マネちゃんに感謝してるんですよ」とか云っちゃったじゃん。

アンテツ:那奈ちゃんは、たぶんイコちゃんが好きだと思いますよ。イコちゃんの「マネジャー虐めネタ」とか、爆笑して読んでるんじゃないですか?根底には「愛」がある「苦言」ですもの。だって、イコちゃんのオリジナルって那奈ちゃんでしょう?那奈ちゃんをデフォルメしたのが「小島藺子」だと、僕は考えてますけどね。

イコ:黙ってろよ、アンテツ。おまいもミサミサかよ?

アンテツ:僕は秘密主義ですから、平気ですよ。未亜さんやイコちゃん眞相は、正直、僕にも分りません。でも、きっと那奈ちゃんは知ってますよっ。で、アノ「鳴海ルナ」って誰なんですか?

未亜:アレは、姐御だよ。女子マネちゃんのパロディで、実際に居る姐御の姪二人(那奈ちゃんと同世代)をモデルにして創った新キャラですよ。「未亜ルナ対談」とかもやって、もっと遊ぶ気だったんだけど何だか浮いちゃったよね。企画倒れだから、其の内消えちゃうんじゃまいか。

アンテツ:ああ、やっぱりね。みんなで噂してたんですよ。「ルナって、イコちゃんだよね?」って。思った通りだ。

イコ:ま、アレはわざと分りやすくしてたからね。バレて当然の「和製カイリー」と一緒で、初期構想では「片瀬那奈を全く理解して居ないあたくしの姪が無理矢理此処の管理人にさせられて、悪戦苦闘しいつの間にか『那奈ヲタ道』に目覚めて眞なる二代目を襲名する」って感動的な大河ドラマにしたかったんだけどさ。無知の振りって難しいし、飽きちゃったのよさ。

鳴海:イコ姉さん、そりゃ酷いっすよ。ウチの立場がないですよ。七海が怒ってますよ。

七海:あたいは、まだ登場すらしてねーぞっ!おい、こら、やってやるってっ!!

鳴海:ウチらで「小島武闘派コピコン復興会」を立ち上げますからね。ココを元の「プロレス」サイトにもどすんじゃっ!ウチが管理人じゃいっ。今しかないぞっ!おい、アンテツ、おまいは悔しくないのか?世代交代だっ!

イコ:よぉーし、其処まで云うなら、あたくしが受けて立とうじゃまいかっ。どーですか?お客さん!おまいら「コピコン派」か、あたくしの「ゼンキロ」か、決めようじゃまいかっ。此処は最初からあたくしが創った「片瀬那奈サイト」だっ。他の何かに変えたいなら、てめえらのチカラで勝ち取ってみろっ!!

アンテツ:未亜さん、何ですか、コレ?何か湧いて来てますよっ。特攻服着てますね。もしかして、コレが鳴海ちゃんですか?何だ、本当にいたんだ。こっちの女の子は海賊男のコスプレしてて可愛いですね。まぁ、ウチの娘姉妹には負けてますけどね。

イコ:う〜む。鳴海母娘まで実体化したか。。。参ったナァ。さしずめ鳴海が前田&長州で、七海が佐山って役どころで引っぱれるじゃん。ケケケ

未亜:あらら、今度は「新日 vs UWF」でも始める気かよ、、、姐御が暴走拡散し始めてるから、今回は此の辺でお開きって事で。あにい、ボキらは彼処に移動して那奈ちゃんの話を続けましょう。後で鳴海ちゃんに渡せばアップされますよ。此処じゃ、もうお話にならないって。TACOまで出て来たら大変ですから。やれやれ、、、

アンテツ:そうですね。なるほど、こうして分裂してくんだ。コレは凄いですね。SFXかよ。。。いやぁ、イコちゃんって凄いナァ。好いもん観させてもらいました。じゃ、未亜さん、行きますか。

(未亜&アンテツ、御本尊様像を拝んで、そそくさと退場)

鳴海:片瀬那奈がナンボのもんじゃいっ、コピコン万歳!!逃げたナ?逃げやがったナ?「竜虎」って大したことないっすね。ホントに片瀬サンの等身大ポップを拝んでやがったじゃん。バカですか?あいつら。まだだぁ〜っ!安藤、姫川っ!!逃げるなぁ〜っ!!まだだぁ〜っ!!!

イコ:おまいは、マサ斉藤かよっ。

七海:すいませんっ!イコおばちゃん。あたいが連れて帰りますけん、堪えてくんしぇいっ!!

イコ:おい、海賊。てか鳴海の娘か。おまいは七海だろ?

七海:おばちゃんにはかなわねぇナァ。今回はクロネコ役っす。ママを連れて帰りますんで。

イコ:おばちゃんって云わないのっ!「カシラ」だろ?

鳴海:娘が粗相して、姐さん、すいませんっ!てか、常磐かよ?メイサかよ?

イコ:此れが「カタセカイ御殿・スープレックス・ホールド」略して「必殺カタセ固め2009」じゃいっ!

鳴海:ぐぅわっ!!でも、鳴海も七海も、未だ「参った」はしてないですよっ!!(小鉄声で)


(つづく)


2009年9月某日、片瀬の館にて収録

(小島藺子/姫川未亜/アンテツ/鳴海ルナ/鳴海七海)



posted by 栗 at 00:07| YUMEKAYO | 更新情報をチェックする