nana.812.png

2013年05月25日

「1998年のTVで片瀬那奈ちゃん☆」INDEX

nana550.png



「此の年のテレビ出演録は、正確な日時を調査中です」


【関連 INDEX】

 「1998年9月のゼンキロ」
 「1998年10月のゼンキロ」
 「1998年11月のゼンキロ」
 「1998年12月のゼンキロ」

 「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#01(1998〜2002)

 「ヤングサンデー」INDEX 完全版


1998年にスカウトされた当時16歳の少女は、自ら命名した「片瀬那奈」として鮮烈なデビューを飾りました。当初は本名でモデル活動を僅かな期間行ったのですが、旭化成工業「'99 水着キャンペーン・ガール」オーディションに合格したのをキッカケに「片瀬那奈」になりました。お披露目となったのは、1998年10月5日の「'99 旭化成キャンペーンガール発表会」です。ところが!「女優・松嶋奈々子らを輩出した「旭化成」の水着キャンペーンガール。99年度、24代目のギャルに、東京在住の高校2年生、片瀬那奈=かたせ・なな(16)に決まり5日、都内でお披露目された。1メートル72の長身に、スラリと伸びた脚。おまけに上から86・59・87と高校生とは思えない完成されたプロポーションの片瀬は、舞台では約20回も水着を着替え、堂々と笑顔をふりまいていた。だが、終盤でうっかりブラジャーのひもが外れるハプニングも。胸を必死にガードして退場したあと、「緊張したぁ」とまだあどけない素顔を見せていた。「モデル、タレント、女優と幅広く挑戦したい」という。」と「サンスポ」で報道された様に思わぬハプニングに見舞われます。

其れで、翌日(10/6)にはワイドショーで取り上げられ、天下の「東スポ」は三段ぶち抜きカラーで掲載!其の週に発売された「FRIDAY」も「16歳キャンギャルのビキニがほどけた!!」と書き立てやがったのです。片瀬那奈ちゃんの初テレビ出演は、お披露目イベントでのハプニングを伝えるワイド・ショーとなってしまいました。でもですね、間違いなく「片瀬那奈」の名前はスムーズにお披露目を行えた場合とは比較にならない程に世間に広まったのです。此の時の映像は、2013年4月6日の「メレンゲの気持ち」で片瀬那奈ちゃん御本人の意志で「まさかの蔵出し」がなされました。其の後、多くの雑誌で大きく取り上げられますが、当時から片瀬那奈ちゃんも面白おかしくハプニングを語っておりました。

余りにも絶妙なプロモーションとなったので「やらせ疑惑」も起こりましたが、「アンナ表情が出来たなら、あたしは16歳の天才女優ですよ」と片瀬那奈ちゃんが証言された通り、ガチでした。1998年には「トゥナイト2」の「1999年度水着キャンペーンガール特集」にもビキニ姿で御出演されましたが、日時は不明です。「1999年度水着キャンペーンガール」は、片瀬那奈ちゃんの他に「井川遥さん(東洋紡)、菊川怜さん(東レ)、滝沢沙織さん(ユニチカ)」等を輩出した「奇跡の年」と云われています。多くの水着ショーやグラビアでも共演し、ラジオ番組「VENUS ISLAND」も日替わりで担当した「戦友」です。「旭化成 '99 水着キャンペーン・ガール」のCMも存在します。

さて、片瀬那奈ちゃんが「片瀬那奈」になったのは「1998年9月1日」からなのですが、前述の通り其れ以前に本名で活動した時期も数ヶ月ありました。何れにしろ、アルタ前でスカウトされたのが「1998年」なので、片瀬那奈ちゃんは16歳で世に出たのが定説となりました。ところが、片瀬那奈ちゃん御自身から「実は、もっともっと前にテレビに出ました」発言が飛び出したのです。其れは、NHKの「お母さんといっしょ」で三歳の時なので、おそらく「1985年」でしょう。助演女優賞を獲得された「美月うらら姫」には、余りにも長い物語が内包されていました。片瀬那奈ちゃんのテレビ出演録も遂にデビューの時まで遡りましたが、「1998年〜2004年」の記録には不備があります。抜けている番組を御存知の同志諸君には、今後とも、何卒御指導御鞭撻の程、宜しくお願い致します。


(姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| INDEX | 更新情報をチェックする

「87万アクセスで、セット・オン・ユー!」

Cloud Nine


片瀬那奈ちゃんが「ドラマ、映画、司会、CM、ブログ」等々で八面六臂の大活躍を繰り広げておられる御蔭で、倫子ママの如く「コバンザメ」でオコボレを頂いております「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」も、「87万アクセス」を超えました。何もかも、御本尊様で在らせられる片瀬那奈ちゃん、片瀬那奈ちゃんを支えるスタッフの皆様、そして片瀬那奈ちゃんを愛するファンのみんなの御力があってこその事でございます。今後とも「日々是カタセ」でゆる〜く続けてゆく所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げ奉ります。ココは、副読本みたいなもんですので、是非とも、片瀬那奈ちゃんの出演作品を御覧になられて、片瀬那奈ちゃん御本人が綴る愉快痛快なブログを御愛読して頂きたく存じます。

全く関係ありませんけど、最近のプロレス実況は本当に喧しくて、深夜なんだから消音しなきゃ観れないぞ。のべつ幕無しに喚き散らしたんじゃ、折角の試合が台無しになると何故分からないのかしらん。実況アナもキチンとプロレスを学んでもらわないとイカンよ。コレじゃ、前座から大技を出し捲くったりしている様なもんですよ。「ワールドプロレスリング クラシックス」の、落ち着いた実況や解説は和むナァ。今、テレ朝チャンネル2でギャーギャーと耳障りな絶叫を繰り返している莫迦アナウンサーには、ハナ肇さんに「今、何時だと思ってんだ?バカヤロー!」と一喝して頂きたいもんですナァ。


(小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)



posted by 栗 at 01:26| LOOK UP THE # | 更新情報をチェックする

「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」今年だけで九度目

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 〔スペシャルプライス版〕 [DVD]


ファミリー劇場 13:30〜16:20

片瀬那奈 as 敷島ミカ (公開:2009年8月29日)


さあ、みんなが大好きな「20世紀少年」の時間のタイムが今週もやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!片瀬那奈ちゃん演じる敷島ミカはチラリンコとしか出ないし粛清されちゃうけど、女子高生コスプレの写真も映るから見逃さないでねっ。あたくしは、片瀬那奈ちゃんが表紙の「Poco'ce」狩りに行くので、リアルタイム視聴は厳しいかしらん。午前中に歯医者さんへ行ってから、都営線の配置駅に「Poco'ce」狩りへ行き、ついでにCDを買って帰宅したら、もう始まっていました。でも、まあ、敷島ミカちゃんが粛清されちゃう場面には間に合いましたよ。嗚呼、あたくしは一体何回、此の駄作映画を録画しているのでありましょうかしらん。でも、ブログを書いている時に何となく流している分には気にならなくて、便利な映画ではあります。


「20世紀少年」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:30| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「2013年5月25日の片瀬那奈ちゃんブログ」

おとこメ〜ン (プレイボーイコミックス)


片瀬那奈ちゃんの紀行シリーズが続きます。香川の直島でのアートな写真を公開しておりますが、ど真ん中は「人生最高に美味かった山本うどん店のうどん。毎日二回食べました。」でございます。「食いしん坊」ネタがない片瀬那奈ちゃんブログなんて「クリープを入れない珈琲」ですから、大いに結構です。

そして、正に「35歳の高校生」を観ようと臨戦態勢に入った時に、久しぶりに女子マネちゃんの更新!片瀬那奈ちゃんのオフ・ショット満載ですが、タイミングの悪さも天下一品!です。何故か「5/22」付けになっていますが、間違いなく「5/25」更新記事です。どーした?女子マネちゃん。ま、お忙しいのでしょう。


【2013年5月25日の更新記事】
 いつかの直島(片瀬那奈ちゃん)
 『35歳の高校生』第7話(女子マネちゃん) 「← 5/22付けですが、5/25更新記事です」


(小島藺子/姫川未亜)



期間限定 NANA KATASE OFFICIAL BLOG


posted by 栗 at 14:33| 7D | 更新情報をチェックする

「Poco'ce」Vol.120(2013年6月号)

poco'ce 13-6.jpg serialist.jpeg


発行/株式会社ネオメディア

フリーペーパー

表紙&「Cover Interview 片瀬那奈」に登場。

「今日をがんばれば明日があるし、
 明日をがんばれば、その次の日につながる」


カラー3頁(表1、P8〜P9)、目次、P15にも1カットあり。

 COVER MODEL / NANA KATASE
 PHOTO / NOBU(AVGVST)
 STYLING / Ayako Nakai(c corporation)
 HAIR & MAKE / Jin Murahata(BRAQUE)
 TEXT / Yuki Ariyasu


白ポンチョシャツに星柄ジャガードパンツ姿の片瀬那奈ちゃんが、表紙とインタビューで参上!なな、なんと、フリーペーパーですから無料です。今号は「Poco'ce」の創刊10周年記念号でありまして、同じく片瀬那奈ちゃんが表紙を飾った「2009年4月号」も見る事が出来ます。

インタビューでは映画「二流小説家 シリアリスト」に関する事が中心ですが、かなり深く片瀬那奈ちゃんの役作り法が語られています。女優としての方法論を片瀬那奈ちゃんがここまで具体的に明かされたのは、初めてかもしれません。勿論、お得意の「食」ネタや、タイトルにもなったポジティヴな将来展望など、読み応え充分です。ネットでも「電子ブック」としてアップされています。

ところで、「Poco'ce」狩りに都営線に乗っただけでは勿体無いとばかりに、中古CDも買いました。えっと、10枚で税込みたったの「2,600円」でした。ビートルズが4枚に、リンダ・ロンシュタットが6枚です。「一枚、260円!一曲、20円以下!」ですよ。もう完全にCDは終わったのですね。しかしナァ、天下のザ・ビートルズが「一枚、150円」って冗談としか思えませんナァ。


(小島藺子/姫川未亜)



「Poco'ce」


posted by 栗 at 15:10| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「新・CDラジオで聴くビートルズ」第二回

Live In Germany 1976 風にさらわれた恋 夢はひとつだけ


片瀬那奈ちゃんが表紙のフリーペーパーをゲットする目的で都営新宿線に乗ったのですが、敢えて「新宿三丁目」まで行ったのには理由がありました。あたくしは江東区在住ですので、大島駅か西大島駅で都営新宿線に乗ります。片瀬那奈ちゃんが表紙の「Poco'ce」が配置されている駅ならば「馬喰横山駅、岩本町駅、小川町駅、神保町駅、九段下駅、市ヶ谷駅」が「新宿三丁目駅」よりも前にあるのに、素通りしてしまったのは「CDも買おうじゃまいか、ゲヘヘヘヘ」と当初から決めていたからだったのでした。ま、新宿三丁目駅には最近も片瀬那奈ちゃんが御出演されている映画「HK 変態仮面」を観る為に「バルト9」へ行く時に降りて、「Poco'ce」が配置されている場所も熟知していたからでもありますけどね。

其れで、前述記事の通り、たったの「税込み、2,600円」で10枚のCDもゲットして、片瀬クンのフリペもいくら無料だからって「11冊」も持ち帰ったので、結構な重さでした。そんでもって、買ったCDの内6枚はリンダ・ロンシュタットでして、延々と聴いております。あたくしは、リンダが洋楽女性歌手で最も好きなのですけど、其れはもう十代の頃に「風にさらわれた恋」を聴いてしまったからなんです。リンダのキャリアは1960年代から現在まで続いていて、ひとことで云えば正に「ミス・アメリカン・ミュージック」です。彼女に歌えないジャンルは在りませんし、事実、信じ難い程に多岐に渡る名盤を遺して来ました。

然し乍ら、やっぱり最も惹かれるのは十代から聴いている1972年〜1980年辺りのアルバムです。最高傑作は「風にさらわれた恋」と断言しますが、他も全て素晴らしい。あたくしは、リンダに出逢わなければ、洋楽を何も知らなかったでしょう。リンダは基本的には歌手で曲は書きません。しかし、余りにも多彩な選曲センスで、何でも歌いこなしてしまいます。リンダと云えば、プロデューサーはピーター・アッシャーです。そうです、「愛なき世界」で御馴染みの「ピーターとゴードン」のピーターですよっ。妹・ジェーン・アッシャーに三行半を下された「鬼畜・サー・ポール・マッカートニー」にアップルを追い出されたピーターが、リンダと大成功を収めたわけですよ。

ピーターは「妹に酷い事をしやがった上に、リンダと結婚って何だ?」と兄として至極真っ当な気持ちでいたら、ポールに逆恨みされたのです。あっ。念の為「のっぽのサリー」しますが、ポールとピーターの「リンダ」は別人ですよ。其れは兎も角と致しまして、本当にリンダ・ロンシュタットは素晴らしいです。リンダが居なければ、あたくしは、イーグルスにもJ.D.サウザーにもアンドリュー・ゴールドにもエミルー・ハリスにもドリー・パートンにもカーラ・ボノフにもジェームス・テーラーにもカーリー・サイモンにもニコレット・ラーソンにもニール・ヤングにも、更にはモータウンにもエルビス・コステロにすら辿り着けなかったはずです。そんなリンダの「レコードが100円」で「CDも500円以下」って、喜んでいいのか悲しむべきなのか分かりません。ま、繰り返しますけど、ビートルズのCDは「一枚150円」だったわけだが。

中断しているビートルズの「BOOT」を再開して完結させたら、四人のソロとかにも行きたいのですけど、リンダ・ロンシュタットとフリートウッド・マックに関しても、いつかキチンと書いてみたいです。「ま、ココの主役は片瀬那奈ちゃんなので、あくまでも枝葉ですよ」と、未亜たんに云われる前に「のっぽのサリー」しておくか。てか、あたくしの個人ブログなのですから、いつなんどき、路線が変更したってええわけなんだけどさ。いつの間にか「洋楽」や「プロレス」とかをグダグダと語るトコになっていても、勝手ざんしょ。タイトルは「かたちん」にしちゃえばええわけだしね。


(小島藺子)



未亜:酷いよっ、姐御。オレ、まげね!


posted by 栗 at 20:32| FAB4 | 更新情報をチェックする

「35歳の高校生」第那奈話

35jk2.jpg


日本テレビ 21:00〜21:54

「盗撮犯とオバサンの過去を学級裁判で暴け!!」

ある朝、亜矢子(米倉涼子)は、美月(新川優愛)の様子がいつもと違うのに気付く。すると、美月が突然クラス全員の前で「私…盗撮されてるんです」と言い出した。翌日、3Aでティーンコートが開かれる事に。亜矢子は盗撮問題を議題にすべきだと提案。すると美月は「犯人はわかってる。優奈(北山詩織)だ」と告発。それに対して、優奈は完全否定するが、美月を盗撮したカメラの映像から、優奈が飼っている猫の映像が出てきて――

■ キャスト
 米倉涼子 :馬場亜矢子(35歳の高校生)
 溝端淳平 :小泉純一(担任教師、国語担当)
 片瀬 那奈 :長峰あかり(スクールカウンセラー)
 広瀬アリス :長谷川里奈(第一話の主役、最初の友達、三軍→二軍)
 水野絵梨奈 :山下愛(第二話の主役、二人目の友達、一軍→三軍→二軍)
 (※ 第三話の主役「大竹亮太(上遠野太洸)&三枝鉄平(西井幸人)」が友達3&4号)
 (※ 第四話の主役「猿渡先生(東根作寿英)」は入院中)
 宮崎香蓮 :羽鳥梨花子(第五話の主役、一軍)
 小島藤子 :国分萌(第六話の主役のひとり、一軍)
 森川葵 :権藤瞳(第六話の主役のひとり、二軍)
 新川優愛 :工藤美月(第六話と今回の主役のひとり、一軍)
 北山詩織 :泉優奈(今回の主役のひとり、一軍)
 升毅 :蜷川真樹夫(生活指導)
 横山めぐみ :黛有紀(副校長)
 榎木孝明 :野田芳男(校長)
 渡哲也 :阿佐田幸信(教育長)
 、ほか

■ スタッフ
 脚本:山浦雅大
 演出:西野真貴
 音楽:横山克
 主題歌:EXILE「Flower Song」
 統括:神蔵克
 チーフプロデューサー:大平太
 プロデューサー:池田健司、秋元孝之、高明希
 制作協力:オフィスクレッシェンド
 製作著作:日本テレビ



今宵も、片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生の「場の空気を無視し捲くった弾け具合」と「湯呑みの文字」に注目致しましょう。おいおい、女子マネちゃんのブログ更新記事を読んでいたら、うっかり片瀬那奈ちゃんも出ておられた「直前番宣告知」を録画し損ねてしまったじゃまいかっ。何ゆえ「女子マネちゃんの直前告知を観て、片瀬那奈ちゃんの直前告知を録画できない」なんて本末転倒なスッテンコロリン事故を起こさねばならんのだ?さて、気を取り直して、ドラマが始まりましたので観ましょう。

片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生は、いきなりだナァと「下克上」と書かれた湯呑みのお茶を吹き出し、大荒れしております。何やら毒霧を吹くヒール・レスラーの如き見事なムーブを決めました。職員室でも教室でもチョコマカと動いていて、やっぱり、那奈ちゃん、いやさ、長峰あかり先生は面白いぞ。本題は、一軍女子の内紛が「ティーンコート」になるって話です。一軍の女王であったはずの美月が前回の一件でハブにされつつあって、学芸会みたいな裁判が行われます。何じゃ、こりゃ?

えっと、マジで「脚本、変わりすぎ!」なんですけど。スットコドッコイな学園ドラマ路線へまっしぐら!としか思えない展開です。こんなんで、堕ちて来ている数字を盛り返せるのでしょうかしらん。片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生は「盛り上がって来たわ、もっとちょうだい!もっと!」なんぞと、ドサクサに紛れてやりたい放題でございます。片瀬クンが強烈過ぎて、教師陣も生徒も食われ捲くりじゃまいか。流石に、馬場ちゃんこと米倉姐さんは、しっかりしていますけどね。流石は「プリティガール」ですナァ。

「やったとか、やらないとか、ハレンチ!」なんぞと云う傍聴している教師陣のど真ん中で、片瀬クンじゃないや、あかりちゃんはハンカチを振り回して満面の笑顔で煽り捲くっています。おいおい、大丈夫なのか、此のスクールカウンセラー。物語は、弁護人を務めた馬場ちゃんの見事な説法で美月を泣かせて、ヘッドフォンが最後の一票を任されて、またもや馬場ちゃんの有利な状況へ進みました。ヘッドフォンがラスボスなのに、敢えて馬場ちゃんに有利な票を投じたのは意味が在るのでしょうけど、何だかナァ。スクールカーストも、何だか曖昧になっちゃってます。

教室内での子ども裁判がメインだったので、傍聴人として参加していた長峰あかり先生は「相談室」「職員室」「教室」と出番が多かったですね。オチでも「盗撮ですよ!」とか過剰に大騒ぎで、目立ち捲くりです。えっとですね、「怪優・片瀬那奈」にコレをやられちゃ、もう堪りませんナァ。コメディリリーフのはずが、大いに前に出てしまわれた。其れで「下克上」なのかしらん。長峰あかり先生、もっとやれ!もっとよっ。個人的には、傍聴中に立ち上がった蜷川先生の背後からひょっこりと顔を出した場面がツボでした。芸が細かいぞ、片瀬クン。


【第7話の湯呑み文字】 「下克上」

(第7話視聴率「11.3%」)


(小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 21:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

「TVで片瀬那奈ちゃん☆」INDEX 完全版

nana615.png






「片瀬那奈ちゃんテレビ出演録」の「目次の目次」です。勿論、今後も続いてゆくでしょう。あたくしは、こーゆー事がしたくて「ゼンキロ」を立ち上げ継続しています。目次を作ると、自分でも便利ですからね。繰り返しお願い致しますが「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」とエラソーに看板を掲げているものの、未だに「完全なる全記録ではない」との忸怩たる思いは常にあります。是非とも、片瀬那奈ちゃんを愛する同志諸君には、片瀬那奈ちゃんの公的活動に関して「♪ぬけてる、ぬけてる、ぬけてるわ〜♪」との情報を提供して頂けましたなら幸いです。何卒宜しくお願い致します。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:09| INDEX | 更新情報をチェックする

「シューイチ」#107

心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール ズボラさんのための片づけ大事典 収納王子コジマジックのすっきり片づく超収納テクニック (別冊エッセ)


日本テレビ 7:30〜9:55

【MC】中山秀征、片瀬那奈
【レギュラー出演者】中丸雄一(KAT-TUN)、笛吹雅子、佐藤義朗、辻岡義堂
【コメンテイター】手嶋龍一、尾木直樹
【シューイチガールズ】黒田有彩上田眞央小池花瑠奈大坪あきほ小林麗菜

待機児童ゼロを達成した横浜市。“全国最多”から3年でいかに実現したのか?横浜市長を直撃しました 中山のイチバンは“儲かるビジネス”SP。客のリピート率6割以上を誇る居酒屋チェーン“塚田農場”の秘密を探ります 日本ハムの大谷翔平選手が1軍初登板。盛り上がる札幌ドームを取材しました 中丸のまじっすかは衣替えの時期に必見!クローゼット収納裏ワザを3人の専門家に学びました【放送内容は変更可能性があります】


「日々是カタセ」で毎日更新している「the diary of nana katase 片瀬那奈全記録」ですが、テレビ視聴に関してなら現在は週末の土日が最もチカラを入れなければなりません。何せ片瀬那奈ちゃんが、土曜日の夜にはドラマ「35歳の高校生」に「長峰あかり先生」役で出ておられて、日曜日の朝には「シューイチ」の生放送で司会、深夜には「たべものがたり 彼女のこんだて帖」の案内人を務めておられるのです。確かにBSとCSを導入して以来、毎日の様にテレビでは片瀬那奈ちゃんの御姿を観れる素晴らしい生活になりましたが、多くは再放送でありますから既に観ているわけで、記事を書くのもラクチンなのよさ。でも、「35歳の高校生」「シューイチ」「たべものがたり 彼女のこんだて帖」は新作なので、こちらも気合が入ります。特に生放送の「シューイチ」は、片瀬クンが画面の向こうでリアルタイムで挑まれていますから、テレビ桟敷のあたくしもガチで応じなければなりません。

朱色のミニワンピースで生脚全開!髪は真ん中でワ〜ケワケでオデコも全開!の片瀬那奈ちゃんが、今週も「日曜日も頑張ります!」と登場です。笛吹さん担当の「最新NEWS」には、キリリンコ!とした表情で見つめております。おや?片瀬クンと上田ちゃんの衣装の色が少し被ってしまったかしらん。ま、可愛い妹分だから好しとしましょう。手嶋せんせいが、何故か初っ端からノリノリですね。義堂アナ担当の「イチ☆ドク」への繋ぎは、片瀬那奈ちゃんも慣れた様でスムーズでした。「イチ☆ドク」には出番がない片瀬クンは、何をしているのかも気になります。義堂アナ&佐藤アナが担当の「SHOWBIZ&SPORTS」では、後方の那奈ちゃんがリアクションするのが「お約束」です。小窓ちゃんの片瀬クンは、サッカーの話題にニタニタしています。白は横綱なのに変化してんじゃねーよ。片瀬那奈ちゃんは大人しくしているかと思えば、ダハハハハ!とオッサン笑いを炸裂させます。つまり、正直に興味がある話題にだけ反応しているのでしょう。

小林麗菜ちゃんが担当の真面目な「お天気コーナー Part 1」から、小池花瑠奈ちゃんと大坪あきほちゃんが担当の「ウレスジ」へ。今回は「ファストフードの新作メニュー」です。さあ、早くも片瀬那奈ちゃんの「食いしん坊」スイッチが、ハラヘッタハラヘッタと点灯しております。シューイチくんの「ウレスジ!」って声が「エブリ!」と聞こえるのよさ。おおっと、スタジオ試食で片瀬クンがハンバーガーをバクバク喰っているぞ。やっぱり、既にお腹ペコリンコであったのかっ。もう片瀬クンは「シューイチ」でも、やりたい放題じゃまいか。8時の「トクシュー」は、待機児童ゼロを達成した横浜市を笛吹さんが取材です。一転して「真面目仮面」となった片瀬クンが小窓ちゃんから熱視線を送りますが、子供好きはガチなので思わず顔がほころびます。そして、本日は手嶋せんせいが熱いぞ。片瀬クンお得意の「う〜ん、ふ〜ん」も出ましたよ。全く以って、合いの手もお上手です。

「中山のイチバン」は「塚田農場」を取材で、またしても小窓ちゃんの片瀬那奈ちゃんは涎が出そうです。でも内容は所詮は居酒屋の宣伝ですから、どーだっていいや。「噂の居酒屋」と謳っているけど、あたくしは初めて知りました。お酒は好きですけど、外では滅多に呑まないからナァ。朝っぱらから「呑みネタ」で、スタジオの空気もビミョーだったぞ。片瀬那奈ちゃんと佐藤アナが担当の「スポイチ」となりまして、片瀬クンの過剰な合いの手が光ります。でも、本日の片瀬那奈ちゃんは目元がいつもと違う気がします。メイクを変えたのかしらん。黒田有彩ちゃんと義堂アナが担当の「Showbiz Countdown」となりまして、片瀬クンは義堂ちゃんを弄ります。プロレス中継でも苛められ、サラリーマンは辛いのぉ。今週もクロアリちゃん&上田ちゃんが競馬の宣伝をしています。クロアリちゃんは「俺俺」に突撃で、あらま、内田さんじゃないのよさ。何だかゆるい話題になったぞ。何だよ、此の茶番プロポーズ。おいおい、片瀬クン、「いいね!最高だよ」って、コメントが好い加減だぞ。

あららららん、知さんの不倫騒動は取り上げるんだ。てか、相変わらず此の「Showbiz Countdown」って、どーゆー基準でのカウントダウンなのか、サッパリ分かりません。ジャニーズとAKB48が推されているのは分かりますけどね。映画も日テレ関係ばっかなんざんしょ。「独断ですが」は、ま〜たお笑い芸人のプロモーションですか。片瀬那奈ちゃんは立場上、受け捲くっていますけど(それでもコメントは冷めていた)、何ゆえ取り上げるのか意味不明です。面白くも何ともない新人のプロモーションに尺を取り巻くって、かつての「AD乱入」並みの不快感しかありません。片瀬那奈ちゃんが出ていなければ、速攻でチャンネルを変えるかテレビを消していますよ。大好評の「まじっすか !?」は「クローゼットの収納テクニック」ですって。ふ〜ん、片付ける事を教える事で食べてゆける人も居るのね。小窓ちゃんの片瀬那奈ちゃんが大人しいナァ。調子が悪いの?もしかして、つまんないからテンションが低いのかしらん。

片瀬クンは表情を作ってはいますが、ツッコミが全く入りません。う〜ん、ふ〜ん、今回の片瀬那奈ちゃんはクールだね。「トレナビ」は、上田眞央ちゃんと黒田有彩ちゃんの担当に戻りました。好かった、好かった。「横浜洋食ツアー」との事で、片瀬クンのメートルも上がってくれると好いですね。「10秒Question」は片瀬クンが回答者に指名され「答えるよ」と決めましたが、思いっ切りハズレました。おやまあ「食」ネタになっても、片瀬那奈ちゃんの反応が鈍い。片瀬クンのテンションが、いつものテンションじゃない!勿論、たべものには反応していますが、どうにもノリが悪いぞ。おっと、大酒呑みの上田ちゃんがビールやワインをあからさまにおねだりしているぞ。またしても片瀬クンに質問していますが、ぬるいナァ。クロアリちゃんが噛み捲くり。片瀬クンがお腹ペコリンコになったのは当然ですけど、何故かリアクションが抑えぎみでした。マジで調子が悪いのかしらん。

