nana624.png

2013年10月27日

「シューイチ」#128

ハウンド・ドッグスーパー・ベスト DQCL-1164


日本テレビ 7:30〜9:55

【MC】中山秀征、片瀬那奈
【レギュラー出演者】中丸雄一(KAT-TUN)、笛吹雅子、佐藤義朗、辻岡義堂、後藤晴菜
【コメンテイター】手嶋龍一、渋谷和宏、水野雄仁
【シューイチガールズ】黒田有彩上田眞央小池花瑠奈大坪あきほ小林麗菜

(変更前)
台風27号で記録的大雨…列島被害 日本シリーズ第1戦 羽生結弦 能年玲奈未公開映像 中丸の企業訪問66弾…噂のスープ専門店 大友康平×仙台グルメ…牛タン&極上寿司

(変更後)
みのもんた謝罪会見“父親の責任”語る…7時55分頃 台風27号で記録的大雨 日本シリーズ開幕 羽生結弦 能年玲奈未公開映像 大友康平×仙台グルメ…極上牛タン登場

7時55分頃はみのもんたさん謝罪会見…報道番組降板を発表したみのさんが“父親としての責任”“亡き妻への思い”“子育ての事”などを語りました 8時30分からは日本シリーズ開幕SP…楽天×巨人第1戦を水野雄仁さんが解説します 7時30分からは台風27号の影響は?…シューイチは河川増水対策に取り組む施設を取材しました あまちゃんブレイク前の能年玲奈さん秘蔵映像を発掘!【番組内容は変更の可能性があります】



日曜日に片瀬那奈ちゃんが生放送で頑張る「シューイチ」は、ファンにとって最高の那奈ちゃんからの贈り物です。今回の予告では「能年玲奈ちゃん未公開映像」なんて「DD」の未亜たんのお目目がギラリンコ!と輝く企画もありますけど、なんと申しましても「大友康平さん×仙台グルメ…牛タン&極上寿司」に大注目です。大友康平さんと云えば、片瀬那奈ちゃんとは何故か「レア作品」となっている2000年のドラマ「FLY 航空学園グラフィティ」でガッツリと共演されておりますが、実は、僕の大学の先輩です。他にも有名人を多く輩出しているので、もうバレバレですナァ。デビュー前から「ハウンド・ドッグ」は仙台では超有名でした。「オレはおまえらの先輩だから」と、大学祭にほとんどノーギャラで来て演奏して下さった時に、僕は大学祭実行委員のひとりでした。大友さんは覚えていないでしょうけど、僕は忘れません。先輩、あの時は本当に有難う御座いました。仙台には、10年間も住んでおりました。そして、其れは「18歳から27歳」と云う、所謂ひとつの「青春時代」です。今回は、なんだか「ノスタルジックな気分」で見てしまう事となりそうです。うるうるうるりんこ・・・。

ところで、昨日(10/26)は当ブログ既報通り、片瀬那奈ちゃんが2004年に女優回帰され「藤澤律子」を演じられた「ラストクリスマス」が、CSの「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」で「0:10〜9:40」に「全話一挙放送」されました。私どもは「プレミアム」ではない貧乏な庶民向け「基本パック45チャンネル」契約なので観れなかったのだけど、今年(2013年)5月から6月に「季節感全く無視!」の再放送をぶちかましたCS「フジテレビTWO」でバッチリと再検証いたしました。ところが、其の一般庶民の「基本パック」でも見れる「フジテレビTWO」で、11月24日(日)に「ラストクリスマス」一挙放送の予定があるのよさ。でも日曜日だから心配って話は、もうしましたよね。そんでもって、本日(10/27)にはCSの「TBSチャンネル1」で「3:00〜12:20」に「ブラッディ・マンデイ シーズン2」が一挙放送中です。思いっ切り「シューイチ」とバッティングしていますが、片瀬那奈ちゃん演じる「宝生小百合」は初回に回想シーンでチラリンコとノン・クレジットで出るだけですので、「シューイチ」が始まるずっと前の「丑三つ時」に終わっております。今更「シーズン2」の再放送まで単独記事で扱うべきでもないかと思いまして、ココで書いておきます。そりゃ、録画はしましたよ。但し、那奈ちゃんが映る「第1話」だけね。でもですね、「ラストクリスマス」が「プレミアム」と同じ時間帯で放送されたならば、アウト!ですね。

裏番組の「ワンピース」をブログで宣伝するわ、もう、流石「かたちん」は「バッティング女王」の名に恥じません。其の「全てを包み込む大いなる慈愛」こそが御本尊様の素晴らしいお考えなのよさ。だから、みんな、片瀬那奈ちゃんに逢うと誰もが好きになってしまうのです。映画やテレビや雑誌とかじゃ、分らない。ホンモノに逢わなきゃ、永遠に分りません。あたくしが書いている此処にも、片瀬那奈ちゃんはいません。文章には、そんな大きなチカラなんてないよ。此処で「那奈ちゃんは素晴らしい」とか「ビートルズは最高だ!」とか「手塚先生やつげさんのマンガはスゴイ!」とか「此のアイドルは、めんこい!」とか、どんなに書いたって、相手には「あ、そう、お前さんは、そう思ったんだ」ってトコまでしか伝わらないのです。僕は笛を吹いているだけなのだから、本当に好きになったのでしたらホンモノに逢わなければダメです。片瀬那奈ちゃんに逢えば、何にも知らない連中がどんなに罵詈雑言を喚いても、全く気にならなくなります。「ああ、知らないんだぁ・・・可哀相に」と憐みの情愛まで湧いて来るはずです。片瀬那奈ちゃんを好きになったなら、逢える様に自分で努力しましょうね。此処には、那奈ちゃんは存在しません。どっかの誰かが、那奈ちゃんとか自分の気に入った対象を面白おかしく書いたりしているだけです。そもそも「イコちゃん」とか「未亜たん」とかって誰よ?「アンテツ」だの「うっぴー」だの、何者よ?実在するかどうか、実際に自分で逢ってみなきゃ、永遠に分らないじゃん。

さて、御託はコレ位に致しまして、「シューイチ」が始まったのだ。オープニング前に最新ニュースが結構長く流れるのが定番になっており、「台風27号のニュース」を、小窓ちゃんから片瀬那奈ちゃんが心配そうに見つめています。あららららん、CMを跨いじゃって、ずっとやっているよっ。おいおい、随分と長くないっすか?ようやく12分も経って、黒地に白い模様が入った長袖のミニワンピースで生脚全開!髪は下ろして前髪クリリンコでオデコも全開!の片瀬那奈ちゃんが生放送で降臨だっ!さあ、迷える子羊ちゃん達よ、御本尊様に跪き拝みなさいナ。てか、またCMで、時間が初っ端から押してないっすか?小林麗菜ちゃんの「天気予報」から、義堂アナ担当の「イチ☆ドク」と進みますが、司会の片瀬那奈ちゃんは御多忙なのに元気溌溂でお美しいし、やっぱり可愛いナァ。アレレのレ?またCMだよん。もう8時近いのに、何か変だぞ。ゲゲゲのゲ!やっぱり「8時のトクシュー」になっちゃった。こっちとら「みのもんた謝罪会見」なんて、どーだっていいのですよ。小池花瑠奈ちゃんと大坪あきほちゃんが担当の「ウレスジ」は、どーした?困っちゃったナァ。こんな当然の謝罪なんぞを、しかもぐだぐだと言い訳する情けない爺さんの姿を観るために、わざわざ日曜日の朝に早起きしているんじゃないんですけどね。スパッと、ズバット、「申し訳ない降板します!」で好いじゃん。なんじゃ此の自分語りは?全然、反省してないってばさ。反省している人間が、こんなこたぁ云えませんよ。下手な演出家を雇っちゃったね。

おいおい、いつまで続くの?小窓ちゃんに「かたちん」がチラリンコと映り込まなきゃ、テレビを消しちゃうトコだったぞ。あたくしは、片瀬那奈ちゃんと内山理名ちゃんが出ておられる番組以外は地上波民放なんか観ていないから「誰だ?こいつ」てなもんやですよ。しかも、最後に「バカヤロー!」とか怒鳴られて、マジでこのひとってヤバイんじゃねーの?と吃驚しちゃったわよ。片瀬那奈ちゃんも、困惑しています。あっ。思い出した。「西豪寺エレナ様」が打ち切りになって最終回分に代役特番したり、「フラガール」の時に番宣で片瀬那奈ちゃんが出たら「エロじじい丸出し」で、デレデレしていた輩じゃん。もうお爺さんなのだし、確か水道関係の会社の社長さんなんざんしょ。引退したって食うに困らないんだったら、のんびりと余生を送れば好いじゃん。お疲れ様でした。あらま、今度はフィギュアの特集ですか。此れでは、お目当ての片瀬那奈ちゃんは、ずっと小窓ちゃんばっかではありませんかっ。いつもの定番コーナーは、どーしたのよさ。もう8時半になろうとしているのに、「ウレスジ」も「中山のイチバン」もないぞ。てかさ、「かたちん」は「羽生くんに色気がある」とか云っているヒマがあったら、自分で妖艶な色気を出さんかい!もうすぐ「32歳」ですよっ。モタモタしていると、理名ちゃんに置いてけぼりにされちゃうぞ。

あちゃー、やっぱり、片瀬那奈ちゃんが担当の「スポイチ」になっちゃったよ。おや?佐藤アナはどーした?「中山のイチバン」は兎も角として、唯一の出番である「ウレスジ」をぶっ飛ばされた「小池花瑠奈ちゃんと大坪あきほちゃん」が可哀相で仕方ありません。おいおい、随分と予告の文言も変わっておるではありませんか。「ショービズ」になって、出たよ「サー・ポール」のプロモ!アノですね、ポール様が呼んだらどいつもこいつも集まって来るに決まっているざんしょ。ポール様はだな、若僧どもは知らないだろうけど、「THE BEATLES」ってバンドに大昔にいてですね、音楽面では完全にリーダーだったのですよ。ポール様が「ザ・ビートルズ」なのです。ジョンもジョージも、とっくに天に召されてしまわれたのよさ。リンゴ?誰だ、そいつ。ヨーコ?ジョンの嫁だろ。おっと、ポールが憑依してしまいました。あわわわわ、「あまちゃん」やってるぞ。それみたことだべ?おらがここで書いていたのがぜんぶ「シューイチ」で取り上げられたぞ。能年ちゃんが「シューイチ」に出ていたことだって、リアルタイムで記録したし、なんども書いたべ?どんなもんだい、エライべ?えっへん!イテテっ!姐御、いきなりボディにパンチするこたぁ、ねえべ?あっ。すいませんでした・・・、やめてけれ、側頭部への「コークスキュリュー・パンチ」はやめてっ!ぜいぜい、はあはあ・・・。

