nana.812.png

2012年08月08日

「ありがとう、八周年!」

All Things Must Pass (30th Ann) (Dig)


御蔭様で、当ブログは本日で八周年を迎え、九年目と向います。此処は「COPY CONTROL」として「2004年8月8日」に「片瀬那奈ちゃんを語るブログ」として始めました。ところが、何故かメインである「片瀬那奈に関する記事が邪魔だ」との批判を受け、「the diary of nana katase」として「2004年12月29日」に分家し、以後ふたつを併行しておりましたが、「2009年3月20日」に「COPY CONTROL」を「the diary of nana katase」に吸収合併して現在に至ります。

片瀬那奈ちゃんの公的活動を記録する処ですので、最古の記事は「1981年11月7日」ですが、リアルタイム更新は「2004年8月8日」からとなっています。但し、其れ以前の記事にも「月刊・未亜(2002年6月〜2005年5月)」や多くの「掲示板」に書き散らしていた記述を復刻した部分もあります。ゆえに、此処の正式な発祥日は曖昧なんですけど、分かり易いので「COPY CONTROL」開始の「2004年8月8日」にしています。

何度も繰り返して云っておりますが、2004年に「片瀬那奈ちゃんを語るブログ」を始めた時には、こんなに長く続くとは思っていませんでした。記録を中心とした「the diary of nana katase」を分家した2004年12月29日には「1998年から2004年までの、片瀬那奈ちゃんの輝かしい歴史を遺そう」と思ったわけで、其の後の未来など全く考えていなかったのです。「もうすぐ引退するだろうから、まとめちゃえ」ってな気分でした。其れが延々と続いてしまったのですから、分からないもんですナァ。

そんでもって、最近はアクセス数も増えていて当然乍ら「片瀬那奈ちゃん情報」を求めてらっしゃる方々が大半でしょうから「何で、ビートルズ全曲解説とかやってんだよ!」と思われるかもしれません。前々から云っておりますけど、片瀬那奈ちゃんに関する記事以外は無視して頂いて大いに結構です。そして、もしかしたら「コピコン」時代からの枝葉ネタを期待しておられる稀有な片には、メインである片瀬那奈ちゃんの記事をスル〜して頂いて構いません。此処は、たかが「ど素人が書いているブログ」なのですから、お好きな様に楽しんで頂ければ幸いです。


(小島藺子/姫川未亜/鳴海ルナ)



posted by 栗 at 10:26| LOOK UP THE # | 更新情報をチェックする

「カタセカイ・コンヒュージョン」

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スペシャルエディション (完全生産限定版)[Blu-ray] 闇金ウシジマくん 24 (ビッグ コミックス)闇金ウシジマくん 25 (ビッグ コミックス) カエルの王女さま 公式パンフレット


「荒川アンダー ザ ブリッジ」に関して、結構手厳しい感想を書いてしまいました。でも、片瀬那奈ちゃんのファンとしての立場なら面白い部分も沢山あります。あたくしは、ドラマも映画も「マリアと星の絡み」がツボだったのですけど、其れはキャスティングが「闇金ウシジマくん」と被っていたからでもあったのです。ドラマ「闇金ウシジマくん」は2010年10月から12月に放送され、ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」は同枠で2011年7月から9月に放送されました。おんなじ枠のドラマで半年後に「ウシジマくん」が「星」になって「大久保千秋」が「マリア」になって再登場したのですから、もう「出オチ」でしたよ。

そして、もうすぐ公開される映画「闇金ウシジマくん」では、「リク」が「小川純」になって出ているじゃまいか。挙句に、片瀬那奈ちゃんとドラマ「カエルの王女さま」で共演した「まひるちゃん」が「鈴木未來」と来たもんだ。もう、こっちとら、片瀬那奈ちゃんが「大久保千秋」なのか「マリア」なのか「桜井玲奈」なのか分からなくなっちゃうよっ。そんでもって「大久保千秋」は「パンドラ ソフト」専属だったのに、舞台「サイケデリック・ペイン」では「レディー・パンドラ」なんですよ。おいおい、狙ってませんか?

「ウシジマくん」と「星」や、「大久保千秋」と「マリア」と「桜井玲奈」がそれぞれ違う様に、「リク」と「小川純」や、「まひるちゃん」と「鈴木未來」も全く別のキャラクターです。其れでも、「カエルの王女さま」は2012年4月から6月まで放送されたばかりで、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」は2012年2月に公開され本日(8/8)にBlue-rayとDVDが発売されたばかりで、映画「闇金ウシジマくん」は2012年8月25日に公開されるのですから、此の被り具合ってどーなのよさ。「星」と「リク」は親友だったのに、「ウシジマくん」は「小川純」を追い込んでしまうんざんしょ?山田クンと片瀬クンは上手いからコロコロと演じ分けちゃってますけど、凄い事やってるよナァ。


【関連過去記事】
 「闇金ウシジマくん」INDEX
 「荒川アンダー ザ ブリッジ」INDEX
 「カエルの王女さま」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 21:47| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

FAB4-166:MOTHER NATURE'S SON

Raindance ハリー・ニルソンの肖像(紙ジャケット仕様)


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ケン・スコット
 2E:ジョン・スミス
 録音:1968年8月9日(take 1-25)、
    8月20日(take 24 に SI 「ドラム、他」 し編集した take 26 に SI 「ブラス」)
 MONO MIX:1968年8月20日(take 26 より 1-8)、10月12日(take 26 より 1-2「実質 9-10」)
 STEREO MIX:1968年10月12日(take 26 より 1-2)

 1968年11月22日 アルバム発売 (「THE BEATLES」 C-3)
 アップル(パーロフォン) PMC 7067-7068(モノ)、PCS 7067-7068(ステレオ)


ポール・マッカートニーがインドでのマハリシによる講義に影響されて書いた曲で、同じ様なテーマでジョン・レノンも「Child Of Nature」を書きました。ジョンの「Child Of Nature」は「ホワイト・アルバム」ではレコーディングされず、後に歌詞を全面的に変えてソロ・アルバム「イマジン」で「Jealous Guy」として発表されます。「MOTHER NATURE'S SON」は、1968年8月9日にビートルズの四人でのセッションが終了した後に、ポールだけが居残ってアコースティック・ギターの弾き語りで録音されました。ちなみに、其の日にビートルズが録音していたのはジョージ・ハリスン作の「NOT GUILTY」で、102テイクもやらかした挙句にボツになってしまう曲です。(ジョージがソロで、1979年の「慈愛の輝き」で発表。)