れいにゃん担当の「お天気コーナー Part 2」は見事な「踊」の書を披露なのですが、いよいよ会話でズッコケて来ました。其の辺の持って行き方は、流石は片瀬クンでしたよ。最後は、片瀬那奈ちゃんの全身スタイリングが拝める「最新の注目記事」で「サラリーマン川柳」の紹介って、他人のネタじゃん。う〜む、今週の「シューイチ」は、何だかダラケテいました。片瀬那奈ちゃんのノリが悪かったのは、取り上げられたネタがダメダメだったからだと思います。正直に申し上げまして、最近では珍しく「つまんねー番組だナァ」と思いましたよ。「中山のイチバン」「独断ですが」「まじっすか !?」と、企画が酷すぎでした。企画がつまらないと、スタジオの盛り上がりが白々しく感じられます。二時間半になって二ヶ月近く経ち、些か慣れてダレてしまわれたのかしらん。


【5/26の衣装】「Tiara」


「THANX 4 うっぴー☆」 (小島藺子/姫川未亜)



「まじっすか」(「KOJIMAGAZINE」 5/24)

「シューイチ」日本テレビ公式サイト
「シューイチ」Facebook


posted by 栗 at 09:57| TV | 更新情報をチェックする

「2013年5月26日の片瀬那奈ちゃんブログ」

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スペシャルエディション (完全生産限定版)[Blu-ray]


本日は「シューイチ」生放送の後にドラマ「35歳の高校生」の撮影を行われたであろう片瀬那奈ちゃんは、夜中にキチンとブログを更新しました。「AUTB」撮影の思い出噺なのだけど、さりげなくステラがドラマに出る今宵の「たべものがたり 彼女のこんだて帖」の番宣にもなっていますね。

関係ありませんけど、「小橋引退特番」で義堂アナが鈴木みのるにインタビューして苛められていました。本当に日テレのアナウンサーも色々やらなきゃいけなくて大変ですね。でも、義堂アナもプロレスラーに苛められるよりは、片瀬那奈ちゃんに弄られた方が好いでしょ?


【2013年5月26日の更新記事】
 荒川アンダーザブリッジ(片瀬那奈ちゃん)


(小島藺子/姫川未亜)



期間限定 NANA KATASE OFFICIAL BLOG


posted by 栗 at 22:45| 7D | 更新情報をチェックする

「たべものがたり 彼女のこんだて帖」第十一回

荒川アンダーザ ブリッジ 10 (ヤングガンガンコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (10) (ビッグコミックス)


NHK BSプレミアム 23:50〜0:20

「合作、ふたりの餃子鍋」

クッキングスクールで働く、野坂すみこ(28)(徳永えり)は食事にこだわりがある。だが、新たにできた彼氏は、独特の悪食だった。趣味が合わぬと別れを考えるが、成り行きでつくった合作餃子鍋からある感覚に満たされる。トークのテーマは、料理の男女差と鍋料理の魔法について。

【出演】
 案内人:片瀬那奈
 ドラマキャスト:徳永えり、竹財輝之助、平愛梨、ほか
 トークゲスト:柴田理恵、ケンドーコバヤシ


片瀬那奈ちゃんが派手な衣装で案内人を務めておられる「たべものがたり 彼女のこんだて帖」の第11回は、ドラマの主役が「ステラ」で、助演(当然、次回の主役)が「カンナ」と、片瀬那奈ちゃんも御出演されたマンガ原作実写化作品のお二人が「夢の共演」です。思えば、第一回のドラマ主演は「小泉響子」でした。更に、トークには「神様」ことケンコバさんが再び登場します。いつもより「一時間遅れのスタート」ですので、お気をつけ下さい。研音ちゃん、訂正して頂戴。(結局、訂正なし!)

ところで、片瀬那奈ちゃんが御出演のマンガ原作実写化作品に出ている女優さんと云えば、、、
「変態仮面」清水富美加が白下着を頭に…(ニッカン 5/26)
おいおい、愛子ちゃんがパンティー被ってどーすんの?そんでもって小橋引退特番は野球中継延長でドンドンドンガラガッタと時間がずれてしまったので、もう時間設定録画も解除しましたよ。あ〜あ、「アステカイザー」とバッティングしているから、小橋を選んだのにナァ。引退試合生放送は「35歳の高校生」に潰され、今宵の特番も「たべものがたり 彼女のこんだて帖」で粉砕!と、「絶対姫様・片瀬那奈ちゃん」には「絶対王者・小橋」も形無しです。

其れにしたって、引退試合の途中でぶった切られて「たべものがたり 彼女のこんだて帖」にチャンネルが切り替わるって、呆然としてしまいますナァ。ま、片瀬クンも気を使っていつもよりも一時間遅れのスタートだったのに、前述の通り「小橋特番」も野球延長で仲良く一時間遅れスタートとなったので、最高のクライマックスでバッティングする結果となりました。ま、小橋の引退試合はギリギリでテンカウントまで生放送で録画出来たからええんだけどさ。小橋が潮崎をローリング・クレイドルでクルリクルリンコと回している場面で、いきなりだナァとチャンネルは NHK BSプレミアムに変わりまして、片瀬那奈ちゃんが黒地にキンキラの衣装で参上です。「今回も衣装がド派手じゃのぉ。」(ステラ声で)

おおっと、いきなりだナァと「ステラ&カンナ」の夢の共演だ!今回のドラマでの主役である徳永えりちゃんは、片瀬那奈ちゃんと共演された「AUTB」の「ステラ」で「面白いコだナァ」と注目して出演歴を調べたら、「ブラマン」の「K」で、「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の「及川秘書」で、既に片瀬那奈ちゃんと共演していて(当然、あたくしも観ていた)、映画版「フラガール」の「早苗」だった(こちらも当然、観ていた)と知り、ひっくり返りました。おいおい、役柄によって印象が全く違うじゃん!今回のドラマ・パートでも、ナレーションも担当していて、やっぱ上手いナァ。好い女優さんですね。食通の主人公すみちゃんが理想の相手を見つけたと思ったら、彼があまりにもヘンテコリンな悪食で思い悩みます。

トークになりまして、おおっと、片瀬那奈ちゃんが生脚全開!ではありませんか。柴田さんとケンコバさんを相手に、今宵も絶妙の司会ぶりです。ゲストのお二人とは過去にも何度も共演歴もあり、此の番組でも既にゲストで出ておられますので、片瀬那奈ちゃんもリラックスしていますね。ドラマへ戻って、すみちゃんはイヤイヤながらも彼を指導しながら餃子鍋を作って、食べてみたら「なかなか、イケテルのぉ」と、納得しちゃってハッピー・エンドでございます。おいおい、すみちゃんも悪食になっちゃうんじゃねーの?ま、幸せならええか。

再びトークになり、鍋料理の思い出で盛り上がっております。片瀬那奈ちゃんは、ガハハガハハ!と大笑いしてゲストの話に受け捲くり。柴田さんもケンコバさんも、片瀬クンの毎度おなじみ「あなたにとっての、たべものがたりとは?」の問いかけにも、二度目でも上手い応えが出せるからこそ、何度もゲストに呼ばれるのでしょう。ケンコバさんが父親にやられた「蟹ミソ独占」を自分も子供が出来たらやると云えば、片瀬クンは「やるんじゃん!」って、最後まで笑っていました。来週のドラマは「カンナ」が主役ですが、「ステラ」も続投で、「馬場みぞれ」さんまで登場!と、益々「カタセカイ」度数がアップします。トークゲストにはギャル曽根ちゃんも出ますよっ。好い番組だナァ。


