nana624.png

2009年05月23日

「僕たちの好きだった革命(改)」五日目(6/35&7/35)

Mccartney


昼の部/12:30開場、 13:00開演
夜の部/17:30開場、 18:00開演 
東京芸術劇場 中ホール


MAYBE I'M AMAZED



KOKAMI @ network vol.10『僕たちの好きだった革命』


昨日に続き、本日も昼夜公演が敢行されました。二日連続での昼夜公演って、、、

二幕構成で、二時間半以上にも及ぶ舞台です。「シーン零(最早御馴染みでしょうが、此の作品は観客が入場した瞬間から物語が始まってしまいます。)」と「カーテンコール」を含めれば三時間を超える公演なのです。其れを壱日に二回も行うと那奈時間近い緊張状態が求められます。単純に考えても、12時間近く東京芸術劇場に僕らの片瀬那奈ちゃん達は拘束されて居るのです。

かつて、桂由美せんせいのウエディング・ショーに登場した片瀬那奈は、なな、なんと壱日に三公演の主役を務めました。ファッション・ショーなど、生まれて初めて参加した僕たち那奈ヲタ(具体的に云えば、アンテツ、未亜/イコ、うっぴー☆の「三莫迦トリオ」である。)は、わざわざ平日に有給を取って駆けつけたのですが、敢えて名は伏せますが「片瀬の晴れ姿を是非観に来てやって下さい!」とアジッた「佐藤チーフマネさん」に睨みつけられたのです。「何でお前らが来てんだよ?」と、ハッキリと顔に書いて在りました。余りの理不尽な仕打ちに、初回だけで御暇した三人でしたが、「暴走する那奈ヲタ:うっぴー☆」は納得がいかず、再び現場に駆けつけたのでした。其処で彼が目撃したのは、壱回が二時間にも及ぶショーを三回も務めた疲れ切った「僕らの片瀬那奈ちゃん」でした。アノ、ファンを大切にする彼女が放ったのは「疲れた、、、」と云うひとことだけだったそうです。其の余りにも悲惨な彼女が、其れでもキチンと応えてくれた事に、盟友は「那奈ちゃん、綺麗だったよ、、、」と云うしか無かった。僕は其の噺を聴いて、盟友の暴走を糾弾したけれど、気持ちは分ったよ。何より、那奈ちゃんが素晴らしいと思った。

僕は「出待ち」を積極的にはしない。ショーが余りにも素晴らしかった時や、逆に納得出来なかった時とかに、僕は出待ちをします。僕は身銭を切って、片瀬那奈が踊るステージを只観て居るだけだ。此れまでも此れからも、僕は単純明快な「片瀬那奈ちゃんのファン」で「片瀬那奈ちゃんの観客」です。初演の時に、主演の中村雅俊さんが「兎に角、俺のファンの方々は、俺が存在しなきゃ生きて行けないって云ってくれて居るんだよ。俺には責任が在るんだ。」と云いました。確かに、まーくんのファンが命懸けだって事実は、劇場に行けば分るよ。でも、僕たち「那奈ヲタ」も、おんなじなんです。片瀬那奈が居ない世界は考えられない。僕たちは、10余年、真摯に片瀬那奈を追った。此れからも、追う。其れが「僕たちの生きる道」です。少なくとも俺は、自分の人生を彼女に捧げました。彼女が居たからこそ、僕が居るんです。

片瀬那奈には、其れだけの価値が在る。本当さ。俺が、証明してみせるよ。此の物語の結末は、もう解って居る。其れは「自分」か「片瀬那奈」の、どちらを選ぶかって事さ。俺は究極の選択に追い詰められたなら、迷わず「片瀬那奈」を選ぶよ。我が身を捨てて彼女を守るよ。銀河系中に誓う。

俺は、正気だし、本気だ。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 22:07| ACTRESS | 更新情報をチェックする