気を取り直して、大好評の「まじっすか !?」ですけど、もう実況する気力が、とっくに失せております。前半の酷さでメロメロ状態になってしまいましたので、大人しく小窓ちゃんの「かたちん」を観る作業に戻ります。あたくしみたいな単なる「ど素人」が何を書こうが、勝手なのよさ。だって、此処って非営利な「個人ブログ」なのです。規模は全く違うけれど、片瀬那奈ちゃんのブログだって、無料で誰でも見れるんだからおんなじですよ。那奈ちゃんはエライから、コメント欄とか作って下さったじゃん。あたしゃ、ムリだね。あららららん、中丸くんのコーナーも終わっちゃったわよ。どっかのお店の宣伝をしただけざんしょ。流石は地上波民放番組ですのぉ。「シューイチ」って、全部が宣伝なのよさ。こんなの片瀬那奈ちゃんが出ておられなければ、わざわざ日曜日の朝っぱらから起きて見て実況なんかしてないっつーの。うっかり早起きしたら、「スーパー戦隊」とか「仮面ライダー」とか「ワンピース」とか見るっつーの。上田眞央ちゃん&黒田有彩ちゃんが担当の「トレナビ」になって、大友先輩が登場!えっと、あたくし、八木山に住んでいたのよさ。仙台に10年住んで、其の後も普通に行っている地元なのよさ。ズバリ云って、「仙台歴35年!」なのよさ。はいはい、どのお店も知っているって、もうやめてってばさ。何故にBGMが、ボブ・ディラン?あたくしを、泣かせたいの?

あ〜あ、やってらんねえナァ。こっちとら、「かたちん」を見たいだけなのに、非常に不愉快だよ。テレビなんて「ウソばっか」なのよさ。おっと、ビールが来たぞ。呑め、呑め、上田ちゃん、呑め!てかさ、こんなキレイなわけねーだろ。TVに映される映像なんて、ぜ〜んぶ「虚構」なんだよ。あたくしは、仙台の後には浦安に那奈年住んで、御本尊様の夢のお告げで呼ばれ、東京の下町・砂町に住んで、♪あれから、16年♪だけど、テレビはホントの事なんか映さないもん。砂町は、砂町に住まなきゃ分んないってばさ。仙台も、浦安も、他の何処だっておんなじ。長く住まなきゃ分んない。こんなの、観光客を呼ぶための宣伝じゃん。出鱈目じゃん。「シューイチ」は、マジで下らない番組だよ。片瀬那奈ちゃんしか、見るべきところがないんです。あらま、佐藤アナも仙台に居るのね。なんだかナァ。れいにゃんの「天気予報」は「化」の「一文字」で、「かたちん」は思いっ切り「姐御」になっちゃっています。結局、小池花瑠奈ちゃんと大坪あきほちゃんは「飼い殺し」でございました。「れいにゃん」だけは「お天気おねえさん」だから出番はあるのだけれど、他の「シューイチガールズ」は「飼い殺し」の回が多過ぎます。「かたちん」の御機嫌を取るのがええんちゃう?だって、れいにゃんに「またこんど、おしえてあげるね!」とか、すっかり「かたちん」は手篭めにしちまっているじゃまいか。中丸くんだって義堂ちゃんだって、みんな「かたちん」の舎弟じゃん。「シューイチ」を仕切っているのは、御本尊様です。片瀬那奈ちゃんが居るからこそ、成り立っている番組です。だから、中丸くんはヒデちゃんにナイショで「頼れるおねえさん」に悩みを打ち明けてしまったのですよ。片瀬那奈ちゃんが「シューイチ」を降板する時は、此処が記録を停止するまでもなく、番組自体が崩壊し終了するでしょう。片瀬那奈ちゃんは、本当にスゴイです。


【10/27の衣装】 「TOCCA」、もしくは、「tocco closet」


「シューイチ」INDEX(現在進行形)


「THANX 4 うっぴー☆」 (姫川未亜/小島藺子)



「シューイチ」日本テレビ公式サイト
「シューイチ」Facebook


posted by 栗 at 09:57| TV | 更新情報をチェックする

「107万アクセスで、メモリーがいっぱいいっぱいザンス。」

Memory Almost Full (W/Dvd) (Dlx) (Dig)


御蔭様で、此処の総アクセスが「107万」を超えていました。踏みつけて下さった方々には、心からの感謝を捧げます。此処は「NO IMAGE INC.」と云う「確かに存在し、国家に承認されている団体」が管理運営しておりまして、定款には事業内容の最初に「片瀬那奈さんの非営利な応援活動」と記されております。明記されている通り、当団体の意志であり、其れによって一切の報酬は受けておりません。単なるど素人のファンが集まって創っただけの「会社ごっこ」みたいなもんです。でも、キチンと筋だけは通しているから「こどもの遊び」とは全く違うんですけどね。社会にはルールがありますから、社会に出てから遊ぶにはそれなりの覚悟が必要です。如何に合法的に遊べるのかを考えて、自己防衛するのは当然です。そんなルールすら無視して自分勝手に遊んでしまったら、これまた当たり前田のあっちゃんで、罰せられます。其れが「現実社会」です。

此処の記事のほとんど全ては「小島藺子」と「姫川未亜」が書いています。ズバリ云って、誰に依頼されたわけでもなく、気ままにテキトーな事を書いているだけです。多くの方々がやっていらっしゃるブログと何ら変わりません。私たちは、単なる自己満足を得る為に「片瀬那奈ちゃんの公的活動」を記録しているに過ぎません。片瀬那奈ちゃんに関する文章は、すべて片瀬那奈ちゃんへの「ファンレター」です。片瀬那奈ちゃん以外の方々に関する文章も、すべては「私たちが実際に対面した事がある方々」か「逢いたくても逢えなくてお亡くなりになられた芸術家の方々」の事しか書いておりません。更に申し上げれば、此処は「虚構世界」です。あたくしは、実生活では嘘はつかない。でもね、此処は「現実世界」ではないのです。此処は、私たち「NO IMAGE INC.」が創った「虚構世界」なのです。

僕は、「ポールがビートルズを解散させた」と1970年4月当時に世間に云われた初のソロ・アルバム「マッカートニー」をレコードで聴きながら、此の文章を書いています。やっぱり、アナログ盤は好い。大して立派なオーディオ・システムじゃないけれど、全然、違う。だって、僕は此の作品をレコードで聴いたんだもの。CDとかMP3なんて、無かったんだ。僕が愛している音楽は、子供の頃から、全部、レコードで擦り切れるまで聴いたんです。「マッカートニー」で、ポールは、たった、ひとりぼっちで「ザ・ビートルズ」を演じて居る。特に聴いて切なくなっちゃうのは、半数近くあるインスト曲です。ジャム・セッションみたいな即興演奏としか思えないそれらの曲を、ポールはひとりぼっちで宅録で音を重ねたのだよ。何と云う虚しい「孤独」!本当は、ジョンと、そしてジョージとリンゴと4人で楽しく演奏したかったはずなのに、最も其れを望んでいたのに、自分ひとりで「ザ・ビートルズ」を背負うと決意せざるえなかったポールの魂の叫びが聴こえて、涙が出てしまうんです。

此処に迷い込んでどう思われても結構ですけど、「当ブログの情報を利用したことによって起きた損害については一切の責任を負いませんので予めご了承願います。」と明記してありますよね。プロレスを観て「八百長だ!」なんて云うのは「愚の骨頂」です。勝ち負けなんて、幼稚園児でも大昔から全部ほとんどを当てられます。例えば、ハンセンと一般的には無名の中堅日本人選手が対戦したら、どう考えたってハンセンが勝つ。「勝負は見えている」のに、観客はお金を払ってまで観るのです。「底が丸見えの底なし沼」だからこそ、面白い。此処も「プロレス」とおんなじです。そもそも、片瀬那奈ちゃんだって「虚構」なのですよ。彼女は「女優」として様々な役柄を演じる前に、「片瀬那奈」と云う名の「虚構」を「お仕事」として演じているのです。あたくしだって「虚構」です。「虚構」が「虚構」を愛しているだけの「虚構世界」です。こんな単純な事は、わざわざ説明するまでもないのですけどね。御理解いただけるのでしたなら、今後とも何卒宜しくお願い致します。


「MW-777」 (小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)







空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 13:17| LOOK UP THE # | 更新情報をチェックする

「未亜たん、やったっ、やったぁーっ!!」

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付)



イコ:未亜たんの「片瀬さんのChoice篇」捕獲は、気が付けば早ひと月以上も経ち、「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×6、「桐島さんのChoice篇」×3、と、前人未踏の奇跡的な「32連敗!」を続けておりました・・・。其の間に、捕獲出来た「32回」以外にどれだけ多くの「捕獲すら出来ずに、しょんぼり・・・」が繰り返されたのでありましょうかしらん。あたくしは、其の未亜たんの飽くなき「かたちんゾッコン☆LOVE」に、素直にシャッポを脱いでですね、「正直、すまんかった!破門は取り消しにしてあげるわよん!」と云ってあげたいっ。分った。もう何にも云うな。お前さんは・・・立派な「片瀬那奈ちゃんファン」だよ・・・。うん、うん、泣きたいなら泣け!うん、よくやった。でかした!スゴイぞ、未亜たん。

未亜:(号泣状態でコトノハが発せられない)

イコ:未亜たんは、燃え尽きる寸前まで、がんばった、がんばった、がんばった!分ったから、もう泣くなって。皆さん、とうとう、あたくしの相棒はやってくれました。なな、なんと、

「33回目」にして、「片瀬さんのChoice篇」捕獲成功だっ!!

ばんじゃーいっ、ばんざーい!千秋万歳!!