「たべものがたり 彼女のこんだて帖」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



「美力 BS for WOMEN」
 vol.23 料理は愛のバロメーター 片瀬那奈

「たべものがたり・彼女のこんだて帖」NHK ONLINE


posted by 栗 at 23:50| TV | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

「+act.」2013年7月号

+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2013年 07月号


発行/ワニブックス

「片瀬那奈」に登場。

先の読めない展開と驚愕の真実…。『二流小説家-シリアリスト-』で誰もが欺かれた快感に酔えるはず!(「+act.」公式サイト予告)

モノクロ4頁(P88〜P100)、P111にも2カットあり。

 撮影/京介
 スタイリスト/中井綾子(Cコーポレーション)
 ヘアメイク/村端ジン(BRAQOE)
 文/橋英理子


片瀬那奈ちゃんの名前が表紙に載っていて「+act.」公式サイトにも予告がアップされたので、掲載されているのは確実です。えっ?研音公式で発表されているから確実だって?研音さんのスタンスは「※掲載誌は発売日が決定しているもの・取材を受けたもののみ載せています。」じゃん。未告知や誤報も何度もありましたし、其れに関しての謝罪も一切なし!の「予告しっぱなし」です。コレまでの経験上、現物を確認しなければ確実に片瀬那奈ちゃんが掲載されているとは限りません。でも初めて購入する隔月刊誌なので書店で探すのがナンギかと思いまして、密林ちゃんに予約しちゃいました。ゆえに詳細は到着後に。あわてない、あわてない。

さて、届きました。980円と雑誌としては高めなお値段ですが、内容を見れば納得の「写真集でおなじみのワニブックス」らしい豪華な作りです。片瀬那奈ちゃんはモノクロですけど、上質な紙に印刷されておりモノクロームの魅力も溢れたクールビューティーなショットが二頁とも全面で載っています。インタビューも、映画「二流小説家 シリアリスト」を中心に「女優・片瀬那奈」の核心に迫る深い内容で、片瀬那奈ちゃんの女優業に対する真摯な覚悟に、ズバリ云って感動しました。やはり、片瀬那奈ちゃんは女優です。今回の発言は、今後「女優・片瀬那奈」を考察する上でも重要な資料であり、引用させて頂きたいと思っております。サイン入りポラのプレゼントでの二枚のショットでは、一転した「お茶目でチャーミング」な那奈ちゃんの御姿も観れます。

「絶対に買い!」です。


(小島藺子/姫川未亜)



「+act.」


posted by 栗 at 00:07| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」ファミリー劇場に登場

時の剣―告発弁護士シリーズ (講談社文庫)


ファミリー劇場 9:00〜10:37

片瀬那奈 as 夏目理恵子

(撮影:2007年5月/京都、奈良ロケ)


片瀬那奈ちゃんが2007年に今は亡き名優・藤田まことさんと共演された人気作「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」が、スカパー!のファミリー劇場で放送されます。此れまでもテレビ東京とBSジャパンで何度も放送されましたが、CSですからCMをカットしていると思われます。藤田まことさんが亡くなって三年以上経ちましたが、スカパー!を観ていると毎日「必殺シリーズ」「はぐれ刑事純情派シリーズ」「剣客商売シリーズ」などを放送しています。「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」と申しますが、まこちゃんの名演はこれからも長く再放送されてゆくのでしょう。スカパー!なのにCMが入りましたが、完全ノーカット版での放送でした。しかも、本放送時の「水曜ミステリー9」のオープニングとテロップやCM前後の煽りまで入った「完全復刻版」です。

此の作品は、片瀬那奈ちゃんが2007年に奇跡の初舞台「僕たちの好きだった革命」を終えた直後に撮影されました。現在はチーフマネとなった女子マネちゃんが片瀬那奈ちゃんの担当となり「マネ日記」を始めた時期で、京都と東京を三往復して撮影に臨んでおられた事が分かります。「マネ日記」は当初から「情報解禁まで明かせませんが、何かを撮っています」とのスタンスで、其れは至極御尤もなのだけど、確実にヒントは隠されています。舞台経験後に初めて挑んだドラマが此の作品であったのは、片瀬那奈ちゃんの演技を観てもハッキリと分かります。♪あれから六年♪の歳月が流れ、片瀬那奈ちゃんは現在でも多くの作品で様々な演技を魅せています。新たな作品も大いに期待しておりますが「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」で「温故知新」なわけで、旧作の復刻も重要だと思います。


 本放送:2007年11月18日(BSジャパン)、2007年11月21日(テレビ東京)
 再放送:2009年10月25日(テレビ東京)
 再々放送:2012年9月2日(テレビ東京)
 (※ 上記以外にも、BSジャパン、テレビ大阪、等で複数回の再放送がありました。)

「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 09:00| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「新・CDラジオで聴くビートルズ」第三回

ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック(紙ジャケット仕様) ミスター・ワンダフル(紙ジャケット仕様) 聖なる鳥(紙ジャケット仕様)


土曜日(5/25)に片瀬那奈ちゃんが表紙でインタビューも掲載されているフリーペーパー「Poco'ce」狩りに行ったついでにCDを十枚(それでも税込み2,600円)購入し、聴いている時に本日(5/27)発売予定の片瀬那奈ちゃん掲載誌「+act.」を密林ちゃんで予約しました。それで今朝早く密林ちゃんから荷物が届いたので「おや、発売日の朝に届けてくれるなんて好いね。まだ書店も開いていないわよ」と受け取ったものの、領収書に「9,508円」と書いてあって吃驚ですよ。アレレのレ?「+act.」って「980円」じゃなかったっけ。メールを確認したら、まだ密林ちゃんは「+act.」を配送していませんでした。(其の後、明日5/28に届けるとメールが来ました)。では一体、此の壱万円近い買い物は何なのよさ?

あーっ!思い出した、「+act.」を予約した後に酔っ払っていてCDをポチッとした気がするぞ。リンダ・ロンシュタットを聴き捲くりで好い気分になって徹夜してしまい、其の侭で片瀬那奈ちゃんが生放送で司会を務める「シューイチ」を実況しながら観て、10時過ぎに力尽きて寝てしまい、16時頃に起きて最悪の結末となった大相撲千秋楽から「小橋特番」そして片瀬那奈ちゃんが案内人を務める「たべものがたり 彼女のこんだて帖」とテレビ桟敷三昧の日曜日を過ごしてしまって、まるっとスッキリ忘れておりましたが、うっかりでもクリックした商品は速攻で配送されお金も取られていたのでした。嗚呼、なんてこった!中古で十枚をバカ安値で買ったのに、密林ちゃんのCDって新品ざんしょ。インターネッツは、おっかねぇだ。

