nana624.png

2012年06月16日

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#06(2005-part1)

離婚弁護士II~ハンサムウーマン~ DVDBOX


2005年1月1日:「トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜スペシャル」(フジテレビ)
2005年1月29日:「世界の絶景100選III 絶景ガイド超直前SP」(フジテレビ)
2005年1月29日:「世界の絶景100選III」(フジテレビ)

2005年の片瀬那奈ちゃんは、元旦に「トリビアの泉」に御出演。まぁ、コレは2004年に収録された番組ですが、1月4日にはアルゼンチンへと向かいました。其の模様は「世界の絶景100選III」で放送され、子供ノリ爆裂の可愛い愉快な那奈ちゃんが弾け捲くっておりました。2月には、ドラマ「不機嫌なジーン」にゲスト出演します。AUBEのCMもヘビーローテーションされており、女優復帰後は二作連続で「月9」に出演と、申し分の無い好待遇ではありました。


2005年3月30日:「爆笑おすピー大問題!日本の未来を救えスペシャル」(フジテレビ)
2005年4月2日:「ウチスタ US Collection」(フジテレビ)
2005年4月9日:「ウチスタ US Collection」(フジテレビ)
2005年4月11日:「笑っていいとも!2005春の祭典★スペシャル」(フジテレビ)4/30 再放送
2005年4月13日:「爆笑問題☆伝説の天才」(フジテレビ)
2005年4月16日:「ウチスタ US Collection」(フジテレビ)
2005年4月16日:「春の新作とれたてドラマツアーズ」(フジテレビ)
2005年4月23日:「ウチスタ US Collection」(フジテレビ)
2005年4月30日:「ウチスタ US Collection」(フジテレビ)

片瀬那奈ちゃんは、2005年4月から6月までドラマ「離婚弁護士II〜ハンサム ウーマン〜」にレギュラー出演しました。女優回帰から「3クール連続」でフジテレビのドラマに御出演となったのです。但し「ラストクリスマス」や「不機嫌なジーン」での大人しい役柄とは違い、「リコベン2」での緒方亜紀は「かつての第一期女優時代での片瀬那奈ちゃんを彷彿とさせる、コミカル路線」でした。多くの番組で番宣もやって「おもしろいおねえさん」をアピールしています。


2005年5月18日:「爆笑問題☆伝説の天才」(フジテレビ)
2005年5月23日:「笑っていいとも!」(フジテレビ)テレフォンショッキング初出演
2005年5月29日:「笑っていいとも!増刊号」(フジテレビ)
2005年6月28日:「離婚弁護士U&曲がり角の彼女今夜最終回SP」(フジテレビ)

「リコベン2」の番宣が続き、遂に片瀬那奈ちゃんは「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」に初出演しました。那奈ちゃんがスカウトされたのが新宿アルタ前ですから、念願だったと思われます。其のトークで「アキバ系電脳ヲタ噺」を披露し、世間に衝撃を与えます。ファンの間では有名だった片瀬クンの「ヲタク趣味」ですが、一般的には未だ「きれいなおねえさん」だったわけです。


2005年上半期の「片瀬那奈ちゃんバラエティ番組出演録」ですけど、一見して在る事実に気付きます。其れは「おいおい、フジテレビばっかじゃまいか!」なのだ。そして、記録を紐解きますとですね、2004年10月から2005年6月までの「3クール」九ヶ月間、片瀬那奈ちゃんはドラマも含めてフジテレビにしか出演されていないのです!確かに、片瀬那奈ちゃんの女優デビュー作「美少女H2 最後のデート」(1999年)も、本格的な女優デビュー作とも云える「GTO ドラマスペシャル」(1999年)も、フジテレビ系でした。更に、「氷の世界」(1999年)、「花村大介」(2000年)、「遠い夏」(2000年)、「2001年のおとこ運」(2001年)、「できちゃった結婚」(2001年)と、第一期女優時代でも多くの作品がフジテレビ系でした。然し、九ヶ月もフジテレビにしか出なかったなんて事は、前代未聞です。