8月20日にポールが、バス・ドラム、ティンパニー、アコースティック・ギターをオーヴァーダビングし、ジョージ・マーティンが書いたスコアでブラスが加えられて完成します。つまり、此の曲もビートルズではポールしか参加していないソロ作品です。「ホワイト・アルバム」でポールは「WILD HONEY PIE」「MARTHA MY DEAR」「BLACKBIRD」、「MOTHER NATURE'S SON」と、四曲も完全なるソロ・レコーディングを敢行したのです。更に「WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD」「I WILL」も限りなくソロに近いわけですよ。確かにジョンやジョージが書いた曲も個性的ですが、演奏は(ジョンの「JULIA」を例外として)ビートルズによって行われています。ゆえに、明らかにポールが暴走していたと思えるのです。

8トラックの導入によって、マルチ・プレイヤーであるポールは「ひとりで全部やれちゃう」ようになりました。もう、ジョージやリンゴにダメ出ししたり、ジョンの御機嫌を伺うこともなく、勝手気ままに自分がイメージした音楽を作れちゃうわけです。ハッキリ云って、ポールはビートルズでは、どんな楽器も一番上手いし、アレンジもしっかりしていて、ジョージ・マーティンにも気に入られていたのです。此の「MOTHER NATURE'S SON」も、マーティンはノリノリでスコアを書いて協力しているじゃまいか。しかし!他の三人は「おいおい、ポールがいい気になってるぞ」とドッチラケ・モードとなっておりました。

ポールによる単独レコーディングは、そのまんまソロ・アルバム「McCARTNEY(1970年)」に繋がっています。実際に「JUNK」は「ホワイト・アルバム」時代に書かれた楽曲でした。ビートルズの「ホワイト・アルバム」こと「THE BEATLES」には、其の後にソロとなる四人の原点が詰まっています。其れでも、バラバラなようでも、1968年の彼等は紛れも無く「ザ・ビートルズ」でした。「MOTHER NATURE'S SON」はポールしか参加していませんが、同時期に書かれてソロで発表した「JUNK」とは決定的な違いがあります。其れは、ポール・マッカートニーの想いです。此の時には、どんなに暴走してもポールはビートルズでした。他の三人に理解されなくとも、彼はあくまでも「ビートルズのポール」としてやらかしていました。切ないナァ、ポール。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「ピーチケ♡プチ!」で「サイケデリック・ペイン」インタビュー!

sp-b.jpg


関西テレビ 1:50〜2:00


片瀬那奈ちゃんが「秘密結社“ダークネス”のセクシー・デビル、レディー・パンドラ」役で、歌って踊って刀も振り回す舞台「サイケデリック・ペイン」に関するインタビューが放送されます。「福士誠治、北乃きい、綾野剛、片瀬那奈 4ショットインタビュー!」との事ですが、残念ながらまたしても東京では放送されません。えっとですね、何ゆえ舞台「サイケデリック・ペイン」も映画「闇金ウシジマくん」も、関連番組が東京では流れないのでありましょうかしらん。此の番組は、関西テレビだと8月11日に再放送までされるじゃまいか。全く、フジテレビは何をやっとるのだ。


【追記】

本日(8/9)の「はなまるマーケット はなまるカフェ」のゲストは、綾野剛くんでした。舞台「サイケデリック・ペイン」にも言及され稽古の様子も放送されました。片瀬那奈ちゃんの姿は確認できませんでしたが、VTR明けでポスターが映った時に綾野くんの隣なので思いっ切りアップで抜かれていました。


(小島藺子/姫川未亜)



「ピーチケ・パーチケ」関西テレビ公式サイト
「サイケデリック・ペイン」公式サイト


「ウシジマくんも、忘れないでね」

『闇金ウシジマくん』山田孝之、林遣都記者会見(シネルフレ 8/9)


「てか、研音ちゃん、工事中ですか?」


posted by 栗 at 16:55| TV | 更新情報をチェックする

「研音公式サイトがリニューアルを敢行中か?」

仮面ライダーフォーゼVOL.7【Blu-ray】


ブックマークしている片瀬那奈ちゃんの研音公式サイトを踏んだら、「404」と云われてしまいました。アレレのレ?どーなってんのよさ。其れで、研音ちゃんの大元へ行くと、変わっているじゃまいか。おやおや、いきなりだナァとばかりに、大リニューアルをやらかしておられる御様子です。果たして、此のリニューアルは片瀬那奈ちゃんの公式サイトでも行われているのでありましょうかしらん。

一瞬、「すわっ、片瀬那奈ちゃん電撃引退かっ」と焦りましたよっ。でも、ちゃんとアーティストの項目に名前が載っていて、踏んだらプロフィールが以前よりも「デカク」表示されました。ところが、其処に載っている公式サイトを踏んでも(そりゃ、前とURLがおんなじだから当たり前なのだけど)「404 NOT FOUND」なのよさ。おいおい、困ったぞ。

其れでですね「もしかしたら、片瀬那奈ちゃんだけがハブにされてたら大変なのだ!」とばかりに、片っ端から他のタレントさんでも試したのだけど「あまみん」も「榮倉さま」も「菅ちゃん」も全部まるっと「404 NOT FOUND」でございます。「K-SHOP」も「404 NOT FOUND」なのよさ。

 本日、研音オフィシャルウェブサイトのリニューアルを致しましたが、
 各タレントのオフィシャルサイト、K-SHOP、お問い合せページの表示不具合が発生しております。
 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございません。
 現在復旧作業を行っておりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。


との公式発表もありました。さて、どーなりますことやら。兎に角、ビックリしたぞ。そんな中で、現場マネくんがキッチリと「ぎゃふん」を決めてくれました。8月3日の「とある撮影」の正体を明かして下さったのです。其れは「彼女のこんだて帖」だったのだ。放送は、舞台「サイケデリック・ペイン」初日前日であります8月21日の23時15分からとの事。然し!「NHK BSプレミアム」です。嗚呼、アンテツ様、何卒、宜しくお願い致します。


(「THANX 4 うっぴー☆」 小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 17:18| KATASEKAI | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

FAB4-167:EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY

step by step.jpg マザー・ネイチャーズ・サン~ビートルズ・ソングブック Me And My Monkey On the Moon


 P:ジョージ・マーティン
 E:ジェフ・エマリック(6/26-27、7/1)、ケン・スコット(7/23、10/12)
 2E:リチャード・ラッシュ(6/26-27、7/1、23)、ジョン・スミス(10/12)
 録音:1968年6月26日(「Untitled」リハーサル)、
    6月27日(「Untitled」take 1-6、take 6 を編集し take 7-8、take 8 に SI)、
    7月1日(take 8 に SI 「ベース」、編集し take 9-10、take 10 に SI 「歌」)、
    7月23日(take 10 に SI 「歌」、編集し take 11-12、take 12 に SI 「コーラス、手拍子」)
 MONO MIX:1968年7月23日(take 12 より 1-5)、10月12日(take 12 より 1「実質 6」)
 STEREO MIX:1968年10月12日(take 12 より 1)

