nana.812.png

2013年06月06日

「ヨーロッパ水風景」で内山理名ちゃん!ミコノス島〜ロドス島篇

rina-mizu.jpg


テレビ東京 11:35〜12:30

「内山理名がギリシャ・エーゲ海のミコノス島〜ロドス島へ」

女優・内山理名がギリシャへ。エーゲ海のミコノス島では本場のタラソを満喫。ロドス島の世界遺産に感動。日本にいながら異国の生活や変わった文化を知ることが出来ます。

 旅人:内山理名
 ナレーション:中田譲治、秀島史香

(撮影:2013年4月18日〜4月25日)


内山理名ちゃんの「ギリシャ紀行・完全版」第四回です。前回の続きでのミコノス島から、ロゴス島へと繋がる模様です。噺はズレますけど、昨夜に映画「二流小説家 シリアリスト」完成披露試写会で片瀬那奈ちゃんを間近で観て、心の底から感激いたしました。片瀬那奈ちゃんとは数え切れない程にお逢いしておりますが、其の度にトキメクのです。それで、僕は、内山理名ちゃんに一度だけお逢い出来た事があります。当時の記事にも書きましたが、物凄い衝撃を受けました。十年前に片瀬那奈ちゃんと初めてお逢い出来た時、那奈ちゃんには後光が射していました。本当です。内山理名ちゃんにようやく逢えた三年前、理名ちゃんは可憐な妖精でした。僕が愛する「那奈理名」は、想像を絶する存在だったのです。ファンとして、こんなに嬉しい事はありません。

第四回は、ミコノス島の朝市からスタートしました。明らかにBS版と順番が違っています。内山理名ちゃんお得意の「へぇー、おっきいー!これなんですか?」が連発されております。やはり「子供ノリ」です。片瀬那奈ちゃんは子供好きだから、内山理名ちゃんも好きなのかしらん。織物屋さんの場面は初公開ですね。おばあちゃんに「日本の女優さんかい?17歳くらいかい?31歳?信じられない、若すぎるね」なんぞと云われて困惑しています。ところで、秀島クンと中田さんの「掛け合いナレーション」は心地よくて癖になります。ペンキ塗りの場面がココで来ました。内山理名ちゃんの質問攻めは止まりません。建物の壁は白と法律で決まっているって、スゴイですナァ。ペンキ塗りを手伝ったお礼に自宅に招かれる場面や街を散策する場面も、BS版よりも詳細です。

街を歩く内山理名ちゃんは、丸っきり「迷路遊びをする子供」です。おや、ココでギロを食べて「ううしい!」なのね。内山理名ちゃんは、両手の薬指だけ赤と緑の文様の様なネイルをしています。そして、お待たせ致しました。内山理名ちゃんがエステを体験!でございます。セラピストのおねえさんも美人ですよっ。理名ちゃんは、脚も綺麗です。「那奈理名」は何気に「美脚コムビ」でもあるのね。旅はロドス島へ移り、お召し物も変わりました。此の「イエロー、ホワイト、ブルー」のスタイリングって、実に内山理名ちゃんらしいのよさ。然し、全てのスタイリングで、これ見よがしに生脚全開!ですナァ。旧市街地を散策し、騎士団長の宮殿を観て中世気分に浸ったところで、明日の最終回へと続きます。


「BSジャパン」版:2013年6月2日


(姫川未亜/小島藺子)



「ヨーロッパ水風景」テレビ東京/BSジャパン公式サイト


posted by 栗 at 12:30| RINA | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#08 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜13:50

「心の握手」(本放送:2004年11月29日)

片瀬那奈 as 藤澤律子


いよいよ佳境に向う「ラストクリスマス」第八話です。驚くべき事に、リアルタイムで視聴していたはずのあたくしは、此の回から当時に記事を書いておりません。おそらく、余りの酷さに呆れ返ってしまったのでしょう。と云いますか、当時のあたくしは激しい怒りを感じておりました。片瀬那奈ちゃんが女優回帰して歌手活動を休止するのは決定と思われましたので、満を持しての女優としての新作に「期待度777%」だったのに、此の体たらく。ドラマは下らないけど、そんなこたぁどーだってええのよさ。肝心の片瀬クンがコンディション最悪で目も当てられない情けない姿を「天下の月9」の平均視聴率が「20%超え」のドラマで、満天下に晒してしまった事実に、悔しくて口惜しくて堪らなかったのだ。アノですね、あたくしが愛する片瀬那奈ちゃんは、こんなモンじゃねーんだよ!でも、久しぶりに地上波に登場し高視聴率を叩き出したへっぽこドラマに登場した姿が「2004年当時の片瀬那奈」として広く大衆に認識されたのです。

第八話での片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番は、エスニックレストランの場面だけだったかしらん。日垣のプロポーズに対する返事を「ニューヨークには行かない。あたしが一番大切なのは貴方との約束だった」と、例の「砂漠に捨てて、往復一千キロも走った挙句に砂漠から見つけた」とか云う「奇跡の指輪」をはめようとすると、四年も律子を想い続けていたはずの日垣は手のひらを返して「其の指輪の有効期限は、もう切れました。ニューヨークへ行け!」と、ぶちかますのでした。もう、何が何だか分かりません。カップルを揉めさせるのは別に構わないのだけど、キャラ設定が無茶苦茶すぎて感情移入できないわよ。コレじゃ、やっぱり「律子は、やり捨てられた」と思うしかないじゃん。現に日垣は青井に猛烈に再アプローチもしているわけで、結局は「単なるヤリチン」だとしか思えないぞ。律子も日垣も、物凄く「薄っぺらな人間」として描かれています。其れは、演じた片瀬那奈ちゃんと玉木宏さんの責任ではありません。二人は、脚本家と演出家の指示に従っただけです。

前回のラストで青井から「別れよう」と云われた春木は、お説教してアッサリと仲直り。えっと、毎日やっている再放送だからまだ我慢しますけど、本放送で一週間も引っ張られた視聴者は「ポカーン!」ですよ。一難去ってまた一難どころか、大家さんが春木と青井の部屋を繋ぐドアを壊すと云い出すし(何で今更、このタイミングで?)、青井はレディース仲間だった松田志穂(山口紗弥加さん)の保証人になっていて「120万円」の借金を肩代わりすると云い出すのです。そして、エスニックレストランで片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子が無惨にも日垣に振られる場面になります。名場面なのでしょうけど、片瀬那奈ちゃんは声がハスキーのまんまで最悪です。今回の片瀬那奈ちゃんの出番も、ワンシーンで終了でございます。日垣は青井との電話で借金の件を知り、「金?いくらいるんだ?俺が貸してやるよ。事情なんてどうでもいいよ。それで、お前が助かるなら」と金絡みで落としにかかります。おいおい、コレじゃ日垣は、闇金かヤクザじゃまいか。青井も律子さんも、逃げてーっ!

青井は志穂に騙されている様で、春木は心配しますが「春木さんには、こんな事は頼れない」と拒否し、なな、なんと、日垣からお金を借りてしまいます。春木は仕事絡みとは云え元・婚約者の仁美と逢い、「アノ頃に戻りたいの、許して!アノコ(青井)は貴方には似合わない!」とモーレツなアピールをされ捲くります。然し!青井にゾッコンの春木は拒絶!青井は志穂に「お金は用意できなかった!一緒に金融会社へ行こう!」と諭すと、其の前に春木が志穂を訪ね同じ様に説得していたと発覚!はい、みなさん御一緒に「織田ちゃん、徹底的にカッコイー!」なのだ。春木は離婚した仁美と逢い昔話でホロリとさせ、日垣は青井に「お金は、律子をニューヨークまで追う飛行機代にさせてもらうよ!」と告げ、元カップル二組は爽やかに別れ、ようやく主役カップルはラヴラヴ・モード!ところが、そんな幸せ絶頂ではドラマが終わってしまいますので、青井の難病が再発!春木が勤めるハートスポーツはスキー部門撤退が決定!二人を繋ぐドアもリフォームされ塞がれてしまいましたとさ。いやー、平成プロレスの如き素晴らしい脚本に涙が溢れて満腹です。いやいや、まだまだ、こんなもんじゃないのよさ。残り三回の驚愕の展開に、覚悟して下さいね。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「二流小説家 シリアリスト」完成披露試写会で、片瀬那奈ちゃん!続報

niryu.png


皆で語らう心得と映画の関係(さとりのひとりごと 6/6)
上川隆也、初主演映画に「恥ずかしくて消え入りたかった」(報知 6/6)
武田真治「上川さんがほかの方と話してると、ジェラシーに近い気持ち」(スポニチ 6/6)
シャイな上川隆也、自分の出演作見られない(サンスポ 6/6)
上川隆也を独り占めしたい!? 武田真治が共演者にジェラシー/『二流小説家』完成披露(ムビコレ 6/6)
ベテラン俳優の上川隆也が映画初主演に、照れくさくて消え入りたい!?(ムビコレ 6/5)
上川隆也やキャストら登場 映画「二流小説家 シリアリスト」完成披露会見(MAiDiGiTV 6/5)
上川隆也「武田真治と2人でストーブに...」 映画「二流小説家 シリアリスト」完成披露会見2(MAiDiGiTV 6/6)
片瀬那奈、役作りに対し... 映画「二流小説家 シリアリスト」完成披露会見3(MAiDiGiTV 6/7)
片瀬那奈 映画『二流小説家−シリアリスト−』完成披露会見&舞台挨拶に出席(研音 6/10)
片瀬那奈 映画『二流小説家-シリアリスト-』完成披露会見(無料配信版)(研音 6/15)


昨夜行われた片瀬那奈ちゃんも登壇された映画「二流小説家 シリアリスト」完成披露試写会に関するニュースが、本日も色々とアップされております。司会を務めた伊藤さとりさんのブログでも取り上げられ、舞台裏の様子が伺えます。なるほど、マスコミ用会見は「ザ・ペニンシュラ東京」で行われたのですね。嗚呼、ニコ生にも片瀬那奈ちゃんは出ておられましたか。でも、現場に居たのですから観れませんね。本物を間近で拝見しといて、ニコ生もなんて、そりゃ贅沢と云うもんです。テレビ・カメラも入っていましたので、どこかで流れるのでしょう。イチオー、今朝の日テレちゃんは長回しで録画しましたけど、出ていませんでした。片瀬那奈ちゃんはカメラに手を振る時のリアクションも最高に可愛らしかったのですけど、「シューイチ」でやってくれないかナァ。テレビ・カメラは二列目に座っていたあたくしたちよりも後方だったので、前方の片瀬那奈ちゃんしか観ておらず、どの局なのか未確認です。もしかしたら、ニコ生だったのかもね。ところで、当ブログ既報通り、6月15日(土)公開初日舞台挨拶には片瀬那奈ちゃんの登壇予定が無いと「二流小説家 シリアリスト」公式サイトで発表されていたのですが、何故か「ぴあ」から「片瀬那奈ちゃんも登壇予定」とのお知らせメールが何通も届きました。映画の公式サイトで予定者に入っていないのだから誤報だと思うのだけど、研音ちゃん、どうなのかしらん。


(小島藺子/姫川未亜)



「二流小説家 シリアリスト」公式サイト


posted by 栗 at 14:31| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「ドラばらっ!35歳の高校生〜いよいよクライマックス!これを見れば全てわかるSP」

35jk2.jpg


日本テレビ 15:58〜16:53

いよいよ最終章に突入!亜矢子の過去は!?スクールカーストの行方は!?今週土曜よる9時から放送の「35歳の高校生」9話をより面白くみるための1時間!生徒たちのインタビューを交えつつ、今までのストーリーを凝縮してお届けします!9話では、亜矢子(米倉涼子)が楽しみにしていた修学旅行がサバイバルキャンプに変貌する!?クラスメイトの中から追放されるのは誰!?お楽しみに!


片瀬那奈ちゃんがスクールカウンセラーの長峰あかり先生を演じておられるドラマ「35歳の高校生」も、いよいよ最終章に突入!だそうで、ガツン!と梃入れでございます。残り三回となりまして、今週から再来週まで、毎週ナビ番組が放送される模様です。三回とも日テレのみの関東ローカルとなっていますが、本日分は明日に読売テレビと中京テレビでも放送されるとの事です。片瀬那奈ちゃんは、次のクールでも「ショムニ 2013」への連投が決定しておりますが、今は未だ「長峰あかり」推しでゆきましょう。

番組は「第一話から第八話までのダイジェスト」を、生徒役のインタビューを交えて一気に振り返ります。ああ、長谷川さんは第一話でこんなキャラだったんだっけナァ。広瀬アリスちゃんの「米さん、馬場ちゃん」呼ばわりが炸裂しております。う〜む、片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生が、ほとんど出て来ないぞ。本筋から外れた「コメディリリーフ」だからダイジェストになると居なくなっちゃうのだけど、其れだと重たい展開で暗いですナァ。やっぱり、あかりちゃんが場のムードを明るくしてくれなきゃ困ります。未亜たんは「片瀬クンが無視された構成」にガックリして、「こんなんじゃ、全てわかるわけないじゃん!」とばかりに寝込んじゃったわよ。

其れで、あたくしがメインで書いておりますが、小泉が云っている「スクールカーストの分析」なんて、全て長峰あかり先生の素晴らしいカウンセリングの受け売りなのに、カットされたら小泉の手柄じゃん。おいおい、未亜たんが入魂で編集している「長峰あかり先生ヴァージョン」と全く違うじゃまいか。ま〜た「片瀬那奈ちゃん絶対主義者」である未亜たんに騙されるトコだったわよ。何だよ、此のダイジェスト版を観る限りじゃ「片瀬クンはいらない」じゃん。馬場ちゃんと生徒たち(オマケで教師の「猿渡と北島と小泉」)だけで、充分にストーリーが展開してしちゃっているではありませんか。

「いや、其れは違う!」と、未亜たんに涙目で突っ込まれる前に云いましょう。「何ゆえ、公式サイトの相関図で、ど真ん中に片瀬那奈ちゃん演じるスクールカウンセラーの長峰あかり先生が居るのか?」であり、「何ゆえ毎回、相談室で登場する長峰あかり先生は湯呑み文字を変えているのか?」等を考える時、如何に此のドラマにとって「長峰あかり」が必要不可欠な存在であるのかが分かります。こうして、ほぼ完全に「長峰あかり」がカットされたダイジェスト版を観た時の「喪失感」こそが、逆に「彼女の存在感」を浮き彫りにしています。いいですか、未亜たん、こーゆー風に分析して持ち上げないとダメなのよさ。いつもいつだって「那奈ちゃん可愛い!」とか「幼稚園児みたいな提灯コメント」ばっか書いていたのでは、片瀬クンの魅力を広く銀河系に喧伝できゃしないのよさ。

生徒役で各話の主役になったのは、十代の新人女優さんが多いのだけど、其の稚拙ながらも懸命な演技に「かつての片瀬那奈」を投影してしまったりもします。第八話での小泉が海に飛び込んで衛藤を助けようとする場面など、どーしても「GTO ドラマスペシャル」を想起します。おそらく、片瀬クンも若いコと共演して十代に生徒役を演じた時代を思い出したと思われます。ラストは第九話の予告で、いよいよ荒唐無稽なクライマックスへと進む模様です。現在の「怪優・片瀬那奈」にとって、物語が狂って行けば「独壇場」の大暴れが期待出来るでしょう。生徒諸君に告ぐ。米倉姐さんだけでなく、是非とも片瀬クンからも多くを学べ!こんな機会は滅多にないぞ。


小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 16:53| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「今、この顔がスゴい! たった1品しかない!究極のこだわり専門店スペシャル」で片瀬那奈ちゃん!

フェイス・トゥ・フェイス<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)


TBS 21:54〜22:54

出演:櫻井翔、有吉弘行
ゲスト:片瀬那奈、伊集院光、ピエール瀧、西川史子、ほか

6月6日(木)放送の『今、この顔がスゴい!』。「スペシャルゲスト」は、片瀬那奈さんです!専門店をテーマに、様々な「顔」をご紹介します!!


片瀬那奈ちゃんが地上波民放に御出演と云えば、最近は生放送で司会を務めておられる「シューイチ」とドラマ「35歳の高校生」にレギュラーですので、ズバリ云って「日テレちゃん専属」に近い感じでした。然し!ドラマ「ショムニ 2013」へのレギュラー出演も決定し、フジテレビへの御出陣も増えると思われます。ところが、唐突にTBSへの御出演!いえ、片瀬那奈ちゃんは地上波全制覇をとっくの昔に成し遂げておられますので、どのチャンネルにも御出陣されるのです。でも、ゲストに「天敵」が二人も揃っております。西川せんせいとはプロレスでしょうけど、お誕生日が同じなのに根拠も無く片瀬クンを「いっちょかみ」なんぞと誹謗中傷した輩は、どの面下げて共演しやがるのでありましょうかしらん。ガンバレ!片瀬クン。てか、勝手にケンカを売られたのだから、別に片瀬クンは普通にして居ればいいのです。

あたくしは、決して「片瀬那奈なら全肯定」では無い事は、ココを読んでらっしゃる方々なら御存知でしょう。愛するからこそ、駄作には辛口です。ブルーの長袖カットソーにイエローのショーパンにタイツ姿で「電気配線」を片瀬那奈ちゃんが語ると、早速、天敵・西川せんせいが絡みます。もう、此の辺は「お約束」でしょう。番組は「小窓ちゃん」中心で進行されるみたいです。最近は、片瀬那奈ちゃんと内山理名ちゃんが御出演される以外では滅多に地上波は観ておりませんので、もう冒頭の数分で「つまんねーナァ、裏のスカパー!でスティーヴィー・ワンダーのスタジオ・ライヴをやっているのに、何でこんなモンを観なきゃなんないのよさ」と忸怩たる思いですよ。然し!どんなに下らない「一過性のバラエティ番組」で「小窓ちゃん」中心でも、其処に片瀬那奈ちゃんが居る限りは、他の全てを投げ打ってでも臨まなければなりません!きりりんこ!

スペシャルゲストである片瀬クンは、VTRが流れている時も始終なにやら喚いております。バナナの試食で、片瀬クンだけ切ってもらったのを食べています。「何だよ、つまんねーの!」おっと、取り乱してしまい、失礼致しました。またしても「小窓ちゃん」で、片瀬クンのリアクションは面白いけど、ワイプがちっちゃい!さっさと終わらないかナァ。もう耐えられません。でも、御本尊様がお仕事とは云え真剣に挑んでおられるのですから、下賎な「単なるど素人ファン」に過ぎないあたくしは抗う術などございません。西川せんせいがメインとなっても、片瀬クンは普通に上げております。元々、西川せんせいとは歴史を紐解いても「良好な関係」だと思われます。不気味なのは、片瀬クンの右肩後方に居る輩です。

片瀬クンが些か過剰に「小窓ちゃん」からリアクション芸を披露する一方、黙して語らずなのだ。どっかで、言葉尻でも捕らえて片瀬クンに「ぎゃふん!」と云わせようと虎視眈々と狙っているのでありましょうかしらん。其れにしても、つまらないし長げぇ番組だナァ。片瀬クンが懸命に喚いているから、あたくしは立場上、フル・ヴァージョンも遺さなければならないのだけど、未亜たんが編集したら数秒ざんしょ。結局、片瀬クン御本人を前にした伊集院光は何も出来ず、存在感が全く無かったぞ。おいおい、勝手に片瀬クンを貶しておいて、何じゃらホイ!きっと、片瀬クンから「伊集院さんとは、お誕生日が一緒なんですよね?」なんぞと云われて「腑抜け」になったのでしょう。其れで、一体コノ番組に多忙な片瀬那奈ちゃんが御出陣されたのは何故?と思ったら、昨夜にうっぴーと語り合った通り、映画「二流小説家 シリアリスト」の宣伝でございました。う〜む、未亜たん、こりゃもう、さっさと「片瀬クン・ヴァージョン」に編集しちゃってもいいですよ。尚、未亜たん編集ヴァージョンは「那奈分」でした。


「THANX 4 姫川未亜&うっぴー☆」 (小島藺子)



「今、この顔がスゴい!」TBS公式サイト


posted by 栗 at 22:54| TV | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

「ヨーロッパ水風景」で内山理名ちゃん!ロドス島篇(最終回)

rina-mizu.jpg


テレビ東京 11:35〜12:30

「内山理名がギリシャ・エーゲ海の世界遺産ロドス島へ」

女優・内山理名がギリシャへ。エーゲ海ロドス島で世界遺産の街並みに感動!島に嫁いだ日本人妻にも遭遇。日本にいながら異国の生活や変わった文化を知ることが出来ます。

 旅人:内山理名
 ナレーション:中田譲治、秀島史香

(撮影:2013年4月18日〜4月25日)


内山理名ちゃんの「ギリシャ紀行・完全版」も、いよいよ最終回です!「BSジャパン」版でも素晴らしい番組だと思いましたが、まさか地上波の「テレビ東京」版で倍以上の長尺完全版が放送されるとは吃驚仰天でございました。内山理名ちゃんが御出演されたので知りましたが、此れまでも「雨ちゃん」や「原さっちん」などの「カタセカイ住人」が出ておられたのですね。第五回で完結篇となる今回も「ロドス島」の続きから始まりますので、初公開映像がテンコ盛りでしょう。内山理名ちゃんの「素」の魅力が溢れる極上のギリシャ紀行を、どうぞ召し上がれ。

「ふみかのロケンロール」の「このあと、すぐ!」から始まった完結篇は、ロドス島の旧市街を散策する内山理名ちゃんからスタートです。最近は「ふみか」と云えば「HK 変態仮面」の愛子ちゃんである「フミカス」を想起しておりましたが、やっぱり「ふみか」は秀島クン(「ショーン・小野太郎・レノン」とお誕生日が全く同じな「那奈理名」関係!)ですナァ。内山理名ちゃんは時計塔に登って、四方を見渡して大コーフン!「トルコを感じる!」とは、ユセフ・トルコもニンマリだ。内山さんは、買い物をし捲くりですね。

お土産屋さんに行くところは、地上波で初公開でしょう。其の後はBSでもあった場面が続きますけど、面白い。トルコ風コーヒーを飲んで、内山理名ちゃんは余りの不味さに必死でコトノハを選ぶものの、表情が的確に「マズイ!」と語っております。日本人妻に逢って、料理に「ううしい!」も出ました。内山理名ちゃんの「ううしい!(食べながら「おいしい!」と云っている)」は、今後も使わせて頂きます。「カリメーラ!」とロドス島のホテルに宿泊して、翌日に市役所での結婚式に乱入!「あわあわしてます」となるのだけど、それぞれでBS版にはなかった部分が含まれていたと思います。

日曜日の「BSジャパン」版から始まり、月曜日から金曜日まで「テレビ東京」版と来ましたので、未だ詳しく違いを検証しておりませんが、尺が倍以上になっているのですから「テレビ東京」版が完全版である事に疑う余地はございません。イヤハヤ南友、たっぷりと内山理名ちゃんのギリシャ紀行を堪能できて大満足でございます。もう一度、繰り返しましょう。片瀬那奈ちゃんにも、是非とも御出陣して頂きたい!一週間の海外ロケはスケジュール的に厳しいでしょうけど、既に「内山理名ちゃん、原沙知絵さん、黒川智花ちゃん」と「カタセカイ住人」が御出演しています。映画「二流小説家 シリアリスト」に名を連ねた「黒谷友香さん、賀来千香子さん」も出ておられるのですから、もう片瀬クンも出るしかないでしょ。


「ヨーロッパ水風景」で内山理名ちゃん!INDEX

「BSジャパン」版(全篇のダイジェスト、約102分ヴァージョン)
 2013年6月2日

「テレビ東京」版(完全版!約215分ヴァージョン)
 1. 「アテネ篇」 2013年6月3日
 2. 「イドラ島篇」 2013年6月4日
 3. 「ミコノス島篇」 2013年6月5日
 4. 「ミコノス島〜ロドス島篇」 2013年6月6日
 5. 「ロドス島篇(完結篇)」 2013年6月7日


内山理名ちゃんと、連日「STAFF DIARY」を更新して下さった理名ちゃんのマネジャーさんに捧ぐ

(姫川未亜/小島藺子)



「ヨーロッパ水風景」テレビ東京/BSジャパン公式サイト


posted by 栗 at 12:30| RINA | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#09 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜13:50

「天使の雪」(本放送:2004年12月6日)

片瀬那奈 as 藤澤律子


残すは三回となった「ラストクリスマス」でございますが、今回も大荒れの展開となります。片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番は相変わらず少ないのだけど、其れよりも前回で日垣が青井への心変わりを青井の説教で吹っ切り(青井が母親で、日垣は子供かよ)、恋愛がメインである此のスットコドッコイなドラマで主役カップルである「春木と青井」の物語から完全撤退してしまったのが問題です。今後は「如何に、律子と日垣が上手く収まるのか?」が描かれていくのですが、其れはもう本筋とは全く関係が無い世界となります。「律子と日垣」は、所詮は使い捨ての「端役カップル」でした。日垣はヒロインの青井(元・日垣にとって都合のいい女)と絡んでいたから出番も多かったものの、律子は相手が「墓の下」なわけで、日垣と絡むしか物語に参加出来ない立場でした。其れでも、日垣が青井の母性に気付きマザコン魂に火が付いて(イチオー、おじいちゃんコンとなっているけど、どー見ても日垣はマザコン)、律子をやり捨てて青井へ向おうとしていたから、律子も物語に絡めていたのです。でも、もう其れは無いのだ。

ゆえに、日垣の「本筋(春木&青井の恋模様)」からの離脱と共に、片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子も「完全に蚊帳の外」となります。物語はクライマックスに向うのに「律子と日垣」はハッキリ云って「居なくとも、全く支障が無いキャラクター」と成り果てたのでございます。逆に云えば、今後「律子と日垣」を追えば、主役も他の連中も「居なくとも、全く支障が無いキャラクター」なのだ。第九話はテレビ番組に伍郎が出演して、お得意の寒いギャグを連発する場面から始まります。伍郎を演じた伊原剛志さんには何の責任もないどころか、実に上手く演じておられるのだけど、脚本家や演出家は本気で伍郎のキャラクターを「面白いでしょ?」と思っていたのかしらん。ドアを塞がれてしまった主役カップルですが、お隣さんなのだから普通にラヴラヴです。然し!春木の母親の容態が悪化!青井は「お義母さんは、あたしに任せて!大事な出張へ行って!」と、夫婦同然なのだ。然し、然し!春木を見送った青井は難病再発の危機!出張は日垣と一緒なのだけど、もう日垣は春木のライバルではありません。

周辺の恋愛事情では、伍郎が彩香と結婚するとなって、でも彩香は前回で「本当は達平にひと目ぼれして好きだから寝たの!でも、ウチは貧乏だから恋愛と結婚は別なの!」と伍郎との仲を取り持つ為に奮闘した達平に告げていたのでした。ココで片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子が春木にデザイン画を渡す為にハートスポーツを訪れて登場しますけど、当然乍ら春木も日垣も不在です。そこで律子は「ニューヨークへ行く」と伝言を残しますが、えっとですね、コレって「其れを説明する為に、律子を登場させただけ」でしょう。春木の母と「アタック・チャンス」の熟年カップルもラヴラヴになっていて、どいつもこいつも色恋沙汰にしか関心がない模様です。ニューヨークの見学から帰った律子をマンションで待ち伏せしていた日垣は、伍郎と彩香の結婚パーティーに誘います。パーティーで律子は日垣に「あのクリスマス・ツリーの絵が完成したら、ニューヨークへ行くわ」と告げます。其れを青井に日垣が報告すると、青井はふらついて異変に気付くわけですよ。

いよいよ伍郎が彩香に結婚指輪を渡そうとした時に、絶妙のタイミングで伍郎のパパが乱入し式は中止となります。パーティーに出席したので、片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番は「いつもよりちょっとだけ多かった」のですが、それでも僅か三分です。相変わらず、声の調子が悪くダメダメで、そもそもこんな端役は片瀬那奈ちゃんでなくとも構わない役柄でした。其れにしたって、二年半ぶりの女優回帰作だったのです。何ゆえ、こんな不完全な体調で、気合が入っていないヘッポコ演技をやらかしてしまったのか?日垣が春木に「青井が具合悪そうだった」と教え、春木が「アタック・チャンス」に問いただすと「青井由季さんは、再発しました」と地獄の宣告を受けてしまいます。輝くツリーをバックに、余命幾許も無いと思われる青井を抱きしめる春木!いつもの様に無理に明るく振舞う青井!もう、可哀相で涙が止まりませんナァ。「天使の雪」を二人で見て、BGMが過剰に盛り上げ、次回予告では、いよいよ青井が死んじゃうの?と引っ張ります。片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の「名セリフ」も飛び出しますよ。最終回までは「青井の難病ネタ」で進行するわけで、不治の病に立ち向かうヒロインと支える主人公の姿に泣けます!オチで「あたしの涙を返して!」と云っても、あたしゃ知らんけどさ。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「COVERS」#226(もしくは「週刊・未亜」)

no_image_large.gif



「三」


(2013年6月作)



イコ:コレは素材が「iCupid」で、時計回りに横にしたら片瀬那奈ちゃんの手足が「三の字」になっているのです。素晴らしいフォルムでウットリしますねぇ。

未亜:アノですね、姐御、、、片瀬那奈ちゃんの麗しい御姿を使って遊ぶのはやめてけれ!オレ、まげねっ。私は金星人だ!

イコ:未亜たんはいつまで「AUTB」絡みで美玲クン推しを続けるのよさ。確かに桐谷クンは2011年頃には片瀬クンと矢鱈と共演していたけれど、もう今じゃ小池里奈ちゃんとかも台頭しているわけじゃん。片瀬クンは常に新たな人材を発掘しているのだから「DD」の未亜たんとしては、いつまでも「ニノさん推し」はヤバイんじゃねーの?

未亜:ニノさんは、内山理名ちゃんの後輩で、理名ちゃんの撮影現場を目撃して甘力に入ったのだから推しますよっ(きりりんこ!)。

イコ:何が「きりりんこ!」なのか皆目見当がつかないけど、だったら御本尊様であらせられる片瀬那奈サマの後輩だっていっぱい居るざんしょ。てか、結局は内山さん絡みかよ。本当に未亜たんは内山さんが好きなのね。片瀬クンの追っかけをやっているのは、本命の内山さんに近づく為の姑息な手段なんだナ。もしかして「ラスクリ」の脚本を書いたのは未亜たんか?

未亜:アノね、そりゃボキは理名ちゃんも大好きですけど大関止まりで、未来永劫不滅の唯一の横綱は片瀬那奈ちゃんだけですよっ!

イコ:おいおい、片瀬クンと内山さんは「一生のともだち」なんだから、比較して片方をディスるのはやめなさいね。全く、未亜たんは甘ちゃんだナァ。

未亜:だから、ボキは能年玲奈ちゃんじゃないって、何度も云っているでしょーがっ。何ゆえボキが邦衛のマネをしなきゃならないのですかっ。ボキは「片瀬那奈ちゃん命」で「内山理名ちゃんに、ちょこっとLOVE」なので、「あまちゃん」のコミュに参加したりしていませんよっ。

イコ:ところで、明日発表の「AKB48総選挙」で未亜たんは、だれ推し?あたくしはね、「かたちん推し!」なのだけど、肝心の「かたちん」が立候補していなくて残念なのよさ。「かたちん推し」の連中は「同じCDを複数買い」なんて十年前からやっている猛者ばかりだから、絶対に上位に食い込めるはずなのにナァ。

未亜:そんなの、那奈ちゃんのバラエティとドラマの裏番組じゃん!那奈ちゃんが何ゆえ「AKB48総選挙」に立候補しなければならないのですかっ。そもそも、ボキは「AKB48」なんて知らないって、もうずっと前から云っていますよっ。那奈ちゃんと共演したコしか知らないってばさ。

イコ:おいおい、片瀬クンは「桜からの手紙」に出ているんだから、ほぼ全員知っているって事だろ。なるほど、ローカル・アイドルにまで精通している未亜たんにとっては、国民的アイドルになった「AKB48」なんてどーでもええわけか。そー云えば、星村クンが Negicco の主催イベントに出たらしいナ。以前は「AKB48」関連のバックも務めていたし、☆クンもドルヲタなのかしらん。

未亜:姐御、、、こんなトコで対談ネタをやって、本番を休む気ですね!

イコ:ドッキンコ!って、もう誰も覚えていないデジャヴをやってみました。未亜たん、腹へってんじゃねーの?ホラ、蟹ミソでもパクリンコと食ってごらんなさい。いや、片瀬クン声で「どうぞ、召し上がれ」が好いかしらん。

未亜:う〜ん、ううしい!って、何じゃこりゃ。僕たちは「那奈理名」じゃありませんよっ。



【オマケ】

小池里奈が映画「二流小説家-シリアリスト-」の撮影時に上川隆也から見せられた動画とは?(GirlsNews 6/7)
「ガンダムファンが見てみたい"if"とはジオンの勝利」ビグ・ザムとうふ量産にかける相模屋鳥越社長の想い(マイナビ 6/7)
泉沙世子「二流小説家」初日舞台挨拶に上川隆也らと登壇(ナタリー 6/7)


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 20:31| MIAMIA | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

「新・CDラジオで聴くビートルズ」第五回

Heroes Are Hard to Find 25 Years: the Chain Fleetwood Mac [Analog]


片瀬那奈ちゃんの舞台挨拶をお目当てに新宿バルト9に行った6月5日、案の定の展開であたくしは中古CDを買いました。五枚で税込み三千円(一枚六百円)と「一枚五百円以下」とはいかなかったものの、安い事には変わり在りませんナァ。二日後の6月7日は、ボブ・ウェルチの一周忌だったので、フリートウッド・マック絡みが三枚で、後は御馴染みのリンダ・ロンシュタットとラトルズです。リンダとラトルズはそれぞれ五百円だったので、「一枚五百円以下」の禁を破ったのはフリートウッド・マックって事になりますね。はい、「ORIGINAL ALBUM SERIES」五枚組で何故か抜けていた「ペンギン」が九百円だったので、犯人は「ペンギン」です。ま、ボブ・ウェルチの一周忌なのだから大目にみて下さいナ。

其れで、もう二人の犯人は、千百円で二枚組(一枚五百五十円)の「バッキンガム・ニックス」と云うカップルでした。1974年12月に、ボブ・ウェルチはフリートウッド・マックを辞めます。当時のマックは、ボブ・ウェルチ主導体制となっていて、彼が在籍した最後のアルバム「クリスタルの謎(Heroes Are Hard to Find)」(1974年9月発表)では、全11曲中7曲を彼が書いております(残り4曲はクリスティン・マクヴィー作)。脱退間近のライヴ音源を聴いても、加入前のナムバーなどもボブ・ウェルチがギターを弾き歌い、完全なるフロント・マンでした。当時のマックは、ミック・フリートウッド(ドラムス)、ジョン・マクヴィー(ベース)、クリスティン・マクヴィー(ヴォーカル、キーボード)、ボブ・ウェルチ(ヴォーカル、ギター)の四人になっており、結成時のブルース・ロック・バンドをアメリカン・ポップ路線へ変貌させたのはボブ・ウェルチの功績だと云われております。

ボブ・ウェルチが脱退した直後の1975年1月に、余りにも大きな穴を埋める為にリーダーのミック・フリートウッドはリンジー・バッキンガムを誘います。しかし、リンジーは高校時代からの恋人で既に二人で「バッキンガム・ニックス」として1973年にデビューしていた相方のスティーヴィー・ニックスも一緒じゃなきゃイヤだ!とゴネて、云わばオマケとしてニックスも参加する事になりました。ところが、コレが大当たり!1975年の「ファンタスティック・マック(Fleetwood Mac)」がバカ売れし、1977年の「噂(Rumours)」は全米チャート年間首位!でグラミー賞受賞!と云うウルトラ・メガ・ヒット作となったのです。一方、大成功直前で辞めて、何を思ったか3ピースの「パリス」と云うハード・ロック・バンドを結成し二枚のアルバムを発表するも鳴かず飛ばずだったボブ・ウェルチですけど、メムバーに逃げられ、ほとんど一人で多重録音して「パリス3」として制作していた1977年の「フレンチ・キッス」がバカ売れします。

実は、ボブ・ウェルチは喧嘩別れして脱退したのではなく、脱退後もフリートウッド・マック・ファミリーとして関係は良好で、ソロ作ではマック時代の曲もリメイクし、フリートウッド・マックのメムバーも参加しています。入れ替わりで加入した「バッキンガム・ニックス」までもが客演しているのですよ。さて、前置きが長くなりましたが、あたくしが買ったのは「BUKINGHAM NICKS FROM THE BEGINNING」と云う名の二枚組CDRブートです。ジャケットがアナログ盤の「BUKINGHAM NICKS」(たぶんCD化されていない)と同じだったので、アナログ落としかと思いました。ところが、内容は1974年に制作されていたとされる幻のセカンド・アルバム用デモと、1975年1月に二人がマックに加入した当時のライヴ音源でした。前述の通り、当初はスティーヴィー・ニックスを加入させようとは思っていなかったミック・フリートウッドは、リンジー・バッキンガムに嘆願されて渋々ニックスもツアーに帯同させたのです。

正に、如何にして「バッキンガム・ニックス」が「フリートウッド・マック」に吸収され、其の二人とクリスティン・マクヴィーの三枚看板で大成功を収める事となる前夜のドキュメンタリー音源となっております。1975年1月のライヴ音源は、入ったばかりなのに、もう既にマックに溶け込んだ「バッキンガム・ニックス」が居ます。1974年の「Coffee Plant Demos」での「バッキンガム・ニックス」は生々しいのですが、作風は二人とも一貫しています。其れが「フリートウッド・マック」へ加わった途端に、明らかに「フリートウッド・マック」の音楽に一瞬にして変わるのです。メムバー交代が目まぐるしく、しかも脱退してしまうのが実質的なフロントばかりと云う「不可思議なバンド」ですが、バンド名となった「ドラムとベースの二人」だけがバンドを辞めず、ずっと「フリートウッド・マック」であり続けている「謎」が解ける様な気がします。


(小島藺子)



posted by 栗 at 17:27| FAB4 | 更新情報をチェックする

「世界一受けたい授業SP47 世界一受けたい健康診断SP〜一緒に、未来貢献。〜」で片瀬那奈ちゃん!

世界一受けたい授業使える知識!BEST100 (日テレbooks)


日本テレビ 19:00〜20:54

鈴木敏夫プロデューサーがジブリアニメの全てを語る!「となりのトトロ」のポスターに隠された秘密とは?最新作「風立ちぬ」の効果音は○○で作られている! 世界一受けたい健康診断!芸能人の肌・姿勢・かみ合わせ徹底チェックで驚きの結果が! 18の質問に答えるだけでアナタの寿命がわかる!?簡単(秘)計算法を大公開 長生き食材ランキング!がん予防に効果的!?実はアノ野菜だった!二日酔いになりにくいおつまみ第一位は?

【校長先生】堺正章
【教頭先生】上田晋也
【学級委員長】有田哲平
【生徒役ゲスト】
 荒井玲良、飯尾和樹、IKKO、上島竜兵、
片瀬那奈COWCOW、北村晴男、ギャル曽根、鈴木奈々、鈴木梨央、
 高木美保、高橋克典、高橋茂雄、TAKAHIRO、NAOTO、松本明子、丸高愛実、優木まおみ



ドラマ「35歳の高校生」が佳境に入りますので、直前バラエティ特番に「宣伝隊長・片瀬那奈ちゃん」が御出陣されるのでしょう。「匿名探偵」との再会も楽しみですが、映画「二流小説家 シリアリスト」には小池里奈ちゃん(「匿名探偵」で気が付けば「セミ・レギュラー」になっていた)も出ておられて、片瀬那奈ちゃんと一緒に舞台挨拶に登壇されていました。片瀬那奈ちゃんと連続共演したコは「伸びる」よっ。片瀬那奈ちゃんは、映画「二流小説家 シリアリスト」完成披露試写会で、最初に「今日は、若いお客さんがいっぱいですね!」と云って笑いを取っていましたけど、二列目に座っていて客層は分からなかったものの、きっと「若い人が少なかった」のでしょうね。司会者としての腕を磨いた片瀬那奈ちゃんは、生のトークが絶品です。

此の番組に関しては、明らかに番宣で御出演の「二時間バラエティ」ですから、余り多くを期待してはおりません。ドラマの前座として、気楽に楽しもうと思います。ええっ?裏で「AKB48総選挙SP」をやるの?でも、僕たちは「かたちん推し!」だから、コレとドラマ「35歳の高校生」が終わってから見ますよっ(←結局、見るわけだ)、だって、23時過ぎまでやらかすんざんしょ?「35歳の高校生」が終わってからでもクライマックスに間に合いそうじゃん。四時間半以上も「AKB48総選挙」に付き合ってらんないですよ。下位メンなんて、ほとんど知らないコばっかなのですから、上位の結果だけで充分でしょ。でも、数字で「35歳の高校生」が負けたらショックかもしれないナァ。

さて、番組が始まりましたが、片瀬那奈ちゃんは「生徒役ゲスト」と云う名の「雛壇と小窓ちゃん要員」として登場と最初から分かってしまいます。アレレ?ゲスト全景で片瀬那奈ちゃんの御姿が見当たらないぞ。冒頭では確かにチラリンコと映っておられたのに、一体どーなっているのでありましょうかしらん。コレは、もしかして部分的に「特別出演」って事かい?こっちとら、国民的イベントである「AKB48総選挙SP」を捨ててこっちを観ているのですから、さっさと「かたちん」を出さんかい!う〜む、どうやら番組後半の「ジブリ関連」で片瀬那奈ちゃんが登場されると思われる様な煽りが入っております。ま、片瀬クンの出番が限定されているのなら、編集はラクチンになるのですけどね。1時限目にも2時限目にも3時限目にも、片瀬那奈ちゃんの御姿はありません。もう疑う余地もなく、片瀬那奈ちゃんが登場されるのは後半なのでしょう。通常枠なら一時間の番組を二本でひとつにしたスペシャル版と云う事ですね。

ん?「シェー!ストレッチ」だって?おいおい、何ゆえ片瀬クンが此のコーナーに出ておられないのだ。てか、やはり片瀬クンは独自に「シェー!ストレッチ」を開発しておられたのだ。「長年のあたくしの考察」は、間違っていなかった!4時限目にも5時限目にも、片瀬那奈ちゃんは不参加です。えっと、もう番組が始まって一時間以上経過しているのですけど、一体「かたちん」は、いつ降臨するの?ネット速報で「ともちん(11位)」や「こじはる(9位)」と「片瀬クンのメンゴ」が次々と順位を落とすのをチェックしつつ、ひたすら「かたちん」降臨を待ちます。待つ事、約一時間半、ようやく片瀬那奈ちゃんがゲストの6時限目「特別授業」となりました。「匿名探偵」との再会は、なかったのね。片瀬那奈ちゃんは白地のTシャツにショーパンかミニスカか判別不能ですけど生脚全開!のラフな夏らしいスタイリング。早速「トトロは、今でも月に一回は観ています!」とアピールします。あっ。近畿地方で地震だ。片瀬那奈ちゃんは熱心に聞いている役で、番宣も登場時に小窓ちゃんでチラリンコと流れただけでした。あたくしがラフに編集して「24分」だから、未亜たんが編集したら「数分」でしょう。尚、未亜たん編集ヴァージョンは、未亜たんにしては「かなり、甘い編集」ですが「五分半」でした。


(小島藺子/姫川未亜)



「世界一受けたい授業」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 20:53| TV | 更新情報をチェックする

「35歳の高校生」第九話

35jk2.jpg


日本テレビ 21:00〜21:54

「遂に最終章!! オバサン涙…サバイバル修学旅行」

亜矢子(米倉涼子)たち3Aはキャンプを行うことになった。しかし、食事はすべて自給自足の上、生徒同士の投票で不要な人間を追放していくと言う“サバイバルキャンプ”1回目の投票で追放となったのは亜矢子。亜矢子の事が気に入らない正光が、2軍3軍の生徒を脅して亜矢子を追放させたのだ!亜矢子がいなくなったキャンプは、すっかり元の空気に戻り正光たち1軍が支配。そんな中、次に追放が決まったのは、なんと正光だった!

■ キャスト
 米倉涼子 :馬場亜矢子(35歳の高校生、全話を通して不動の主人公!)
 溝端淳平 :小泉純一(担任教師、国語担当、第八話の主役のひとり)
 片瀬 那奈 :長峰あかり(スクールカウンセラー)
 広瀬アリス :長谷川里奈(第一話の主役、最初の友達、三軍→二軍)
 水野絵梨奈 :山下愛(第二話の主役、二人目の友達、一軍→三軍→二軍)
 (※ 第三話の主役「大竹亮太(上遠野太洸)&三枝鉄平(西井幸人)」が友達3&4号)
 (※ 第四話の主役「猿渡先生(東根作寿英)」は入院中)
 宮崎香蓮 :羽鳥梨花子(第五話の主役、一軍)
 小島藤子 :国分萌(第六話の主役のひとり、一軍)
 新川優愛 :工藤美月(第六話と第那奈話の主役のひとり、一軍→三軍→一軍)
 北山詩織 :泉優奈(第那奈話の主役のひとり、一軍)
 森川葵 :権藤瞳(第六話と第八話の主役のひとり、二軍)
 升毅 :蜷川真樹夫(生活指導)
 横山めぐみ :黛有紀(副校長)
 榎木孝明 :野田芳男(校長)
 渡哲也 :阿佐田幸信(教育長)
 、ほか

■ スタッフ
 脚本:山浦雅大
 演出:佐久間紀佳
 音楽:横山克
 主題歌:EXILE「Flower Song」
 統括:神蔵克
 チーフプロデューサー:大平太
 プロデューサー:池田健司、秋元孝之、高明希
 制作協力:オフィスクレッシェンド
 製作著作:日本テレビ



片瀬那奈ちゃんがスクールカウンセラーの長峰あかり先生を、敢えて「明るく楽しく」演じて「地獄に花」と思えるドラマ「35歳の高校生」第九話です。いよいよ、残り三回で最終章のクライマックスらしいのですけど、馬場ちゃん達のクラスは唐突にキャンプに行くとの事。プライベイトでもキャンプ好きな片瀬那奈ちゃんは「ど派手なウエア」で登場するみたいですけど、もしかして「私物」なのかしらん。学園ドラマで「サバイバルキャンプ」ってネタだと、内山理名ちゃん主演ドラマ「生徒諸君!」で「理名ちゃんの前任教師(「ブラマン」主役のお父さん、ところで、五代目との熱愛は何だったのだ?)」がミクロちゃん達を置き去りにして自分だけ下山した「悪夢」が蘇ります。あたくしの甥っ子は当時まだ小学生で、余りに非道な所業を観て本気で泣いてしまいました。其れでミクロちゃんヲタになった彼は、おそらく生涯「鬼畜教師」を許さないでしょう。演じられた田中哲司さんは迫真の演技をされただけなのだけど、子供は本気にしますからねぇ。子供じゃなくとも、猪木と対決していた頃のラッシャー木村さんなんて、猪木ファンに自宅に過剰な嫌がらせをされて愛犬がストレスで死んじゃったのですよ。ヒールは大変なのだ。

噺はスッテンコロリンしますけど、どうやら映画「二流小説家 シリアリスト」初日舞台挨拶に片瀬那奈ちゃんが登壇されると思われるのです。「ぴあ」から那奈通くらい「片瀬那奈ちゃんが登壇するからチケットを買え!」とメールが来たのだけれど、映画公式サイトの登壇予定者に載っていないからスル〜していたのですよ。でも、あんまりしつこく誘われたから映画公式サイトの登壇予定者を確認したら「武田真治くんが二人いる!」との事実に気付いたのでした。訂正される前にコピペしておきます。

6/15(土)、下記劇場にて『二流小説家 -シリアリスト-』初日舞台挨拶を開催いたします。

■会場 丸の内TOEI@(Pコード:551-253)
舞台挨拶登壇者・予定:
上川隆也、武田真治、平山あや、高橋惠子、
小池里奈、伊武雅刀、武田真治、 泉沙世子(主題歌)、デイヴィッド・ゴードン(原作)
10:30の回 上映終了後 舞台挨拶
※この上映回にはマスコミ取材が入ります。映り込む可能性がございますので、予めご了承ください。


上映館の公式サイトには、ハッキリと登壇予定者として片瀬那奈ちゃんの名前が載っているではありませんかっ。嗚呼、片瀬クンが武田真治くんになりすましていたのか?しまったっ!こんなトコでも騙すわけ?参ったナァ。そりゃまぁ、ヒロイン役の片瀬那奈ちゃんが初日舞台挨拶に登壇しないのは変だとは思いましたよ。「アブナイところだったわね、レム」なのだ。当然、内山理名ちゃんの様に「あわあわして」チケットを購入いたしました。

さて、ドラマ「35歳の高校生」第九話でございます。裏では「さしこが首位!」なんぞと云う「平成プロレス」が展開された模様で、「かたちん推し」で本当に好かったわよ。こんな結果になるなら「かたちん」が出馬していれば、確実にぶっちぎりでセンターだったわよ。「かたちん推し」のヲタはもう十年も前に、握手券も投票券も付いていないのに、同じCCCDを何枚も買ったのですからねっ。片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生は、今回も冒頭から笑いを取っております。なるほどね、こんな好い加減な「くじ引き」でキャンプが決まったのね。もう、シリアスとか云えない「ネタ・ドラマ」じゃん。何故か、長峰あかり先生はキャンプに同行します。更に小泉が「サバイバルキャンプ」宣言をぶちかますのでした。小泉の提案にノリノリとなったあかりちゃんは、ガッツリと生徒たちの盗撮映像を監視します。コノ展開だと、今回の片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生の出番は多いと思われて、実に嬉しいナァ。荒唐無稽な「サバイバルキャンプ」だけど、あかりちゃんが的確な解説を加えているので、宜しいんじゃないでしょうかしらん。

「クライマックス最終章へ突入!」と謳われたのに、益々ドタバタ学園ドラマになっている気がしますが、やっぱり「長峰あかり先生に毒された」と思えます。恐るべし!片瀬那奈ちゃん、じゃないや、長峰あかり先生!なのだ。最初に追放され、牢屋に入れられた馬場ちゃん。小泉が仕掛けた罠に偶然にはまった湯川理(一軍)を諭し、二人目の追放者となったのは「一軍男子のリーダー」である土屋正光と来たもんだ。何故か何者かによってケータイや食料が奪われ(ま、ヘッドフォンなんだけどさ)、長峰あかり先生はガッツリとお召し物を変えております。てか、何だ此の「カイジ」は?えっとですね、此のドラマって、一体どーなってんのよさ。完全に「ザ・長峰あかり・ワールド」となってしまいました。「馬場ちゃんか正光のどちらかを牢屋から出すのを、他の生徒に決めさせる」となりまして、那奈ちゃん、じゃないや、あかりちゃんは、完璧にゲーム感覚全開!で楽しんでおります。馬場ちゃんの此れまでの功績がクラスメイトに伝わっていて(回想シーン満載で、最終回かと思ったわよ)、二軍男子も反乱し、殴られた一軍の二人も覚醒!「馬場ちゃん vs 正光」の対決は、馬場ちゃんの勝利となるわけです。閉じ込められ一夜を共にした「あかりちゃん&小泉」に何があったかは、謎でございます。

クラスメイトの大半は「馬場ちゃん派」となりました。然し!ラスボスの「ヘッドフォン」は、小泉と長峰あかり先生を監禁したり、馬場ちゃんに意味深なコトノハを発したりします。どー考えても、何もかもヘッドフォンが全てのトラップを仕掛けたと思われます。最早、馬場ちゃんの敵は「正光」と「ヘッドフォン」のみとなった模様で、次回では「正光」が主役、最終回は「ヘッドフォン」って感じなのでしょうね。最初の頃とは大きく変わってしまった展開となりましたが、片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生のキャラクターは首尾一貫しており、今回は出番も多く「好い加減な解説者」として大いに盛り上げました。設定からして「ネタ・ドラマ」と思わせて、序盤は重苦しいシリアス展開で進み、中盤から路線が変わり、いよいよ終盤となって「やっぱり、ネタ・ドラマだったのかよ!」となったわけで、在る意味、面白い。そして、長峰あかり先生が「相関図で、ど真ん中に居る意味」も、分かり易くなったと思います。長峰あかり先生は、スットコドッコイな振る舞いをしつつ、しっかりと分析をしております。ココといたしましては「長峰あかり色に染まった」今回は楽しめました。「AKB48総選挙」の結果が出た後で始まったので、数字に関しての「言い訳」も通用しません。さてさて、どーなりますかしらん。


【第9話の湯呑み文字】キャンプに同行したので無かったと思います。

(第9話視聴率「9.9%」)


(小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 21:54| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

「ブラッディ・マンデイ シーズン2」一挙放送祭りで、片瀬那奈ちゃんもチラリンコと出ます、ふたたび。

ブラッディ・マンデイ シーズン2 [DVD]


TBSチャンネル1 0:30〜10:00

片瀬那奈 as 宝生小百合

(本放送:2010年1月23日〜3月20日)


あっ。うっかり忘れて「全日本プロレス中継」を流しておりましたが、片瀬那奈ちゃんが演じられた宝生小百合ちゃんが自決する場面が第一話でチラリンコと映る「ブラッディ・マンデイ シーズン2」の一挙放送が敢行されておりました。何だかもう色々と立て込んでいて、フォローしきれませんよ。ま、片瀬那奈ちゃんは第一話での回想シーンでほんの数秒出ておられるだけですし、何度も録画したので、どーだっていいや。そもそも、前作の使い回し数秒だけでノンクレジットだった「ブラマン2」は、片瀬那奈ちゃんの公式プロフィールには載っていないのです。こんなもんまで記録しているのは、おそらくココだけでしょう。


「ブラッディ・マンデイ」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



「ブラッディ・マンデイ」TBS公式サイト


posted by 栗 at 01:28| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「シューイチ」#109

Myこれ!Liteシリーズ 松本明子


日本テレビ 7:30〜9:55

【MC】中山秀征、片瀬那奈
【レギュラー出演者】中丸雄一(KAT-TUN)、笛吹雅子、佐藤義朗、辻岡義堂、後藤晴菜
【コメンテイター】手嶋龍一、北澤豪
【シューイチガールズ】黒田有彩上田眞央小池花瑠奈大坪あきほ小林麗菜

皇太子ご夫妻がきょう結婚記念日を迎えます。世紀のパレードから20年、雅子さまの歩みを辿ります AKB48選抜総選挙…驚きの結果は? サッカー日本代表がブラジルW杯出場決定!本田圭祐選手の原点を辿りました 中山のイチバンはハウステンボス復活裏側。18年赤字を立て直した社長の経営哲学とは? 中丸のまじっすかは帝国ホテルの驚きサービスを体験 進化する扇風機が続々登場【番組内容は変更の可能性があります】


片瀬那奈ちゃんのブログが、6月1日を最後に更新されておりません。いや、片瀬那奈ちゃん御自身の更新は、5月30日の「那奈理名」参上!であった「山登り」で途絶えたのです。「期間限定」だから、一ヵ月半で終了してしまったのでありましょうかしらん。青地に黒いレース入りのミニワンピースで生脚全開!髪はキリリンコと纏めてオデコも全開!の片瀬那奈ちゃんが「日曜日も頑張ります!」と登場です。笛吹さんと義堂アナが担当の「最新NEWS」からスタート。色々あって、小窓ちゃんの片瀬那奈ちゃんの表情もコロコロコロリンコですが、北澤さんの苦虫を噛み潰した様な顔には同情を禁じえません。おっと、ココで小林麗菜ちゃんが担当の「お天気コーナー Part 1」ですか。義堂アナ担当の「イチ☆ドク」の次は、佐藤アナ&後藤アナが担当の「SHOWBIZ&SPORTS」です。今週も序盤から「片瀬那奈ちゃんの小窓ちゃん芸」が冴え渡ります。あら、読売ジャイアンツのネタでヒデちゃんが片瀬クンに「お母さんも喜んでいるんじゃないですか?」と「あっちゃん」ネタを振ったぞ。そして「AKB48総選挙」ネタとは、なかなか「コアな繋ぎ」ですね。

総選挙の感想を訊かれた中丸くんの「ジャニーズにコレが無くてよかったです」には笑いました。片瀬那奈ちゃんは、やっぱり「大島優子ちゃん推し」なのでしょうね。小池花瑠奈ちゃんと大坪あきほちゃんが担当の「ウレスジ」は、進化する扇風機を調査です。今は移動した「シューイチくん」の声は、やっぱり「エブリ!」って聞こえるナァ。スタジオでは片瀬クンが身を乗り出して興味深々です。8時の「トクシュー」は皇室ネタで、皇太子ご夫妻ご成婚20年でございます。そっか、もう♪あれから二十年♪(安藤ゆうじ声で)なのですね。あらま、那奈ちゃんもパレードで旗を振っていたのですか。「11歳の那奈ちゃん」も可愛かったでしょうね。何だか、今回はヒデちゃんが片瀬那奈ちゃんの貴重な情報を、うっかり明かし捲くっている気がするぞ。「中山のイチバン」はハウステンボスを復活させた社長を取材。あらららん、ココでも片瀬那奈ちゃんが「あたしも高校生の時に行った」と発言ですよ。今回の裏テーマは「片瀬那奈ちゃんグラフィティ」なのでありましょうかしらん。

片瀬那奈ちゃんと佐藤アナが担当の「スポイチ」は、サッカー・スペシャルです。北澤さんが呼ばれたのはコレの為なのでしょうけど、「サッカー女優」の異名も持つ片瀬那奈ちゃんもノリノリです。日本のW杯進出は目出度いのだけど、渋谷路上でのバカ騒ぎは何とかならんのかしらん。タクシーの屋根に乗るとか、酷すぎますよ。義堂アナ&後藤アナが担当の「Showbiz Countdown」となりまして、「美男(ホントは美子)」のアフレコ挑戦は、昨日の「RINAさん」の続きですね。あら、菅ちゃんじゃないのよさ。「カタセカイ住人」がテンコ盛りです。菅ちゃん&阿部サダヲさんが、スタジオの片瀬那奈ちゃんと「津軽弁」で会話と来たもんだ。今回の「シューイチ」は、もう完全に裏テーマは「片瀬那奈ちゃんグラフィティ」と考えるしかありません。菅ちゃんは、結婚されても菅ちゃんだナァ。「独断ですが」は、「勝新豪快伝説」です。やっぱり、ヒデちゃんはタケちゃんを目指しているのかしらん。おおっと、出たよ!片瀬那奈ちゃんが御出演の映画「二流小説家 シリアリスト」の会見だっ!

ココでバッチリと「シューイチ」ポーズを決めていましたか。後藤アナの初突撃に、片瀬那奈ちゃんが先輩らしく絶妙のフォローをぶちかまします。武田くんはココでも面白ノリですね。おいおい、後藤ちゃん「かたてさん」って、、、。どうやら、新たなるズッコケ担当は後藤アナとなりそうです。てか、アノ時のカメラはやっぱり日テレちゃんだったのですね。よくぞ、放送して下さった!初日舞台挨拶も、宜しくお願いいたします。大好評の「まじっすか !?」は「帝国ホテルの驚きサービスを体験」です。「まじっすか !?」好きの「小窓ちゃんの片瀬那奈ちゃん」も、気分が更に上昇でございます。上田眞央ちゃんと黒田有彩ちゃんが担当の「トレナビ」は松本明子さんを迎えて、ズガーン!おいおい、砂銀じゃん。思いっ切り、あたくしの地元なんですけど。てか、つまりは片瀬那奈ちゃんの地元ではありませんかっ。ちょっと待って下さい、今週の「シューイチ」は、ネタがコア過ぎて「那奈ヲタ」はクラクラですよっ。

「10秒Question」のネタは、ヒデちゃんと片瀬クンは当然知っていますね。松本明子さんと上田ちゃんとクロアリちゃんのトリオは、実況とお会計の佐藤アナを従えて、思いっ切り「DAISUKI !」ノリで砂町銀座を食べ歩きます。すみません、アノあまりにも日常的に歩いている場所なので、何だかムズムズします。小窓ちゃんの片瀬那奈ちゃんは、もちろん地元なので始終「知ってるよ顔」であります。おやおや、ビールを呑めばやっぱり上田ちゃんがガッツリ行くナァ。当たり前田のあっちゃんもさしこが首位で大爆笑ですが、あたくしは紹介されたお店すべてに何度も行っております。てか、こんな近所に来ていたのなら、上田ちゃんを目撃したかったぞ。れいにゃん担当の「お天気コーナー Part 2」は「上」の書を披露で、片瀬那奈ちゃんは「常にテンションが上がってる!」と来ました。今回の「シューイチ」は、正に「片瀬那奈ちゃんグラフィティ」が全篇に鏤められたマニアック過ぎる「那奈ヲタ」感涙の内容で、「星みっつ」どころか「七つ星」ですよっ。


【6/9の衣装】「GRACE CONTINENTAL」


「THANX 4 うっぴー☆」 (小島藺子/姫川未亜)



「シューイチ」日本テレビ公式サイト
「シューイチ」Facebook


posted by 栗 at 09:57| TV | 更新情報をチェックする

「デスノート the Last name」ノーカット放送、今年五度目

DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]


チャンネルNECO 19:20〜22:00

片瀬那奈 as 高田清美
 公開:2006年11月3日
 撮影:2006年6月2日〜7月31日


幾度デスノートで殺されても蘇る片瀬那奈ちゃん演じる高田清美の「デスノート the Last name」でございます。もう、今年だけで五度目でありまして、本日は17時から三作を日付越えで一挙放送いたします。えっと、誠に申し訳ないのですけど、今回は裏で「ワールドプロレスリング」の生放送がございますので、パスさせていただきます。此の映画は劇場で二回観て、DVDも豪華版と通常版を買い、地上波でもスカパー!でも出来る限り録画観賞し、片瀬那奈ちゃんが舞台挨拶で「最低でも二十回は観てね!」とおっしゃられた十倍の二百回くらいは観ていると思いますので、そろそろ勘弁して下さい。もうね、ハッキリ云って高田清美のセリフどころか、映画の全てが脳裏に埋め込まれちゃっていますよっ。てか、どんだけ DVD や Blu-ray があるのよさ。未亜たん入魂の「高田清美ヴァージョン」まで何枚もあるじゃまいか。

とは云え、此の映画「デスノート the Last name」は、あたくしにとって大切な作品です。片瀬那奈ちゃんは、此の作品が二度目の映画出演作だったのですが、銀幕デビュー作「冷静と情熱のあいだ(2001年)」は数十秒のカメオ出演であり、本格的な銀幕デビュー作は「デスノート the Last name」と云えるでしょう。劇場へ二度も足を運んだのは、片瀬那奈ちゃんの舞台挨拶があったからです。此の映画で、舞台挨拶の旨味を知ってしまいました。其れから、片瀬那奈ちゃんの映画初日舞台挨拶を逃したのは、シークレットだった「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」だけだと思います。其れ程に、「デスノート the Last name」初日は強烈だったのです。2006年11月3日、帰宅して、声をあげて泣きました。でも、今宵はプロレスを観てしまうわけで、どーも、すいません。

ところがですね、朝から「片瀬那奈ちゃんグラフィティ」となった「シューイチ」を観て実況し、最近の片瀬那奈ちゃん番組を Blu-ray に焼きつつ CDラジオで洋楽を聴いて、昼酒かっくらって松田優作主演映画「ひとごろし」とドキュメンタリーを観ていたら、そりゃ睡魔に襲われます。「ワールドプロレスリング」の生放送が始まる前に一眠りしようと思って横になったら、目覚めたらもうプリンス・デビットが悪夢の優勝を決めておりました。ま、録画していたので片瀬那奈ちゃんが案内人を務めておられる「たべものがたり 彼女のこんだて帖」をリアルタイムで観た後に観ているのだけど、相変わらず実況アナがやかましいぞ。消音して観るしかないナ。喚き捲くる実況で、折角の名勝負が台無しですよ。サラッと観て、消去しちゃいました。てか、やっぱり「高田清美サマの呪い」で寝てしまったのでしょうね。えっと、次の「デスノート the Last name」ノーカット放送、今年六度目(6/13)は、録画予約しましたので許して下さい。


「デスノート the Last name」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 19:20| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「たべものがたり 彼女のこんだて帖」第十三回

カエルの王女さま Blu-ray BOX プロゴルファー花 DVD-BOX


NHK BSプレミアム 22:50〜23:20

「結婚30年目のグラタン」

玉乃井雅子(50代)(大島蓉子)の夫は定年後、家から出ることもなくやがて糖尿病に。見かねた雅子はケンカのすえ、離婚まで考える。そういいつつ、魚屋の女将(おかみ)の助言に従い、夫への低カロリー食を練り上げていく。トークは、アスリートとして妻として栄養管理に詳しいゲストふたりが、“気遣いのレシピ”について語る。

【出演】
 案内人:片瀬那奈
 ドラマキャスト:大島蓉子、斉藤暁、平愛梨、ほか
 トークゲスト:東尾理子、潮田玲子


片瀬那奈ちゃんが「派手だね!」な衣装で案内人を務めておられる「たべものがたり 彼女のこんだて帖」は、もう「13回」となりました。今回のドラマでの主役は、昨夜「さしこに負けて連覇ならずだったのに大笑いしていた」大島優子ちゃんではなく、一字違いの大島蓉子さんです。一年前に、片瀬那奈ちゃんは「W大島」とドラマ「カエルの王女さま」で共演されておりました。大島蓉子さんは平愛梨ちゃんの母親役なのですけど、あたくしは片瀬クン目当てで「W大島」にも「カンナ」にも逢えてしまったのだナァ。御本尊様を信仰していると、沢山の役者さんにも逢えてご利益がありますね。トークゲストにリアル「プロゴルファー・リコ」と云うのも、此の番組が「片瀬那奈ありき!」で制作されていると感じられます。

深い緑の長袖ブラウスに鮮やかな黄色のスカート姿で、髪をキリリンコと纏めた片瀬那奈ちゃんが、冒頭に登場しました。今宵の衣装も「ど派手」です。ドラマになり、前回の主役だった「カンナ」の両親の物語となります。大島蓉子さんは売れっ子で、片瀬那奈ちゃんと昨年「カエルの王女さま」で共演されていた時期には、ミクロちゃん主演の朝ドラ「梅ちゃん先生」にもミクロちゃんの義母役で出ておられました。片瀬那奈ちゃんが劇場版に御出演された「TRICK」での「主人公・五代目(片瀬クンが三代目なので、那奈ヲタは彼女をこう呼びます)の大家さん」役でも有名です。そー云えば「カエルの王女さま」の役名は「馬場みぞれ」だから、「馬場ちゃん」じゃん。トークになって、片瀬那奈ちゃんの全身スタイリングが観れて、黒いタイツ姿と分かりました。

此のセットは前も観たけど、ゲストのお二人が何だか安っぽい感じの板ベンチに座って、片瀬クンが西豪寺エレナ様みたいに一人で高そうな椅子に座っているって、狙っているのかしらん。ドラマは定年退職後にブラブラしているお父さんとケンカして家出し離婚まで考えたお母さんが、思い出の料理(グラタン)を通して仲直りと云う御馴染みのハッピーエンドでございます。そりゃ、孫が生まれるってのに熟年離婚されたら娘のカンナも困ってしまいます。トークに戻って、今回も片瀬那奈ちゃんは見事な司会を展開します。本当に、トークが益々上手くなりました。身を乗り出しゲストの目をしっかりと見て話を聞きだし、笑いが絶えない場を作り出しています。

あれれ?次回予告がないぞ。変だナァ、NHKさんからは来週に14回ってメールが届いているのにナァ。しかも、TV情報誌には「終」マークが付いているわけだが。研音ちゃんでは再来週って告知が訂正されていませんけど、どっちにしろ、次回が最終回でございます。片瀬那奈ちゃんの衣装から考えても、収録はとっくの昔(おそらく今年の三月頃)に終わっていたのでしょう。果たして、最後にドラマにも片瀬那奈ちゃんは登場されるのか?てか、トークゲストに尾木ママが御出陣でございます。おいおい、「シューイチ」ともコラボですか?正に「カタセカイ」満開の番組ですね。


「たべものがたり 彼女のこんだて帖」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



「美力 BS for WOMEN」
 vol.23 料理は愛のバロメーター 片瀬那奈

「たべものがたり・彼女のこんだて帖」NHK ONLINE


posted by 栗 at 23:20| TV | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

「さしこに惨敗あかりちゃん、でもきっと大笑い」

35jk2.jpg


米倉涼子がミニスカ女子高生 「35歳の高校生」第9話は9・9%(スポニチ 6/10)
【AKB第5回総選挙】視聴率は昨年超えた! 瞬間最高32・7%、平均20・3%(産経 6/10)


片瀬那奈ちゃんがスクールカウンセラーの長峰あかり先生を演じておられるドラマ「35歳の高校生」第九話の視聴率は、「9.9%」と、史上最低で初のひと桁!でした。言い訳にはならないと申しましたが、裏の「さしこ」に「32.7%」(21時1分でモロに「35歳の高校生」第九話スタート時にぶつかっている)も持っていかれたんじゃ、仕方ありませんナァ。ドラマ制作陣は此の無惨な結果に「一体、俺たちの苦労は何だったのか?」と発狂しないでね。米倉姐さんも片瀬那奈ちゃんも生徒役諸君も、全員が「さしこ」如きに叩き潰されたのです。もう、笑うしかないでしょう。ちなみに「AKB48総選挙」の平均「20.3%」とは第一部(19:00〜21:15)の数字で、関東ローカル枠(18:30〜19:00)の平均「9.9%」と第二部(21:15〜23:10)の平均「13.2%」とワ〜ケワケされております。つまり番組全体の加重平均は「16.3%」位なのでしょう。どっちにしろ、「35歳の高校生」のボロ負けである事に変わりはありません。あたくしは、筒井康隆先生の傑作短編「イチゴの日」を思い出してしまいました。ところが、全くめげていないのか、もうヤケクソになったのかは分かりませんが、来週(6/22)で最終回を迎える「35歳の高校生」は「最終回2時間スペシャル」をぶちかますと発表!盛り上がって参りました。
 

(小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 12:54| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#10 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:01〜13:50

「約束の海」(本放送:2004年12月13日

片瀬那奈 as 藤澤律子


季節が完全に半年ずれての再放送であります「ラストクリスマス」も、いよいよ本日と明日で終了です。第八話までエンディングは「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」だったのに、前回の第九話では突然にドラマチックなインストになっていました。片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子と玉木宏さん演じる日垣直哉の恋愛は、決着します。例の、日垣「律子!」律子「行きたくない」日垣「行くな!」律子「行きたくない!」日垣「行くなぁっ!!」律子「ゴメンね」日垣「行くなよ、、、」律子「行ってきます!」と云う、横断歩道を挟んでの名場面があります。ニューヨークへ旅立つ律子を見送る日垣が、横断歩道の向こう側へ渡った律子を見て「一時も離れたくないマザコン魂が爆裂」し引き止めますが、律子は笑って旅立つ、最大の「見せ場」でございます。其れで終われば、確かにドラマチックな名場面なんですけどね。今回は、メインだった第三話に続いて片瀬那奈ちゃんの出番が多いです。当時の記事を見ると、あたくしは完全に「ラストクリスマス」を見限っており、2004年12月25日に「一夜限りの復活」を果たす「歌手・片瀬那奈」に夢中だった模様です。

前回の感傷的なエンディングは何だったのか?と「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」に乗せた主役カップルの漫才で始まりますが、青井は入院と決まったので、無理にはしゃぐ二人の姿が痛々しく、視聴者は早くもウルウルでしょう。オープニング・テーマ曲「ラスト・クリスマス」に乗せて、片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子も会議に参加し、日垣と会話するので登場します。片瀬クンの声はまだ枯れています。そー云えば、2004年12月25日にも風邪をひいておられたのでした。青井の父親役は尾藤イサオさん(青井が病状を隠す為に化粧をしているとか、生い立ちから子供の頃のリコーダー話などを、饒舌に詳細に春木に語る!何故?)で、同室で同じ病気で入院中の患者は奥貫薫さん、と此の回にしか登場しないと思われる配役も豪華ですね。律子が再び登場し、春木たちにニューヨーク行きを報告。そして、横断歩道での名シーンへと繋がります。いやあ、実に感動的な別れの場面でございます。信号は赤に変わり、律子は背を向けて出番は終了かと思われました。青井と同じ病気の患者は、突然に容態が急変しアッサリと亡くなってしまいます。激しく動揺する青井を励ます為、春木は外出許可を得て「田舎の海が見たい」と云う青井の地元へ出かけます。

青井の離婚した元旦那の元へ忘れ物を受け取る為に代理で向う春木が逢ったのは、元旦那の姉(網浜直子さん)で、露骨に迷惑がられるものの、思い出の品をゲットして青井に渡すのです。海岸で春木と青井は写真を撮ろうとすると、青井は泣き出し、抱きしめる春木!「ケンジ(春木)のせいで、死にたくないよ!」と号泣する青井!もう、可哀相で涙が溢れます。病室の青井の為に、思い出のリコーダーで吹けなかった「サンタが街にやってくる」をパーティーで合唱しサリーがラジオ生放送。ニューヨークへ旅立つ律子も聴いています。病院へ春木が駆けつけると、青井の容態は悪化し集中治療室で衰弱しきった姿となっており、酸素吸入器を付けられた青井の手を握り締める春木!心配するサリーからの電話に「青井は元気だったよ」と嘘をつきつつ、青井のアルバムを見て二人の思い出話をする内に、青井に渡された浜辺での写真を見た春木は感情が爆発し、泣き崩れます。「俺はもうあいつに何もしてやれないのか!」と、むせび泣く春木に「ラスト・クリスマス」のインスト版が流れ、最終回へ引っ張ります。もう、視聴者は「青井が死んじゃうの?かわいそう!」と涙が止まりません。さあ、明日の最終回はどうなる?くれぐれも、ズッコケても、あたしゃ知らんぞ。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「千の川物語〜五ヶ瀬川」で内山理名ちゃん!

Green River


BSジャパン 22:54〜23:54

ナレーター:内山理名


先週は「ヨーロッパ水風景」でたっぶりと内山理名ちゃんのギリシャ紀行を堪能しましたが、そこで魅せた「天然爆裂!」の「素」とは打って変わった「しっとりとした語り」が楽しめる「千の川物語」六回目でございます。二週続けて同じ内容が流れますが、此の「五ヶ瀬川」篇は今週に録画しておかなければなりません。何故なら、次週は、片瀬那奈ちゃんがオープニング・テーマ曲「GALAXY」を担当された「逮捕しちゃうぞ」とバッティングしているからなのです。いやあ、もう「那奈理名」がスルリンコとバッティングを回避して下さって、ありがたや、ハレルヤ・アイ・ラヴ・ハー!でございます。

ところが、ゲゲゲのゲ!此の前に映画「ゼブラーマン」を呑気に観ながら「懐かしいナァ」と何となく録画していて、うっかりエンドロールまで流していたら、バッティングしていて内山理名ちゃんのナレーション番組の冒頭に被っているじゃまいかっ。何と云う失態!慌てて操作したものの、最初の三分弱が録画出来なかったのですよっ。いや、「五ヶ瀬川」篇は来週も放送されるから平気と思いましたが、前述の通り「逮捕しちゃうぞ」とバッティングしていますので無理です。てか、此の番組は各二回放送するのに何度も録画を失敗しちゃって、本当に申し訳ない!ボキは「理名ヲタ」失格です。内山理名ちゃんの公式サイトでは、「ヨーロッパ水風景」のオフショットが公開されました。


(姫川未亜)



「千の川物語〜にっぽん美しき水風景」BSジャパン公式サイト



お邪魔致します、イコでございます。未亜たんが本性を露わにし「内山さん推し」になった模様ですので、「かたちん推し」のあたくしが来ましたよ。片瀬那奈ちゃんが「長谷川千夏」役で御出演され、いよいよ今週の土曜日(6/15)に公開される映画「二流小説家 シリアリスト」ですが、当ブログ既報通り、先週の水曜日(6/5)に完成披露会見と舞台挨拶が行われました。本日(6/10)に押っ取り刀で研音ちゃんが報告しておりますが、映像は昨日(6/9)の「シューイチ」で公開されていました。然し!今は「ようつべ」がありますので、かなり詳細なマスコミ向け会見の模様もアップされております。過去記事の「二流小説家 シリアリスト」完成披露試写会で、片瀬那奈ちゃん!続報に、主要な公式映像は追加リンクしましたので、どうぞ召し上がれ。他にも過去ログは常に補足改訂しているのですけど、例えば、うっぴー☆提供の「Smart LOGOS vol.4」等も、キチンと書き足しております。


「THANX 4 うっぴー☆」 (小島藺子)



posted by 栗 at 22:58| RINA | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

「ラストクリスマス」#11(最終回) CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 12:30〜13:40

「幸せのオーロラ」(本放送:2004年12月20日)

片瀬那奈 as 藤澤律子


さあ、いよいよ「ラストクリスマス」も最終回でございます。平均「21.6%」と「AKB48総選挙」もシャッポを脱ぐ数字を叩き出したドラマですので、最終回は、なな、なんと、強気の「30分拡大!」でありました。ゆえに、今回の再放送でもコレまでとは時間帯が違っておりますので、お気をつけ下さい。前回で横断歩道を境にした「切ない別れ」をやらかした片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子ですが、空港へ向う途中で寄り道し日垣と逢うのです。おいおい、アノ名場面は何だったのかしらん。ハートスポーツの受付で律子は日垣に「今度は、あたしが片想いする。ニューヨークへ行っても貴方のことを忘れない。いつ戻って来れるか分からないけど、貴方のことを想って頑張るから、また振り向いてくれるまで想い続けるから」と一気に熱い想いを告白します。日垣が「無理だよ」と云えば、律子は「無理じゃない!片想いだって想い続ければいつか両想いになることもあるわ。だって、ココにソノ証人がいる。それだけ云いたかったの」と、甘い殺し文句をぶちかまします。

云いたい事だけ云って空港へ向おうとする律子に、日垣は「律子!俺はお前みたいな女が嫌いなんだよ。迷惑なんだよ。女なんて、幾らでもいるんだよ。お前のことなんか」と云い、律子を抱きしめ「片想いなんて無理だよ。俺はもう迷わないから」と、真っ昼間の会社の受付での大胆なラヴ・シーン!周りのおねえさん達は呆然としたり泣き崩れたり失神したりするのですけど、もしかして全員が日垣に「やられちゃった女の子」なのかしらん。「俺はもう迷わない」のひとことで捨てられた多くのおねえさん達には、同情するしかありません。此の場面での片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子は、悪戯っぽく微笑んで日垣の駄々っ子発言を「うん」「うん」「うん」と受け流す辺りは魅力的です。当時、撮影中に23歳になったばかりの片瀬那奈ちゃんにとって、26歳の藤澤律子を演じるのは大変だったでしょう。しかも、片瀬那奈ちゃんは二年半振りの本格的な女優復帰作だったわけで、プレッシャーも大きく体調不良もあり御苦労されたとは思います。其れでも、此のドラマも藤澤律子も「最低最悪」だと断言します。

先ず以って、シナリオが酷過ぎます。「律子と日垣」の物語だけを追っても、前回での「横断歩道での別れ」を根底から覆す最終回での「受付での抱擁」でお分かりの様に、毎回が「次回へ如何にドラマチックに引っ張るか」しか考えていないので、登場人物の思考や行動が支離滅裂です。例えば、日垣は青井から手付かずで戻された「120万円」を「律子をニューヨークまで追う為に使う」と云ったのに、「行くな!」と引き止めます。律子も元々「一年だけ行く」と云っていたはずなのに「いつ戻って来れるか分からない」なんぞと云います。全てが其の場限りのテキトーなセリフなのだよ。主役カップルに関しても、終盤になって「難病ネタ」へ持って行くのが姑息過ぎます。アノですね、そりゃ、ヒロインが余命幾許も無いと思えて主役が必死で支えたら、視聴者は可哀相で泣きますよ。でもさ、其れって感動の涙なのかしらん。片瀬那奈ちゃんも劇中で何度も死にました。ほとんどが殺される役で、ファンだから「那奈ちゃんが死んじゃうのは可哀相だナァ」とは思いますよ。でも、あたくしは「歌のおにいさん」でカラスのコスプレをした片瀬那奈ちゃん演じる美月うらら姫が子供たちに語りかけた場面で、物凄く感動したのです。助演女優賞を獲得されたのは、伊達や酔狂ではありません。アンナ間抜けな格好で、其れでも真摯に語り、観る者に深い感動を与えられるのが「怪優・片瀬那奈」の真骨頂なのです。

16歳で水着キャンペーン・ガールとしてデビューした時も、17歳で女優デビューしグラビアでも活躍していた「第一期女優時代」も、20歳で歌手転向を決意しファンの前に立ち続けた「歌手・片瀬那奈」も、目まぐるしい変化に戸惑ったものの、常に片瀬那奈ちゃんは輝いていました。然し、歌手を辞めて女優回帰へと向った2004年下半期に、あたくしは「片瀬那奈は終わった!」と思ったのです。其れで、輝いていた片瀬那奈ちゃんの記録を遺す為にココを立ち上げました。史上最悪なドラマ「ラストクリスマス」を、いや、藤澤律子を演じる「余りにも無様な片瀬那奈」を観て、心の底からやり場の無い憤りを感じました。「何故、片瀬那奈は僕たちをあんなにも夢中にさせた音楽活動を辞めてまで女優回帰したのに、こんな誰にでも出来そうな端役で、体調もボロボロで気合の入っていない演技をやらかしているのだ?」と、悔しくて悲しくて仕方なかったよ。以前も書きましたが、此の「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」を産んだのは、藤澤律子です。だからこそ、今回の再放送で徹底的に叩き潰そうと思いました。

青井はシアトルへ行って手術すべきと云われるのですが、病院から脱走してしまいます。心配した春木が帰宅すると青井がいて、病院へ連れ帰ろうとしますが、青井は「ココでケンジと一緒にいたい!」と駄々をこねます。然し、春木の深い愛情に勇気づけられた青井はシアトル行きを決意します。伍郎の粋な計らいで、春木も同行する事となります。見送る主治医の「アタック・チャンス」が「アタック・チャンス」ポーズを決めるのは、些かふざけ過ぎな演出です。伍郎は「達平と彩香」の仲も取り持ち、最終回で男気爆裂!達平は彩香がアルバイト中のお店に乱入しズッコケ・プロポーズでお客さんの前で熱烈なキス!そして、律子と日垣の受付での熱い抱擁!と、周辺のカップル(登場人物は全員が、他人の迷惑などお構いなしで痴話喧嘩をやり、人目も憚らず抱き合う「バカップル」ばかりです)が次々とハッピーエンドを迎え、主役カップルはシアトルへ。場面は、初回の冒頭で描かれた春木がイエローナイフを歩く場面になります。つまり、ココまでが長い回想だったのだ。青井の手術結果を待つ春木に連絡が入り、激しく取り乱して「シアトルへ戻る!」と云い出します。青井が託したプレゼント(青井の遺言ヴィデオ)を観て、春木はさめざめと泣きます。もう、視聴者は「青井が死んだ!」と思い号泣ですよ。

そして、一年後へいきなりだナァと話が飛び、ニューヨークから律子が帰って来ます。達平と彩香には子供が出来て、春木の隣室には別人が引っ越して来ます。嗚呼、やっぱり青井は死んでしまったのね。アタック・チャンスと春木の母も熟年再婚。みんなに花が届き、其れはシアトルの青井からでした。ズガーン!散々勿体つけておいて、青井の手術は奇跡的に成功して生きていたのでした!ハラホレヒレハラでズッパパズパパズパパーン!です。退院した青井を、春木はサプライズでシアトルまで迎えに行き、雪だるまでおびき寄せサンタのコスプレでお出迎え!回想シーンが流れ、雪の中、教会の前で抱き合う二人!二人の結婚式が行われ、回想シーンが交錯し、もうお腹いっぱいです。神聖な式の途中でイエローナイフへ行くと云い出し、神父様も黙認!カップル達がダンスして、春木と青井は「幸せのオーロラ」を観て熱いキッスを交わしましたとさ。めでたし、めでたし。って、アノですね、何じゃこりゃ。こんなスットコドッコイな展開で、片瀬那奈ちゃんの演技もダメダメなのですから、リアルタイムであたくしが怒りを通り越して呆れ返りマトモに記録しなかった気持ちを察して頂きたい。「ラストクリスマス」は「女優・片瀬那奈」にとって「最低最悪の駄作」です。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「さようなら、藤澤律子!されど片瀬那奈ちゃんの温故知新はつづくのだ」

ラストクリスマス ザ・コンプリート・コレクション


あたくしが九年近い怨念を込めて徹底的に叩き潰した「片瀬那奈ちゃんが2004年に演じられた藤澤律子」は、如何でしたかしらん。一年半前に開催した「第壱回・片瀬那奈・怪優グランプリ」で、小早川妙子の狂乱ファイトで多くの片瀬那奈ちゃんが演じられたキャラクターが惨殺される場面を書きましたが、藤澤律子は未亜たんの実況で「神崎今日子、岡元めぐみ、菜穂美、松下梨絵の四人が、東西南北の最上段最後部座席後方の壁まで吹っ飛ばされ叩きつけられましたっ。全員、血まみれです!おそらく、生きてはいないでしょうっ。おおっと、藤澤律子は天井に飛ばされ落下し照明機材に串刺しになっておりますっ。なんと云う無惨な光景なのでありましょうか!と、もっとも悲惨な死に様を魅せております。

賢明な片瀬那奈ちゃんファンのみんなにはバレバレでしょうが、あたくしは藤澤律子を心から深く愛しています。どんなに無様な再出発であったとしても、彼女はココを創ってしまった、云わば「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」の母親です。そして「ラストクリスマス」には、片瀬那奈ちゃんを愛するみんなにとってスペシャルな本当のオチがありました。2004年12月20日の最終回を観て呆然となったあたくしは、2004年12月25日に「本当の奇跡」を体験しました。ドラマ以上に、ドラマチックでロマンチックなクリスマスの夜でした。リアルタイムの片瀬那奈ちゃんに対する絶望感だけでは、こんな酔狂なモンを立ち上げたりしません。藤澤律子は、最後の最後で輝いてくれた。彼女は風邪をひいて最悪の体調なのに「Shine」を生歌で高らかに歌ったのです。

「ラストクリスマス」の再放送は終わりましたが、まだまだ片瀬那奈ちゃんの旧作はぞくぞくとスカパー!を中心に放送されていきます。リアルタイムの片瀬那奈ちゃんは、映画「二流小説家 シリアリスト」の公開が目前で、ドラマ「35歳の高校生」は数々の裏番組砲にもめげず「最終回2時間スペシャル」が決定!次のクールには「ショムニ 2013」へ御出演!と女優として大活躍中ですし、生放送で司会を務める「シューイチ」も続きます。新作を追うのでいっぱいいっぱいとも云える素晴らしい状況ですが、今の片瀬那奈ちゃんを創ったのは過去の積み重ねです。旧作を再見する醍醐味は、計り知れません。片瀬那奈ちゃんは多くの作品を遺して来ました。それぞれが愛おしく、何度でも観る価値があります。もう一度くりかえしましょう。あたくしは、心から藤澤律子さんを愛しています。貴女と出逢って「ゼンキロ」は生まれました。ありがとう。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 18:21| ACTRESS | 更新情報をチェックする