正に「フジテレビ専属」の如き展開は、一体何だったのでしょうかしらん。女優回帰に際して「3クール連続で連ドラへ起用するから、フジテレビにしか出るな」とか決められていたのでありましょうかしらん。もっと掘り下げてしまいますと、片瀬那奈ちゃんが2004年7月から2005年6月までの一年間でフジテレビ以外の番組に出演されたのは、2004年9月20日の「英語でしゃべらナイト」(NHK)だけなのです。つまり、ほぼ一年間「フジテレビ専属状態」だったのですよ。コレが偶然なわけないですよね。「だから、どーした?」って噺なのですけど、あたくしは「こーゆートコに拘ってしまう」のです。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 01:53| SMiLE | 更新情報をチェックする

「COVERS」#171

nana227.jpg



「Circle」


(2012年6月作)



片瀬那奈ちゃんが、回る回る。歌手時代の素材です。



(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 03:54| COVERS | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#07(2005-part2)

サイボーグ009 (第1巻) (Sunday comics―大長編SFコミックス)


2005年7月13日:「トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜」(フジテレビ)
2005年7月23日:「世界一受けたい授業 夏休みスペシャル」(日本テレビ)
2005年7月31日:「@サプリッ!」(日本テレビ)
2005年8月7日:「ウチくる!?」(フジテレビ)
2005年8月26日:「プリティガレッジ」(日本テレビ)

片瀬那奈ちゃんは2005年7月になりますと、約一年間の「フジテレビ専属」が解けたのか、日本テレビのバラエティ番組へも御出演される様になりました。此の時期でのメインは「ウチくる!?」でしょう。誕生から2005年までの歴史を綴った貴重な番組です。親友・内山理名ちゃん、尊敬する先輩・あまみん、あまみんと云えばの玉ちゃん、プライベートでの仲間たち、恩師・大江先生、那奈ちゃんママ、などが登場します。2000年に「FLY 航空学園グラフィティ」で共演された今は亡き飯島愛さんと、後に2011年から「シューイチ」で共に司会を務める事となるヒデちゃんが司会を担当し、お笑い芸人を那奈ちゃんがジャッジしたりと楽しい番組でした。此の当時に「タカアンドトシが札幌時代から推し」と語る那奈ちゃんの「お笑い通」ぶりにも注目。


2005年9月14日:「はなまるマーケット」(TBS)
2005年9月19日:「なな色のアフリカ 豪華サファリトレインで行く南アフリカ縦断旅行」(TBS)RKB制作
2005年9月23日:「芸能人格付けチェック これぞ真の一流品スペシャル」(テレビ朝日)
2005年9月24日:「30minutes鬼」(テレビ東京)

9月には「はなまるマーケット」に初出演し、アフリカ紀行の「なな色のアフリカ」が放送されます。片瀬那奈ちゃんは、2005年1月にはアルゼンチンへ、2月には「AUBE」の撮影でタイへ、7月には「香港バタフライ」の撮影で香港へ、そして8月にはアフリカと世界を駆け巡っておりました。アフリカで暴れ捲くりの那奈ちゃんが素晴らしい!更に「芸能人格付けチェック」に初出演し、「30minutes鬼」最終回「残り夏」では、不思議ちゃんを演じます。浜ちゃん、バナナマンなどとの共演は、後の展開へと繋がります。


2005年10月8日:「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)
2005年10月10日:「木曜ドラマ 熟年離婚 その舞台裏を初公開」(テレビ朝日)
2005年10月13日:「今夜スタート!木曜ドラマ 熟年離婚」(テレビ朝日)
2005年10月15日:「仰天!ドラマのウラ側(秘)新事実」(テレビ朝日)
2005年10月15日:「世界一受けたい授業」(日本テレビ)
2005年10月22日:「チューボーですよ!」(TBS)

10月から12月にはドラマ「熟年離婚」で団長と共演し、11月と12月には「いい男はマーケティングで見つかる」で主演と、片瀬那奈ちゃんは女優として確実にステップアップしてゆきます。そんな時に「恋のから騒ぎ」や「チューボーですよ!」などの人気バラエティ番組にも登場しました。「チューボーですよ!」では、おそらくテレビでは初めて津軽弁を披露しておりまして、後の「大久保千秋」への片鱗を見せました。さんま師匠との「緊迫したやり取り」も見逃せませんね。


2005年12月1日:「浜ちゃんと!」(日本テレビ)よみうりテレビでは11/26
2005年12月7日:「銭形金太郎」(テレビ朝日)
2005年12月8日:「浜ちゃんと!」(日本テレビ)よみうりテレビでは12/3
2005年12月26日:「ドランクドラゴンの1コイン映像ゴングショー!!天才D!」(テレビ朝日)
2005年12月28日:「笑っていいとも!年忘れ特大号!」)(フジテレビ)

高視聴率ドラマ「熟年離婚」は映像作品化されておらず、片瀬那奈ちゃんの出演ドラマではレアとなっておりますが、内容は底抜け脱線に面白過ぎです。そして、此の時期に伝説の「片瀬那奈改造計画」が「浜ちゃんと!」で放送されました。片瀬那奈ちゃんが「バラエティ開眼!」となった歴史的な瞬間を記録した映像です。片瀬クンの「バラエティでも、イケるんちゃう?」との資質に気付いた浜ちゃんは、積極的に片瀬那奈ちゃんをバラエティへ起用し、現在も「Oh ! どや顔サミット」でガッツリと共演しております。


2005年下半期には、片瀬那奈ちゃんは「香港バタフライ」と「いい男はマーケティングで見つかる」で主演しました。然し、大人しめな役柄で、いまいち「パッとせんナァ」と思われました。其れは、同時期にアフリカで弾ける那奈ちゃんや「残り夏」での奇妙な演技などをバラエティ番組との範疇ながら観てしまったからでしょう。多くの大御所との共演となったドラマ「熟年離婚」は、ドラマ自体が奇天烈な怪作ですが、片瀬クンも懸命に頑張りましたね。是非とも再放送や商品化が待たれるドラマです。

そして、伝説の「片瀬那奈改造計画」が実行されます。2004年10月の女優回帰以来「クールビューティー路線」を築き上げて来た(実際、2005年には多くの女性ファッション誌の表紙を「AUBE」のCMと連動し片瀬那奈ちゃんが飾っておりました)とも思えた片瀬那奈ちゃんは、物の見事に其の評価を根底から覆してしまいました。翌2006年に、遂に「怪優開眼」へと向う片瀬クンですが、2005年には既に多くの予兆を感じさせておりました。其の多くは、バラエティ番組に於いて示されていたのです。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 01:41| SMiLE | 更新情報をチェックする

「シューイチ」#061

SQUALL(DVD付)


日本テレビ 8:00〜9:55

【MC】中山秀征、片瀬那奈
【コメンテーター】中丸雄一(KAT-TUN)、手嶋龍一、名越康文
【プレゼンター】笛吹雅子、辻岡義堂
【シューイチガールズ】加藤多佳子黒田有彩三原勇希上田眞央浅賀優美

松田聖子さん再々婚発表!日テレ映像倉庫に眠る超貴重VTRを発掘 オウム最後の逃亡犯高橋容疑者逮捕…続報は 本田圭佑&入江陵介の最新ニュースも 中山秀征は世界を魅了するフラワーデザイナー赤井勝さんを取材、ブーケ作りにも挑戦 トレナビは梅雨入りSP雨対策グッズ&イエナカ快適グッズ2本立て企画で 中丸雄一は最強コレクターの部屋訪問…給料の3分の1を投入する○○って? TOKIOのアノ男が生出演 最新天気


