nana624.png

2009年08月19日

「ザ!世界仰天ニュース」ゲスト出演みたび

英吉利の薔薇(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】


日本テレビ/読売テレビ 20:54〜21:54

「なぜ?なぜ?スペシャル」

司会/笑福亭鶴瓶、中居正広

ゲスト/片瀬那奈、藤本美貴、宮迫博之、U字工事


ま、基本的には「小窓ちゃん」です。実は、以前、盟友・牧野がお得意の「フライング(彼は別名「暴走戦士」ですが、レスラー的には「長州力」タイプです。他の著名な那奈ヲタでは「アンテツ」が三沢タイプですね。「おいおい、もう死んでるよ・・・」ボキ?そりゃ、猪木タイプですよ。がっはっはっはっは☆)」で、フライング牧野が「単独抜け駆け出待ちを敢行」した際に、御本尊様の口から「明日放送の「なんとか」は、結構、あたしが前に出てるから観てね。今日の「なんちゃら(出待ちした時間とバッティングしていた番組、ボキは「片瀬の館」で其れを観て此処を更新しておりました、、、)」?ああ、アレは基本『小窓』だから、帰ってから録画で観ればいいよ」と云われ、あたくしに「那奈ちゃんと一対一で話しちゃいましたよぉ、でへへへへ。いざとなるとコトノハが出なくって気まずい沈黙が続いたりしちゃいましたよぉ、うっぴっぴー☆」なんぞと自慢の電話を寄越しやがり乍らも「『小窓ちゃん』って未亜さんの造語だし、他にも『未亜さん言語』を普通に使ってましたから、やっぱり那奈ちゃんも結構マメに『ゼンキロ』を読んでるんだナァって思いましたよ、未亜さん、好かったじゃないですか?うきゃきゃのきゃ☆」とか云われて、あたくしもなんとなく嬉しくなったのでした。うっぴー☆は、運転だけじゃなくフォローも上手いよね。

ちなみに、僕ら「流星☆ブラッドベリーズ」は、二人で行動する機会が多くて「TV」にも何度か映ってしまったのですが、アンテツあにい曰く「いやぁ、TVで観ると格別に分るんですけど、未亜さんとうっぴー☆のコムビは目立つわ。アレじゃ、那奈ちゃんも見つけやすいですよ。那奈キャップとかの目印なんか要らないって。だって、おんなじ人間とは思えない位に体型が違いますからね。確かに「LADY'S M」と「XL」なんだもん。アンナのが二人でツルんでいたんじゃ、そりゃ分ります。生で三人で一緒にいたんじゃ分んなかったけど、TVで客観的に観て凄く納得しましたよっ。」確かに、自分らで観ても「ものすぎょいコントラスト」でした。レジー・ベネット(だだーんっ!のCMで有名だった100キロを軽く超えた巨漢外人女子レスラー)とコマンド・ボリショイ(身長が150センチにも満たない日本で一番小さく軽量な覆面女子レスラー)が並んでいるみたいでしたよ。(ちなみに、かつて「JWP」後楽園大会で「レジー vs ボリショイ」を特リンで観戦した僕は、レジーのフライング・ボディ・プレスを正面から受けたボリショイが「本当に死んだ」と思い、「ボリショイ!死ぬなっ!!」と涙目で絶叫しました。場内からも「ヤマモ、もうヤメさせろっ!」とか「ボリショイを殺す気かっ!」とか怒号が飛び交う、凄惨な光景でした。無惨にも敗れたボリショイに手を貸さず「立て!」と云い放ったダイナマイト関西の叱咤激励を受け、ボロボロになったボリショイが自力で立ち上がった時に、後楽園ホールは感動と賞賛の拍手で揺れました。いやぁ〜、プロレスって、本当に好いもんですね。)あにいとのタッグだと身体的な差異はさほど無くって目立たないはずなんだけど、必ず同時に「拝む」から壱番目立つよね。結局、いつもいつだってボキが目立ってんじゃん!

「ふふふふふ、流石は未亜サン、策士ですね」
(「アンテツ、うっぴー☆」声で)

さて、今宵の那奈ちゃんはパパーミント・ブルーの夏らしいミニで、大人っぽい感じで落ち着いています。共演ゲストのミキティや宮迫サンが序盤から前に出ていますし、司会の二人もグイグイと引っぱるタイプですから、「バラエティでは、相手やまわりの出方を見て立ち位置を決め、受ける」聡明な那奈ちゃんは、静かにしてて要所要所で爆笑してる役どころの「引きの美学」で通しました。てか、声が枯れてますね。確かに多忙ですけど、相変わらず「寝ないで遊んで」ますね?御本尊様。其れと、やっぱ大人っぽくなったナァ。てか、益々「似てらっしゃる!」になって来たですよ。「当たり前田のフライング・ニールキック」ですけど、本当に「そっくり」です。双子みたいになって来てますよ。きっと、那奈ちゃんの未来を、僕らはもう知っているんでしょう。

リアルタイムの那奈ちゃんは、女子マネちゃんに依れば既に新ドラマの撮影に入られた様で、其れが「10月クールの連ドラ」で在れば嬉しいのですけど、僕らにとっては其の前に今週から来週に掛けてが「那奈ちゃん、TV&映画週間」となります。TVでは今宵を皮切りに、映画「20世紀少年」関連番組や「こち亀」などが目白押しで、月末にはいよいよ「敷島ミカちゃん」が化けます。昨年の「TV初放映」では無惨にもカットされた場面も、完結篇への重要な伏線ですから「今週の放映」では復活を期待出来ます。新たなるCMの不確定情報なども多々在りますが、未だ観ぬ那奈ちゃんが僕らには多く、其れが公開されるのは此れからなのです。残念乍ら、僕らは女子マネちゃんとおんなじ時を生きてはいません。でも、ファンとスタッフと云う違いこそ在れ、僕らと女子マネちゃんの「那奈ちゃんへの想い」は等価だと信じています。

先行情報を知らされ、一般公開を待ちに待っていた「僕ら那奈ちゃんファン」にとっては、とっても嬉しい「夏の終わり」となるでしょう。


過去の出演:
 2007年11月07日
 2009年5月6日


(姫川未亜)



「ザ!世界仰天ニュース」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 21:07| TV | 更新情報をチェックする