愕然となり開封すると、なな、なんと、「CD20枚、DVD1枚」が出て来ましたよっ。「おいおい、流石はイコちゃん、泥酔状態でも好い買い物をしとるじゃまいか」と、女子マネちゃん気取りで自画自賛しました。内容は、サイモンとガーファンクル(6枚)、フリートウッド・マック(8枚)、カーリー・サイモン(5枚)、リンダ・ロンシュタット(2枚)でして、リンダなんか二枚組だけど実質アナログ四枚分です。昔に買って売っちゃったブツだったけど新品が「955円」って、トンデモだナァ。土曜日に買ったリンダの五枚組が Rhino の「ORIGINAL ALBUM SERIES」で中古で「1,400円」だったので、同じ様なモンを検索してみたら新品でも五枚組で二千円前後と分かり、酔っ払っていたからいっぱい買っちゃったのでしょう。ま、新品が21枚で「9,508円」なら安すぎますナァ。

よーするに、現在では珠玉の洋楽CD名盤が新品でも「一枚たったの450円」で買える様になっているのでした。そりゃ、中古のビートルズが「一枚たったの150円」になっているのも不思議ではありません。紙ジャケはチープだけど音はしっかりしているし、スリムで置き場所も取らず、正しくこれぞ「コンパクト・ディスク」です。CDラジオで聴くには持って来いでありまして、レンタルしてなんちゃらなんて些かヤバイ手間を掛ける位なら買った方がええじゃん。う〜む、此のラインナップのCDが新品で450円となると、もう「500円以上のCDは買わない」と決めて良さそうですね。今回は買ってないけど、ジョニ・ミッチェルなんて新品が十枚組で「たったの2,887円」だってさ。おいおい、かつて日本盤のレコードで買った時の「90%引き、十分の一価格」ではありませんかっ。長生きはするもんですナァ。てか、幾つになっても貧乏性で、どーもすいません。でもですね、「CDは一枚500円以下!」ですが、「アナログには、それなりのお金を払う覚悟、とっくの昔に決めました」なのだ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 12:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「天国か地獄か、ハッキリして下さい」

35jk2.jpg


米倉涼子がミニスカ女子高生 「35歳の高校生」第7話は11・3%(スポニチ 5/27)


片瀬那奈ちゃんがスクールカウンセラーの長峰あかり先生を活き活きと演じておられるドラマ「35歳の高校生」第那奈話の視聴率は、なな、なんと「11.3%」と此れまでで最低記録を叩き出してしまいました。まあ、第那奈話の内容は「ティーンコート」とか云って、生徒役全員を目立たせようと教室内での学芸会みたいな「チビ太がオデンを食べて、イヤミがシェー!ざんす」な内容でしたから、固定客も呆れてしまったのかもしれません。片瀬那奈ちゃんの出番が多くて嬉しかったものの、ドラマの内容は脚本が益々「陳腐な学園ドラマ路線」となってしまいましたね。

路線変更後の第五話以降で確実に数字が下降線となっているわけですナァ。正直に申しますと、此のドラマの見どころはズバリ云って「片瀬那奈ちゃん演じる長峰あかり先生」なので、あかり先生が面白ければ、もう他はどーだっていいや。そして、あかり先生は面白いのです。いえね、「11.3%」なんてビミョーな数字じゃ、書くネタにならんのよ。此れからの終盤でドカン!と20%近くまで上がるか、もしくは、ズドン!とひと桁に堕ちるかしてくれなきゃ、盛り上がれません。制作者側は「数字を取らなきゃイカン!」でしょうけど、視聴者としては「面白ければ、数字なんてどーでもええ」のです。でも、今週の第八話は裏が「DOCTORS 最強の名医」で、「2トップ対決 片瀬クン vs エロス」ですから、楽しみですよ。


(小島藺子/姫川未亜)



「35歳の高校生」日本テレビ公式サイト


posted by 栗 at 12:44| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「千の川物語〜鬼怒川」で内山理名ちゃん!

昭和プロレス -レジェンド- [DVD]


BSジャパン 22:54〜23:54

ナレーター:内山理名


キチンと覚えていて予約してありますので、見逃しませんよっ。いや、聞き逃さないと云った方が正しいかもしれませんね。内山理名ちゃんがナレーターを務める「千の川物語」五回目の今回は「鬼怒川」です。えっとですね、姐御、「きどがわ」じゃなくて「きぬがわ」ですよっ。へぇ〜、流れが激しいから「鬼が怒る川」と書いて「鬼怒川」なのね。あらま「絹川」も掛けているの?勉強になるナァ。

内山理名ちゃんの丁寧な語りをたっぷりと堪能できて、穏やかな気持ちになれますね。そして、内山理名ちゃんが御出演の「ヨーロッパ水風景」が、次の日曜日にBSジャパンで、来週の平日はテレビ東京で放送されます。幸いにも、片瀬那奈ちゃんの番組とはバッティングしていない模様です。日本もギリシャも「水風景」は内山理名ちゃんにお任せ!


(姫川未亜)



「千の川物語〜にっぽん美しき水風景」BSジャパン公式サイト


posted by 栗 at 22:54| RINA | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

祝☆「Shine」発売十周年記念日!

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付) Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(CCCD)


十年前の「2003年5月28日」に、片瀬那奈ちゃんのサード・シングル「Shine」が発売されました。正確に云うと、タイトルは「Shine / REVENGE〜未来への誓い〜」で両A面なのですけど、ジャケットには「Shine」とだけ表示されています。当時、5月27日に東陽町のCD店(今はもう潰れて在りません)でフライングゲットしましたが、5月28日に渋谷のタワーレコードまで行ってもう一枚買いました。初回限定盤と通常盤がありますので、元々二枚(いや、最低でも五枚買わないと、初回限定盤CCCD+DVDピクチャーレーベル三種と通常初回出荷盤CCCDピクチャーレーベル一種と通常盤が揃わない!)は買う予定でしたが、渋谷タワレコで発売日当日に購入すると「2003年6月22日」に行われるイベントの参加券がもらえたのです。そして、一ヶ月近く指折り数えて待ったその日、生まれて初めて目の前に現れた片瀬那奈ちゃんは「Shine」を歌いました。初めて那奈ちゃんと握手した日(2003年7月5日)には「Shine」の衣装でした。最後に「歌手・片瀬那奈」を観れた「2004年12月25日」にも、片瀬那奈ちゃんは「Shine」を完全なる生歌で歌いました。「Shine」は、僕が最も好きな片瀬那奈ちゃんの楽曲です。


「片瀬那奈がきこえる INDEX」


(姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 02:57| YUMEKAYO | 更新情報をチェックする

「ラストクリスマス」#01 CSで再放送

ラストクリスマス DVD-BOX


フジテレビTWO 13:00〜14:00

「秘密の二人」(本放送:2004年10月11日

片瀬那奈 as 藤澤律子


片瀬那奈ちゃんが2004年に歌手活動を休止して女優回帰を果たしたドラマ「ラストクリスマス」が、季節感を全く無視して、CSのフジテレビTWOで再放送されます。此の作品に関しては此れまでも散々に貶して来ましたが、一話ごとにじっくりと語った事はありません。本放送も再放送も観て録画し、映像ソフト版も購入しました。テレビ版と映像ソフト版(ヴィデオ及びDVD)では細かな違いもあるのだけど、兎にも角にも本放送当時の状況(歌手を辞めて女優に戻った作品がコレ!)もありまして「女優・片瀬那奈、最悪の駄作」と断じる感情論が先走りましたので、今回の再放送では冷静を装って完膚なきまでに叩き潰そうと思っております。

