nana624.png

2013年05月26日

「たべものがたり 彼女のこんだて帖」第十一回

荒川アンダーザ ブリッジ 10 (ヤングガンガンコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (10) (ビッグコミックス)


NHK BSプレミアム 23:50〜0:20

「合作、ふたりの餃子鍋」

クッキングスクールで働く、野坂すみこ(28)(徳永えり)は食事にこだわりがある。だが、新たにできた彼氏は、独特の悪食だった。趣味が合わぬと別れを考えるが、成り行きでつくった合作餃子鍋からある感覚に満たされる。トークのテーマは、料理の男女差と鍋料理の魔法について。

【出演】
 案内人:片瀬那奈
 ドラマキャスト:徳永えり、竹財輝之助、平愛梨、ほか
 トークゲスト:柴田理恵、ケンドーコバヤシ


片瀬那奈ちゃんが派手な衣装で案内人を務めておられる「たべものがたり 彼女のこんだて帖」の第11回は、ドラマの主役が「ステラ」で、助演(当然、次回の主役)が「カンナ」と、片瀬那奈ちゃんも御出演されたマンガ原作実写化作品のお二人が「夢の共演」です。思えば、第一回のドラマ主演は「小泉響子」でした。更に、トークには「神様」ことケンコバさんが再び登場します。いつもより「一時間遅れのスタート」ですので、お気をつけ下さい。研音ちゃん、訂正して頂戴。(結局、訂正なし!)

ところで、片瀬那奈ちゃんが御出演のマンガ原作実写化作品に出ている女優さんと云えば、、、
「変態仮面」清水富美加が白下着を頭に…(ニッカン 5/26)
おいおい、愛子ちゃんがパンティー被ってどーすんの?そんでもって小橋引退特番は野球中継延長でドンドンドンガラガッタと時間がずれてしまったので、もう時間設定録画も解除しましたよ。あ〜あ、「アステカイザー」とバッティングしているから、小橋を選んだのにナァ。引退試合生放送は「35歳の高校生」に潰され、今宵の特番も「たべものがたり 彼女のこんだて帖」で粉砕!と、「絶対姫様・片瀬那奈ちゃん」には「絶対王者・小橋」も形無しです。

其れにしたって、引退試合の途中でぶった切られて「たべものがたり 彼女のこんだて帖」にチャンネルが切り替わるって、呆然としてしまいますナァ。ま、片瀬クンも気を使っていつもよりも一時間遅れのスタートだったのに、前述の通り「小橋特番」も野球延長で仲良く一時間遅れスタートとなったので、最高のクライマックスでバッティングする結果となりました。ま、小橋の引退試合はギリギリでテンカウントまで生放送で録画出来たからええんだけどさ。小橋が潮崎をローリング・クレイドルでクルリクルリンコと回している場面で、いきなりだナァとチャンネルは NHK BSプレミアムに変わりまして、片瀬那奈ちゃんが黒地にキンキラの衣装で参上です。「今回も衣装がド派手じゃのぉ。」(ステラ声で)

おおっと、いきなりだナァと「ステラ&カンナ」の夢の共演だ!今回のドラマでの主役である徳永えりちゃんは、片瀬那奈ちゃんと共演された「AUTB」の「ステラ」で「面白いコだナァ」と注目して出演歴を調べたら、「ブラマン」の「K」で、「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の「及川秘書」で、既に片瀬那奈ちゃんと共演していて(当然、あたくしも観ていた)、映画版「フラガール」の「早苗」だった(こちらも当然、観ていた)と知り、ひっくり返りました。おいおい、役柄によって印象が全く違うじゃん!今回のドラマ・パートでも、ナレーションも担当していて、やっぱ上手いナァ。好い女優さんですね。食通の主人公すみちゃんが理想の相手を見つけたと思ったら、彼があまりにもヘンテコリンな悪食で思い悩みます。

トークになりまして、おおっと、片瀬那奈ちゃんが生脚全開!ではありませんか。柴田さんとケンコバさんを相手に、今宵も絶妙の司会ぶりです。ゲストのお二人とは過去にも何度も共演歴もあり、此の番組でも既にゲストで出ておられますので、片瀬那奈ちゃんもリラックスしていますね。ドラマへ戻って、すみちゃんはイヤイヤながらも彼を指導しながら餃子鍋を作って、食べてみたら「なかなか、イケテルのぉ」と、納得しちゃってハッピー・エンドでございます。おいおい、すみちゃんも悪食になっちゃうんじゃねーの?ま、幸せならええか。

再びトークになり、鍋料理の思い出で盛り上がっております。片瀬那奈ちゃんは、ガハハガハハ!と大笑いしてゲストの話に受け捲くり。柴田さんもケンコバさんも、片瀬クンの毎度おなじみ「あなたにとっての、たべものがたりとは?」の問いかけにも、二度目でも上手い応えが出せるからこそ、何度もゲストに呼ばれるのでしょう。ケンコバさんが父親にやられた「蟹ミソ独占」を自分も子供が出来たらやると云えば、片瀬クンは「やるんじゃん!」って、最後まで笑っていました。来週のドラマは「カンナ」が主役ですが、「ステラ」も続投で、「馬場みぞれ」さんまで登場!と、益々「カタセカイ」度数がアップします。トークゲストにはギャル曽根ちゃんも出ますよっ。好い番組だナァ。


「たべものがたり 彼女のこんだて帖」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



「美力 BS for WOMEN」
 vol.23 料理は愛のバロメーター 片瀬那奈

「たべものがたり・彼女のこんだて帖」NHK ONLINE


posted by 栗 at 23:50| TV | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

「+act.」2013年7月号

+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2013年 07月号


発行/ワニブックス

「片瀬那奈」に登場。

先の読めない展開と驚愕の真実…。『二流小説家-シリアリスト-』で誰もが欺かれた快感に酔えるはず!(「+act.」公式サイト予告)

モノクロ4頁(P88〜P100)、P111にも2カットあり。

 撮影/京介
 スタイリスト/中井綾子(Cコーポレーション)
 ヘアメイク/村端ジン(BRAQOE)
 文/橋英理子


片瀬那奈ちゃんの名前が表紙に載っていて「+act.」公式サイトにも予告がアップされたので、掲載されているのは確実です。えっ?研音公式で発表されているから確実だって?研音さんのスタンスは「※掲載誌は発売日が決定しているもの・取材を受けたもののみ載せています。」じゃん。未告知や誤報も何度もありましたし、其れに関しての謝罪も一切なし!の「予告しっぱなし」です。コレまでの経験上、現物を確認しなければ確実に片瀬那奈ちゃんが掲載されているとは限りません。でも初めて購入する隔月刊誌なので書店で探すのがナンギかと思いまして、密林ちゃんに予約しちゃいました。ゆえに詳細は到着後に。あわてない、あわてない。

さて、届きました。980円と雑誌としては高めなお値段ですが、内容を見れば納得の「写真集でおなじみのワニブックス」らしい豪華な作りです。片瀬那奈ちゃんはモノクロですけど、上質な紙に印刷されておりモノクロームの魅力も溢れたクールビューティーなショットが二頁とも全面で載っています。インタビューも、映画「二流小説家 シリアリスト」を中心に「女優・片瀬那奈」の核心に迫る深い内容で、片瀬那奈ちゃんの女優業に対する真摯な覚悟に、ズバリ云って感動しました。やはり、片瀬那奈ちゃんは女優です。今回の発言は、今後「女優・片瀬那奈」を考察する上でも重要な資料であり、引用させて頂きたいと思っております。サイン入りポラのプレゼントでの二枚のショットでは、一転した「お茶目でチャーミング」な那奈ちゃんの御姿も観れます。

「絶対に買い!」です。


(小島藺子/姫川未亜)



「+act.」


posted by 栗 at 00:07| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」ファミリー劇場に登場

時の剣―告発弁護士シリーズ (講談社文庫)


ファミリー劇場 9:00〜10:37

片瀬那奈 as 夏目理恵子

(撮影:2007年5月/京都、奈良ロケ)


片瀬那奈ちゃんが2007年に今は亡き名優・藤田まことさんと共演された人気作「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」が、スカパー!のファミリー劇場で放送されます。此れまでもテレビ東京とBSジャパンで何度も放送されましたが、CSですからCMをカットしていると思われます。藤田まことさんが亡くなって三年以上経ちましたが、スカパー!を観ていると毎日「必殺シリーズ」「はぐれ刑事純情派シリーズ」「剣客商売シリーズ」などを放送しています。「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」と申しますが、まこちゃんの名演はこれからも長く再放送されてゆくのでしょう。スカパー!なのにCMが入りましたが、完全ノーカット版での放送でした。しかも、本放送時の「水曜ミステリー9」のオープニングとテロップやCM前後の煽りまで入った「完全復刻版」です。

此の作品は、片瀬那奈ちゃんが2007年に奇跡の初舞台「僕たちの好きだった革命」を終えた直後に撮影されました。現在はチーフマネとなった女子マネちゃんが片瀬那奈ちゃんの担当となり「マネ日記」を始めた時期で、京都と東京を三往復して撮影に臨んでおられた事が分かります。「マネ日記」は当初から「情報解禁まで明かせませんが、何かを撮っています」とのスタンスで、其れは至極御尤もなのだけど、確実にヒントは隠されています。舞台経験後に初めて挑んだドラマが此の作品であったのは、片瀬那奈ちゃんの演技を観てもハッキリと分かります。♪あれから六年♪の歳月が流れ、片瀬那奈ちゃんは現在でも多くの作品で様々な演技を魅せています。新たな作品も大いに期待しておりますが「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」で「温故知新」なわけで、旧作の復刻も重要だと思います。


 本放送:2007年11月18日(BSジャパン)、2007年11月21日(テレビ東京)
 再放送:2009年10月25日(テレビ東京)
 再々放送:2012年9月2日(テレビ東京)
 (※ 上記以外にも、BSジャパン、テレビ大阪、等で複数回の再放送がありました。)

「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 09:00| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「新・CDラジオで聴くビートルズ」第三回

ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック(紙ジャケット仕様) ミスター・ワンダフル(紙ジャケット仕様) 聖なる鳥(紙ジャケット仕様)


土曜日(5/25)に片瀬那奈ちゃんが表紙でインタビューも掲載されているフリーペーパー「Poco'ce」狩りに行ったついでにCDを十枚(それでも税込み2,600円)購入し、聴いている時に本日(5/27)発売予定の片瀬那奈ちゃん掲載誌「+act.」を密林ちゃんで予約しました。それで今朝早く密林ちゃんから荷物が届いたので「おや、発売日の朝に届けてくれるなんて好いね。まだ書店も開いていないわよ」と受け取ったものの、領収書に「9,508円」と書いてあって吃驚ですよ。アレレのレ?「+act.」って「980円」じゃなかったっけ。メールを確認したら、まだ密林ちゃんは「+act.」を配送していませんでした。(其の後、明日5/28に届けるとメールが来ました)。では一体、此の壱万円近い買い物は何なのよさ?

あーっ!思い出した、「+act.」を予約した後に酔っ払っていてCDをポチッとした気がするぞ。リンダ・ロンシュタットを聴き捲くりで好い気分になって徹夜してしまい、其の侭で片瀬那奈ちゃんが生放送で司会を務める「シューイチ」を実況しながら観て、10時過ぎに力尽きて寝てしまい、16時頃に起きて最悪の結末となった大相撲千秋楽から「小橋特番」そして片瀬那奈ちゃんが案内人を務める「たべものがたり 彼女のこんだて帖」とテレビ桟敷三昧の日曜日を過ごしてしまって、まるっとスッキリ忘れておりましたが、うっかりでもクリックした商品は速攻で配送されお金も取られていたのでした。嗚呼、なんてこった!中古で十枚をバカ安値で買ったのに、密林ちゃんのCDって新品ざんしょ。インターネッツは、おっかねぇだ。

愕然となり開封すると、なな、なんと、「CD20枚、DVD1枚」が出て来ましたよっ。「おいおい、流石はイコちゃん、泥酔状態でも好い買い物をしとるじゃまいか」と、女子マネちゃん気取りで自画自賛しました。内容は、サイモンとガーファンクル(6枚)、フリートウッド・マック(8枚)、カーリー・サイモン(5枚)、リンダ・ロンシュタット(2枚)でして、リンダなんか二枚組だけど実質アナログ四枚分です。昔に買って売っちゃったブツだったけど新品が「955円」って、トンデモだナァ。土曜日に買ったリンダの五枚組が Rhino の「ORIGINAL ALBUM SERIES」で中古で「1,400円」だったので、同じ様なモンを検索してみたら新品でも五枚組で二千円前後と分かり、酔っ払っていたからいっぱい買っちゃったのでしょう。ま、新品が21枚で「9,508円」なら安すぎますナァ。

よーするに、現在では珠玉の洋楽CD名盤が新品でも「一枚たったの450円」で買える様になっているのでした。そりゃ、中古のビートルズが「一枚たったの150円」になっているのも不思議ではありません。紙ジャケはチープだけど音はしっかりしているし、スリムで置き場所も取らず、正しくこれぞ「コンパクト・ディスク」です。CDラジオで聴くには持って来いでありまして、レンタルしてなんちゃらなんて些かヤバイ手間を掛ける位なら買った方がええじゃん。う〜む、此のラインナップのCDが新品で450円となると、もう「500円以上のCDは買わない」と決めて良さそうですね。今回は買ってないけど、ジョニ・ミッチェルなんて新品が十枚組で「たったの2,887円」だってさ。おいおい、かつて日本盤のレコードで買った時の「90%引き、十分の一価格」ではありませんかっ。長生きはするもんですナァ。てか、幾つになっても貧乏性で、どーもすいません。でもですね、「CDは一枚500円以下!」ですが、「アナログには、それなりのお金を払う覚悟、とっくの昔に決めました」なのだ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 12:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「天国か地獄か、ハッキリして下さい」

35jk2.jpg


米倉涼子がミニスカ女子高生 「35歳の高校生」第7話は11・3%(スポニチ 5/27)


片瀬那奈ちゃんがスクールカウンセラーの長峰あかり先生を活き活きと演じておられるドラマ「35歳の高校生」第那奈話の視聴率は、なな、なんと「11.3%」と此れまでで最低記録を叩き出してしまいました。まあ、第那奈話の内容は「ティーンコート」とか云って、生徒役全員を目立たせようと教室内での学芸会みたいな「チビ太がオデンを食べて、イヤミがシェー!ざんす」な内容でしたから、固定客も呆れてしまったのかもしれません。片瀬那奈ちゃんの出番が多くて嬉しかったものの、ドラマの内容は脚本が益々「陳腐な学園ドラマ路線」となってしまいましたね。

路線変更後の第五話以降で確実に数字が下降線となっているわけですナァ。正直に申しますと、此のドラマの見どころはズバリ云って「片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生」なので、あかり先生が面白ければ、もう他はどーだっていいや。そして、あかり先生は面白いのです。いえね、「11.3%」なんてビミョーな数字じゃ、書くネタにならんのよ。此れからの終盤でドカン!と20%近くまで上がるか、もしくは、ズドン!とひと桁に堕ちるかしてくれなきゃ、盛り上がれません。制作者側は「数字を取らなきゃイカン!」でしょうけど、視聴者としては「面白ければ、数字なんてどーでもええ」のです。でも、今週の第八話は裏が「DOCTORS 最強の名医」で、「2トップ対決 片瀬クン vs エロス」ですから、楽しみですよ。


(小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 12:44| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「千の川物語〜鬼怒川」で内山理名ちゃん!

昭和プロレス -レジェンド- [DVD]


BSジャパン 22:54〜23:54

ナレーター:内山理名


キチンと覚えていて予約してありますので、見逃しませんよっ。いや、聞き逃さないと云った方が正しいかもしれませんね。内山理名ちゃんがナレーターを務める「千の川物語」五回目の今回は「鬼怒川」です。えっとですね、姐御、「きどがわ」じゃなくて「きぬがわ」ですよっ。へぇ〜、流れが激しいから「鬼が怒る川」と書いて「鬼怒川」なのね。あらま「絹川」も掛けているの?勉強になるナァ。

内山理名ちゃんの丁寧な語りをたっぷりと堪能できて、穏やかな気持ちになれますね。そして、内山理名ちゃんが御出演の「ヨーロッパ水風景」が、次の日曜日にBSジャパンで、来週の平日はテレビ東京で放送されます。幸いにも、片瀬那奈ちゃんの番組とはバッティングしていない模様です。日本もギリシャも「水風景」は内山理名ちゃんにお任せ!


(姫川未亜)



「千の川物語〜にっぽん美しき水風景」BSジャパン公式サイト


posted by 栗 at 22:54| RINA | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

祝☆「Shine」発売十周年記念日!

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付) Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(CCCD)


十年前の「2003年5月28日」に、片瀬那奈ちゃんのサード・シングル「Shine」が発売されました。正確に云うと、タイトルは「Shine / REVENGE〜未来への誓い〜」で両A面なのですけど、ジャケットには「Shine」とだけ表示されています。当時、5月27日に東陽町のCD店(今はもう潰れて在りません)でフライングゲットしましたが、5月28日に渋谷のタワーレコードまで行ってもう一枚買いました。初回限定盤と通常盤がありますので、元々二枚(いや、最低でも五枚買わないと、初回限定盤CCCD+DVDピクチャーレーベル三種と通常初回出荷盤CCCDピクチャーレーベル一種と通常盤が揃わない!)は買う予定でしたが、渋谷タワレコで発売日当日に購入すると「2003年6月22日」に行われるイベントの参加券がもらえたのです。そして、一ヶ月近く指折り数えて待ったその日、生まれて初めて目の前に現れた片瀬那奈ちゃんは「Shine」を歌いました。初めて那奈ちゃんと握手した日(2003年7月5日)には「Shine」の衣装でした。最後に「歌手・片瀬那奈」を観れた「2004年12月25日」にも、片瀬那奈ちゃんは「Shine」を完全なる生歌で歌いました。「Shine」は、僕が最も好きな片瀬那奈ちゃんの楽曲です。


「片瀬那奈がきこえる INDEX」


(姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 02:57| YUMEKAYO | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#01 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜14:00

「秘密の二人」(本放送:2004年10月11日

片瀬那奈 as 藤澤律子


片瀬那奈ちゃんが2004年に歌手活動を休止して女優回帰を果たしたドラマ「ラストクリスマス」が、季節感を全く無視して、CSのフジテレビTWOで再放送されます。此の作品に関しては此れまでも散々に貶して来ましたが、一話ごとにじっくりと語った事はありません。本放送も再放送も観て録画し、映像ソフト版も購入しました。テレビ版と映像ソフト版(ヴィデオ及びDVD)では細かな違いもあるのだけど、兎にも角にも本放送当時の状況(歌手を辞めて女優に戻った作品がコレ!)もありまして「女優・片瀬那奈、最悪の駄作」と断じる感情論が先走りましたので、今回の再放送では冷静を装って完膚なきまでに叩き潰そうと思っております。

さて初回ですが、本編中にCMが入らないし次回予告もあるノーカット版だと思われます。此のドラマは初回が15分拡大で最終回が30分拡大でしたが、再放送予定では尺もキチンと取っているみたいです。内容ですけど、まずもって片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の初回での出番は約一分弱しかありません。二年半の歌手専念期間を経て(其の間に女優としての活動は、主題歌「Shine」を担当した「こちら本池上署 2ndシーズン」第2話のみ)、満を持しての女優回帰です。決して、初回での出番が余りにも短かったから失望したのではなく、其の僅かな登場場面だけでも、かつて熱狂した「第一期女優時代」の「アイドル女優・片瀬那奈」は欠片も残っていなかった事実に激しい憤りを感じたのです。

実質的に二年半のブランクが在ったのですから、「新生・片瀬那奈」をアピールするには大人っぽくクールビューティーに変貌した役柄を与えた狙いは分かります。此のドラマと同時期には「AUBE」のCMも決まっておりましたから「これからの片瀬那奈は、クールビューティー路線で行こう」との思惑があったのでしょう。でも、当時の片瀬那奈ちゃんは未だ22歳でした。そして、僕たちは「女優空白期間」にも「歌手・片瀬那奈」を追いました。九年近い歳月が経って改めて再放送初回を観ても、当時の苦々しい気持ちが蘇り悲しくなってしまいました。

初回ドラマ全体の感想は、別に細かく云うまでもないでしょう。人には好みがありますので、此の作品を絶賛される方々を否定はしません。事実、視聴率は平均「21.6 %」の大ヒット作で、当時低迷していた「月9を織田さんが救った!」と云われました。でも、個人的には片瀬那奈ちゃんが出ていなければ、初回の途中で脱落確定!でしたし、映像ソフトも購入していません。無論、今回の再放送もスル〜していたでしょう。「ラストクリスマス」には、「片瀬那奈が女優回帰して苦闘する無様な姿を記録したドラマ」と云う以外に、何の興味もありません。

ところで個別の記事でも書きましたが、現在無料で手に入る「Poco'ce」と昨日発売の「+act.」は、二誌ともに片瀬那奈ちゃんのインタビューが読み応え充分で、絶対に入手すべき掲載誌です。片瀬那奈ちゃんが御自身の女優論を深く熱く語っておられて、特に「+act.」のインタビューには「ファン冥利に尽きる!」との思いでございます。最後の部分での発言には、あまりにも感激して泣きそうになりました。同志諸君!僕たちが那奈ちゃんを愛し追い続けているのは、何も間違っていません。是非ともお手に取って、じっくりと読んで頂きたいと思います。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「2013年5月28日の片瀬那奈ちゃんブログ」

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(CCCD) Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付)


昨日はお休みだった片瀬那奈ちゃんのブログですが、今宵は美しい風景写真を公開されました。全てが太陽を巧みに捕らえた写真で、かなり腕は確かです。「Shine」発売十周年に相応しい更新だと思います。別に意識されたのではないのでしょうけど、嬉しいナァ。

「+act.」のインタビューで片瀬那奈ちゃんは「女優はやっぱり特別です。芝居をしなくなったら意味がないと思っています。私自身は、芝居をしている人が司会もやるっていうところに意味があると思っていますから。だから、核は女優で、そこから色んな枝がニョキニョキと生えているという感じです」と、ズバリ、語って下さいました。感無量です。


【2013年5月28日の更新記事】
 風景撮るのが好き(片瀬那奈ちゃん)


(小島藺子/姫川未亜)



期間限定 NANA KATASE OFFICIAL BLOG


posted by 栗 at 20:13| 7D | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

「新・CDラジオで聴くビートルズ」第四回

Simon & Garfunkel The Collection Old Friends (Repackaged) Collection


片瀬那奈ちゃんがブログにアップされた夕陽の写真を観たら、何故かサイモンとガーファンクルを思い出しました。たぶん、ベスト盤のジャケットで夕暮れの海岸ってのがあったからかもしれません。先日、うっかり酔っ払って密林ちゃんで購入した21枚の内の6枚は箱で「Simon & Garfunkel The Collection」です。味気ない箱のジャケットですけどオリジナル・アルバム五枚(ボーナス・トラックあり)に1981年再結成ライヴのDVD(PAL形式なので、日本製プレイヤーでは再生不可ですが、ま、観れますよ)と云う内容です。サイモンとガーファンクルのセットは沢山あるのだけど、イチオー紙ジャケでオリジナル・アルバムを網羅してあるし(映画「卒業」サントラ盤は除く)、価格も安かった(あたくしがポチッとした時は三千円しなかった)のです。さっき見たら何故か那奈百円くらい高くなっていました。

サイモンとガーファンクルは、二枚組のベストでもレコードで百円で売っています。其れだけ売れたのですよ。あたくしが大昔に最初に買ったLPはビートルズの「オールディーズ」ですが、次に買ったのはサイモンとガーファンクルの二枚組ベスト盤でした。たぶん、いや、間違いなく「SIMON & GARFUNKEL THE COLLECTION」よりも高額(たぶん、四千円くらいはしたと思う)でしたし、ズバリ云って物価も違う四十年前の話ですから、中学生にとってどれだけ大きな買い物だったのか今では計り知れません。そんな大昔を思い出すと、まるで二束三文の如く名盤が投売り状態の現在に「♪世の中、間違っとるよ♪」と植木屋節で遺憾に存じますと云いたくもなりますが、音楽は聴かれてナンボです。ところで、奇しくも片瀬那奈ちゃんは唯一「役が抜けなかった」のが「小早川妙子」と語っております。小早川妙子と云えば、サイモンとガーファンクルなんだよナァ。

「ORIGINAL ALBUM SERIES」の様に洋楽名盤を五枚で二千円とかで買えてしまうって過去を思い起こせば信じ難いのだけど、ベスト盤よりもオリジナルで聴いた方が好いに決まっているので、歓迎すべき事なのでしょう。かつて十代の子供だった頃に「ORIGINAL ALBUM SERIES」五枚で二千円!中古ならもっとバカ安!なんて状況だったなら、あたくしは発狂していたでしょうね。1970年代後半に洋楽LP旧譜が「1,500円」になった時とか、タワレコが進出して来てLPが千円一寸で買える様になった時ですら、驚愕したものです。いくらでも価格が安くなってくれて大いに結構だ。重要なのは、ずっと聴き続けられる事です。確かに、あたくしは洋楽もプロレスも、古いモンばかり聴いたり観たりしています。最新のモンなんて、片瀬那奈ちゃんの女優作品しかないのかもしれません。そう考えると「やっぱり片瀬クンって、スゴイんじゃまいか?」とも思えるのでした。てかさ、未亜たん、あたくしの領域にまで踏み込んで「片瀬クン推し」はやめなさい。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:54| FAB4 | 更新情報をチェックする

「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」今年だけで十度目

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック


ファミリー劇場 2:30〜5:00

片瀬那奈 as 敷島ミカ (公開:2008年8月30日)


何度も「これで、おしまい」と云われても蘇る「ともだち」が、今宵から三夜連続で深夜から明け方まで「今年だけで十回目の三部作を一挙放送!」です。過去に戻って無限ループする噺ですから、もう悪夢の如く繰り返し流されるのでしょう。もう好い加減にして欲しいとは思うものの、片瀬那奈ちゃんが例えチラリンコとカメオ出演されているだけの駄作映画でも、片瀬那奈ちゃんが出ておられる限りは無視するわけにはいきませんナァ。オールナイト上映なので、片瀬那奈ちゃんの新作とのバッティングも無いので三夜とも録画予約はしました。もう今年だけで十回目だし、未亜たんが「片瀬那奈ちゃんヴァージョン」に編集しちゃっても文句は云わないわ。でも、其れだと三部作を合わせたモンを観ても「カップラーメンも出来ない」って事になりそうだナ。


「20世紀少年」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 02:00| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「たべものがたり 彼女のこんだて帖」第十回再放送

追憶 [Blu-ray]


NHK BSプレミアム 12:30〜13:00

「豚柳川できみに会う」

妻に先立たれた星野秋男(52)(渡辺哲)は、ひとり調理学校に通う。亡き妻が得意にしていた、ある料理を再現するために。その料理は“豚柳川”。一心不乱につくっていくと、料理の香りとともに、妻と過ごした日々の思い出もよみがえっていった。トークのテーマは“追憶のレシピ”。

【出演】
 案内人:片瀬那奈
 ドラマキャスト:渡辺哲、波瑠、松尾諭、堀ひろこ、徳永えり
 トークゲスト:小野武彦、吉岡英尋(料理人)


片瀬那奈ちゃんが案内人を務めておられる「たべものがたり 彼女のこんだて帖」第十回の再放送です。おやおや、再放送とは云え「ラスクリ」第二話と「華麗なるギャツビー」ならぬ「華麗なる片瀬那奈ちゃんリレー」ですナァ。其れにしても、研音ちゃん公式では再放送の告知もしてくれないし、本放送の告知も日時が間違っているのに訂正せずですね。日々のお仕事がお忙しくて予告したら「ハイ!それまでヨ」なのでしょうけど、明らかな誤報を放置して、訂正や謝罪もなく「終わったら消せばいい」じゃ如何なものかしらん。って十年一日の如く全くおんなじ苦言を呈するしかないので、今後も変わらないのでしょうね。現場マネ担当になると、片瀬クンのお誕生日にアルバムをプレゼントして喜ばれているらしいのだけど、其れだけ毎日近くに居るのにファンに対して好い加減な告知、しかも、一部は有料!を連発するって、明らかにピントがズレ捲くり!なのよさ。「人は、そんなに簡単に変わりませんよ」って、長峰あかり先生も云っていた通りですナァ。


本放送:2013年5月19日

「たべものがたり 彼女のこんだて帖」INDEX

【今後の本放送予定】
 6/2(日) 第12回「決心の干物」 22:50〜23:20 
 6/9(日) 第13回「結婚30年目のグラタン」 22:50〜23:20
 6/16(日) 第14回「恋のあとの五目ちらし」 22:50〜23:20


(小島藺子/姫川未亜)



「美力 BS for WOMEN」
 vol.23 料理は愛のバロメーター 片瀬那奈

「たべものがたり・彼女のこんだて帖」NHK ONLINE


posted by 栗 at 12:57| TV | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#02 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜13:50

「奇跡の夜」(本放送:2004年10月18日

片瀬那奈 as 藤澤律子


思いっ切りネタバレしますが、第二話での片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番も第一話と同じく僅か一分弱しかありません。過剰な期待はなさらずに、2004年に女優回帰して懸命にもがき苦しむ片瀬那奈ちゃんの御姿を御覧下さい。余りにも出番が少ないので、うっかりしていると見逃してしまいますよっ。そんでもって、今回の再放送では本放送や映像ソフトよりも画質が向上しております。どうやら、映像ソフト版ではなく、本放送当時のオリジナルをブラッシュアップしたと思われます。いえ、地デジになったから綺麗になった様に観えているだけかもしれません。本放送はアナログ視聴したし、当時の映像ソフトはヴィデオもDVDも地デジ映像に劣りますからね。

前述の通り、第二話での片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の出番は約一分です。第一話と第二話を合わせて二分程度で「日垣(主人公の春木と同じ会社)と律子(人気デザイナー)は元・美大の同級生で、現在は同じプロジェクトで共に仕事をしていて、プレイボーイの日垣は実は一途で律子に学生時代から四年越しで想いを寄せアプローチしているが、律子は死んだ婚約者である恩師を忘れられずにいて、つれない態度を取っている」事が説明されます。たったの二分で此れだけの情報が説明され、第三話の予告では「あらま、もうくっつくの?」と示唆されます。九年前のドラマで本放送時に既に観ているからではなく、物語の行方はバレバレです。

そもそも初回が最終回で描かれるであろう雪山の場面から始まり、云わば回顧録として描かれるドラマです。主人公である春木(婚約者に逃げられた)と偶然に隣人となったヒロインの青井は日垣を好き(肉体関係もあり)で、その会社の御曹司(春木の学生時代からの親友)は青井を見初め秘書にしてモーレツにアタックする、さらに春木の高校時代の後輩で人気DJとかも絡み、青井の元・ヤンキー仲間である派遣社員と春木の後輩社員(受付嬢に想いを寄せている)は初回でうっかり寝てしまい、春木の母が入院していて、実は難病を抱える青井のかつての主治医も偶然に会社の健康診断で再会する、等々、ぐちゃぐちゃな恋愛模様が何故か狭い世界で都合よく展開します。

春木と青井がカップルとなる事は最初からの「お約束」で、取り巻く人物たちは主役カップルを成立させる為のコマに過ぎません。「勝手にやってろ」としか云い様が無い「ご都合主義全開の下らないシナリオ」です。「ヒロインはヤンキーで男関係も派手だけど、難病を抱えている」とかで「さあ、泣いて頂きましょう!ゲヘヘヘヘ」って姑息な制作陣の顔が浮かんでしまいます。第二話までで、既にオチまですっかり予想が出来て、寸分の狂いもなく最終回まで完璧に進行し、感動を強要するのです。おいおい、プロレスじゃまいか。いえ、其れじゃプロレスに対して失礼ですね。改めて観ても、本当に「ラストクリスマス」は、最悪のドラマです。

ところで「ラストクリスマス」と云うタイトルは如何なものなのかしらん。御丁寧に主題歌はワム!の同名曲を主演の織田さんが華麗にカヴァーしているのだけど、えっと、思いっ切り「失恋ソング」なのよさ。「去年のクリスマスに君に愛を捧げたけど、翌日に振られたから、今年は別のカワイコちゃんをみつけよう」ってサビざんしょ。正に「悲しみにさよなら」な内容(ええ、他意はあり捲くりです)じゃん。てかさ、有名な洋楽のタイトルを曲の雰囲気だけで安易にパクっているって時点で、視聴者を舐め捲くっています。「織田ちゃん主演でクリスマス絡みで、かつての東京なんちゃらみたいなテキトーなラヴ・ストーリーをスタッフも同じにしてでっち上げちゃったら、バカな視聴者は大喜びでしょ?タイトルは、クリスマスだから、定番のラストクリスマスで行きましょ」ってなノリでやらかしたんでしょうね。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

「20世紀少年 第2章 最後の希望」今年だけで十度目

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック Vol.2


ファミリー劇場 2:10〜5:00

片瀬那奈 as 敷島ミカ (公開:2009年1月31日)


本日もオールナイトで、みんなが大好きな「ともだち」の登場です。もう今年だけで三部作一挙公開は十回目!三部作をワ〜ケワケすれば、今宵が「29回目」で明日が「30回目」となります。今回の三夜連続で「20世紀少年」も一段落かと思ったら、六月にはチャンネルNECOで「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」が控えているみたいです。いきなりだナァと「たべものがたり 彼女のこんだて帖」とバッティングしているのだけど、どこまで続く「堤幸彦」砲。「僕たちの好きだった革命」映画化は、どーした?

たぶん始まる前に寝てしまうのですけど、ファミリー劇場では其の前に「特命係長 只野仁」を放送していて何となく流していたら、6月17日(月)〜19日(水)に「逮捕しちゃうぞ」を一挙放送するとの告知が流れました。歌手時代の片瀬那奈ちゃんが、オープニング・テーマ「GALAXY」を担当されたドラマです。そうです、片瀬那奈ちゃんのデビュー曲「買った!二十歳でギャラクシー!(しょこたん声で)」ですよっ。

来たよ、来ましたよ。片瀬那奈ちゃんのCD告知まで復刻してくれたなら、ファミリー劇場は「神チャンネル」になります。でも、ボブ・サップがゲストの「第六話」は欠番だってさ。う〜む、原さっちんが結婚しちゃったから、サップが拗ねちゃったのかしらん。サップは昔から、チッチャイのぉ。こーゆーのって、一度欠番になるとなかなか復活しないのよさ。ま、普通に市販ソフトで観れるわけだが。


「20世紀少年」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 03:05| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#03 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜13:50

「涙の抱擁」(本放送:2004年10月25日

片瀬那奈 as 藤澤律子


第一話と第二話を合わせて「たったの二分!」しか出番が無かった片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子が、第三話では初っ端から登場します。遂に「藤澤律子がメインの巻」となったのです。其れで「おやおや、ようやく前に出て来たわね」と思ったら、日垣の想いを受け入れてしまうって事でして、えっと「たったの二分!」で説明された「日垣の四年越しの想い」を頑なに拒否した「律子の亡くなった恩師への想い」とは、一体何だったのか?と、視聴者は呆れ返るしか術がありません。所詮は主役カップルをくっつける為の小道具に過ぎない「律子と日垣」は、序盤で本筋からセミ・リタイアしてもらおうって事なのでしょう。其れにしたってトンデモな展開で進行します。然し、もっと酷いのはこれからなのですけどね。

なな、なんと、律子は日垣に「結婚する事にした」と告げ、「亡くなった恩師を忘れられずにいた」と思っていた日垣は呆然!でも、実は「律子が日垣を好き」だと気付いた青井が日垣への想いを告白しつつ「恋のキューピット」となり、めでたく「律子と日垣」のカップル誕生!って、おいおい、律子の新たなる婚約者はどーすんの?仮装パーティーでの「真っ赤な悪魔」風なコスプレなど、片瀬那奈ちゃんが場面ごとにスタイリングを変える見どころはありますし、出番も「10分以上もある」見せ場の回でした。ところが、ようやく出番が増えたのにも関わらず、片瀬那奈ちゃんは声を枯らしています。何が原因かは分かりませんが、プロの女優として恥ずべき事でしょう。「女優回帰」となった「藤澤律子」を抑えた演技で作り込んでいた事は伝わりますが、体調管理を怠っていたのではお話になりません。

「体調万全の片瀬那奈ちゃんはいつでも観れても、ハスキー・ボイスの片瀬那奈ちゃんはなかなか観れませんよっ」と未亜たんなら擁護するのでしょうけど、前半の藤澤律子にとって最大の見せ場であった第三話での失態は、決して許される事ではありませんよっ。ラヴ・テロリスト・高瀬彩香から貢がされている春木の後輩・葉山達平は、在ろう事か取締役・新谷伍郎(春木の学生時代からの親友)へ押し付ける様に春木に嘆願し、伍郎に言い寄られている青井も協力しって、なんじゃらホイ。ネタバレすると、彩香と伍郎は結婚寸前まで進むのですから、こいつら全員どーかしています。日垣を想う青井と、其れを知る春木は、「律子と日垣」のカップル誕生へのおせっかいを焼き捲くります。日垣は春木にとって「最大の恋のライバル」なわけで、無意識を装いつつも律子とまんまとくっつけて「振られたての青井」からチュー!のプレゼント。サリー柴田は春木に抱きついて、サリーの旦那がマンションに乗り込んで来てって、あ〜あ、下らない。こんなテキトーな内容で数字が「20%」超えって、お気楽な時代だったのですね。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする