nana.812.png

2024年05月29日

「ポールの道」#385「THE 7‘’ SINGLES BOX」#61「FROM A LOVER TO A FRIEND / RIDING INTO JAIPUR」

fromlover.jpg


1998年4月17日に愛妻・リンダを失ったポール・マッカートニーは、それでも音楽活動は続けていて、1998年9月21日には「THE FIREMAN」のまさかの第2作アルバム「RUSHES」を、同1998年10月27日にはリンダの遺作で唯一のソロ・アルバム「WIDE PRAIRIE」を、翌1999年10月4日には生前にリンダが勧めていたロックンロールのカヴァー・アルバム「RUN DEVIL RUN」を、同1999年11月1日にはリンダを追悼する3作目のクラシック・アルバム「WORKING CLASSICAL」を、翌2000年2月14日にはやはりリンダを追悼したクラシック・アルバム「A GARLAND FOR LINDA」を、同2000年8月21日にはビートルズのアルバム「SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND」のジャケットでお馴染みのピーター・ブレイクの展覧会用に制作したコラージュ作品「LIVERPOOL SOUND COLLAGE」を、翌2001年5月7日にはCD2枚組のベスト盤「WINGSPAN:HITS AND HISTORY」を、それぞれリリースしています。特に久しぶりのベスト盤「WINGSPAN」は、全40曲(日本盤は全41曲)入りで、全英5位・全米2位と大ヒットさせています。

リンダを追悼する日々が続いていたわけですが、実は此の時期の1999年12月1日には「VO!CE」と云う名のシングルをリリースしているのです。名義は「ヘザー・ミルズ・フィーチャリング・ポール・マッカートニー」で、つまりは後に悪妻となるヘザー・ミルズと共演しているのです。ヘザー・ミルズとニッコー・パトレラキスの共作の「VO!CE」と云う楽曲は、デジタル・ビートに乗せてポールが歌っていて、ヘザー・ミルズが「ラップ」と云うか「語り」を担当しているのですが、「THE 7‘’ SINGLES BOX」には当然の如く収録されていません。此の楽曲の存在は、あたくしも恥ずかしながら、ブートレグの「DRIVING RAIN & MORE」に収録されていてソレで聴くまで知りませんでした。アルバム未収録曲ですし、シングル盤のジャケットすら見た事がありませんし、どう云った経緯でシングルがリリースされたのかも分かりません。まあ、既に1999年にはポールとヘザー・ミルズが交際中だったのでしょう。そして、ヘザー・ミルズは音楽活動としては「リンダの代わり」にはなれなかったと云う事でしょう。

「THE 7‘’ SINGLES BOX」には、リンダが歌ったシングルの「SEASIDE WOMAN」も「WIDE PRAIRIE」も「THE LIGHT COMES FROM WITHIN」も収録されていないので、ヘザー・ミルズとの「VO!CE」なんて、其の存在自体が黒歴史化しているのでしょうけれど、ブートレグの「DRIVING RAIN & MORE」ではご丁寧に3ヴァージョンが収録されていて聴く事が出来ます。其のアルバム「DRIVING RAIN」ですが、2001年11月12日にMPL/パーロフォンからリリースされています。ポールのソロ・アルバムとしては12作目で、ポール&リンダやウイングス名義を加えると20作目のスタジオ・アルバムです。前述の通り、ポールは毎年アルバムを制作してはいましたが、オリジナル・アルバムとしては、1997年のアルバム「FLAMING PIE」以来4年ぶりでした。それだけに、米国で若手のミュージシャン(そのまま、現在まで続くツアー・バンドに発展する)と組んだと云われた新作アルバムへの期待は、大きかったと記憶しています。

内容は、1「LONELY ROAD」、2「FROM A LOVER TO A FRIEND」、3「SHE'S GIVEN UP TALKING」、4「DRIVING RAIN」、5「I DO」、6「TINY BUBBLE」、7「MAGIC」、8「YOUR WAY」、9「SPINNING ON AN AXIS」、10「ABOUT YOU」、11「HEATHER」、12「BACK IN THE SUNSHINE AGAIN」、13「YOUR LOVING FLAME」、14「RIDING INTO JAIPUR」、15「RINCE THE RAINDROPS」、16「FREEDOM」、の全16曲入りです。此の内で、最後の「FREEDOM」は当初は収録する予定がなくて、「9・11」の同時多発テロを受けて曲が書かれて追加収録されています。ソレも含めて「67分17秒」もあって、アナログ盤では2枚組のボリュームがあります。CDフォーマットに合わせたのでしょうけれど、もう少し楽曲を厳選しても良かったと思えます。アルバムの成績も、全英46位・全米26位とズッコケてしまいました。前作である2001年5月7日リリースのベスト盤「WINGSPAN」が全英5位・全米2位だったので、新作へのファンの失望が表れています。

そんな些か「トホホ」なアルバムからは、「FROM A LOVER TO A FRIEND」が2001年10月29日に先行シングルでリリースされていて、B面の「RIDING INTO JAIPUR」と共にアルバムからのシングル・カットでした。CDシングルは「FROM A LOVER TO A FRIEND」のアルバムをプロデュースしたデイビット・カーンによるリミックス2ヴァージョンの3曲入りです。新たなる恋人だったヘザー・ミルズに捧げたラヴ・ソングは、全英45位で米国ではリリースされていません。ポールは前述の「FREEDOM」を2001年11月5日に急遽シングル・カットしていて、カップリングに「FROM A LOVER TO A FRIEND」の2ヴァージョンを入れたのですが、全米97位と沈没してしまいました。此のアルバム「DRIVING RAIN」の時期は、たまにやらかすポールのファンとのズレが見られて不評だったし、コレに関しては個人的にも弁護出来ません。でも、ヘザー・ミルズが悪いなんて云いませんよ。「THE 7‘’ SINGLES BOX」には「FREEDOM」は未収録で、「FROM A LOVER TO A FRIEND」が61枚目で、ヨーロッパ盤のピクチャー・スリーヴで復刻されています。

(小島イコ)

posted by 栗 at 23:00| FAB4 | 更新情報をチェックする

「竜馬がゆく」第八話(再)で内山理名ちゃん



時代劇専門チャンネル 21:00〜22:00

第八話「第四部 希望 前編」

内山理名 AS おりょう

「竜馬がゆく」第八話の、今年初めての再放送です。襲撃された竜馬は瀕死の重傷を負い、おりょうが寝ずの看病をして命をとりとめて、感激した竜馬はおりょうにプロポーズして、新婚旅行へゆき、竜馬はお田鶴からもらった御守りを埋めてしまいます。最早ストーカー状態となったお田鶴は、其の辺の事情を全て知った上で竜馬に逢いに来ますが、竜馬は「結婚した、妻はおりょう」と鬼の宣告をして、ソレを聞いたお田鶴が夢に出て来る様な強烈な「負け顔」を披露して「二度とお逢いしません」と宣言して去ってゆくのでした。ところが、確かに其の後は竜馬に逢いには来ないものの、お田鶴は最終話まで出番があるのでした。

本放送:2004年1月2日(テレビ東京)

(姫川未亜/小島イコ)

posted by 栗 at 22:00| RINA | 更新情報をチェックする

「24 JAPAN」第15話(再)



テレ朝チャンネル1 5:00〜6:00

第15話「2:00P.M.-3:00P.M.」

片瀬那奈 AS 氷川七々美(消息不明)

「24 JAPAN」第15話の、今年初めての再放送です。物語の方は、ようやくテロリスト「林親子」の狙いが判明します。ソレが現馬と朝倉麗議員が関わった「夜のとばり作戦」で、林親子の妻や娘たちが巻き添えを食って殺されてしまった事への復讐なのでした。ソレで現馬に朝倉麗議員を射殺させようと、何度も同じ手を使って失敗していたわけですなあ。林親子だけ名前が原作通りのカタカナなので、日系人なのかもしれませんが日本語ペラペラだし、他の日本人も「現馬(げんば)」とか「麗(うらら)」とか「六花(りっか)」とか「伊月(いづき)」とか「民三(たみぞう)」とか「七々美(ななみ)」とか、なかなかどうしてキラキラしています。

本放送:2021年1月22日(テレビ朝日)

(小島イコ/姫川未亜)

posted by 栗 at 06:00| ACTRESS | 更新情報をチェックする