nana.812.png

2023年03月30日

「ナイアガラ考」#68「イエロー・マジック・オーケストラ」



何度か話題に出している細野晴臣さんと鈴木茂さんとタツローこと山下達郎さんによるオムニバス盤「PACIFIC」(1978年6月21日発売)では、既に細野さんの曲にはユキヒロこと高橋幸宏さんと教授こと坂本龍一さんが参加しているばかりか、「コズミック・サーフィン」が収録されております。教授は当時はタツローのライヴやスタジオでもキーボードを担当していて、ター坊のアルバムでもアレンジとキーボードで参加しているわけで、引く手数多でございました。そんな中で、1978年11月25日には、遂にアルファから「イエロー・マジック・オーケストラ」が発売されます。YMOは細野さんとユキヒロと教授の3人によるユニットですが、其の成り立ちは細野さんが主導権を握っていて、1975年のティン・パン・アレー「キャラメル・ママ」では「イエロー・マジック・カーニバル」を歌っているし、1978年の「はらいそ」では「ハリー細野とイエロー・マジック・バンド」を名乗っているし、同年の「PACIFIC」では前述の通り「コズミック・サーフィン」をやっていました。同年にはユキヒロが「サラヴァ!」を、教授が「千のナイフ」を出しており、其の3人が合体したわけでして、そりゃあ、もう、大騒ぎかと思えば、アルバムは69位止まりでヒットしたわけではありません。いえ、逆に、社長からは「こんなのやめようよ」と云われ、ファンからは「ディスコに日和った」と非難轟轟だったのです。

エイプリル・フール、はっぴいえんど、キャラメル・ママ、ティン・パン・アレーと来た細野さんは一部では絶大な支持を受けていて、日本一のベーシストだったし、サディスティック・ミカ・バンドからサディスティックスと来たユキヒロは名ドラマーだし、教授はナイアガラやタツローやター坊などで大活躍していたキーボードを操る新鋭だったわけで、其の3人が集まったのだから凄腕のフュージョンが聴けると思っていた方々は、YMOのコンピューター・ディスコ・ミュージックに戸惑い、落胆してしまったのです。其れがですね、翌1979年にアメリカ編集盤の「イエロー・マジック・オーケストラ」が発売されて、其れがアメリカでヒットして、逆輸入と云うカタチで日本盤が出て20位まで上がったところで2枚目の「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」が出て、堂々の1位を獲得するのでした。YMOはインストゥルメンタルの楽曲も多く、そうしたインスト物は歌入りよりもヒットしにくいと云われていたのに「テクノポリス」や「ライディーン」が売れたばかりか、テクノカットや人民服風の衣装までマネするファンが出て来て、1960年代のビートルズの様な現象を巻き起こすのでありました。そんな1978年11月25日には、コロムビア時代のナイアガラの最終兵器「レッツ・オンド・アゲン」が発売されたのでございます。

(小島イコ)

posted by 栗 at 21:00| ONDO | 更新情報をチェックする

「家売るオンナの逆襲」第6話(再)で内山理名ちゃん

家売るオンナの逆襲 Blu-ray BOX


日テレプラス 14:00〜15:00

第6話「運命大作戦!W不倫夫婦に奇想天外の家爆売りGO!」

内山理名 AS 八十多つぐみ(第6話ゲスト)

「家売るオンナの逆襲」第6話の今年初めての再放送で、昨年(2022年)だけでも6回も再放送されている定番ドラマです。コレと「花咲舞が黙ってない」は一年中再放送されているので、こうした定番ドラマによくゲスト出演している理名ちゃんの出番もよくあるわけです。理名ちゃんが演じたつぐみさんは、W不倫カップルの奥さん役で、旦那さん役は「24 JAPAN」のアレクシスです。

本放送:2019年2月13日(日本テレビ)

(姫川未亜)

posted by 栗 at 15:00| RINA | 更新情報をチェックする

「24 JAPAN」第4話(再)



テレ朝チャンネル1 12:20〜13:10

第4話「03:00A.M.-04:00A.M.」

片瀬那奈 AS 氷川七々美

「24 JAPAN」第4話の、今年初めての再放送です。那奈ちゃんが演じた氷川七々美は、此の回の冒頭のあらすじ部分に出て、以後は消息不明となります。もうひと仕事を無理矢理に依頼されて承諾する場面で終わっているので、また出番があると思わせての退場でした。原作ではシーズン2になって再登場するわけで、まあ、ヘッポコなリメイクであるコレの続編なんて制作されないでしょう。

本放送:2020年10月30日(テレビ朝日)

(小島イコ/姫川未亜)

posted by 栗 at 13:10| ACTRESS | 更新情報をチェックする