nana624.png

2009年06月15日

FAB4-078:ANOTHER GIRL

ALL BECAUSE OF YOU GUYS(紙ジャケット仕様) jane.jpg Jane Asher's Book of Cake Decorating Ideas


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(2/15-18)、ジェリー・ボイズ(2/15-16)、マルコム・デイヴィス(2/23)
 録音:1965年2月15日、16日(take 1)
 MONO MIX:1965年2月18日
 STEREO MIX:1965年2月23日

 1965年8月6日 アルバム発売 (「HELP !」 A-5)
 パーロフォン PMC 1255(モノ)、PCS 3071(ステレオ)


「一筆書きの人:ポール・マッカートニー」の覚醒直前を伝える「やっつけ仕事」です。1965年2月15日、新作録音初日、革新的なジョン・レノン作「TICKET TO RIDE(涙の乗車券)」の録音に全力疾走したポールは、自作を軽く一発録音で完成させてしまいました。いえ、其れで好いのだ。こんな楽曲は、軽く流してサントラ面の息抜きにして、次から二連発で来る「愛しのジョン」の楽曲を引立て様じゃないか!と、未だポールは思っていたのです。「ボキはジョンのメンゴだもん!うふっ☆」てなもんですよ。此の楽曲も決して悪くは在りません。此のロカビリー風マッカ節は、近年の怪作「THAT'S ME」へとまっすぐに繋がっています。イントロ無しで始まり、リンゴでも歌えそうな単調な曲が、流れる様に急転してメロディアスになる中間部が「ギラリ!」と光ります。でも、マッカにとっても、無論レノンにとっても「大した曲じゃねーや」ってなもんや、です。

ところが、此処でトンデモな事態が派生します。確かにビートルズは一発で此れをやっつけました。でも、リード・ギターが「へっぽこりん」だったので、録音し直したのです。いたいけジョージは、後の地獄を予感させられたでしょう。ポールに云われ、10回も録音しました。其れでもポールは「オッケー!ジョージ良くやった」とは云わなかった。「鬼の完璧主義者:ポール・マッカートニー」は、「TICKET TO RIDE(涙の乗車券)」とおんなじ仕打ちを、かつての相棒ジョージにします。ポールは最初「レノマカ」では無く「マカハリ」だったのだよ。ポールの相棒はジョージだったのです。二人で「マッカートニー / ハリソン」として共作していたのに、ポールはジョージとの共作タッグを見限って、ジョンに擦り寄ったのだっ!

なな、なんと、散々ジョージのギターにダメ出しし捲くった翌日に、ポール・マッカートニーは「えーいっ!分からず屋めぇーっ!!」と鉄腕アトムの大義名分決め台詞の様に(アトムは、一応は「おんなじロボット同士なんだからさ、仲良くしよーよ」とか云って、其れでも暴走する敵役を10万馬力で破壊する時に「こんなに云っても分らないのかぁーっ!!」と自分を正当化する為に絶叫するのでした、、、僕は小さい頃から「アトムって、おっかねえ、、、」と思いました。)、いたいけジョージのギターを消去し、、、自分でリード・ギターを弾いたのです。僕は、思う。

「ポールって、おっかねえ、、、」


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする