nana624.png

2013年10月15日

「熟年離婚」ACT 7&ACT 8 再々放送!

DECO


テレ朝チャンネル1 21:00〜23:00

ACT 7 「揺れる心夫の後悔…妻の迷い」
ACT 8 「父娘の涙最終章…妻の送別会」

片瀬那奈 as 豊原みどり


片瀬那奈ちゃんが2005年に「みどりちゃん」を演じられた怪作ドラマ「熟年離婚」は、高視聴率だったのにも関わらずソフト化どころか関東では地上波での再放送もなく、「かたちん連ドラ・レア3大作品(イコ命名)」(「FLY 航空学園グラフィティ (2000、NHK)」、「2001年のおとこ運 (2001、KTV)」、「熟年離婚 (2005、EX)」)のひとつとなっておりました。ところが、CSのテレ朝チャンネル1で8年後に復刻され、怒涛のリピートが繰り返される尋常ではない事態となりました。ドラマ「熟年離婚」は、8年の時を経た2013年の視点だと、片瀬那奈ちゃんの其の後にとって「余りにも重要な作品であった事実」が解ります。其れは、家族として共演された方々である「父・渡哲也さん」、「母・松坂慶子さん」、「長女・高島礼子さん」、「長女の夫・西村雅彦さん」、「長男・徳重聡くん」、「恋人・渡邉邦門(現・渡辺邦斗)くん」、「お祖母さん・草笛光子さん」、「父親の親友で会社の上司・小野武彦さん」等々と、ドラマ「熟年離婚」以後の片瀬那奈ちゃんが濃密に関わっているからなのよさ。

渡哲也さんは、片瀬那奈ちゃんが舞台に出られる時には、イチバン大きなお花を贈られます。しかも、生花だから公演半ばで他の方々からのお花は痛んでしまって撤去されるのに、渡さんは公演期間中にずっと保つお花を選んでいらっしゃるから千秋楽まで飾られているのです。其れは、那奈ちゃんの初主演舞台「フラガール」東京23公演に全て通ったから分かった事です。おなじく千秋楽まで残っていたのは、宝塚の方々からOGである「久世星佳さん」に贈られたお花だけでした。其の細やかな心遣いに感動しつつ、僕は思った。「嗚呼、やっぱり那奈ちゃんだから、もう共演して3年も経ったのに、団長は本当の娘みたいに慈しんでいるんだナァ」とね。片瀬那奈ちゃんとは、そういう人なのです。那奈ちゃんに実際に逢ったならば、誰もが夢中になってしまうんですよ。此の気持は、那奈ちゃんに逢って離れられなくなってしまった「那奈ヲタ」諸君ならば、きっと分かって下さるでしょう。ドラマ「熟年離婚」は、女優回帰した那奈ちゃんが「研音バーター」ではなく、たったひとりぼっちで、並み居る主演級の豪華キャストに放り込まれた「大試練の時」だったのです。其の恐るべきプレッシャーに「片瀬那奈ちゃんは真摯に挑み、多くのベテランに信頼されて、己に勝った!」のです。だからこそ、次の「小早川妙子」や伝説の怪優開眼!「西豪寺エレナ様」へと繋がったと、あたくしは思っています。

片瀬那奈ちゃんの「期間限定ブログ」がなかなか更新されない状況にある事で、ヤキモキしているファンの方々に対しても、老婆心ながら「ひとこと」。もう、自分たちで解決された通りなのですけど、片瀬那奈ちゃんはいつもいつだって常人では考えられない程のお仕事を、責任を持って務められています。無論、女子マネちゃんもそうです。其れでも、寝る間も惜しんでブログを出来る限り更新しようと頑張っておられるのです。テレビで見れるドラマとか「シューイチ」とかは、「本番」だけです。あたくしは片瀬那奈ちゃんが御出演された映画やドラマにエキストラ参加したり、バラエティにも観客として参加した事が何度もあります。たった15秒のCMを撮るのにも、一日掛かりなのです。雑誌に載る時だって、那奈ちゃんは何時間も掛けて撮影に挑まれています。だから、那奈ちゃんの方がファンよりも物凄く辛いのです。其れでも、那奈ちゃんはメッセージを贈って下さっているではありませんか。女子マネちゃんだって必死でフォローしているじゃないですか。君たちが自分で考えた通り、ファンは「待つべき」なのよさ。片瀬那奈ちゃんは、決してあたくしたちファンの期待を裏切りません。デビュー以来15年間、ずっと片瀬那奈ちゃんを追っかけている「小島藺子/姫川未亜」が、保障致します。

那奈ヲタは、「片瀬を信じよ!」なのだ。



ACT 7 本放送:2005年11月24日
ACT 7 再放送:2013年9月23日
ACT 8 本放送:2005年12月1日
ACT 8 再放送:2013年9月30日

「熟年離婚」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 22:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「106万アクセスで、踊りませんかしらん?」

Memory Almost Full


片瀬那奈ちゃんが相も変わらぬどころか、加速をつけた「サイボーグ009」の如く働き捲くっておられる御蔭で、「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」のアクセスは「106万」を突破しちゃったよーん!えっとですね、あたくしもヒマじゃないので毎週「キリ番記事」なんて書いていられないのですよ。でもですね、そんなにも踏み付けられているのは、素直に嬉しいわけだ。「少しは、敬愛する御本尊様のお役に立てたのかしらん?」と、大いなる自己満足に浸れるのです。未亜たんなんて「キリ番」の度に「自宅」兼「事務所」中に在る「かたちん」こと片瀬那奈ちゃんの等身大POPとかポスターとかに、四方八方それぞれに平伏して拝んでいるのよさ。

あたくしが「未亜たん、拝むならメインの等身大POPだけで好いんじゃねーの?」と云うと、未亜たんは涙目になって「何を不遜な事を云うのですかっ。御本尊様であらせられる片瀬那奈ちゃんには、長い歴史があるのです!ボキは何処を見ても那奈ちゃんが居るってレイアウトをしてですね、デビューから今日までの那奈ちゃんを飾っているのですよっ。御本尊様を写したこれらの印刷物は、紙ではなく神なのです!云わば、仏像と云うべき有り難いお宝なのです!全ての時代の片瀬那奈ちゃんに感謝しなければいけませんよっ!!」と捲くし立てるので、ポカーン!と開いた口が塞がらないのだけど、確かに未亜たんが云う事は尤もだと思いました。たまには「くりぼう」も好い事を云うのね。

でも、あたくしは「かたちん」に平伏して拝んだりはしないわよ。あたくしが知っている限りでは、そんなトンデモな事を片瀬那奈ちゃん御本人の前でやらかしたのは「アンテツ&未亜」と云う「那奈ヲタ界」の「竜虎」だけです。盟友の「うっぴー」だって、他の同志諸君だって、流石に「本人の前で正座して拝むなんてキチガイ沙汰」はやらかしていません。「那奈ヲタ」の行き着く先が「竜虎」だとしたなら、そりゃヤバイでしょ。「アンテツ&未亜」は、いつも「かたちん」に逢うと拝んでいるから、全くもう、呆れ返ってしまいます。では、今後とも、みんなで片瀬那奈ちゃんを盛り上げていきまっしょい!


「怪優・片瀬那奈・進化論」INDEX
「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
「片瀬那奈ちゃん、平成仮面ライダー・キラー伝説」


空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



「THANX 4 那奈ヲタ三銃士(アンテツ、うっぴー、& 未亜/イコ)」

 (小島藺子)



posted by 栗 at 04:07| LOOK UP THE # | 更新情報をチェックする