さて初回ですが、本編中にCMが入らないし次回予告もあるノーカット版だと思われます。此のドラマは初回が15分拡大で最終回が30分拡大でしたが、再放送予定では尺もキチンと取っているみたいです。内容ですけど、まずもって片瀬那奈ちゃん演じる藤澤律子の初回での出番は約一分弱しかありません。二年半の歌手専念期間を経て(其の間に女優としての活動は、主題歌「Shine」を担当した「こちら本池上署 2ndシーズン」第2話のみ)、満を持しての女優回帰です。決して、初回での出番が余りにも短かったから失望したのではなく、其の僅かな登場場面だけでも、かつて熱狂した「第一期女優時代」の「アイドル女優・片瀬那奈」は欠片も残っていなかった事実に激しい憤りを感じたのです。

実質的に二年半のブランクが在ったのですから、「新生・片瀬那奈」をアピールするには大人っぽくクールビューティーに変貌した役柄を与えた狙いは分かります。此のドラマと同時期には「AUBE」のCMも決まっておりましたから「これからの片瀬那奈は、クールビューティー路線で行こう」との思惑があったのでしょう。でも、当時の片瀬那奈ちゃんは未だ22歳でした。そして、僕たちは「女優空白期間」にも「歌手・片瀬那奈」を追いました。九年近い歳月が経って改めて再放送初回を観ても、当時の苦々しい気持ちが蘇り悲しくなってしまいました。

初回ドラマ全体の感想は、別に細かく云うまでもないでしょう。人には好みがありますので、此の作品を絶賛される方々を否定はしません。事実、視聴率は平均「21.6 %」の大ヒット作で、当時低迷していた「月9を織田さんが救った!」と云われました。でも、個人的には片瀬那奈ちゃんが出ていなければ、初回の途中で脱落確定!でしたし、映像ソフトも購入していません。無論、今回の再放送もスル〜していたでしょう。「ラストクリスマス」には、「片瀬那奈が女優回帰して苦闘する無様な姿を記録したドラマ」と云う以外に、何の興味もありません。

ところで個別の記事でも書きましたが、現在無料で手に入る「Poco'ce」と昨日発売の「+act.」は、二誌ともに片瀬那奈ちゃんのインタビューが読み応え充分で、絶対に入手すべき掲載誌です。片瀬那奈ちゃんが御自身の女優論を深く熱く語っておられて、特に「+act.」のインタビューには「ファン冥利に尽きる!」との思いでございます。最後の部分での発言には、あまりにも感激して泣きそうになりました。同志諸君!僕たちが那奈ちゃんを愛し追い続けているのは、何も間違っていません。是非ともお手に取って、じっくりと読んで頂きたいと思います。


「ラストクリスマス」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 13:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「2013年5月28日の片瀬那奈ちゃんブログ」

Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(CCCD) Shine/REVENGE~未来(あす)への誓い~(初回)(CCCD)(DVD付)


昨日はお休みだった片瀬那奈ちゃんのブログですが、今宵は美しい風景写真を公開されました。全てが太陽を巧みに捕らえた写真で、かなり腕は確かです。「Shine」発売十周年に相応しい更新だと思います。別に意識されたのではないのでしょうけど、嬉しいナァ。

「+act.」のインタビューで片瀬那奈ちゃんは「女優はやっぱり特別です。芝居をしなくなったら意味がないと思っています。私自身は、芝居をしている人が司会もやるっていうところに意味があると思っていますから。だから、核は女優で、そこから色んな枝がニョキニョキと生えているという感じです」と、ズバリ、語って下さいました。感無量です。


【2013年5月28日の更新記事】
 風景撮るのが好き(片瀬那奈ちゃん)


(小島藺子/姫川未亜)



期間限定 NANA KATASE OFFICIAL BLOG


posted by 栗 at 20:13| 7D | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

「新・CDラジオで聴くビートルズ」第四回

Simon & Garfunkel The Collection Old Friends (Repackaged) Collection


片瀬那奈ちゃんがブログにアップされた夕陽の写真を観たら、何故かサイモンとガーファンクルを思い出しました。たぶん、ベスト盤のジャケットで夕暮れの海岸ってのがあったからかもしれません。先日、うっかり酔っ払って密林ちゃんで購入した21枚の内の6枚は箱で「Simon & Garfunkel The Collection」です。味気ない箱のジャケットですけどオリジナル・アルバム五枚(ボーナス・トラックあり)に1981年再結成ライヴのDVD(PAL形式なので、日本製プレイヤーでは再生不可ですが、ま、観れますよ)と云う内容です。サイモンとガーファンクルのセットは沢山あるのだけど、イチオー紙ジャケでオリジナル・アルバムを網羅してあるし(映画「卒業」サントラ盤は除く)、価格も安かった(あたくしがポチッとした時は三千円しなかった)のです。さっき見たら何故か那奈百円くらい高くなっていました。

サイモンとガーファンクルは、二枚組のベストでもレコードで百円で売っています。其れだけ売れたのですよ。あたくしが大昔に最初に買ったLPはビートルズの「オールディーズ」ですが、次に買ったのはサイモンとガーファンクルの二枚組ベスト盤でした。たぶん、いや、間違いなく「SIMON & GARFUNKEL THE COLLECTION」よりも高額(たぶん、四千円くらいはしたと思う)でしたし、ズバリ云って物価も違う四十年前の話ですから、中学生にとってどれだけ大きな買い物だったのか今では計り知れません。そんな大昔を思い出すと、まるで二束三文の如く名盤が投売り状態の現在に「♪世の中、間違っとるよ♪」と植木屋節で遺憾に存じますと云いたくもなりますが、音楽は聴かれてナンボです。ところで、奇しくも片瀬那奈ちゃんは唯一「役が抜けなかった」のが「小早川妙子」と語っております。小早川妙子と云えば、サイモンとガーファンクルなんだよナァ。

「ORIGINAL ALBUM SERIES」の様に洋楽名盤を五枚で二千円とかで買えてしまうって過去を思い起こせば信じ難いのだけど、ベスト盤よりもオリジナルで聴いた方が好いに決まっているので、歓迎すべき事なのでしょう。かつて十代の子供だった頃に「ORIGINAL ALBUM SERIES」五枚で二千円!中古ならもっとバカ安!なんて状況だったなら、あたくしは発狂していたでしょうね。1970年代後半に洋楽LP旧譜が「1,500円」になった時とか、タワレコが進出して来てLPが千円一寸で買える様になった時ですら、驚愕したものです。いくらでも価格が安くなってくれて大いに結構だ。重要なのは、ずっと聴き続けられる事です。確かに、あたくしは洋楽もプロレスも、古いモンばかり聴いたり観たりしています。最新のモンなんて、片瀬那奈ちゃんの女優作品しかないのかもしれません。そう考えると「やっぱり片瀬クンって、スゴイんじゃまいか?」とも思えるのでした。てかさ、未亜たん、あたくしの領域にまで踏み込んで「片瀬クン推し」はやめなさい。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:54| FAB4 | 更新情報をチェックする