nana624.png

2008年09月15日

「テレ東、最強伝説」

流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである (講談社プラスアルファ文庫)


またまたまたまた、テレビ東京がやらかした。かつて、正月に一日中「猿の惑星」を放映し、其れが現在の「一日中、大河ドラマ」に繋がるわけで、大食いだって始めたのは此処なわけで、昭和天皇が崩御された時ですら、平然と「ムーミン」を放映しやがったトンデモ局なわけで(視聴率よかったらしいっす。)あのその、ダンダンダンと危険がアブナイ噺になりそうだからヤメときますが、現在、トンデモ番組を流してましてですね、下町レコの土田クンに別の何かをおせーられてたはずなんだけど、もうね、すっかり忘れちゃったわよ。

アンテツあにいにおせーてもらって、もうね、期待充分で待ってたら、何なんだよ、此の番組はっ!!「全日本プロレスSP」なんですよ。でも、もう、馬場サンはいないのよさ。「全日vs新日」の興行を放送してんのよさ、なのに、現在の全日って「武藤ちゃんの団体」なのよさ。PWF会長が「馳」なのよさ。最初の「IWGP戦」の実況が「元テロ朝アナで土曜の夕方とか深夜とかの落日間近の新日実況だった:エロス・辻」で、解説が「元・斜陽の身売り寸前の誰も観て無い丑三つ時の新日解説者:東スポ・柴田記者」と「金曜午後八時新日黄金時代の解説者:鬼軍曹・小鉄」なのよさ。丸っきり最強団体時代〜落ちぶれまくった「新日」生き証人じゃんっ!今の「ワールドプロレスリング」よりも、ずっと「新日」中継ですよぉっ!!

ところが、続く「三冠戦」の実況は「黄金時代でも実況してましたっ!の元・日テレアナ:泣きの若林」じゃまいか?!レフェリーは「京平」だぜっ!!アノ頃の「全日」じゃん。「無我」を乗っ取った「西村」と、「パンクラス」の「みのる」が、リングサイドにいるぞ。「諏訪魔」と「ケア」は、60分フルタイム闘ったのだよ。何なんだ?此の世界は。此れこそが「昭和プロレス」じゃん。全部、在るじゃん。そんでもって、あたくしが愛してやまない「テンコジ」まで登場するんだぜ。ん?此の解説は、、、小佐野だろ?渕サンじゃん。(声だけで認識出来る自分が怖い。)どーなっちゃってんのよさ。

「プロレスの灯は、消えない!」

ありがとう、アンテツ。ありがとう、テレ東。
「ありがとう!プロレス」(浜サン声で!気合いだぁーっ!!)

猪木が引退して以来、10年間、あたくしは生観戦をしておりません。かつては、年間50興行以上も生観戦していました。一日に、3興行を梯子した事だって、何度も在った。大阪まで遠征した。那奈ちゃんと出逢うのが、猪木の引退の時だったから、おんなじ事をしてたんだよ。つまり、那奈ちゃんに出逢うまでは「プロレス命」だったのだよ。

「日刊」「デイリー」「東スポ」を毎日買って、「ファイト」「週プロ」「ゴング」を毎週買って、毎週、後楽園にいた。関東地区の会場は全て行ったし、全団体を観た。やっぱり、離れらんないよ。あたくし、プロレス者だよ。K-1も総合もハッスルも、観るけど、格闘技は全部、好きだけど、、、

「プロレスが好きなんだっ!バカヤロー!!」

全日は、面白い!生観戦するなら、全日です。そして、きっと、あたくしを繋ぎ止めてくれた奴は、デビューからずっと観て来た、江東区出身の「コジマ」くんです。浜口サンのお弟子さんで、元サラリーマンで、苦労人で、泣けるんだよナァ。天山よ、すっかり追い抜かれちまったな。コジマは好いよね。うん。やっぱね、江東区出身の「コジマ」ちゃんが、好きだからっ!!

あれれ?いつの間にか「片瀬噺」になっとるよ。


初出:「COPY CONTROL」 (小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 03:43| KINASAI | 更新情報をチェックする