ありがとう!此れもすべて、あたくしが未亜たんの我が侭を許してあげた賜物でございます。バッチリと「Choice !」CM5ヴァージョンをコンプリです。おおっと、お久しぶりで御座います、XX様。どう致しました?はあ、そうですか、わざわざ御足労頂いて・・・いやいや、どーも、あらま、そおっすか?コレからアソコでアレでコレもんで、いやあ、悪いナァ。未亜っすか?もうまっ白に燃え尽きて寝ちゃってますんで、ま、あたくしが代わりにって事で、申し訳ありませんねえ。いえいえ、大丈夫ですよ。其れが社長であるあたくしの務めで御座いますので、ええ、ええ、お気を使って頂いて恐縮です・・・では、ぱあーっと、お供いたしますか!はい、そりゃ、もう、朝までどころかトコトンお付き合いさせて頂きますってばさ。知ってるざんしょ?もう、この、い・け・ず・・・・、じゃ、お車の用意をさせて頂いて、ええ、勿論、こちらで・・・えっ?全部アレですか。そりゃまた申し訳ないですナァ。では、本日は、あたくし小島藺子、あなたにすべて捧げましょう!てへぺろりんこ☆あっ。面白かったですか。こりゃ参ったナァ。XX様には敵いませんナァ。おっと、お車がやって来たようですので、お先にどうぞ。ええ、あたくしは戸締りをして、すぐに追いかけますので・・・。行ったか・・・。未亜たん、後は頼んだわよ。

未亜:御意。

イコ:ああっとっとっと、待って下さいって、もう、置き去りはないざんしょ?もう、いや分ってますって、高級なジョークでしょ?はいはい、分っておりますから、では末席に加えて頂いてですね・・・、あっ。XX様は、アレとかお好きでしたよね、確か・・・ええ、そりゃもう、いつもXX様の事を敬愛しておりますので、ええ、もう「命あずけます!」てなもんで、あははは・・・、其れでアレのコレがソレなんですけどね・・・えっ?持ってらっしゃらない?そうですか・・・ええっ。そんな、お金なんかいりませんって、お譲りしますって・・・いや、そりゃ申し訳ないですよ・・・いや、サプライズでお渡ししようかと持って来ているんですよ。わざわざ御足労頂いたお詫びとしてですね・・・はあ?そんな・・・分りました。では、お金なんぞは頂けませんので、どうでしょう?今宵あたくしを買ったと思われてですね、其の代金でコレをアレして、チャラってわけにはいきませんか?虫が良すぎる話でしょうけど・・・ありがとうございます。では、あたくしはコレで、はあ?いやいや、だからそんなもんは受け取れませんよ・・・そうですか、では有り難く頂戴いたしまして・・・えっ?そんな、XX様、「他言無用」だなんて、あたくしがそんな莫迦なことするわけないでしょう?念のためって、流石!違うナァ。では、またのお呼びをお待ち申し上げております。本日は、本当にXX様のお心遣いに、小島藺子、感謝感激で痛み入ります。では、お楽しみ下さいませ・・・あっ。ひとこと余計でしたね。いや、でもアノアレのコレはソレってね・・・だからお気をつけになられた方がとね・・・、ええ、好いですよ、そりゃ、他ならぬXX様がそうおっしゃるなら、では明日にでも、ええ、今後とも何卒宜しくお願い致します。では、お気をつけて、左様なら。


「其れから、どーした?」



イコ:未亜たん、ただいま。留守中に、何かあったかしらん?

未亜:あっ。姐御・・・。もう帰って来たのですか・・・。オタオタ、ワタワタ・・・。

イコ:てめえ、何やらかしとったんじゃいっ。誰よ?この若いめんこい娘っこ達は?お前さんいつの間にコンナにも「アイドル青田買い」をしてやがったとは・・・。

未亜:ちがいますってばさっ。やめて、とめ・・・ぐぎゃっ!!


(小島藺子/姫川未亜)



「Choice !」公式サイト

【公式】Choice!CM「新しいセンタク篇」
【公式】Choice!CM「片瀬さんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「hitomiさんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「桐島さんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「滝沢さんのChoice編」
(YouTube 9/20)


posted by 栗 at 15:05| CM | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

「美しい人たちよ!」

ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 [DVD]


片瀬那奈ちゃんが楽しく踊りながら洗濯を選択するCMには5ヴァージョンがあって、放送開始から一ヶ月余り、未亜たんは血眼になって「全ヴァージョン・コンプリくん」を目指しました。「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×6、「桐島さんのChoice篇」×3、と、面白い様に捕獲出来たものの、何故か肝心の「片瀬さんのChoice篇」にだけ巡り合えない!そんな苦難の日々を超えて、「33回目の捕獲でコンプリ!」片瀬那奈ちゃんが踊りナレーションをする捕獲した「片瀬さんのChoice篇」を繰り返し何度でも何度でも何度でもリピート再生し、号泣しながら拝む未亜たんの姿は、他人サマから見たら「単なるキチガイ」ですが、あたくしは・・・思わずもらい泣きしてしまいました。いや、此れが「那奈ヲタ」の「虎」と呼ばれる輩の「真也な姿」かと思うと・・・未亜たんには申しわけないけど「きもちわるい」とアスカ声でボソッと呟いてしまったので御座います。

兎に角、未亜たんの「地上波民放録画し捲くり」が終わってくれる事に安堵したわよ。10月27日だって、CSで21時から25時(10月28日の1時)まで「ワールドプロレスリング クラシックス」祭りが敢行されておるのです。いきなりだナァと、かつて「タモリ倶楽部」のスプラッター映像ベスト10でホラー映画に混じってランクインしてしまった「前田日明の蹴り(そして、其れを真正面から受け続ける藤波辰巳)」と云う伝説の「藤波X前田」に始まり、坂口が吉村道明とアジアタッグ王座を初奪取して、初めてベルトを巻いた世界の荒鷲がリング上で男泣き!とか、もう眩暈がする様な映像のオンパレード!嗚呼、片瀬那奈ちゃんの御蔭でCSを契約して、本当に好かった!那奈ちゃん、ありがとーっ!!でも、あたくしは23時から24時に、他のチャンネルを録画予約してしまいました。そんな素晴らしい昭和プロレスを捨ててまで録画したのは、MTVの「ポール・マッカートニー特集」です。

ポールのPVを流し続けるだけの番組ですけど、もう選曲が渋すぎでひっくり返っちゃったわよ。いきなりだナァと最初が「マムーニア」で、次が「バンド・オン・ザ・ラン」ですよっ。「恋することのもどかしさ」とか「故郷のこころ」とか「三本足」とか、一体、何を考えて選曲しとるんだ?いや、大昔のPVだけじゃなく、近年まで色々と出て来るのだけど、「カミング・アップ」で「ウォーターフォールズ」で「ワンダフル・クリスマスタイム」で「ダンス・トゥナイト」で「エヴァー・プレゼント・パスト」で、現在のツアー・バンドでのライヴが「アイム・ダウン」に「デイ・トリッパー」って・・・。物凄いPV集ですよ。流石はMTVだ。分ってらっしゃる。MTVでは、来日までに此れからもこうした「ポールのPV特集番組」は敢行されます。ポールは公式3枚組で「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005」と云う素晴らしいPV集をDVDで出して下さったけれど、2005年までしか入っていないし、抜けているPVもあるうえ、もう2013年なのよさ。

此の8年間だけでも、ポールはどれだけのPVを発表したかっ。「シューイチ」で最新PVの話題を取り上げていたけれど、ポールが呼べばどんな大物だって尻尾をフリフリしてやってくるのです。とても常人では考えられない様な短編映画みたいなPVを平気で作って、自分で「YouTube」に投稿してしまうのよさ。流石は「マジカル・ミステリー・ツアー」なんてトンデモな怪作を構想して創ってしまった男ですよ。ポールは、凄すぎる!やっぱり、このひとは、此の人こそが「ザ・ビートルズ」です。当然、今回のPV特集では「マイ・ヴァレンタイン」も「NEW」も流れたのだよ。あっ。と云う間の1時間!まだまだ足りない。1時間半の時もあるらしい。「かたちんバッティング」がなければ、全部まるっと録画だ!さてと、チャンネルが「ワールドプロレスリング クラシックス」祭りに「ゲット・バック」したぞ。おっと、「タイガーマスクX小林邦明」じゃまいか。楽しいナァ。片瀬那奈ちゃんの御蔭でCSを契約して、本当に楽しくって仕方ないナァ。

「那奈ちゃん、いつもたくさんありがとう!」なのだ。



(小島藺子/姫川未亜)




【「千秋万歳」まえがき INDEX】(2013年8月14日〜)

1.「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
2.「怪優・片瀬那奈・進化論」外伝「大久保千秋は、謎のひと」
3.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」への助走
4.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」の正式名称決定!
5.「千秋万歳」制作現場に潜入リポート!でも、未亜たんは「愛の誘惑」に堕ちたでゴンスの巻
6.「千秋万歳」主要キャスト発表会に潜入!しかし、未亜たんはイコちゃん&ルナちゃんに翻弄されたザンスの巻
7.「千秋万歳」を、いつまでも刮目して待っていてね。
8.「那奈ヲタ今昔物語」#01
9.「すべての片瀬那奈ちゃんファンよ、時は来た!」


10.「Hey Marlene」
11.「那奈ヲタ今昔物語」#02「10年越しで出逢えたシスターへ」
12.「千秋万歳」は、既に始まっているのか?
13.「筒井先生の心痛が、少しだけ理解できました。」
14.「MW-777」
15.「WHO ARE YOU ?」
16.「ダウンタウンにくりだそう!」
17.「ROCKよ、今夜もありがとう」
18.「Tears Dry on Their Own」が「千秋万歳」主題歌に決定!
19.「美しい人たちよ!」



「MW-777」(小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)



「那奈理名」でTV!INDEX
「カタセカイ列伝」INDEX(改訂版)
「怪優・片瀬那奈・進化論」INDEX
「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
「片瀬那奈ちゃん、平成仮面ライダー・キラー伝説」
「西豪寺エレナ様、最強伝説」【第二期女優時代の苦闘シリーズ INDEX】
「INDEX of INDEX」片瀬那奈ちゃん多趣味篇!
「THE BEATLES 全曲解説」INDEX




空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 00:02| CHIAKI | 更新情報をチェックする

「ROCK & ROLL」よ!!