 1968年11月22日 アルバム発売 (「THE BEATLES」 C-4)
 アップル(パーロフォン) PMC 7067-7068(モノ)、PCS 7067-7068(ステレオ)


ジョン・レノンが書いた痛快なロケンロールですが、デモの段階ではアコースティック・ギターの弾き語りでテンポも完成版よりもゆったりしていました。ビートルズの四人でベーシック・トラックを録音し(6/27)、ベスト・トラックとなった「take 6」を編集する際にスピードアップしたので、バタバタと片瀬那奈ちゃんが演じた大久保千秋の足運びの如く「ハタ坊だジョー!」と云うべき早急な感じに仕上がっています。内容は、ジョンがヨーコとの関係を歌ったもので、当初は「Come On,Come On」と云うタイトルを考えたものの「当たり前過ぎる」と却下し「EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY」と云うビートルズの楽曲では最も長いタイトルとなりました。実際には「EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT FOR ME AND MY MONKEY」と歌われております。

そして、其のフレーズを一気に畳み掛けて歌うジョンが素晴らしい。ジョージ・ハリスンのリード・ギターも決まっています。エンディング近くになると乱痴気騒ぎ状態となり、発狂したジョンの叫び声が凄まじいです。コレは、一旦は「7/1」に録音したリード・ヴォーカルを「7/23」に録音し直したもので、リチャード・ラッシュによれば「ジョンは、月の住人みたいな声にしたい、とか云っていました」との事です。もう、訳が分かりません。ビートルズのスタッフって、さぞかし大変だったでしょうね。自分の声が嫌いだったジョンは、生涯を通じて様々な方法で声を加工しようと考え実行していました。此の時期には重度のヘロイン中毒状態でもあり、完全にぶっ飛んでいます。ラッシュは後に「ジョンの魂」でもエンジニアを務め、正にジョンの魂の絶叫を記録する事となります。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「Oh ! どや顔サミット」#051

水木しげる妖怪大百科


テレビ朝日 21:00〜21:54

【MC】浜田雅功、西村雅彦、片瀬那奈
【ゲスト】USA(EXILE)、NESMITH(EXILE)、東国原英夫、スザンヌ、佐藤かよ、安藤成子、他
【不思議な体験経験者】的場浩司、渡辺徹、森公美子、平山あや、土岐田麗子、つまみ枝豆、桜金造


本当は言いたくないんですけど…私たち、人には見えないモノが見えちゃうんです!恐怖の実体験告白スペシャル!
宇宙人から心霊・妖怪まで人には見えないモノが見えちゃうんですSP芸能界最凶の恐怖体験告白中にスタジオにとんでもないことが…悲鳴!怒号!浜田が見たキレた○○とは?「メタリックピンクの宇宙人!」「薄さ1ミリの女!」「体が鳥のおっさん!」妙なモノを見ることに関しては芸能界トップクラスの面々が、爆笑体験から身の毛もよだつ心霊現象まで赤裸々大告白!リアル貞子にスタジオ悲鳴の嵐!



二週間ぶりに「どや顔」が復活です。世の中は倫敦五輪で盛り上がっておりますが、幸いにも地上波では「どや顔」の時間帯には放送されないみたいです。今月は「シューイチ」が「8/12」と「8/26」の二回も休止となりますので、どんなに番組がつまらなくとも片瀬那奈ちゃんが観れる「どや顔」は貴重ですねっ。オリンピックで浮かれている時に、チャッカリと消費増税法案が可決されたり、竹島に韓国大統領が上陸したりと、世の中は動いています。そんな時に「どや顔」でもないもんだ!なのよさ。ええ、あたくしだってこんな下らない番組は観たくありません。でもですね、片瀬那奈ちゃんが出ているから観ないわけにはいかないのですよ。心中、お察し下さいませ。

ところで、研音ちゃんの公式サイトのリニューアルに伴って生じた不具合は解消されつつあるみたいです。片瀬那奈ちゃんの公式サイトは、無事に復旧しました。ナンダカンダ云っても、公式サイトは最大の情報源ですから、舞台が始まろうと云う大事な時に見れなくなったのは「困ったちゃん」でしたよ。そんでもって「どや顔」が始まりました。片瀬那奈ちゃんは、いつもの制服姿で髪をキリリリリン!とまとめております。夏なので、怖い噺の特集のようです。那奈ちゃんの司会も変化を加えていますが、流石は女優さんですから上手いですね。「小さい侍を見た」とか「5センチの裸のおじさんを見た」とか「小さいねずみ男を見た」とか「7、8人の小さなおじさんを見た」とかゲストの方々が語っておりますけど、えっと、皆さん、お酒の呑み過ぎじゃないですか?あたくしも一生懸命にお酒を呑んでいるのですけど、未だに「小さな大名行列」とか出て来てくれないのよさ。

今回は、いつもよりもマシな内容でしたね。此の番組は、ゲストのトークとテーマが頼りです。芸能人夫婦の痴話喧嘩とかを聞かされるよりは、オカルト体験談の方がずっとマシです。でも、相変わらず話に要らないツッコミを入れる間抜けが雛壇に座っておりますので、思いっ切りゲンナリさせられるのです。レギュラーみたいに毎回出ているので気付いたのですけど、其のつまらないツッコミを入れるタイミングを、なな、なんと、片瀬那奈ちゃんが「キュー出し」しているのですよ。よーするに、台本があるって事ですよね。となりますと、つまらなくしているのは其の芸人さんではなく、台本を書いている放送作家さんと云うわけだ。いやはや南友、それじゃもう此の番組の未来はありません。

ところで、アンテツはよく女性アイドルと遭遇するのですけど、あたくしはオッサン芸能人ばかり見かけてしまいます。学生時代に、電車で黒澤作品などにも出演された「とても個性的な風貌の俳優さん」が対面に立っていまして、映画好きな後輩に「見ちゃったよ!あんなに特徴のある顔は他にいないだろうから、絶対に本人だよ。サインしてもらえば好かったかナァ」と話しました。すると、後輩は「何を云ってるんですか?そんなわけないですよ」と最新版の俳優名鑑を出して、其の俳優さんの項目を開いたのです。其の俳優さんは、数ヶ月前に亡くなっていました。


(小島藺子)



