nana624.png

2006年08月03日

「幻の右、炸裂!!」

神様ありがとう俺の人生 (新装版)


20年前「猪木 vs スピンクス」のレフェリーをやった時には、「過去の栄光をすべて捨てた」と思えた「ガッツ」だが、本人がやはり本当は凄いのか、はたまた世の中が完全に発狂したのか、定かではないものの、いつのまにか「ガッツ神」と奉られる存在になっていましたよ。以前から「亀田は養殖もの」などの「ガチ発言」をくりかえして来た彼に、昨夜の世界戦は、はたしてどー映ったのか?

「まいったね。なんでこの人が勝ちなの」

「亀田兄弟は人気があるかもしれないけど、この試合で勝てるのなら、ボクシング界は何をやっているのかと思われる。日本人は立っていれば、チャンピオンになれるの?全世界のボクシング関係者に見せて、判定してもらえばいい」

「日本のボクシングはタレント養成所ではない。これがまかり通るなら、僕はボクシング関係の肩書は何もいらない」


ガッツ、ガチすぎ。幻の右、出しすぎ。

弟さんたちは分らないけど、興毅くんは、決して弱い選手ではないと思います。「今回は負けたけど、一生懸命頑張ったし、次回はきっとチャンピオンになれるよ。」って展開で良いと思うのですが、どーにもこーにも、そーゆーわけにはいかないらしいです。

太陽の天才児が IWGP 王者になったよりも、ずっとずっと大変なことが起きているのでしょうね。相手のランダエタさんなんて「亀田は弱い。でも判定に抗議はしないし、また日本でやりたいなら喜んで再戦したいな」なんぞと言ってますよ。よっぽど「ええ仕事」だったんだね。

ま、彼は今回の試合やその後のインタビューを観る限り、まだまだ子供だし、所詮は「傀儡」なので「可哀想だな」とは思いますけど、もう「拳闘まで終わってしまう」のかしら?

プロレス者にとっては、益々「楽しい時代」になりそうですナ。そうそう、「伝説」は、ガッツさんみたいに「まわりが作り伝えるもん」だと思いますよ。自分で「伝説、夢の始まり」って、、、

「カメ かわいいよ カメ」


以下、毎日新聞さんより参考資料として、引用しときますね。何か、批判的な記事がどんどん消されているので、きょわいけどね☆

「亀田興毅:立ち上がりにダウン 判定に疑問の声も」

 立ち上がりにダウンを喫した「浪速乃闘拳」が、粘りに粘って世界タイトルを手にした。2日、横浜市の横浜アリーナで行われたプロボクシングWBAライトフライ級王座決定戦で、判定勝ちした亀田興毅選手(協栄ジム)。強気のパフォーマンスで話題を振りまいてきた人気者のファイトに会場は大きな盛り上がりを見せたが、ジャッジの判定は、2対1と割れた。相手のフアン・ランダエタ選手(ベネズエラ)が有利にも見えたことから、疑問の声を上げるファンや専門家もいた。
 
 テレビで観戦した元WBCライト級チャンピオンのガッツ石松さんは開口一番に「まいったね。なんでこの人が勝ちなの」と判定に不満を示した。ガッツさんの判定では、ランダエタが7ポイントもリードしていたという。

 そのうえでガッツさんは「亀田兄弟は人気があるかもしれないけど、この試合で勝てるのなら、ボクシング界は何をやっているのかと思われる。日本人は立っていれば、チャンピオンになれるの? 全世界のボクシング関係者に見せて、判定してもらえばいい」と首をかしげた。さらに「日本のボクシングはタレント養成所ではない。これがまかり通るなら、僕はボクシング関係の肩書は何もいらない」と怒っていた。

 漫画家のやくみつるさんも「非常に不愉快なものを見た。実況も最後の方は負けモードだったし、こういう判定になるとは。判定後の(亀田選手の)態度も疑問。あの場では勝者の振る舞いをしないと格好がつかないところもあるだろうが、大口をたたける試合内容ではなかった。態度を改めるべきではないか」と厳しく指摘した。

 一方、元WBAジュニアミドル級王者、輪島功一さんは「亀田選手は前半、悪かったが、中盤から盛り返してがんがんに攻めて最後までよく頑張った。引き分けかなとも思ったが、勝ちに値する戦いぶりだった。(苦戦の理由は)今までやってきた相手とあまりにも差がありすぎ、(戦い方を)考えていなかったこと。これからは世界王者。どんな相手ともやらないといけないのだから、よく考えて戦わないと」と一定の評価を与えた。

 ▽亀田興毅選手の話 KOばかりだったから、判定は緊張するなあ。最初、(判定で)ランダエタの名前が挙がって「やばい」と思ったけど、手元にベルトがあるからなあ。



>手元にベルトがあるからなあ。
「ぽか〜ん」悪役プロレスラーでも言えない迷言?え、えーと、気を取り直して、「共同」さんのガチンコ記事も、残しておきますね。


「亀田自身も傷つく判定・説明できない奇妙な採点」

 ボクシング界の救世主になるはずの亀田3兄弟の長兄、興毅が不可解な判定で王座に就いた。初の世界戦は完敗の内容だったが、非凡な素質も随所に示した。今後の奮起、成長が十分に期待されただけに、だれもが首をひねる判定勝ちは、亀田自身を傷つけることになった。

 5年以上前から「亀田少年」のボクシングは、地元大阪で話題にはなっていた。亀田は少年時代からの強烈な個性と実力を見込まれ、テレビ局の大がかりな支援も得て東京に進出。一気に人気は“全国区”になり、テレビとの「タイアップ」で認知度を上げた。

 子どものころからトレーニングを積んできた大阪のグリーンツダジムから東京の協栄ジムに移籍した昨年4月が節目となった。グリーンツダ側は「最低落札価格3000万円で入札にかける」との方針を示し、これに応じた協栄ジムが東京のテレビ局と連携して「スターつくり」に乗り出した。テレビ局の担当者は「これまでにないキャラクター。ファンへのサービス精神も実力もあり、魅力的な世界チャンピオンになると考えた」と先行投資を説明している。

 ホープを売り出すために、弱い相手を選んで実績を上げさせ、話題を提供するのは興行界の常識。亀田もその路線に乗ったかのようにみられ、「弱い相手とばかり戦っている」などと批判を浴びた。しかし、連勝記録の中身は鮮やかで、パンチの切れも将来性は十分。亀田自身は「ニューヒーロー」の資格を、十分に備えていた。

 2―1と割れた判定は、どんな作用によってもたらされたかは不明だ。しかし誰が見ても、負けたと思った選手の「勝利」は、ボクシングへの信頼性を損なう。

 亀田の人気上昇に伴い、全国のジムでは小中学生の練習生が急増しているという。元世界フライ級王者でもある花形ジムの花形進会長は「殴り合う競技。やらせたがらない親が多いが増えている。これも〃亀田効果〃なのかねえ」と期待していた。そんな子どもたちに説明できない「奇妙な採点」だった。〔共同〕



初出「COPY CONTROL」 (小島藺子)



posted by 栗 at 01:05| KINASAI | 更新情報をチェックする