Loaded (Fully Loaded Edition)


Lou Reed, Velvet Underground Leader and Rock Pioneer, Dead at 71(「rollingstone.com」10/27)


ルー・リードが逝ってしまったと「ローリング・ストーン」誌が書いている。きっと、本当なんだろう。ちょっと、コトノハが出ないです。すみません。涙も出ないし、呆然としちゃって、申し訳ありません。何を貼れば好いのかと思ったけど、思いついたのは此れです。あたくしたちは、これからも、ファインファイン・ミュージックで踊り続けるしかないです。

あたくしが、どれだけ、ルー・リードに、ヴェルヴェッツに、多大なる影響を受けているのかは、此処に迷い込んでしまわれた「ロックの人」ならお分かりでしょう。看板なんて、みんなアンディのマネッコだし、バンドやっても結局はみんなルーのマネッコです。ザ・ビートルズも片瀬那奈ちゃんも手塚先生もアントニオ猪木も大瀧師匠もユーサクも、みんなみんな、大先生だけど、僕に「ロックンロールとはコレだよん!」と教えて下さったのは、ルー・リードです。ボウイもボランもディランもストーンズも、いっぱいいっぱい聴いた。最初はハードロック・バンドだったし、プログレもソウルも洋楽は全部なんでも好きですよ。でも、間違いなく僕が「ロックンロールは素晴らしい!」って実感し確信出来たのは、ルー・リードの影響です。ポールでもジョンでもジョージでもキースでもミックでもレイでもブライアンでも、他の誰でもない。其れは、ルー・リードです。

ありがとう、ルー・リード先生。安らかに。心より、御冥福をお祈り致します。


かつて「BlueVelvet Backfingers & TACO」と名乗らせて頂いた
現・「MW-777」 (小島藺子/姫川未亜/鳴海月)







空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 03:34| FAB4 | 更新情報をチェックする

「未亜たんの片瀬那奈ちゃんCM補完計画はつづく」

Velvet Underground


遂に「33回目」で「片瀬さんのChoice篇」をゲット!して、「Choice !」CM5ヴァージョン完全捕獲に成功した未亜たんですが、まだまだ止める気がなかったのでした。本日も2回成功し、「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×6、「桐島さんのChoice篇」×4、そして「片瀬さんのChoice篇」X2、と星を積み重ねております。「32連敗」が転じて「35連勝」となってしまった未亜たんは、「こっからが本当の勝負ですよっ。片瀬那奈ちゃんヴァージョンが入れ食い状態になる、コノ時をボキは待っていたんだよーん!」、と「スーパーニュース」、「おじゃマップ」、「めちゃイケ」、「アッコにおまかせ!」、など地上波民放番組を録画予約し捲くっているではありませんか。「体感!スバル!」も延々とBSの「スバル・一社提供番組」を「毎週録画予約」し続けているわけでして、イヤハヤ南友、流石は「那奈ヲタ」界の「虎」ですナァ。ちなみに、なんとなく並べた番組は、未亜たんが「Choice !」を捕獲出来た経験に基づいたものです。

然し、よくもまあ「スーパーニュース」を毎日2時間10分も録画予約して、鬼の様に高速再生でたったの15秒か30秒を見つけ出し編集してしまう、其の作業は僅か2分・・・って、流石は「AD」崩れの未亜たんですナァ。「Choice !」は画面がまっ白なので、超高速再生でも見つけ易いらしいです。放送業界で10年も奴隷の如く働いた若かりし日の経験も、其の後の20年間をCGに骨身を削り会社に何度もカラダをぶっ壊されつつも頑張り、挙句にWebデザインの夜間学校へまで通った努力は、ちっとも無駄じゃなかったのね。ちゃんと実になっているじゃないのよさ。但し、未亜たんの場合は其れを活かしているのは全部「未亜さん、それ、仕事じゃなくて趣味じゃん!片瀬那奈ちゃんの追っかけの為じゃん!」とアンテツ&うっぴーに呆れられるのだけどさ。未亜たんは「経験と才能を無駄遣いして、たかが女優さんの追っかけに命を賭ける莫迦」としか云えませんナァ。うん、お前さんは其れでいいわよん。

ところで話はスッテンコロリンするのだけど「ワールドプロレスリング クラシックス」って本当に面白いですね。例えば伝説の「ハンセンXアンドレ」って、一度は両者リングアウトになって延長で無制限1本勝負になって「2度おいしい」のだけど、最後にアンドレがピーター(ミスター高橋)にジャイアント・ラリアットをぶちかまして反則負けになるのよさ。でも、そっからも見せ場でして、無法状態で荒れ狂うアンドレとハンセンを分けようと新日の若手が雪崩れ込んで来ます。ハンセンを、ジョージ高野が諌めても払いのけられ、荒川真にハンセンが殴りかかろうとすると荒川は逃げて、益々激昂したハンセンは、たまたまちょうどそばにいた若手に至近距離から完璧なウエスタン・ラリアットを完全なる不意打ちでぶちかまして憂さを晴らすのだよ。哀れ若手は後方に回転して逆サイドまで吹っ飛びます。一般人がやられたら即死するかもしれない「恐るべきガチンコの本家・ウエスタン・ラリアット」です!そして、そんな危険な技を打ち合わせもなく受けてしまってもピンピンしている其の犠牲者の若手とは・・・後の「前田日明」である「前田明」なのでした。そんな「大怪獣決戦」の興奮冷めやらぬ場で、ラッシャー木村の「こんばんは」が炸裂したのだ!「昭和の新日プロレス」とは、何もかもが、壮大でロマンチックなドラマだったんですよ。てか、フルタチは公共の電波でアンドレを「怪物!」呼ばわりで連呼って・・・何ゆえ「報道番組のメインキャスター」の振りをしているのか、理解に苦しむぞ。フルタチの狂気の真髄は「プロレス実況」にあります。


「THANX 4 那奈ヲタ三銃士(龍・翔・虎)」 (小島藺子)



「Choice !」公式サイト

【公式】Choice!CM「新しいセンタク篇」
【公式】Choice!CM「片瀬さんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「hitomiさんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「桐島さんのChoice篇」
【公式】Choice!CM「滝沢さんのChoice編」
(YouTube 9/20)


posted by 栗 at 19:58| CM | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

「カンバンワー!!」
(「コピコン」復刻シリーズ)2006年10月22日

Rock & Roll Animal


片瀬那奈ちゃんの掲載誌を物色しに、神保町へ行きました。例えば、ヤフヲクの「片瀬那奈 本・雑誌」を検索すると200点くらい出品されているのだけど・・・

「あたくしが持っているのしか、無い!」
(「片瀬那奈ちゃん名言集」2003年7月13日 渋谷HMV トークショーより。)
【注】解説すると、片瀬那奈ちゃんは「お好きなハウスやテクノ系のコーナーもHMVは充実していますので、是非ご覧になって下さい」と云われてですね・・・「さっき、見たけど、あたしの持っているのしかなかったよん」とサラリンコと応えたのです!当時、片瀬那奈ちゃん若干21歳!あたくしは最前列ど真ん中で拝聴し、背筋が凍る様な戦慄を覚えました。(小島藺子・談)

てなわけでして、もはや昔のTV情報誌なんかの「ちっちゃな記事」目当てみたいな「ミクロちゃん」な世界になってしまいました。ついでにCD店にも寄ると、スティーヴィーの紙ジャケが再発されてたりもしたのだけど、なんで5点に「心の詩」が入ってなくて「ホッター・ザン・ジュライ」なんぞが混じってんだ?「心の詩」から「シークレット・ライフ」までの6作にしてはくれないか?あたくしは「心の詩」から「ホッター・ザン・ジュライ」までは「デジパック仕様・デジタルリマスター」で持っているんだよ。頼むから「シークレット・ライフ」を紙ジャケ、デジタル・リマスターで出してよ。アレだけ、音がしょぼいんだよん。それで、中古で「The Stevie Wonder Songbook」と「Natural Wonder」を見つけたので買いました。両方とも税込み1050円。安い。特に「Natural Wonder」は結構見かけないブツで2枚組なのにな。まさかスリムケースだから1枚モンだと勘違いして値段付けたんじゃないだろうな。

コンピ盤の方はカヴァーや楽曲提供曲を集めたシリーズもんで、ゴフィン&キングやレノン・マッカートニーとか色々出してる Connoisseur Collection シリーズね。「Key of Stevie」とか「Conception」も持ってるけど、ダブってもこーゆーコンピはついつい買ってしまうね。インストなんかも入っていて、また〜り聴けてなかなか良かったです。で、ライヴ盤を久しぶりに聴いてるんだけど(当時TVで放映したのを何度も観ました)、1995年のオーケストラをバックにした豪華なツアーからイスラエルと大阪の音源を使ってるので、いきなり最初の「dancing to the rhythm」(コレは、このライヴ盤でしか聴けない曲のはず)のエンディングで、

「ドーモアリガットー!カンバンワー!カンバンワー!」

にはズッコケます。が。当時の例のデモ音源集みたいな新作と比べて「おんなじひとの作品なのか?」と絶句するほど、オーケストラと絡む生バンド演奏とスティーヴィーのうたが、すぎょすぎですなぁ。これぞライヴの醍醐味って思いませんか?もうね、弦楽と絡むスティーヴィーの喜々とした歌声に、ただただやられちゃいますたーぶらすたー。90年代のスティーヴィーだって、ちっとも駄目じゃなかったんだよ。なーんてな。「西豪寺エレナ様物語」の前座で「ソウルを軽くテキトーに」語ってしまって、正直すまんかった。


(2006年10月22日)



いや、またまた大昔の記事を復刻しちゃって、「嗚呼、遂にイコちゃん&未亜たんは、大瀧師匠の如く隠居されてリマスターに専念となったか・・・。」と御心配されておられる「コピコン」同志諸君よ、そんなわけねーだろーっ。CSで、またしても「スティーヴィーのライヴ」から「サー・ポール特集」をやっているのよさ。「ルー・リードが死んじゃった」のよさ。マジで「時は来た!」ってえのに、隠居なんかしてらんないわよ。70過ぎた「サー・ポール」が「NEW」なんてぬかしていやがるんだぜ。何もかんも、ポールは背負っている。「お前さんの重荷は、自分で背負え!」と、ずっと大昔に云ったのに、結局はポールは世界中を背負って生きている。だから、引越ししてなかった「お蔵入り」の「500記事」を再生させているだけだよん。だって、もう此処は「コピコン」に回帰しちゃったんだもん。

「FUNKY」って、親友への「私信」だからさ、ほとんどこっちには移してなかったのですよ。勿体無いナァって思ったら、相手が「アレが面白かったんだから」って云ってくれたから、そんじゃ復刻するべって話です。僕は「コピコン」に書いた全ても「片瀬那奈ちゃんに関する記事」だと、自信を持って云えます。大切な「ともだち」へ向けて書いた「私信」だって、彼女が「那奈ちゃんは、未亜ちゃんの全てだもん!」って理解してくれたから書いた。そして、其れは全く間違っていなかったよ。ありがとう。これからも、お互いに頑張って生き延びようぜ。あたくしなんかより、キミの方がよっぽど此の世界には必要なのよさ。

ちなみに、今宵のMTVの「ポール・マッカートニー特集」は1時間番組だったけど、ポールだけに編集したら「20分」になっちゃったよん。残りの「40分」は、いったい何をやらかしていたのかしらん。別にお前さんたちに御託を並べられなくたって、こんな有料の深夜放送を観ているのは「ポール命!」に決まっておるでしょーが。サッパリ分っていないのよさ。御託はいらないから、ずっとずっと、ポールのPVとかライヴだけ流してくんねえかな?編集すんのが、面倒なのよさ。頼むよ、MTVちゃん。こっちとら、お金をお支払いして視聴しておるのよさ。スポンサー様とも云える「お客様」なのですよ。分っておるのかね?


初出「COPY CONTROL」2006-10-22 に加筆

「THANX 4 MY BEST FRIEND MAYAYA」 (小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:16| FUNKY | 更新情報をチェックする

「あっちなっち 2013」

Lulu


MTVの「ポール特集」が終わって、3分の2はクズだったのでポールだけに編集して観て、スティーヴィーの神ライヴを観直していたら、般若参号さんが何かを録画しようとジタバタしているので、スティーヴィーがノリノリで「ハイヤー・グラウンド」を歌っているのを中断して見ると、「アリシア・キーズのPVを延々と流し続けるだけ」と云うトンデモな番組を、いつの間にかあたくしは録画予約しておったのよさ。般若参号さんはデキル子なので、別に録画中でも他の番組を編集したりBDを観たりも可能なのだけどね。1時間、デビューからのアリシアのPVを、これでもか、これでもかっ!と流すだけの番組です。MTVは何故か途中でCMが何度か入るけど、CMをカットしても「50分間、アリシア・キーズのPV祭り!」なのだ。

僕は、2004年に親友とふたりでアリシアの来日公演に行きました。ライヴは素晴らしかったけれど、ふたりで「詐欺じゃん!」と笑ってしまった部分があったのです。其れはですね、ジャケットとかPVで見ていたアリシアと、リアルのアリシアのビジュアルが「全然、ちがうんだよ!」って事なのよさ。今、MTVで流れているアリシアはスタイル抜群で美人で完璧です。何せ、あたくしは此処をアリシアのアルバム・タイトルからパクリンコしたくらい大好きでした。其れは、片瀬那奈ちゃんもマブダチの星村麻衣ちゃんとふたりでアリシアの来日公演に行って踊り狂ったと知ったからでもあったのよさ。

でも、PVでのアリシアと生で観たアリシアは外見が違っていたのも事実です。歌声は間違いなくアリシアなのに、PVみたいにモデルさんみたいな体型じゃなくって顔だってアレ程にはキレイじゃなかった。勿論、僕たちがアリシア・キーズに求めていたのは「彼女の音楽」なのだから、「アレレ?ジャケットと違うぞ。失敗したっ。フォトショップ職人の仕業かよっ」と真夜中にAVをレンタルして怒り狂う孤独な青年みたいな気持ちにはなりません。だって、あたしゃ正しくそーゆー職人さんで食べてもいるわけですからね。テレビや雑誌では、本当の姿なんて分りっこないのよさ。あたくしは、25年もCG職人をやっているのですから「仕事で、やったことのない女優さん」なんておりません。

こーゆー話をうっかり居酒屋とかでしていると、「あいつは何者だ?」って思われちゃって困っちゃうんだけどさ。守秘義務がございますので、具体的には云えませんけど、これくらいならセーフでしょう。あたくしは、御本尊様に実際に対面する以前からお仕事でも関わっておりました。結構ナンギな作業なのですが、御本尊様は直すべき処が全くなかった。「アレレ?よっぽど腕の好いカメラマンやヘアメイクさんやスタイリストさんが付いているのかしらん。コレじゃ、こっちの仕事がないじゃん!」と、折角「大好きなアイドル」の仕事が来たのにガッカリしちゃったのよさ。

だからこそ、2003年6月22日に、生まれて初めてホンモノ御本尊様にお逢い出来た時には、最前列で至近距離に、いきなりだナァと、何の前振りすらなく降臨されて「Shine」を歌って歌詞を間違えた御本尊様には、本当に「後光が射していた」のでございます。テレビや雑誌なんかよりも、比べ物にならない程に美しかった。しかも、緊張しちゃって歌詞を間違えちゃった。何故こんなにも逢いたかったのかが、全て分ったし、もう湧き上がる感動に涙が出てしまいましたよ。「ホンモノだ!」って、僕は確信しました。写真は「真」なんか「写さない」のです。だって、あたくしは四半世紀も「嘘」を作って生計を立てて来たのよさ。誰かを好きになったなら、ホンモノに逢わなきゃダメですよ。自分で、ホンモノかどうかを確かめなきゃ、何にも分らないんだよ。ところで、「if i ain't got you」って、やっぱ好い曲だよね。


「THANX 4 MAYAYA & EVERY***」 (小島藺子/姫川未亜)



【「千秋万歳」まえがき INDEX】(2013年8月14日〜)

1.「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
2.「怪優・片瀬那奈・進化論」外伝「大久保千秋は、謎のひと」
3.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」への助走
4.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」の正式名称決定!
5.「千秋万歳」制作現場に潜入リポート!でも、未亜たんは「愛の誘惑」に堕ちたでゴンスの巻
6.「千秋万歳」主要キャスト発表会に潜入!しかし、未亜たんはイコちゃん&ルナちゃんに翻弄されたザンスの巻
7.「千秋万歳」を、いつまでも刮目して待っていてね。
8.「那奈ヲタ今昔物語」#01
9.「すべての片瀬那奈ちゃんファンよ、時は来た!」


10.「Hey Marlene」
11.「那奈ヲタ今昔物語」#02「10年越しで出逢えたシスターへ」
12.「千秋万歳」は、既に始まっているのか?
13.「筒井先生の心痛が、少しだけ理解できました。」
14.「MW-777」
15.「WHO ARE YOU ?」
16.「ダウンタウンにくりだそう!」
17.「ROCKよ、今夜もありがとう」
18.「Tears Dry on Their Own」が「千秋万歳」主題歌に決定!
19.「美しい人たちよ!」
20.「あっちなっち 2013」



「MW-777」(小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)



「那奈理名」でTV!INDEX
「カタセカイ列伝」INDEX(改訂版)
「怪優・片瀬那奈・進化論」INDEX
「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
「片瀬那奈ちゃん、平成仮面ライダー・キラー伝説」
「西豪寺エレナ様、最強伝説」【第二期女優時代の苦闘シリーズ INDEX】
「INDEX of INDEX」片瀬那奈ちゃん多趣味篇!







空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 02:53| CHIAKI | 更新情報をチェックする

「歌がなければ」
(「コピコン」復刻シリーズ)2005年11月26日

Berlin


休日取ってたのに出勤になっちゃって、やっと「MF21」を観てますよ。あのね、スティーヴィーなんだよ。ピンで30分しかないだろーっ!!日本を代表するシンガーでもなんでもえーけどさ、イラネ。此れはもう、ASKA が嫌だとかゆー話じゃないのさ。此れが他の誰で在っても、イカンと思うぞ。其れは、スティーヴィーに対して失礼だって話じゃないんです。共演者が「不憫」なのです。「ガラスの仮面」で、北島マヤは「舞台荒らし」と呼ばれたけれど、スティーヴィーってのは、正に其れですから。例えば、あのジョン・レノンのライヴで前座がスティーヴィーって時があったのです。1972年8月30日に、マジソン・スクエア・ガーデンで昼夜二回だけ行われた、伝説のライヴ「ワン・トゥ・ワン・コンサート」が其れです。当時、確かにジョンの調子は様々な問題が重なっていて悪かったのだけど、エンディングで「平和を我らに」を大合唱した時に、スティーヴィーも再びステージに登場したわけですよ。ジョンは先駆者だったので、既にレゲエにアレンジして其の曲をやっていました。しかし、其れに絡むスティーヴィーの圧倒的なヴォーカル・パフォーマンス!!凄過ぎた・・・完全にジョンが負けています。

結局、ソロになったジョンにとって、フル・ライヴと云えるのは此れだけで、当然、記録マニアのジョンは正式に録音し、ライヴ盤のリリース予定もあったのです。でも、ジョンはそれをお蔵入りにしてしまい、二度とまともなコンサートを行わなかったのだよ。つまりだ、スティーヴィーに負けたからなんだぞ。死後、発売されたものの、スティーヴィーのヴォーカルが大暴走するテイクはオミットされました。其の一部が聴けるのは、公式盤では「生前にジョン自身が出したベスト盤」だけです。ジョンは敢えて自身の唯一のベスト盤の最後を「スティーヴィーのヴォーカル」で締めたのです。エライ!!如何にジョンと彼の遺産相続人の、こと音楽に関する志が違うのかが伺えます。で、たっぷり30分もあって此れかよ?フジテレビさん、一寸ひどくないっすかぁ?スティーヴィーだけ出してりゃええのにな。司会がふたりもイラネ。今回の来日で出演した番組で、大トリで編集する時間もたっぷりあったのに、最低の出来です。「もう此の局は、音楽番組を制作するのはヤメた方がええ」とすら思いました。


(2005年11月26日)



またまた大昔の記事を引っ張り出して、ラクしちゃって、どーもすいません。あたくしも、寄る年波には勝てず「満身創痍」なのですよ。片瀬那奈ちゃんは、御存知の通り、時代劇「鼠、江戸を疾る」の撮影に臨まれております。其の片瀬那奈ちゃんの真摯な渾身の演技は、ファンならば「2014年1月9日」まで待たなければなりません。毎週、日曜日の朝には生放送の「シューイチ」で逢えるし、「体感!スバル!」や「Choice !」のCMもガンガンと流れています。旧作のDVDやBDも出るし、CSでは旧作が毎日の様にリピートされています。片瀬那奈ちゃんは、常人では想像すら出来ない程の激務を「みんなのため」に寝る間も惜しんで「一年、365日!閏年なら、366日!頑張ります!!」と働き捲くっておられるのです。テレビや雑誌に出て来られるのは、ほんの僅かに過ぎません。確かに、那奈ちゃんも「みんながこんなに期待しているんだから、もっともっと、がんばろう!」と思うかもしれない。でも、あたくしは「もう、此れ以上がんばらなくとも好いです!那奈ちゃん、たまにはノンビリと海外にでも行かれて休まれては如何でしょうかしらん?」と、心配で仕方ありません。

そんな多忙過ぎる日々をおくびにも出さず、「みんなが待っているから」とブログを楽しく愉快に更新された片瀬那奈ちゃんですけど、明らかに目の下にクマが出来ているじゃまいかっ。疲れ果てているのに、優しい笑顔を作る御本尊様の御尊顔は、限りなく尊く美しい!でも、もういいじゃないか、那奈ちゃん。何故、貴方様は其処まで他人に尽くせるのですか?逢った事もない、何処の誰かも分らない、不特定多数の「みんな」を愛せるのですか?僕は、ずっと不思議だった。初めて夢で逢った時も、初めて「東スポ」で写真を見た時も、そして、初めて実際に逢った時も、其れからも、ずっとずっと、何故だ?どうして、このひとはこんなにも全てを受け入れ許し救おうと身を粉にして尽くすのか?サッパリ、理解出来なかったよ。でも、もう今度こそ本当に、ほんの少しだけ分った。何故、こんなにも那奈ちゃんに惹かれてしまって、♪アレから、15年♪も追いかけているのかが、ようやく分りました。

僕は、とても那奈ちゃんみたいな崇高な存在にはなれない。僕は、只、ひたすらに「片瀬那奈」と名乗る、僕にとって「銀河系で最強の永遠のアイドル」を、真剣にクソ真面目に、観て、聴いて、逢って、感じて、学び、成長して生きていくしかないのです。貴方は、太陽で明星です。こんな世迷言みたいな事は、分るひとだけに伝われば好いです。僕は、自分の心の底から素直で正直な気持ちを伝えようとしているだけです。そして、分ってくれる「ともだち」は、確かにいる。さてと、そろそろ寝ようかしらん。えっ。もう火曜日の昼すぎなの?こりゃ、まいったナァ。そっか、土曜日から寝てなかったんだっけ・・・。昨日も今日も「外仕事」があったからナァ。すっかり「寝るのを忘れていた」わよ。それでも、元気溌溂!だから、ま、いっか。おっと、ボヤボヤしていると夕方になって未亜たんが「スーパーニュース」を血眼になって編集する時間のタイムになっちゃうわね。そん時までに起きないと、また「DD」根性ズッコケ丸出しで「若いめんこい娘っこ」に現を抜かしかねないナァ。ホント、困ったちゃんだよナァ。じゃあ、また見てね、チャオ!


ちなみに、未亜たんは本日は空振りでした。だから、あたくしは「スーパーニュース」は「月・水・金」だけで好いじゃんって云っておるのに、分からん「くりぼう」だナァ。好いわよ、あしたの「おじゃマップ」くらいは録画予約したって構わないから、未亜たんは、さっさと寝なさいね。そんでもって、こんなトコでなんですけど、「クロアリちゃん、お誕生日おめでとう!」なのだ。


初出「COPY CONTROL」2005-11-26 に加筆

「THANX 4 MY LOVE & EVERY***」 (小島藺子/姫川未亜)






空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 14:29| FUNKY | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

「テキトーに聴くビートルズ」シリーズ INDEX

Metal Machine Music


【「テキトーに聴くビートルズ」シリーズ INDEX】

1.「CDラジカセで聴くビートルズ」
2.「続・CDラジカセで聴くビートルズ」
3.「続々・CDラジカセで聴くビートルズ」
4.「続々続・CDラジカセで聴くビートルズ」
5.「続々続々・CDラジカセで聴くビートルズ」

6.「新・CDラジオで聴くビートルズ」
7.「新・CDラジオで聴くビートルズ」第二回
8.「新・CDラジオで聴くビートルズ」第三回
9.「新・CDラジオで聴くビートルズ」第四回
10.「新・CDラジオで聴くビートルズ」第五回
11.「新・CDラジオで聴くビートルズ」第六回
12.「新・CDラジオで聴くビートルズ」第那奈回

13.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第13回
14.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第14回
15.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第15回
16.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第16回
17.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第17回
18.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第18回
19.「サー・ポールがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」
20.「もっと!CDラジオで聴くビートルズ」第20回

21.「テキトーに聴くビートルズ」第21回
22.「テキトーに聴くビートルズ」第22回
番外.「冨士夫ちゃん、キヨシちゃんと谷間のうたを歌ってくれ!」
23.「テキトーに聴くビートルズ」第23回
24.「テキトーに聴くビートルズ」第24回
25.「テキトーに聴くビートルズ」第25回
26.「テキトーに聴くビートルズ」第26回
27.「テキトーに聴くビートルズ」第27回
28.「テキトーに聴くビートルズ」第28回
29.「テキトーに聴くビートルズ」第29回
30.「テキトーに聴くビートルズ」第30回

31.「テキトーに聴くビートルズ」第31回
32.「テキトーに聴くビートルズ」第32回
33.「テキトーに聴くビートルズ」第33回
34.「美しい人たちよ!」
35.「ROCK & ROLL」よ!!



長らくごく一部だけで好評だった「テキトーに聴くビートルズ」シリーズですが、35回目となる「ルー・リード先生への追悼文」で最終回とさせて頂きます。と申しますのは、例によって「新連載」の構想が固まってしまったからでございます。いつもの、あたくし、小島藺子の気まぐれと、どうか笑って見逃してくれよ!と春子ママ声で叫びたい。

さて、来るべき「FAB4」の新連載でございますが、

「ポールの道(仮題)」


となります。えっと、「AFTER THE BEATLES」って連載中断中のアレもあるのですけど、其れは其れとしてですね、徹底的に「ポール・マッカートニーを中心とした世界」を年代順にアルバム単位や重要な楽曲単位で事細かに語り尽くしてみたくなりました。余りにも膨大な作品群に、とても来日公演までに最新作である「NEW」まで辿り着けるとは思ってはおりません。「滅相も御座いません!(ゆっち声で)」ですよん。でもですね、あたくしが「片瀬那奈ちゃんの次に愛して止まない、銀河系で2番目に敬愛するポール」を、じっくりと語りたいのですよ。お好きな片だけ、期待して下さいね。


(小島藺子)



【関連記事 INDEX】
 
「THE BEATLES 全曲解説」INDEX
「AFTER THE BEATLES」INDEX
「THE BEATLES 補完計画 1976-1993」INDEX
「DECCA AUDITION」INDEX









(小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



(NO IMAGE INC.)



posted by 栗 at 01:15| FAB4 | 更新情報をチェックする

「2013年10月のTVで那奈ちゃん☆」

Ecstasy


10/1(火) 「熟年離婚(再) 3&4」 テレ朝チャンネル1 21:00〜23:00
10/3(木) 「熟年離婚(再) 1」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/4(金) 「熟年離婚(再) 2」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/6(日) 「シューイチ 125」 日本テレビ 7:30〜9:55
10/6(日) 「日テレ系人気番組No.1決定戦」 日本テレビ 19:00〜22:54

(10/7(月) 「第20回記念ドラマNG 大放出SP」 フジテレビ 21:00〜22:58)
 ↑ 研音公式告知があったものの、片瀬那奈ちゃんの出演は確認出来ず!

10/7(月) 「GTO ドラマスペシャル(再)」 フジテレビTWO 23:00〜0:40
10/8(火) 「熟年離婚(再) 5&6」 テレ朝チャンネル1 21:00〜23:00
10/10(木) 「熟年離婚(再) 3」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/11(金) 「熟年離婚(再) 4」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/13(日) 「シューイチ 126」 日本テレビ 7:30〜9:55
10/15(火) 「熟年離婚(再) 7&8」 テレ朝チャンネル1 21:00〜23:00
10/17(木) 「熟年離婚(再) 5」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/18(金) 「熟年離婚(再) 6」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/20(日) 「シューイチ 127」 日本テレビ 7:30〜9:55
10/20(日) 「ブラッディ・マンデイ(全)(再)」 TBSチャンネル1 11:00〜22:10
10/22(火) 「熟年離婚(再) 9(終)」 テレ朝チャンネル1 21:00〜22:00
10/24(木) 「熟年離婚(再) 7」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/25(金) 「熟年離婚(再) 8」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50
10/26(土) 「ラストクリスマス(全)(再)」 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム 0:10〜9:40
10/27(日) 「ブラッディ・マンデイ 2(全)(再)」 TBSチャンネル1 3:00〜12:20
10/27(日) 「シューイチ 128」 日本テレビ 7:30〜9:55
10/30(水) 「熟年離婚(再) 1&2」 テレ朝チャンネル1 22:00〜0:00
10/31(木) 「熟年離婚(再) 9(終)」 テレ朝チャンネル1 10:40〜11:50


2013年10月の片瀬那奈ちゃんは、上記の記録を見ると毎日の様にテレビに出ておられたみたいですけど、新撮映像は生放送の「シューイチ」だけです。他は、CSでの旧作再放送ばかりではありませんかっ。いえ、CMの「体感!スバル!」と「Choice !」がヘビーローテーション中ですから、実際に片瀬那奈ちゃんは毎日テレビに出ています。更に云えば、2014年1月9日から全9回で放送されるNHK木曜時代劇「鼠、江戸を疾る」の撮影に臨まれてもおります。映画は勿論、ドラマも、生放送ではありません。かつて「電気紙芝居」と揶揄された時代とは違って、時間を掛けて丁寧に制作されているのです。特に、来るべき「鼠、江戸を疾る」はNHK総合で放送されますし、主演は大物「タッキー」です。タッキーと同い年である片瀬那奈ちゃんは、2006年の「信長の棺」以来となる二度目の時代劇で連続ドラマとしては初めてです。日本全国津々浦々まで誰もが観れる老若男女が楽しめる娯楽時代劇で、絶対に失敗は許されない!どれ程のプレッシャーと闘いながら、那奈ちゃんが「みんなのため」にと挑んでおられるのかっ。あたくしは、本当に「もういいじゃないか!かたちん!」と叫びたい気持ちでいっぱいです。本当に、いつもありがとう、那奈ちゃん。素晴らしい演技を大いに期待しています。

そんな苦闘をする「かたちん」をフォローするのが「親友でライバル」の内山理名ちゃんです。10月には、なな、なんと3本のレギュラー番組で大活躍!「100分 de 名著」おくのほそ道 では実際に芭蕉が辿った道を自ら旅し、女優としての新作2本同時多発!となった「雲霧仁左衛門」と「ハニー・トラップ」では、まるで片瀬那奈ちゃんに見せ付けるかの如き「妖艶な演技」を時代劇と現代サスペンス劇で披露されています。「一心二体」で「生き別れた双子の姉妹」で「まるで恋人同士である」とも云われる「那奈理名」ですが、内山理名ちゃんの無言の叱咤激励とも思われる快進撃に、片瀬那奈ちゃんは大いに励まされ燃えているでしょう。個人的には、矢張り怒涛の「熟年離婚」再放送が印象的です。いえ、まだまだ続くのだけど、元々「トンデモな怪作」と評価していたものの、8年もの封印を解かれて再見すると「正に、世紀の大怪作!」と絶賛するしかない物凄い作品です。そして、当時の片瀬那奈ちゃんの鬼気迫る女優回帰に賭けた魂の叫びが聞こえて、何度も繰り返し観てしまいます。未亜たんの「Choice !」捕獲に賭ける執念にもシャッポを脱ぎましたわよ。あたくしも、がんばらなくっちゃ!


(小島藺子)



「2013年1月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年2月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年3月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年4月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年5月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年6月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年7月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年8月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年9月のTVで那奈ちゃん☆」
「TVで片瀬那奈ちゃん☆」INDEX 完全版 (1998年〜2012年)






(小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



posted by 栗 at 06:27| TV | 更新情報をチェックする

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#51(2013-part5)

Live in Italy (1983)


2013年9月1日:「シューイチ」120(日本テレビ)
2013年9月8日:「シューイチ」121 “2020年五輪”開催都市決定SP(日本テレビ)
2013年9月12日:「VS嵐」(4回目)(フジテレビ)
2013年9月15日:「シューイチ」122(日本テレビ)
2013年9月22日:「シューイチ」123(日本テレビ)
2013年9月29日:「シューイチ」124(日本テレビ)

2013年9月は、連続ドラマ「ショムニ 2013」が終了しました。ドラマは最低な出来栄えでしたが、片瀬那奈ちゃんが怪演された「壇上みき」だけは途轍もなく面白かった!「VS嵐」には二ヶ月連続で登場し「宣伝隊長」ぶりも発揮!新CM「Choice !」も始まり、「シューイチ」の「頼れるおねえさん」としても絶好調!でした。然し、何と云っても素晴らしかったのは「ゲキXソニック」でのライヴ・パフォーマンスです。ロック・オペラ「サイケデリック・ペイン」から派生したイベントですが、片瀬那奈ちゃんは観衆の前で「歌手」として9年ぶりに歌い踊ったのです。無論、其の間にも那奈ちゃんが観衆の前で歌ったり踊った事はありました。されど、其れはあくまでも「女優・片瀬那奈」としてでした。純粋にライヴだけで降臨されたのは、本当に「歌手時代」以来で、アノ熱い時代を知る者にとっては奇跡としか云えない夢のような二夜でした。「2013年9月14日と15日」に行われたので、片瀬那奈ちゃんはあいだに「シューイチ」の生放送司会もやられたのですよっ。更に驚愕したのは、翌週の「2013年9月22日」には東京汐留で「シューイチ」の生放送司会を終えた後に、大阪へ向い「トークショー」を行ってしまわれた!正に「鉄人・那奈ちゃん」としか云えません。


2013年10月6日:「シューイチ」125(日本テレビ)
2013年10月6日:「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦」(日本テレビ)
2013年10月7日:「草g剛のがんばった大賞 第20回記念ドラマNG 大放出スペシャル」で、壇上さん!出てないぞ。(フジテレビ)←「告知のみで出演なし!」
2013年10月13日:「シューイチ」126(日本テレビ)
2013年10月20日:「シューイチ」127(日本テレビ)
2013年10月27日:「シューイチ」128(日本テレビ)

10月になりますと、片瀬那奈ちゃんのレギュラー番組は生放送で司会を務める「シューイチ」だけとなりました。でも、もう既に2014年1月から放送されるNHK木曜時代劇「鼠、江戸を疾る」の撮影に入られたとの情報も入っております。9月に公表された段階から、既に顔合わせや本読みなどは始まっていた模様です。当然ですが、撮影は東京都内ではありません。かと云って、時代劇で御馴染みの京都でもないらしいです。となれば、もう関東のアノ場所しかないじゃん!なんですけどね。ま、あたくしは完成された作品を待ちたいと思います。「35歳の高校生」の時も「ショムニ 2013」の時も、片瀬那奈ちゃんは「シューイチ」の生放送後に撮影に参加されていたのですよ。ずっとずっと、那奈ちゃんはそうやって「一年中、頑張ります!」と「みんなのため」に死に物狂いで働いておられるのだよ。ブログなんて好きな時に書いて頂けるだけで、幸せじゃまいか。此れ以上、那奈ちゃんを追い詰めて楽しいのかい?女子マネちゃんも新マネちゃんも真剣で必死なのよさ。無料サービスのブログにまで文句を云われたら、やってらんないだろーがっ。那奈ちゃんが好きなら、那奈ちゃんに助けてもらっているなら、那奈ちゃんがいなきゃダメなら、自分を磨こうよ。みんなは、那奈ちゃんみたいに強くなりたいんでしょ?「草g剛のがんばった大賞 第20回記念ドラマNG 大放出スペシャル」に告知があったのに出ておられなかった問題に関しては「かたちんは、滅多にNGを出さない!」と説明すれば好いのかしらん。実際、生で舞台を42回も観た者として云わせて頂きますけど、片瀬那奈ちゃんは本当に科白を間違えたりする事がありません。だからこそ、歌手時代に歌詞を間違えたりした姿に、堪らなく愛おしくなってしまったのよさ。


【関連 INDEX】

「ショムニ 2013」INDEX
「熟年離婚」INDEX
「サイケデリック・ペイン」INDEX(完全版)
「片瀬那奈がきこえる INDEX」

「2013年9月のTVで那奈ちゃん☆」
「2013年10月のTVで那奈ちゃん☆」

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」INDEX


(小島藺子)







(小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



posted by 栗 at 07:14| SMiLE | 更新情報をチェックする

「熟年離婚」ACT 1&ACT 2 再々再々放送!

Songs for Drella [12 inch Analog]


テレ朝チャンネル1 22:00〜0:00

ACT 1 「夫婦の危機、それは定年から始まった…」
ACT 2 「妻の復讐家庭内別居の始まり」

片瀬那奈 as 豊原みどり


皆様の熱いご要望にお応えして、CS「テレ朝チャンネル1」が社運を賭けて敢行中の、片瀬那奈ちゃんが2005年に「豊原みどり」を熱演された「熟年離婚」の「今年だけで4度目!」となる「再々再々放送」が、今宵から毎週水曜日の22時から24時までとプライムタイムに2話連続で始まります!いやあ、未だ再々再放送の最終回が放送前なのに、何かに急き立てられたかの様な過激なリピートです。其れ程までに「8年間の封印」が解かれたのが嬉しかったのでありましょうかしらん。データでお分かりの通り、8年の封印が解かれて再放送が開始されたのは「2013年9月2日」なのです。たったの2ヶ月足らず前の出来事だったのよさ。其れなのに、もう4度目!明日(10/31)で再々再放送は終わりますので、たったの2ヶ月足らずで3度も全話再放送しやがったのだ。しかも、もう4度目!更に、5度目も既に決定!「何じゃ、こりゃ!」とユーサクもひっくり返って煙草をふかしちゃうぞ。

いえ、其れ程に、其れ程までに、ドラマ「熟年離婚」とは「世紀の大怪作!」なのです。もしも、此の摩訶不思議な奇妙奇天烈奇奇怪怪なる「豊原幸太郎の妄想世界劇場」をご覧になられておられないなら、是非とも必見!です。未亜たんみたいに片瀬那奈ちゃん演じる「豊原みどり物語」として観るも好し!あたくしの如く「お母さん・洋子」や「姉・律子姐さん」や「マスオさん・善三」や「洋子を高校時代から想い続け五十路過ぎの有名社長となっても独身を貫いて来た・ウルトラマン80」など、様々な登場人物を中心に毎回視点を変えて観るのも好し!こんなに面白い何度も観賞に耐えうる「怪作ドラマ」は、なかなかありません。何万光年回リピートされようが、あたくし、小島藺子は地獄の底までお付き合いさせて頂きます。今宵の第1話と第2話だけでも恐るべき急展開を魅せますが、全9話が息もつかせぬ地獄絵巻!全ての回が「怪」でございます。こんなトンデモな複雑怪奇な作品は、いっかいサラリンコと見ただけでは理解不能で、馬場亜矢子なら「意味不明!」と一刀両断するでしょう。

奇しくも馬場ちゃんが主役だった2013年のドラマ「35歳の高校生」で、片瀬那奈ちゃんは渡哲也さんと再共演されました。「カイザー(渡さん)」の「スパイ」だと判明した「長峰あかり先生(那奈ちゃん)」が、倒れた「カイザー」を介護する姿に、「豊原幸太郎とみどりの其の後」を重ねてしまったのは、あたくしだけでありましょうかしらん。以前も言及しましたが、主役の馬場ちゃんを演じられた米倉姐さんとも片瀬那奈ちゃんは2002年の歌手転向前に最後のドラマとなった「プリティガール」で共演されており、11年ぶりの再共演でした。然し乍ら、オスカーの方々とは其の間も、ずっと「かたちん」は絡んでいたのです。しかも「期待の新星」と共演して来ました。来るべき「鼠、江戸を疾る」然りです。其れは「親友でライバル」である内山理名ちゃんの所属事務所「甘力」にも云えます。ミクロちゃんやブログさんを始め、期待のかかった若手は必ず片瀬那奈ちゃんと共演して来たのです。其れだけ「片瀬さんなら、上手く育ててくれるはず」と云う信頼感があるからだと、あたくしは強く思います。

「熟年離婚」に話を戻しますが、第1話が拡大版で、実によく出来ています。其の後に巻き起こる「豊原幸太郎の苦難の日々」への伏線が、全て張り巡らされております。最大の見せ場である10分以上もの長回しで、しかも消えものを引っくり返す為に「一発オッケー!」を義務付けられたクライマックスは、もはや舞台です。俳優陣全員が、絶対にNGを出せない状況での家族芝居!渡さん、松坂さん、高島姐さん、西村さん、と云った大ベテランに、21世紀のユージロー!そして子役!おにいちゃんはキャリア的には片瀬那奈ちゃんの後輩ですし、子役の女の子も当然そうです。大抜擢で研音バーターでもなく、たったひとりぼっちで放り込まれた片瀬那奈ちゃんは、大先輩たちに迷惑はかけられないし、後輩も引っ張らなければならない!正に、四面楚歌!どれだけ絶体絶命の危機的状況で、「豊原みどり」を演じていたのでしょう。当時の那奈ちゃんは、番宣でも日記でも雑誌でも、明るく楽しくファンのみんなにメッセージを伝えていました。でも、本心は逃げ出したくなる程に過酷な撮影だったと思います。

そんな滅多に弱音を吐かない那奈ちゃんが、初の時代劇挑戦となった2006年の「信長の棺」のクランクアップの時に、テレビカメラの前でヘトヘトになった表情で「生きて東京へ帰れます・・・」と泣きそうになって語ったのです。現在、那奈年ぶり2度目の時代劇に挑まれている片瀬那奈ちゃんの覚悟が、一体どれほど強いものなのかっ。片瀬那奈ちゃんは、デビュー作の屈辱をバネにして人知れず努力を重ねた「GTOドラマスペシャル」での「伝説の台本」時代から、決して負けない!ハプニングさえ強さに変えて、常に前向きで高みへと挑戦を続ける不屈の闘魂を持った稀人です。那奈ちゃんは、決して「天才」ではありません。那奈ちゃんを輝く太陽で明星にしたのは、きれいでおもしろい頼れるおねえさんにしたのは、女優も歌手もバラエティも司会もデザイナーもモデルも何でもこなせるマルチな才能を開花させたのは、すべては那奈ちゃんの弛まぬ努力の賜物なのです。あたくしは、そんな那奈ちゃんを、心の底から尊敬し愛しています。那奈ちゃん、がんばれ!みんなも、がんばれ!あたくしも、がんばるぞ!


ACT 1 本放送:2005年10月13日
ACT 1 再放送:2013年9月2日
ACT 1 再々放送:2013年9月24日
ACT 1 再々再放送:2013年10月3日

ACT 2 本放送:2005年10月20日
ACT 2 再放送:2013年9月2日
ACT 2 再々放送:2013年9月24日
ACT 2 再々再放送:2013年10月4日

「熟年離婚」INDEX


(小島藺子)







(小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



posted by 栗 at 22:00| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「2013年10月30日の片瀬那奈ちゃんブログ」

Transformer


御本尊様、降臨!


片瀬那奈ちゃんが、「鼠、江戸を疾る」のクランクインを報告され、久しぶりの時代劇への意気込みを語って下さいました。お医者さんの役だそうで、着物姿とはビジュアルだけでも大いに楽しみですね。「体感!スバル!」の第3弾も始まり、片瀬那奈ちゃん絶好調!未亜たんの「Choice !」捕獲は、「新しいセンタク篇」×18、「滝沢さんのChoice篇」×5、「hitomiさんのChoice篇」×6、「桐島さんのChoice篇」×4、そして「片瀬さんのChoice篇」X3!「36本目」、だから「おじゃマップ」って云ったざんしょ。「体感!スバル!」は「粋男流儀」で捕獲出来るから安心ね。「体感スバル!DIT篇 WEB限定スペシャルロングバージョン」が公開されている「スバル第3弾」に関しては、捕獲後に改めて記事にします。

今回の記事は、「シューイチ」の衣装紹介の部分で女子マネちゃんがサポートされたのは明らかです。写真を撮影したのは、いつも通り女子マネちゃんなのでしょうからね。那奈ちゃんが同い年の女子マネちゃんを信頼し、支え合って来た6年余の日々が花開く時がやってきたのでしょう。「私は、片瀬さんを愛しています!だからこそファンの皆様に自信を持って紹介できます。」と2007年に云った女子マネちゃんのコトノハは、嘘偽りの無い「真実」です。だからさ、あたくしは最初から云っているじゃん。「女子マネちゃんは、同志」なのよさ。

てか、こないだの「シューイチ」(10/27)での那奈ちゃんの衣装って「TOCCA」じゃなかったの?「TOCCOでした。」って書いてあるから、もしかして「tocco closet」だったの?なんかさ、「tocco closet」広告バナーがちっちゃいけど、「那奈ちゃん」みたいに見えるんだよね。

「教えてよ、女子マネちゃん!」



【2013年10月30日の更新記事】
 「クランクイン」(片瀬那奈ちゃん)


「THANX 4 うっぴー☆」 (小島藺子/姫川未亜)



期間限定 NANA KATASE OFFICIAL BLOG



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



FROM NO IMAGE INC.



posted by 栗 at 22:58| 7D | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

「シュガータウンは恋の町」

Walk on the Wild Side: Best of Lou Reed


テレビ画面では「ウルトラマンゼロ」って映画が流れている。このひとって、片瀬那奈ちゃんと共演していたよナァ、このひともこのひともみんな、片瀬那奈ちゃんの映画やドラマで見た記憶があるナァ。ナレーションを石坂さんがやっているんだから、本格的な「ウルトラ作品」なんだろうナァ。録画しといて好かったナァ。なんとなく「カタセカイ住人」が多いから予約しちゃったんだろう。てか、「かたちん」は「特撮も、なんでもオッケー!」なのね。そりゃ「特撮博物館」にも「シューイチ」で行っていたもんナァ。アントキの「かたちん」も、ゴジラみたいでかっこよかったナァ。でも、テレビの音は消していて、ヘッドフォンで聴いていたのは「Sugar Babe」って僕が日本でイチバン好きなバンドのMDです。コレって、自分で17年前くらいに編集した「74分X2枚組」なのだけど「M・Hさんコレクションより、Sugar Babe rare trax」ってラベルが貼ってある。確か、23年前だったかに何度かお逢いして、秘蔵のオープンリールからカセットテープに落として頂いた「レコードにもCDにもなっていない音源集」が元なんです。僕はお返しに2枚持っている大瀧師匠の直筆サインの1枚をM・Hさんに贈ったら、「こんな貴重なモノはもらえないよ」と云ったけど、僕は「このくらいしなきゃ、気が済みませんから」と無理に受け取ってもらったっけナァ。

M・Hさんはイラストレーターで、僕が「ロック」に目覚めた十代中頃に熱狂的に読んでいたペラペラの薄いくせに「280円」もする「21世紀の精神異常者マガジン」とかトンデモなコピーが付いている雑誌でもイラストを描かれていました。だから、15年越しくらいで憧れていた方で、しかも同じく「Sugar Babe」が好きって事が分って、未だ20代だった僕はコーフンしちゃったんだよね。随分と前にM・Hさんは亡くなられてしまったのだけど、僕はずっと大切に音源を聴いています。秘蔵音源が沢山公式化されたけど、未だに聴けない音源も多いし、一体どうやってオープンリールでAMやFMのエアチェックをこんなにも高音質で演奏されてから40年近く経っても色褪せない状態で録音し保存出来ていたのか「謎」です。彼は特にタツローが好きで、プロモ・ヴィデオなんかも沢山持っていて、自宅へお邪魔させて頂いた時に見せてもらって引っくり返りました。そりゃ、僕も10代の頃にタツローのライヴは何度も行ったけど、動くタツロー映像なんてCMの「RIDE ON TIME」くらいでしか見た事がなかった。だって、1990年の話を、僕はしているんですよ。1990年2月にストーンズを、3月にポールを、東京ドームまで出掛けて観ちゃって、もう堪らなくなっちゃって、20代も終わりって時だったのに安定していた田舎の会社を休職して上京しちゃったのよさ。そんでもって、こっちの同系職会社にアルバイトで入ったら、一週間して専務に呼ばれて、「さっさと田舎の会社なんか辞めて、ウチの社員になれ!困った事があったら、面倒みるよ」って云われたから、浦安に部屋を借りて那奈年住んで、夢に御本尊様が現れたから砂町に引っ越して、♪あれから、16年♪ですよん。もう、23年もこっちに居るのね。

久しぶりに、無性に「M・Hさんコレクション」の「Sugar Babe」を聴きたくなったのは、例えば「解散ライヴ」での20分を超える「Sugar」なんてモンを聴いているのかは、CSで何度もリピートされて其のたびに何度でも録画してしまう、「第二期 ジェフ・ベック・グループ」のスタジオ・ライヴのせいなのだ。「オレンジ」からの曲を中心にした1972年の生演奏のグルーヴが、僕には「Sugar Babe」のライヴのグルーヴと同じに聴こえる。マジでソックリだと思う。いや、ジェフ・ベックだけじゃない、1970年代初期の洋楽からは、僕が子供の頃からリアルタイムで愛した日本一のバンドである「Sugar Babe」が鳴っています。サンタナだって、スティーヴィーだって、勿論、ビーチ・ボーイズからも・・・シリータなんて、ター坊そっくりじゃん!大瀧師匠もタツロー兄さんも大貫先生も、みんなみんな、僕を目くるめく「洋楽天国もしくは地獄」へと導いた大先生です。でも、あたくしは今でも「Sugar Babe」がイチバン好き。こーゆーファンって、アーティストにとって最も迷惑なのよさ。だって、大瀧師匠は兎も角として、あたくしにとっては、タツロー&ター坊は「Sugar Babe」以上のモンは、いつまで待っても創ってくれないんだもん、仕方ないじゃん。やっぱ、あたくしは永遠に「山下くんとター坊」が好きなのよさ。

其の点が、片瀬那奈ちゃんは徹底的に根本的に違うんだよナァ。「かたちん」は、いつもいつだって「最新作が最高傑作」なのよさ。そりゃ、1981年のター坊の渋公ライヴなんて聴いたら、切なくなって泣けてきちゃうけどさ。ター坊のライヴは、わざわざ仙台から東京まで遠足して観ていたもんナァ。だって、子供の時からひとりで東京に来てたもんナァ。おじさんやおばさんがみんなこっちにいるのに、なんで僕だけ誰もまわりにひとがいない雪山で犬と遊んだりテレビでアトムと話したりして育ったのか、サッパリ分らなかったもんナァ。おねえちゃんだって東京に住んでいるのに、ホントにふしぎだったナァ。コントキのコーラスは、エポと広谷順子さんだったよナァ。広谷さんって、片瀬那奈ちゃんのレコードでもコーラスをやられているんだよナァ。おんなじ匂いがするわけだ。な〜んだ、好きなモンって、那奈ちゃんが歌った通り、ぜんぶ「わっ」になって繋がっていくんだナァ。不思議だナァ。ねえ、みんなは、こんなわがままな僕たちの気持ちを、分ってくれるかい?


「THANX 4 Mr. 本田義高 from 64アんBlue/乱美論M」 (姫川未亜/小島藺子)



【「千秋万歳」まえがき INDEX】(2013年8月14日〜)

1.「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」INDEX 完全版
2.「怪優・片瀬那奈・進化論」外伝「大久保千秋は、謎のひと」
3.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」への助走
4.「時は来た!それだけだ・・・(仮題)」の正式名称決定!
5.「千秋万歳」制作現場に潜入リポート!でも、未亜たんは「愛の誘惑」に堕ちたでゴンスの巻
6.「千秋万歳」主要キャスト発表会に潜入!しかし、未亜たんはイコちゃん&ルナちゃんに翻弄されたザンスの巻
7.「千秋万歳」を、いつまでも刮目して待っていてね。
8.「那奈ヲタ今昔物語」#01
9.「すべての片瀬那奈ちゃんファンよ、時は来た!」


10.「Hey Marlene」
11.「那奈ヲタ今昔物語」#02「10年越しで出逢えたシスターへ」
12.「千秋万歳」は、既に始まっているのか?
13.「筒井先生の心痛が、少しだけ理解できました。」
14.「MW-777」
15.「WHO ARE YOU ?」
16.「ダウンタウンにくりだそう!」
17.「ROCKよ、今夜もありがとう」
18.「Tears Dry on Their Own」が「千秋万歳」主題歌に決定!
19.「美しい人たちよ!」
20.「あっちなっち 2013」

21.「シュガータウンは恋の町」



「MW-777」(小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)




Hey GIRLS & BOYS 「KINASAI」

ARE YOU 「FUNKY」 ?






(小島藺子/姫川未亜)



空想格闘メタフィクション

「千秋万歳」

COMING SOON !



FROM NO IMAGE INC.



posted by 栗 at 06:04| CHIAKI | 更新情報をチェックする