nana624.png

2013年10月28日

「未亜たんの片瀬那奈ちゃんCM補完計画はつづく」

Velvet Underground


遂に「33回目」で「片瀬さんのChoice篇」をゲット!して、「Choice !」CM5ヴァージョン完全捕獲に成功した未亜たんですが、まだまだ止める気がなかったのでした。本日も2回成功し、「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×6、「桐島さんのChoice篇」×4、そして「片瀬さんのChoice篇」X2、と星を積み重ねております。「32連敗」が転じて「35連勝」となってしまった未亜たんは、「こっからが本当の勝負ですよっ。片瀬那奈ちゃんヴァージョンが入れ食い状態になる、コノ時をボキは待っていたんだよーん!」、と「スーパーニュース」、「おじゃマップ」、「めちゃイケ」、「アッコにおまかせ!」、など地上波民放番組を録画予約し捲くっているではありませんか。「体感!スバル!」も延々とBSの「スバル・一社提供番組」を「毎週録画予約」し続けているわけでして、イヤハヤ南友、流石は「那奈ヲタ」界の「虎」ですナァ。ちなみに、なんとなく並べた番組は、未亜たんが「Choice !」を捕獲出来た経験に基づいたものです。

然し、よくもまあ「スーパーニュース」を毎日2時間10分も録画予約して、鬼の様に高速再生でたったの15秒か30秒を見つけ出し編集してしまう、其の作業は僅か2分・・・って、流石は「AD」崩れの未亜たんですナァ。「Choice !」は画面がまっ白なので、超高速再生でも見つけ易いらしいです。放送業界で10年も奴隷の如く働いた若かりし日の経験も、其の後の20年間をCGに骨身を削り会社に何度もカラダをぶっ壊されつつも頑張り、挙句にWebデザインの夜間学校へまで通った努力は、ちっとも無駄じゃなかったのね。ちゃんと実になっているじゃないのよさ。但し、未亜たんの場合は其れを活かしているのは全部「未亜さん、それ、仕事じゃなくて趣味じゃん!片瀬那奈ちゃんの追っかけの為じゃん!」とアンテツ&うっぴーに呆れられるのだけどさ。未亜たんは「経験と才能を無駄遣いして、たかが女優さんの追っかけに命を賭ける莫迦」としか云えませんナァ。うん、お前さんは其れでいいわよん。

ところで話はスッテンコロリンするのだけど「ワールドプロレスリング クラシックス」って本当に面白いですね。例えば伝説の「ハンセンXアンドレ」って、一度は両者リングアウトになって延長で無制限1本勝負になって「2度おいしい」のだけど、最後にアンドレがピーター(ミスター高橋)にジャイアント・ラリアットをぶちかまして反則負けになるのよさ。でも、そっからも見せ場でして、無法状態で荒れ狂うアンドレとハンセンを分けようと新日の若手が雪崩れ込んで来ます。ハンセンを、ジョージ高野が諌めても払いのけられ、荒川真にハンセンが殴りかかろうとすると荒川は逃げて、益々激昂したハンセンは、たまたまちょうどそばにいた若手に至近距離から完璧なウエスタン・ラリアットを完全なる不意打ちでぶちかまして憂さを晴らすのだよ。哀れ若手は後方に回転して逆サイドまで吹っ飛びます。一般人がやられたら即死するかもしれない「恐るべきガチンコの本家・ウエスタン・ラリアット」です!そして、そんな危険な技を打ち合わせもなく受けてしまってもピンピンしている其の犠牲者の若手とは・・・後の「前田日明」である「前田明」なのでした。そんな「大怪獣決戦」の興奮冷めやらぬ場で、ラッシャー木村の「こんばんは」が炸裂したのだ!「昭和の新日プロレス」とは、何もかもが、壮大でロマンチックなドラマだったんですよ。てか、フルタチは公共の電波でアンドレを「怪物!」呼ばわりで連呼って・・・何ゆえ「報道番組のメインキャスター」の振りをしているのか、理解に苦しむぞ。フルタチの狂気の真髄は「プロレス実況」にあります。


「THANX 4 那奈ヲタ三銃士(龍・翔・虎)」 (小島藺子)



「Choice !」公式サイト

【公式】Choice!CM「新しいセンタク篇」
【公式】Choice!CM「片瀬さんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「hitomiさんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「桐島さんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「滝沢さんのChoice編」
(YouTube 9/20)


posted by 栗 at 19:58| CM | 更新情報をチェックする

「ROCK & ROLL」よ!!