「Oh ! どや顔サミット」朝日放送公式サイト


posted by 栗 at 21:57| TV | 更新情報をチェックする

映画「闇金ウシジマくん」初日舞台挨拶決定!でも、片瀬那奈ちゃんの登壇予定はありません。

ushijima-2.jpg


いよいよ公開が迫っております映画「闇金ウシジマくん」ですが、8月25日の初日舞台挨拶が決定しました。登壇予定は、「新宿バルト9」が「山田孝之くん、林遣都くん、崎本大海くん、やべきょうすけサン、山口雅俊監督」で、「京成ローザ10」が「山田孝之くん、林遣都くん、山口雅俊監督」となっております。あららららん、片瀬那奈ちゃんも大島優子ちゃんも希崎ジェシカちゃんも予定なしで、男ばっかですか。でも、一応プレリザーブはしとこうかしらん。

片瀬那奈ちゃんは、本日(8/10)に「衣装合わせ」があったと「マネ日記」で伝えられた舞台「サイケデリック・ペイン」があります。映画「闇金ウシジマくん」の初日(8/25)には、「サイケデリック・ペイン」が「昼夜二公演」ですので、映画の舞台挨拶にまで出るわけにはいかないのでしょう。たぶん、映画での出番もそんなに多くないと予想されます。其れでも、あたくしの推しキャラである大久保千秋ですから、何かをやらかしてくれると期待しておりますよ。

映画の原作本としてマンガ「闇金ウシジマくん」の「出会いカフェくん」編&「ギャル汚くん」編のコンビニ本が発売されまして、既に以前のヴァージョンで持っているのに「判型が大きくなっている」ので買ってしまいました。其れで巻末の広告を見たら、映画のノベライズが文庫本で出ているのですね。原作マンガには大久保千秋は登場していませんが、映画のノベライズ本なら出ていますよね。こりゃ、買わなきゃイカンな。表紙に大久保千秋がいないのが気になりますが、「スピリッツ」みたいに研音ちゃん未告知でも「トンデモなDVD」が付いていたりもしますから、疎かには出来ませんねっ。


【参考過去記事INDEX】
 「闇金ウシジマくん」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



映画「闇金ウシジマくん」公式サイト


posted by 栗 at 22:51| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

FAB4-168:SEXY SADIE

WHAT HAVE YOU DONE? 10YEARS OF SINGLES wbr.jpg


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ケン・スコット
 2E:リチャード・ラッシュ(7/19、24)、ジョン・スミス(8/13、21、10/14)
 録音:1968年7月19日(take 1-21)、
    7月24日(リメイク take 25-47)、
    8月13日(再リメイク take 100-107、take 107 を編集し take 108-111)、
    8月21日(take 107 を編集した take 112 に SI し編集して take 113-115、
    take 115 に SI し編集して take 116-117、
    take 117 に SI 「歌、オルガン、ベース、コーラス、タンバリン」)
 MONO MIX:1968年8月21日(take 117 より 1-5)
 STEREO MIX:1968年10月14日(take 117 より 1-3)

 1968年11月22日 アルバム発売 (「THE BEATLES」 C-5)
 アップル(パーロフォン) PMC 7067-7068(モノ)、PCS 7067-7068(ステレオ)


ジョン・レノンがインドで書いた曲のひとつで、当初のタイトルはズバリ「マハリシ」だったと云われています。マハリシの講義を受けていたジョンが「マハリシが参加していた女性に手を出した」との噂を聞き「おいおい、聖人だと思っていたのに、単なる俗物じゃん!」と大いに失望した事を歌にしました。始めはあからさまにマハリシを貶し捲くった内容でしたが、ジョージ・ハリスンが説得し、過激な歌詞(「Maharishi, you little twat / Who the fuck do you think you are? / Who the fuck do you think you are? / Oh, you cunt.」など)は削除されタイトルも「SEXY SADIE」となりました。但し、ビートルズがインドでの修行を去った原因は「マハリシが、ビートルズや取り巻き連中がインドでもドラッグを服用していた事に怒って追い出した」との証言もあります。

レコーディングは、再リメイクまでした上でオーヴァーダビングして完成しています。完成版は「take 117」となっておりますが、再リメイクの最初を「take 100」から始めたからで、実際に「117」もやったわけではありません。其れでも、50テイク以上はやらかしています。演奏は、ジョン・レノン(リード&ハーモニー・ヴォーカル、リズム・ギター、ハモンド・オルガン)、ポール・マッカートニー(ピアノ、ベース、バック・ヴォーカル)、ジョージ・ハリスン(リード・ギター、バック・ヴォーカル)、リンゴ・スター(ドラムス、タンバリン)と云う「これぞ、ビートルズ!」の布陣であります。

個人的には、「SEXY SADIE」が「ホワイト・アルバム」でのベスト・トラックだと思います。先ず以って、ジョンが書いた楽曲が、どんなに動機がマハリシへの失望感からだったとは云え、途轍もなく美しいのです。中間部でテンション・コードを使ったトコなんか、もう失神モンです。毎度の事ですが、ジョンの歌が上手過ぎる。余りにも美しい絶唱だ。そして、ビートルズの四人による演奏も完璧です。ジョンのヴォーカルに、ポールとジョージの♪ワワワワ♪とか♪セークシーセディー♪とコーラスが絡む辺りは、涙モンでございます。其の名も「Sexy Sadie」と云うバンドや、ポールの曲からバンド名を頂いた「Jet」、そして「Radiohead」などに影響を与えた名曲です。然し、此の楽曲を四人で完成した翌日(1968年8月22日)に、リンゴはポールにダメ出しされ脱退するのでした。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「COVERS」#179

no_image_large.gif



「メロン・ソーダ」


(2012年8月作)



素材は、片瀬那奈ちゃんが2004年に発表された「EXTENDED」です。
元は御存知の通り「ピンク」のヴァージョンですけど、
何ゆえ「みどり」にしちゃったのかと云いますとですね、
コレを加工している時に「焼酎のメロン・ソーダ割り」を呑んでいたからなのだ。



(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:15| COVERS | 更新情報をチェックする

「ほんとにあった怖い話 傑作選」で内山理名ちゃん!

ほんとにあった怖い話


フジテレビ 16:00〜17:30

「オープニング〜婆、去れ!」

内山理名 as 金山裕美


なな、なんと、2003年4月8日に放送された「ほんとにあった怖い話 春の恐怖ミステリー」で内山理名ちゃんが主演された「オープニング〜婆、去れ!」が、再放送されます。「ほん怖」の再放送がある時には、とある事情で復活は有り得ないと分かっていても、ついつい片瀬那奈ちゃんが出演された「遠い夏(2000年)」を期待してラインナップをチェックしてしまうのですけど、約10年前の内山理名ちゃん主演作が蘇るとは嬉しい誤算です。そー云えば、片瀬那奈ちゃんがハマっておられると云う韓国ドラマ「ラブレイン」が終わると、元祖「GTO」の再放送が始まるみたいですね。でも、片瀬那奈ちゃんの本格的な女優デビュー作とも云える「GTO ドラマスペシャル(1999年)」は二時間枠だからスル〜されちゃうのでしょうね。

さて、肝心の内容ですけど「内山理名ちゃん演じる金山裕美が、妹の香織(森本ゆうこちゃん)とドライヴ(内山理名ちゃんが運転!)していて、怪談噺で盛り上がっていると、実際に恐怖体験をしてしまう」と云う、僅か「四分」の短編です。2003年の作品ですので、画面サイズもアナログ仕様の「4:3」でありまして、内山理名ちゃんの公式サイトでの履歴にも載っていない程の「超マイナー作品」を「よくぞ復刻して下さった!」と感謝すべきでしょう。何ゆえラインナップに入ったのかは分かりませんけど、コレはもう「金メダル級の快挙」です。こーなったら、しつこいけど、片瀬那奈ちゃんの「遠い夏」も蘇らせては如何でしょうかしらん。主演女優さんが禊を終えて復帰なさるタイミングに合わせれば、数字も取れますよっ。


(小島藺子/姫川未亜)



「ほんとにあった怖い話」フジテレビ公式サイト


posted by 栗 at 17:37| RINA | 更新情報をチェックする

映画「闇金ウシジマくん」高校生限定ティーチイン試写会が行われ、大島優子ちゃんが登場!

ushijima-2.jpg


大島優子:高校生の制服姿に触発 「キラキラしている」(毎日 8/11)
大島優子、過去の“活動危機”明かす「居場所なくなる恐怖に陥った」(オリコン 8/11)
大島優子「わたしは今、好きなことをやれています」 高校生に人生の先輩としてアドバイス!
(シネマトゥデイ 8/11)
AKB48大島優子、実印購入を明かす「大人の重みを感じる」(映画.com 8/11)
大島優子、「AKBに自分の居場所がなくなると思った」(モデルプレス 8/11)
恐怖あった 大島優子「AKBに居場所がなくなるんじゃないか」(スポニチ 8/11)
優子「制服着るアイドルとして頑張る」(ニッカン 8/11)
山田孝之と大島優子、人生で最も追い込まれた経験とは?(ウオーカープラス 8/11)


片瀬那奈ちゃんが演じる大久保千秋も復活する映画「闇金ウシジマくん」の、「高校生限定ティーチイン試写会」が本日(8/11)六本木シネマートで行われた模様です。多くの報道見出しを見て「大島優子ちゃんがゲストだったのね」と思ったのですけど、記事を読むと「山田孝之くんと山口雅俊監督も出ているではありませんかっ。」主演男優と監督をぶっ飛ばしての「大島優子ちゃん推し」の見出しは、何故なのかしらん。そー云えば「完成披露試写会」の時もそーだったナァ。てか、ドラマ「カエルの王女さま」の時も「推し」が強かった気がします。流石は国民的アイドル・グループ「AKB48」のセンターだけあると云ったところなのでしょうかしらん。ま、コリスは片瀬クンと仲良しだから、此処的には別にいいんですけどね。


【参考過去記事INDEX】
 「闇金ウシジマくん」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



映画「闇金ウシジマくん」公式サイト


posted by 栗 at 20:32| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

FAB4-169:HELTER SKELTER

ヘルタースケルター・オリジナル・サウンド・トラック 魂の叫び (RATTLE AND HUM) 恋のマジックアイ(紙ジャケット仕様)


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン(7/18、10/12)、クリス・トーマス(9/9-10、17)
 E:ケン・スコット
 2E:リチャード・ラッシュ(7/18)、ジョン・スミス(9/9-10、10/12)、マイク・シーディ(9/17)
 録音:1968年7月18日(take 1-3)、
    9月9日(リメイク take 4-21)、
    9月10日(take 21 に SI)
 MONO MIX:1968年9月17日(take 21 より 1)
 STEREO MIX:1968年10月12日(take 21 より 1-5)

 1968年11月22日 アルバム発売 (「THE BEATLES」 C-6)
 アップル(パーロフォン) PMC 7067-7068(モノ)、PCS 7067-7068(ステレオ)


ポール・マッカートニーが書いた楽曲。当初はアコースティック・ギターの弾き語りで披露され、ビートルズとしてのセッション(7/18)ではブルース調でスロー・テンポの演奏でした。take 1 は10分以上、take 2 も12分以上、そして take 3 は、なな、なんと27分以上も続きました。take 2 を4分半余りに編集したヴァージョンが「アンソロジー3」で聴けます。然し、ポールは「THE WHO」のピート・タウンゼントがインタビューで「俺たちの新曲(「恋のマジック・アイ(I Can See for Miles)」)は、史上最高に激しく喧しい妥協のない曲だ!」と云ったのに、メラメラっと燃えてしまいまして「だったら、ビートルズはもっと凄いのをやってやろーじゃないの」と、ウルトラ・ハードなリメイク(9/9)を敢行したのでした。

ポール(ヴォーカル、リード・ギター)、ジョン(六弦ベース、コーラス、サックス、効果音)、ジョージ(リズム・ギター、コーラス、効果音)、リンゴ(ドラムス)、のビートルズ四人に、マル・エヴァンスがトランペットで参加しています。でも、ジョンのサックスやマルのトランペットは、喧しい音に埋もれてよく聴こえません。完全に発狂したビートルズによる、しっちゃかめっちゃかな騒音が鳴り響きます。ステレオでは一旦フェイドアウトした後にふたたびフェイドインし、リンゴ・スターの「I got blisters on my fingers !(指にマメができちゃった!)」と云う叫び声で終わっています。本当に滅茶苦茶なドラミングをやらかしてマメができてしまった「マジ発言」です。然し、モノラルではフェイドアウトして終わってしまうので、リンゴの魂の絶叫は聴けません。リンゴは、ライヴで此の叫び声までレパートリーにしちゃってます。何だかナァ。