Loaded (Fully Loaded Edition)


Lou Reed, Velvet Underground Leader and Rock Pioneer, Dead at 71(「rollingstone.com」10/27)


ルー・リードが逝ってしまったと「ローリング・ストーン」誌が書いている。きっと、本当なんだろう。ちょっと、コトノハが出ないです。すみません。涙も出ないし、呆然としちゃって、申し訳ありません。何を貼れば好いのかと思ったけど、思いついたのは此れです。あたくしたちは、これからも、ファインファイン・ミュージックで踊り続けるしかないです。

あたくしが、どれだけ、ルー・リードに、ヴェルヴェッツに、多大なる影響を受けているのかは、此処に迷い込んでしまわれた「ロックの人」ならお分かりでしょう。看板なんて、みんなアンディのマネッコだし、バンドやっても結局はみんなルーのマネッコです。ザ・ビートルズも片瀬那奈ちゃんも手塚先生もアントニオ猪木も大瀧師匠もユーサクも、みんなみんな、大先生だけど、僕に「ロックンロールとはコレだよん!」と教えて下さったのは、ルー・リードです。ボウイもボランもディランもストーンズも、いっぱいいっぱい聴いた。最初はハードロック・バンドだったし、プログレもソウルも洋楽は全部なんでも好きですよ。でも、間違いなく僕が「ロックンロールは素晴らしい!」って実感し確信出来たのは、ルー・リードの影響です。ポールでもジョンでもジョージでもキースでもミックでもレイでもブライアンでも、他の誰でもない。其れは、ルー・リードです。

ありがとう、ルー・リード先生。安らかに。心より、御冥福をお祈り致します。


かつて「BlueVelvet Backfingers & TACO」と名乗らせて頂いた
現・「MW-777」 (小島藺子/姫川未亜/鳴海月)







空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 03:34| FAB4 | 更新情報をチェックする

「美しい人たちよ!」

ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 [DVD]


片瀬那奈ちゃんが楽しく踊りながら洗濯を選択するCMには5ヴァージョンがあって、放送開始から一ヶ月余り、未亜たんは血眼になって「全ヴァージョン・コンプリくん」を目指しました。「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×6、「桐島さんのChoice篇」×3、と、面白い様に捕獲出来たものの、何故か肝心の「片瀬さんのChoice篇」にだけ巡り合えない!そんな苦難の日々を超えて、「33回目の捕獲でコンプリ!」片瀬那奈ちゃんが踊りナレーションをする捕獲した「片瀬さんのChoice篇」を繰り返し何度でも何度でも何度でもリピート再生し、号泣しながら拝む未亜たんの姿は、他人サマから見たら「単なるキチガイ」ですが、あたくしは・・・思わずもらい泣きしてしまいました。いや、此れが「那奈ヲタ」の「虎」と呼ばれる輩の「真也な姿」かと思うと・・・未亜たんには申しわけないけど「きもちわるい」とアスカ声でボソッと呟いてしまったので御座います。

兎に角、未亜たんの「地上波民放録画し捲くり」が終わってくれる事に安堵したわよ。10月27日だって、CSで21時から25時(10月28日の1時)まで「ワールドプロレスリング クラシックス」祭りが敢行されておるのです。いきなりだナァと、かつて「タモリ倶楽部」のスプラッター映像ベスト10でホラー映画に混じってランクインしてしまった「前田日明の蹴り(そして、其れを真正面から受け続ける藤波辰巳)」と云う伝説の「藤波X前田」に始まり、坂口が吉村道明とアジアタッグ王座を初奪取して、初めてベルトを巻いた世界の荒鷲がリング上で男泣き!とか、もう眩暈がする様な映像のオンパレード!嗚呼、片瀬那奈ちゃんの御蔭でCSを契約して、本当に好かった!那奈ちゃん、ありがとーっ!!でも、あたくしは23時から24時に、他のチャンネルを録画予約してしまいました。そんな素晴らしい昭和プロレスを捨ててまで録画したのは、MTVの「ポール・マッカートニー特集」です。

ポールのPVを流し続けるだけの番組ですけど、もう選曲が渋すぎでひっくり返っちゃったわよ。いきなりだナァと最初が「マムーニア」で、次が「バンド・オン・ザ・ラン」ですよっ。「恋することのもどかしさ」とか「故郷のこころ」とか「三本足」とか、一体、何を考えて選曲しとるんだ?いや、大昔のPVだけじゃなく、近年まで色々と出て来るのだけど、「カミング・アップ」で「ウォーターフォールズ」で「ワンダフル・クリスマスタイム」で「ダンス・トゥナイト」で「エヴァー・プレゼント・パスト」で、現在のツアー・バンドでのライヴが「アイム・ダウン」に「デイ・トリッパー」って・・・。物凄いPV集ですよ。流石はMTVだ。分ってらっしゃる。MTVでは、来日までに此れからもこうした「ポールのPV特集番組」は敢行されます。ポールは公式3枚組で「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005」と云う素晴らしいPV集をDVDで出して下さったけれど、2005年までしか入っていないし、抜けているPVもあるうえ、もう2013年なのよさ。

此の8年間だけでも、ポールはどれだけのPVを発表したかっ。「シューイチ」で最新PVの話題を取り上げていたけれど、ポールが呼べばどんな大物だって尻尾をフリフリしてやってくるのです。とても常人では考えられない様な短編映画みたいなPVを平気で作って、自分で「YouTube」に投稿してしまうのよさ。流石は「マジカル・ミステリー・ツアー」なんてトンデモな怪作を構想して創ってしまった男ですよ。ポールは、凄すぎる!やっぱり、このひとは、此の人こそが「ザ・ビートルズ」です。当然、今回のPV特集では「マイ・ヴァレンタイン」も「NEW」も流れたのだよ。あっ。と云う間の1時間!まだまだ足りない。1時間半の時もあるらしい。「かたちんバッティング」がなければ、全部まるっと録画だ!さてと、チャンネルが「ワールドプロレスリング クラシックス」祭りに「ゲット・バック」したぞ。おっと、「タイガーマスクX小林邦明」じゃまいか。楽しいナァ。片瀬那奈ちゃんの御蔭でCSを契約して、本当に楽しくって仕方ないナァ。

「那奈ちゃん、いつもたくさんありがとう!」なのだ。



(小島藺子/姫川未亜)




【「千秋万歳」まえがき INDEX】(2013年8月14日〜)

1.「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
2.「怪優・片瀬那奈・進化論」外伝「大久保千秋は、謎のひと」
3.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」への助走
4.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」の正式名称決定!
5.「千秋万歳」制作現場に潜入リポート!でも、未亜たんは「愛の誘惑」に堕ちたでゴンスの巻
6.「千秋万歳」主要キャスト発表会に潜入!しかし、未亜たんはイコちゃん&ルナちゃんに翻弄されたザンスの巻
7.「千秋万歳」を、いつまでも刮目して待っていてね。
8.「那奈ヲタ今昔物語」#01
9.「すべての片瀬那奈ちゃんファンよ、時は来た!」


10.「Hey Marlene」
11.「那奈ヲタ今昔物語」#02「10年越しで出逢えたシスターへ」
12.「千秋万歳」は、既に始まっているのか?
13.「筒井先生の心痛が、少しだけ理解できました。」
14.「MW-777」
15.「WHO ARE YOU ?」
16.「ダウンタウンにくりだそう!」
17.「ROCKよ、今夜もありがとう」
18.「Tears Dry on Their Own」が「千秋万歳」主題歌に決定!
19.「美しい人たちよ!」



「MW-777」(小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)



「那奈理名」でTV!INDEX
「カタセカイ列伝」INDEX(改訂版)
「怪優・片瀬那奈・進化論」INDEX
「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
「片瀬那奈ちゃん、平成仮面ライダー・キラー伝説」
「西豪寺エレナ様、最強伝説」【第二期女優時代の苦闘シリーズ INDEX】
「INDEX of INDEX」片瀬那奈ちゃん多趣味篇!
「THE BEATLES 全曲解説」INDEX




空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 00:02| CHIAKI | 更新情報をチェックする