「HELTER SKELTER」は、1969年に起こったチャールズ・マンソンによる惨殺事件に影響を与えた曲と云われています。マンソンは此の曲だけではなく「ホワイト・アルバム」の様々な楽曲が自分に啓示を与えたなどと発言しました。ビートルズも事情聴取されたらしいのですが、勿論そんなのはマンソンの妄想です。然し、余りにも悲惨な事件に関連していると云われた為に、ポールはずっと此の曲を封印していました。U2がライヴで披露した時にはボノが「チャールズ・マンソンがビートルズから盗んだ曲を盗み返してやったぜ!」と宣言しています。ポール自身も2005年からライヴの定番曲として復活させました。てか、還暦過ぎてからやる曲かよっ。

内容は、ポールお得意の下ネタ全開の単なるエロ唄にすぎません。1993年のポール来日公演の時に、前座でショート・フィルムが上映されたのですけど、自然保護を訴える意図で動物が虐待されている映像のバックに在ろう事か「HELTER SKELTER」をポールは流しやがったのだよ。ポールって、「LIVE AID」で「LET IT BE」をやるわ、「9・11」で「I'M DOWN」をやらかすわ、先日の倫敦五輪開会式でも「THE END」をやっちゃうわ、どーもネジが外れているとしか思えません。尚、岡崎京子さんのマンガと、其れを原作とした沢尻エリカ様主演の映画「ヘルタースケルター」は、タイトルは此の曲からの引用でしょうけど、内容は何ら関連性はありません。でも、エリカ様が好きだから貼りました。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

本日の「シューイチ」は、お休みです。

休みの国


片瀬那奈ちゃんが「日曜日も頑張ります!」と毎週生放送の司会を務めておられる「シューイチ」ですが、本日(8/12)は「倫敦五輪特番」の為にお休みです。片瀬那奈ちゃんも、久しぶりに日曜日に早起きせずに済みますね。でも、寝ないで朝まで倫敦五輪中継を観てらしたかもしれません。シューイチガールズの加藤多佳子ちゃん黒田有彩ちゃん三原勇希ちゃん上田眞央ちゃん浅賀優美ちゃんを観れないのも残念です。やはり、日曜日の朝は「シューイチ」を観ないと落ち着かないですね。シューイチガールズはブログで「シューイチ」の話題を頻繁に書いているので、訪問されては如何でしょうかしらん。多佳子ちゃんは看板が出来てリニューアルしていますよ。てか、ゆみ介が更新していないぞ。ブローチ作りに没頭しているのでありましょうかしらん。

「シューイチ」がお休みでも、片瀬那奈ちゃんは舞台「サイケデリック・ペイン」の初日(8/22)が迫っておりますので、のんびりとしてはいられないでしょう。本日は、千秋楽となる大阪追加公演のチケットが一般発売されます。そして気になるのは、舞台「サイケデリック・ペイン」公演中の「シューイチ」の行方です。日曜日にも、当然ガッツリと舞台公演は行われるのです。最初の8月26日は「24時間テレビ」の為に「シューイチ」はお休みですが、其の後はどうするのかしらん。東京公演の「9/2(日)」と「9/9(日)」に関しては、池袋で14時開演ですから「シューイチ」の生放送終了後に駆けつけるのは可能でしょう。

然し、大阪での「9/23(日)」は物理的に「シューイチ」に出演するのは無理でしょう。「9/22(土)」の夜公演もあり「9/23(日)」は昼夜公演、「9/24(月)」も昼夜公演で、三日間は大阪に滞在されると思われます。此れまで、片瀬那奈ちゃんは「シューイチ」を欠席した事は一度もありません。本日のように特番によって「シューイチ」自体が休止された事は何度かありましたが、放送がある限りは皆勤しています。遂に、片瀬那奈ちゃんが「シューイチ」から消える日が来るのでありましょうか?其れとも、よみうりテレビのスタジオから二元中継で参加するお心算か?「9/23(日)」の昼公演は14時開演ですので、やろうと思えば出来そうではあります。


(小島藺子/姫川未亜)



「シューイチ」日本テレビ公式サイト
「シューイチ」Facebook


posted by 栗 at 08:43| TV | 更新情報をチェックする

「倫敦五輪で盛り上がっているのに、G1決勝かよっ」

G1 CLIMAX 20周年記念DVD-BOX 1991-2010 [DVD]


世の中が倫敦五輪で盛り上がっている時に、新日本プロレスは今年も「G1クライマックス」を決行しておりました。本日(8/12)に両国国技館で決勝戦が行われたのですけど、相変わらずの星取り勘定で「一体、誰が強いんや?」と思わされる展開で、予想通りの結果で終わった模様です。でもですね、なな、なんと、今宵(正確には明日)に「Get Sports」で決勝戦を放送するって云うじゃないのよさ。おいおい、撮って出しで放送って凄いじゃん。新日も頑張っているのでしょうけど、テレ朝もチカラを入れて来たのかしらん。てか、ブシロードのチカラなのかもしれませんけどね。

オリンピックは終盤で明日は閉会式で、話題はオリンピックに集中しているのに、よくぞプロレスなんぞを放送するもんだ。てか、スポーツ番組で堂々とプロレスを流すってのが凄いです。もう結果は知っていますが、ネタバレになるので書きません。是非、片瀬那奈ちゃんファンのみんなも、今宵「25:15」(つまり、明日の「1:15」)からテレビ朝日系で放送される「Get Sports」を観て下さい。片瀬那奈ちゃん御本人にも、是非とも観ていただきたく存じます。オリンピックも素晴らしいけれど、プロレスも頑張っていますよっ。詳しくは、放送後に別記事で改めて書く予定です。


(小島藺子)



posted by 栗 at 19:55| KINASAI | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

FAB4-170:LONG, LONG, LONG

Thanks for the Pepperoni... ブロンド・オン・ブロンド(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】


 w & m:HARRISON

 P:ジョージ・マーティン
 E:ケン・スコット
 2E:マイク・シーディ(10/7-8)、ジョン・スミス(10/9-14)
 録音:1968年10月7日(「It's Been A Long Long Long Time」take 1-67)、
    10月8日(take 67 に SI 「アコーステイック・ギター、歌、ベース」)、
    10月9日(take 67 に SI 「バック・ヴォーカル、ピアノ」)
 MONO MIX:1968年10月12日(take 67 より 1)、10月14日(take 67 より 2-3)
 STEREO MIX:1968年10月10日(take 67 より 1-4)

 1968年11月22日 アルバム発売 (「THE BEATLES」 C-7)
 アップル(パーロフォン) PMC 7067-7068(モノ)、PCS 7067-7068(ステレオ)


ジョージ・ハリスンが書いたワルツ調の楽曲です。レコーディングは、ジョージ・ハリスン(ヴォーカル、アコースティック・ギター)、ポール・マッカートニー(ハモンド・オルガン、ベース、バック・ヴォーカル)、リンゴ・スター(ドラムス)で行われ、クリス・トーマスがピアノで参加しています。つまり、ジョン・レノンが参加していないのです。ジョンは、ジョージ作の「SAVOY TRUFFLE」にも参加しておりません。更に先を急げば、後の「SOMETHING」「HERE COMES THE SUN」「I ME MINE」などのジョージ・ハリスン作品にも、様々な事情でジョン・レノンは演奏に加わっていません。

繊細で美しい曲ですが、何故かジョージが叫ぶと何かがカタカタと音を立て、リンゴのドラムがデカイ音で入る不気味なエンディングとなっています。此れはベーシック・トラックを録音した時に、ポールが弾くハモンド・オルガンの音の振動でレズリースピーカーの上に置いてあったワイン・ボトルが揺れた音を面白がったビートルズが、わざわざ何度も其れを繰り返して録音し、オチをつける為にリンゴのドラムを加えたのです。クリス・トーマスは「ビートルズはアクシデントを上手く利用した」と語っておりますが、偶発的に鳴ったワイン・ボトルが揺れる音をそのまま入れたのではなく、マイクをセッティングして何度も録音し直しているのがビートルズの恐るべきところでしょう。

ジョージは、ボブ・ディランの「ローランドの悲しい目の乙女(Sad Eyed Lady of the Lowlands)」(二枚組アルバム「Blonde on Blonde」のD面(Side 4)に収録された11分を超える楽曲。アナログでは、此の曲しか最終面には収録されていません!)のコード進行からヒントを得たと語っています。そして、歌詞で「ずっと求め愛する」と歌われる「YOU」とは「神」だと明言しております。其の後のソロ作品(「MY SWEET LOAD」や「GIVE ME LOVE」など)へ通じる、ジョージの求道的な想いが伝わってくる内容と云えるでしょう。でも、あたくしがカヴァーしたなら、「YOU」は「片瀬那奈ちゃん」になっちゃいますけどね。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:34| FAB4 | 更新情報をチェックする

「Get Sports」で「G1クライマックス優勝決定戦」!

オカダ・カズチカ レインメーカー半袖Tシャツ Mサイズ


長らく土曜日の深夜(つまり日曜日の早朝)での放送に甘んじている「ワールドプロレスリング」ですが、真夏の決戦「G1クライマックス」にはチカラを入れましたね。特番とまでは行かなかったものの「Get Sports」で特集と来ましたよっ。倫敦五輪のレスリングで米満選手が金メダルを獲得したニュースの前に、タナの「飛び降り体落とし」を流しているじゃまいか。てか、カール・アンダーソンに負けて決勝に進めなかったタナをオープニングに持って来るって、何だ?昨日に放送していた「ワールドプロレスリング」でも、タナは丸藤のタイガー・フロージョンで無様に負けていたじゃまいか。てか、丸藤ってノアではジュニアなのにタナと大して変わらないのよさ。よーするに「太陽の天才児」がジュニア体型なんだけどさ。何ゆえ新日は、こいつをエースにしちゃったのかしらん。ま、中邑や後藤がもっと情けないからかもしれんが、タナはつまらん!

今年の決勝は、オカダ・カズチカと「マシンガン」カール・アンダーソンによって行われました。レイン・メーカーのオカダは、出て来た時には「顔じゃない」と云う感じでしたが、短期間で化けました。兎に角、デカイ!そして、デカイのに物凄い身体能力を持っています。其の場飛びのドロップ・キックだけで魅せるレスラーは、なかなかいません。アンダーソンはジャイアント・バーナードとタッグを組んでいた時期には影に隠れていましたが、バーナードの移籍後も新日に残って実力を発揮して来ました。オカダとアンダーソンと云う組み合わせだけでも新鮮です。其れにしても、相変わらずの星取りには呆れてしまいます。何でほとんどが「4勝4敗」で終わっちゃうのよさ。タナがアンダーソンに負けて、同じ「5勝3敗」だけど直接対決で負けたから決勝へ行けないって筋書きも、使い古されています。

あっ。やっぱり、ブシロード提供なのね。よーするに、自社提供じゃん。ま、プロレスが地上波で観れるなら、何だっていいんですけどね。決勝だけ流すのかと思ったら、他の試合も普通に流しているじゃまいか。おいおい、プロレス中継じゃん!おおっと、両国国技館が超満員だっ。お相撲よりもいっぱい入ってますよっ。でも、結局は「8点」の方が「6点」に寝るって試合がつづいて、「10点」のオカダとアンダーソン(前述の通り、タナも「10点」ですがアンダーソンに負けたからダメ)が優勝決定戦に進むって筋書きです。コレって、毎年思うのだけど、最終戦を盛り上げる為に「誰が上がるか分かりませんよ」と演出している心算なのでしょうけど、底が丸見えなのよさ。だって、両ブロックの最後に組まれた試合が「事実上の準決勝」なんだもん。其れがプロレスではありますけどね。「飛び降り体落とし」と「月面宙返り体落とし」と「星屑体落とし」とかは、見栄えが違うだけで相手が受けるダメージに変わりはないと思えますが、単なる「飛び降り体落とし」なんぞを必殺技にされるよりは華やかな方が好いのよさ。

其れにしても、延々とプロレス中継を平然と流しておりますね。コレって「Get Sports」じゃなくって「ワールドプロレスリング」ではありませんかっ。星の潰し合いでお約束の展開ながら、最終戦だけあってみんな気合が入っていて好試合が続きます。丸藤やみのるなどの外敵を、最終戦でキッチリと退治しちゃうのもお約束ですけど、盛り上がるわけだ。てか、野上アナの「永田!鈴木みのるの左腕を折れっ!」とか「ジャスティース!ジャスティース!」って贔屓実況は酷過ぎますね。「莫迦か、お前は!」としか云えません。そもそも、此のアナウンサーをいつも飯塚さんに襲わせているのって、何なのよさ。挙句にリングに上げてへなちょこラリアットもどきとかやらせていましたけど、面白くも何ともないですよ。アノへなちょこラリアットのムーブで「嗚呼、此の人はテレ朝の社員だから仕方なくイヤイヤやっているのだナァ」ってバレバレです。

そんでもって、二日続けて太陽の天才児が無様に負ける試合を観れて「スカッ」としましたよ。こいつは、背中に傷を持つ「女の敵」ですからね。タナは外敵の丸藤とみのる、そして外国人であるアンダーソンに負けたのです。チャンピオンなのに、弱いぞ!そして、矢野さんがキッチリと外敵のみのると丸藤に勝っているのだ。矢野さんの方が強いんじゃねーの?てか、番組が始まって一時間半も経過して、ようやく優勝決定戦に辿り着きましたよ。おいおい、完全に「ワールドプロレスリング」の特番じゃまいか。ブシロードって、チカラ持ちだナァ。何だ、此の「DAIGO」の「君が代」はっ。優勝はオカダでしたけど、名勝負でした。此れは、カール・アンダーソンを褒めるべきでしょう。確かにオカダには才能がありますが、まだまだ自分で試合を組み立てる事は出来ません。優勝決定戦の相手にアンダーソンを持って来たシナリオが、ズバリ!と当たりました。アンダーソンの受けが完璧だから、オカダの技が映えるのですよ。

もう、バーナードライバーには泣いた!ずっとバーナードとの名タッグを見て来たファンには堪らない演出でした。いやぁ〜好い試合だった。其れで万策尽きたと思わせてからの、怒涛の攻防も素晴らしかった。カール・アンダーソンの株が天井知らずで上がり捲くった試合でした。山ちゃんが「アンダーソンが決勝へ進めば面白いと思っています」と、思いっ切り預言しちゃったのも好かったですよっ。でも、サクと柴田が来たトコは何で放送しないの?オカダがエースになる事には文句はありませんけど、中邑の時みたいに潰したりしないで欲しいです。オカダが好いトコは、デカイ!ってのに尽きるね。やっぱ、デカイ奴が強いって説得力があるのよさ。だから、デカイ!片瀬那奈ちゃんも最強なのです。ナンダカンダ云っても、プロレスは面白いのだ。そー云えば、「どや顔」の「8/24」放送予定の回は「プロレスラー特集」らしいです。初めて「どや顔」の放送に期待しちゃいますよっ。

其れで、何となく明け方まで寝ずにいたら、おいおい、倫敦五輪の閉会式にレイ・デイヴィス様が出て来て、うっかり名曲「Waterloo Sunset」を歌っているじゃまいか。ギター弾いているのは、もしかしてデイヴ・デイヴィス?朝っぱらから「THE KINKS」かよっ。慌てて、再放送の録画予約をしました。


(小島藺子)



posted by 栗 at 03:10| KINASAI | 更新情報をチェックする

「倫敦五輪閉会式」で英国ロックの祭典!

シー・マイ・フレンズ


おいおい、何なんだよ「倫敦五輪閉会式」はっ。開会式では、サー・ポール・マッカートニーが「THE END」と「HEY JUDE」と云うポールらしい「KY選曲」で盛り上げましたが、今回もキム・ギャビンの演出は「新聞紙の車」を出すなどビートリーです。マッドネスやペット・ショップ・ボーイズ、ワンダイレクションなどが登場し、ビートルズの「A DAY IN THE LIFE」の中間部に合わせたパフォーマンスが終わると、車からレイ・デイヴィス様が参上だ!いきなりだナァと「Waterloo Sunset」を熱唱しておりましたが、隣でギターを弾いているのはデイヴ・デイヴィスじゃないの?誰なのか、ちゃんと紹介してよ。「1960年代に活躍したキンクス」って、おいおい、其の後もずっと活躍していたじゃまいか。

BGMでケイト・ブッシュ様が流れた時には、御本人が降臨か?と色めき立ちました。「イマジン」では映像でジョン・レノンも蘇ったぞ。ジョージ・マイケルだ、アニー・レノックスだ、ファットボーイスリムだ、スパイス・ガールズだ、あららららん、エリック・アイドルじゃないのよさ。こりゃ、すげぇ!こんな時に、何を歌ってやがるんだっ。笑い転げてしまったぞ。祭りだ、祭りだ、わしょーい!そんでもって、QUEENも復活だ。てか、何でヴォーカルがジェシー・J?ブライアン・メイの趣味か?最後は「THE WHO」だ!ポールは開会式に出たし、息子のザックが閉会式のトリで太鼓を叩き捲くっているのに、リンゴ・スターはどーした?相変わらず、無粋な実況は被るし肝心の音響が劣悪で、再放送で「THE WHO」の中盤がカットされていたのは納得がゆかないものの(他にもリアム・ギャラガーとかMUSEとか斬られ捲くりだった!斬るならアナウンサーのヘボ実況にしてはくれないか!)、いいもん見せてもらいました。


(小島藺子)



posted by 栗 at 12:12| FAB4 | 更新情報をチェックする

「炎の体育会TV」は、片瀬那奈ちゃんを呼んでいるぞ。

紫の炎 30th アニバーサリー・エディション


TBS 19:00〜19:55


「なでしこJAPANとアメリカ代表が女子サッカー対決!」って内容ですが、片瀬那奈ちゃんが2011年7月3日放送(6月12日収録)された「美女アスリート総出演 炎の体育会TV2011」三時間半スペシャル!からの映像が使われていた模様です。思いっきり見逃しましたけど、他のゲスト陣も同じですし公式告知もなかったので新たなゲスト出演ではなかったと思われます。


本放送:2011年7月3日:「美女アスリート総出演 炎の体育会TV2011」三時間半スペシャル!
再放送:2011年10月9日:「美女アスリート総出演 炎の体育会TV2011」毎週月曜!ゴールデン進出SP
再々放送:2011年12月24日:「炎の体育会TV ダイジェスト」


(小島藺子)



posted by 栗 at 19:57| TV | 更新情報をチェックする

「NANA DIARY」モバイル版 #095

sp-b.jpg


サブタイトル:「朝の光」


昨日(8/12)は「シューイチ」がお休みだったので、「起きたら、シューイチ終わる時間でした〜。」とお寝坊ができた片瀬那奈ちゃん本人が綴る「NANA DIARY」でございます。いよいよ、来週から舞台「サイケデリック・ペイン」が始まりますので、稽古の真っ最中の御様子で、「来年は、夏フェスもキャンプもしたいなぁ…。」なんぞと、鬼が笑い転げて失神しそうな未来展望を語っておられます。

片瀬那奈ちゃんの文章って、本当に面白いですよ。「あー!細かい話もしたいんだけど面白い話がなくてごめんなさいです…。」と云う言い回しが、もう面白いのだ。昨日、久しぶりに「歌のおにいさん」の制作発表を観たのですけど、最後にみんなで揃って写真撮影している時に、那奈ちゃんがニコニコ笑って両手を広げておどけているのです。映画の舞台挨拶に行っても、那奈ちゃんはいつも愉快なんですよ。ズバリ云って、那奈ちゃんは、底抜けに可愛いのです。レディー・パンドラ、期待しておりますよっ。


(「THANX 4 うっぴー☆」:小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 21:28| 7D | 更新情報をチェックする