おやまあ、前日(6/16)に、うっかり公式サイトで「トレナビ」の内容が更新されちゃってますよっ。前回(6/10)は二時間半拡大版の「シューイチ eco スペシャル」でしたが、公式サイトのオマケ動画が「義堂アナwith愉快な仲間たち」になっておりました。シューイチくんもヒデちゃんも、お疲れだったのでしょうかしらん。さて、今週も日曜日も頑張る片瀬那奈ちゃんが、ボーダー柄のミニワンピース姿で生脚全開!で登場です。髪は下ろしていますが、前髪を上げてオデコも全開です。「父の日」だからなのか、スタジオ全体に花が飾ってありますね。「シューマツ5Min.」は、義堂アナと加藤多佳子ちゃんが担当。スー・チーさんのノーベル平和賞スピーチのニュースから、なな、なんと松田聖子ちゃんの再々婚記念で過去のVTRを蔵出しです。かつて歌手時代にカバーした事もある片瀬那奈ちゃんは「一日中観て居たいですね」と大喜びです。デビュー曲の「裸足の季節」を思い入れたっぷりに口ずさんでいましたから、マジでしょう。てか、ナレーターさん、「青い珊瑚礁」って、二作目じゃなかったかしらん。三作目の初めて首位になった「風は秋色」が意図的にソックリだから、うっかり間違えましたか。でも後世に遺るのは二位どまりだった「青い珊瑚礁」なのよね。其れと、友人は兎も角、ルイルイもモザイクなのね。

「中山のイチバン」は、本日のお花を飾ってくれた「花人・赤井勝さん」を取材。片瀬クンも興味津々で見入っておりました。おっと、放送事故だ。義堂アナと黒田有彩ちゃんが担当の「ショービズ」には、TOKIOの城島くんが参加。小窓ちゃんの片瀬クンは絶好調で「(ゲッサン)買おう」とか「ゆっち、カッコイイよ!」とか、ツッコミを入れ捲くっていますね。あらららら、クロアリちゃんがスギちゃんのコスプレをしていますよ。げげっ、何ゆえスパイダーマンの話題でAD如きがしゃしゃり出るのだっ。もう、ゲンナリだぜぃ。マジでチャンネルを変えたくなるので、此のつまらない楽屋オチはやめてはくれないか。折角がんばったクロアリちゃんのワイルドが台無しですよっ。AKB48の話題では「さしこの件」はスル〜なのね。一位は聖子ちゃんで、またしても歌を流しております。片瀬クンも「SWEET MEMORIES」を口ずさんでいます。リーダーは番宣ですか。

大好評の「まじっすか!?」は、コレクター紹介。最初は「カエル部屋」で、さりげなく「カエルの王女さま」をフォローでしょうかしらん。つづいては「食品サンプル」で、ヲタの片瀬クンもコーフンしております。最後は「だるま」と来ましたよ。だるまのお父さんが中丸くんに「まじまじ」と返したトコで、小窓ちゃんの片瀬クンが大受けしています。スタジオにカメラが戻っても、やはりコレクターである片瀬クンが語りますねぇ。「トレナビ」は、おや?上田眞央ちゃんとクロアリちゃんが担当ですね。三原勇希ちゃんは喉を痛めて声が出なくなったらしいので交代したのかしらん。三原ちゃんは、今週は飼い殺しかぁ。てか、今週はクロアリちゃんが大活躍ですね。レイングッズといえなかグッズの特集なので、食いしん坊の片瀬クンはションボリでしょう。と思ったら「夢のレシピ本」で「マンガ料理」が出ました。

片瀬那奈ちゃんの全身スタイリングが拝める「シューイチラボ」は「父の日」にちなんだネタで、那奈ちゃんがお父さんを語りました。お母さんネタはよく披露しますが、お父さんネタは珍しいですね。お天気おねえさんの浅賀優美ちゃんは、もう完全にヒデちゃんと片瀬クンから「おもちゃ」にされています。二人に弄られて、ゆみすけは見事にズッコケましたよ。おっと、最後のニュースを三原ちゃんが担当しました。飼い殺しにならなくて好かった。綺麗な花に囲まれての今週の「シューイチ」は、片瀬那奈ちゃんのコンディションも良く好かったのですけど、ADさえ出なきゃナァ。どうしてもスタッフを出したいのでしたら「シューイチくん」みたいにキャラクターにしてもらえませんかね。もしくは、内輪受けのAD登場時にはワイプに片瀬クンを出さないでね。編集するのが大変なんだからさ。


(小島藺子/姫川未亜)



【6/17の衣装】「mimi&roger」(恒例の「マネ日記」情報)


「シューイチ」日本テレビ公式サイト
「シューイチ」Facebook


posted by 栗 at 09:57| TV | 更新情報をチェックする

「カエルの王女さま」クランクアップ!

カエルの王女さま 公式パンフレット


「ブログの王女さま」『クランクアップ!!』(6/17)


片瀬那奈ちゃんが「歌って踊る桜井玲奈さん」を演じるドラマ「カエルの王女さま」が、本日(6/17)無事にクランクアップされたそうです。今週の木曜日(6/21)は、いよいよ最終回となってしまいますね。最後まで、素晴らしいショークワイアを魅せて下さるでしょう。ドラマと桜井玲奈さんに関しては、最終回の後でじっくりと語りますが、まずは那奈ちゃん、キャスト&スタッフのみなさん、お疲れ様でした。最終回に期待しております。


(小島藺子/姫川未亜)



「カエルの王女さま」フジテレビ公式サイト


posted by 栗 at 23:54| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#08(2006-part1)

オリジナル・TVサウンドトラック(Face 2 fAKE他)「小早川伸木の恋」


2006年1月2日:「芸能人格付けチェック これぞ真の一流品スペシャル」(テレビ朝日)2005年9月23日の再放送
2006年1月3日:「平成教育委員会・2006入試直前スペシャル!!」(フジテレビ)
2006年1月7日:「中居正広の激突スターボーリング」(フジテレビ)2/4 再放送
2006年1月10日:「カスペ! マジック革命!セロ!!」(フジテレビ)
2006年1月12日:「浜ちゃんと!」(日本テレビ)よみうりテレビでは1/6
2006年1月12日:「めざましテレビ」(フジテレビ)
2006年1月12日:「笑っていいとも!」(フジテレビ)
2006年1月12日:「小早川伸木の恋 まる分りスペシャル」(フジテレビ)

片瀬那奈ちゃんは2006年1月から3月までドラマ「小早川伸木の恋」でヒロイン「小早川妙子」を演じました。「みんなが見た事のない私になる」と那奈ちゃん自身が予告されていた通り、エキセントリックな役柄で女優としての新境地を開拓します。1月はドラマの番宣で多くのフジテレビ系バラエティ番組に出演されています。


2006年2月9日:「小早川伸木の恋 必見!10倍楽しむ座談会」(フジテレビ)
2006年2月18日:「もしもツアーズ」(フジテレビ)
2006年3月15日:「世界バリバリ★バリュー」(MBS/TBS)
2006年3月17日:「時空のファンタジスタ魔術師Dr.レオン」(日本テレビ)
2006年3月20日:「第6回がんばった大賞!」(フジテレビ)
2006年3月23日:「笑っていいとも!」(フジテレビ)

2月と3月も「小早川伸木の恋」の番宣が多いのですが、「もしもツアーズ」では「小早川パロディ」も加えつつも「妙子とは全く違う、素の那奈ちゃん」を魅せていました。「世界バリバリ★バリュー」では、「普通にしてれば、妙子も別嬪さんじゃないの」と奥様方に云われた「桂由美せんせいのブライダルショー」に御出演された時の模様も放送されました。1月のセロに続いて、3月はDr.レオンと、何故かマジック関係にも呼ばれております。「小早川伸木の恋」に始まって、片瀬那奈ちゃんもウェディング・ドレスを着る機会が増えてゆきます。

2006年4月20日:「ニュース株式ワイド クロージング・ベル」(テレビ東京)
2006年5月13日:「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)
2006年5月17日:「グータンヌーボ」(関西テレビ)
2006年5月26日:「未来予報 2011」(日本テレビ)
2006年6月2日:「ペット大集合!ポチたま」(テレビ東京)
2006年6月20日:「30 minutes 鬼」(テレビ東京)2005年9月24日の再放送
2006年6月25日:「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)
2006年6月27日:「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)

「日常生活まで役が入り込んで来た」と片瀬那奈ちゃんが語った「小早川妙子」を終え、次クールは連続ドラマ出演はお休みとなります。然し、休む間もなく多くのバラエティ番組に登場しました。「メレンゲの気持ち」で噂のヲタク部屋を公開したり、「グータンヌーボ」でぶっちゃけトークをしたり、「未来予報 2011」でゲーマーぶりを見せたり、「ペット大集合!ポチたま」では愛犬のマロン&モンブランと一緒に出演されたり、「『ぷっ』すま」では芸人よりも過激なノリで挑まれたり、などなど、「おもしろいおねえさん」の一面を前面に出してまいりました。そして6月の終わりにドラマ「ビバ!山田バーバラ」の前編が放送されます。片瀬那奈ちゃんは主演で、抜群のコメディエンヌぶりを見せつけました。でも、其れは未だ来るべき「怪優開眼」への序章にすぎなかったのです。


2006年上半期の片瀬那奈ちゃんは「小早川妙子」と「山田バーバラ」を演じ、確実に「怪優路線」へと向っておりました。バラエティ番組への登板も増え、当時オンエアされていた「ビューティーラボ」や「ポカリスエット・イオンウォーター」での「きれいなおねえさん」路線とは違った「素に近い、おもしろい那奈ちゃん」をアピールしております。御本人が「6月からはかなりの忙しさでバタバタしそうです。」とコッソリと予告された通り、2006年下半期から怒涛の躍進劇が始まります。

此の時期には、2月の「桂由美ブライダルショー」(伝説健在!)、3月の「ビューティーラボ」関連でのFM公開収録(「那奈ちゃん拝み隊」結成!)、6月の「片瀬那奈 X NAVE」(京都〜神戸と梯子!)など、思い出深いイベントもありました。女優として輝きを増して来たので、追っかけにも気合が入ったものですよ。まぁ、別に其れは此の時期に限った事ではありませんけどね。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 01:42| SMiLE | 更新情報をチェックする

「ポールが70歳になった」

Kisses on the Bottom -Deluxe-


本日、6月18日は、サー・ポール・マッカートニーのお誕生日です。なな、なんと「那奈拾歳」となられました。70歳でも元気溌溂で現役であります。今年2012年は、THE BEATLES と云うバンドがメジャー・デビューして50周年なのですけど、最近のナウでヤングな方々は御存知ないかもしれませんが、其のバンドの一員としてポールはデビューしました。もう半世紀も前の出来事です。ゆえに、2012年は、ポールのデビュー50周年でもあるわけです。

ビートルズと云うバンドは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの四人組でした。ジョンとジョージは既に亡くなっておりますが、リンゴも含めた三人は解散後にソロとなってから「引退状態」となった時期がありました。ジョンは「主夫」と称して遊び惚け、ジョージは映画制作に没頭、リンゴはアル中と、それぞれ音楽活動を休止してしまいました。ジョンの場合、ビートルズが法的にも解散し、EMIとの契約も満了した時に他のレコード会社との契約をしなかったわけで、完全引退でした。ジョージは自分のレーベルを持っていましたが、ジョンの死後にやる気を失って「僕はもう引退した人間だから」と五年も音楽活動から離れました。復活後も、オリジナル・アルバムを制作中に亡くなってしまいまして、なんとまぁ「クラウド・ナイン」から「ブレインウォッシュド」まで15年近く掛かっております。リンゴはレコードを作っても英米でリリースすらされず、アル中街道一直線のどん底時代を経験しました。

そんな中で、半世紀の間ただひとり音楽活動を継続して来たのがポールです。ビートルズの音楽を作っていたのはポールですし、何より、ポールには音楽を作る事しか出来ないのです。ポールは現在のライヴでも惜しげもなく多くのビートルズ・ナムバーを披露していますが、其れは紛れも無くポールが書いて歌った曲なのですから、ポールが歌うのは当然なのだ。現在、ポール以外のどこのどいつがビートルズを歌って然るべきなのでしょう。しかも、ポールは自分が書いたビートルズ・ナムバーを歌う為に、赤の他人にお金を払っているのですよっ。かつて、ビートルズが解散状態になった頃には、ポールは敢えてビートルズを歌わなかったのです。無理してビートルズらしくない音楽性を求めたりもしました。でも、ビートルズの音楽とはポールの音楽なのですから、どんなに反発しようが無理なのですよ。

ポールが70歳になっても、普通にライヴをやって新作もリリースしていると云う事実だけでも、そりゃあもうトンデモナイのです。此の人は、大昔にビートルズと云うバンドに居て、もう其の時代だけでも十二分に富みも名声も得たのです。其の後も、WINGSやソロで数限りない名曲を生み出したのです。70歳にもなって、ベースをブンブンと弾きながら叫ぶ必要など無い大金持ちなのです。孫に囲まれて楽隠居していても、誰も文句は云わないし、何かの式典とかで挨拶するだけでも構わないのですよ。でも、ポールはやるのだ。かつてのアルバムを再発するだけじゃ、本人が納得がゆかないのです。何故なら、ポールは昔ビートルズだったし、今でもビートルズだからなのだ。サー・ポール、お誕生日おめでとう!もっともっと、暴れて下さい。


(小島藺子)



posted by 栗 at 17:56| FAB4 | 更新情報をチェックする

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#09(2006-part2)

Belle~カネボウ・ヒット・ソングス


2006年7月23日:「予告詐欺」(日本テレビ)
2006年7月27日:「Qさま!!」(テレビ朝日)
2006年7月30日:「予告詐欺」(日本テレビ)

2006月7月になりますと、衝撃の展開が待っておりました。まず「7/1」に片瀬那奈ちゃんは映画「デスノート」の舞台挨拶に花束を持って乱入!おいおい、ブルーザー・ブロディか?来るべき完結篇である映画「デスノート the Last name」(2006年11月公開)に「高田清美」役で御出演される事が公表されました。つづく「7/2」には名古屋でのトークショーがあり、なな、なんと「結婚したら引退します!」と明言されたのでした。「デスノート the Last name」の撮影が続く中、大手CMやバラエティ出演もバンバン!とこなし、他のドラマや映画への出演も示唆しており、「すわっ、結婚までのラスト・スパートか?」と色めき立ちました。


2006年8月2日:「ぐっさんの肉球プリン」(関西テレビ)
2006年8月10日:「Qさま!!」(テレビ朝日)
2006年8月12日:「くるくるドカン!〜新しい波を探して〜」(フジテレビ)
2006年8月20日:「内村プロデュースSP“女性が選ぶオトナの男ベスト10!!”」(テレビ朝日)

6月2日〜7月31日と丸っと二ヶ月間を映画「デスノート the Last name」の撮影で拘束されていた片瀬那奈ちゃんは、実は同時期に2007年6月に公開される映画「きみにしか聞こえない」も併行して撮られていました。そして、8月にはドラマ「信長の棺」(2006年11月5日放送)を京都で撮影、さらに10月スタートのドラマ「鉄板少女アカネ!!」への出演が発覚!と、多くのバラエティ番組で「おもしろいおねえさん」として御出演されながら、水面下では女優として大忙し状態となっておりました。


2006年9月2日:「くるくるドカン!〜新しい波を探して〜」(フジテレビ)
2006年9月17日:「ニッポン人が好きな100人の偉人」再放送(日本テレビ)
2006年9月17日:「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)
2006年9月23日:「いよいよ発表 ニッポン人が好きな100人の美女」(日本テレビ)
2006年9月23日:「ニッポン人が好きな100人の偉人・美女編」(日本テレビ)
2006年9月30日:「チャンネル★ロック!秋の新番組SP!」(TBS)
2006年9月30日:「オールスター感謝祭'06秋 超豪華!クイズ決定版」(TBS)
2006年9月30日:「くるくるドカン!〜新しい波を探して〜」(フジテレビ)

片瀬那奈ちゃんが「とにかく最近珍しく遊んでません。」と語った通り、トンデモナイ過密スケジュールとなって参りました。「信長の棺」と「鉄板少女アカネ!!」の間に、更に二本のドラマ撮影が入ります。どちらも実在の人物を演じるとの事でしたが、9月には「夏目雅子さん」を演じた「ニッポン人が好きな100人の偉人・美女編」が放送されました。10月に放送される「再会〜横田めぐみさんの願い〜」では主演で「横田めぐみさん」を演じている事も公表されます。勿論、撮影は「西豪寺エレナ様」と被っておりました。より正確に記録を紐解くと「横田めぐみさん」役をクランクアップ(9/13)された日に「鉄板少女アカネ!!」のキャスト顔合わせがあり、翌日(9/14)に「西豪寺エレナ様」役にクランクインした模様です。俄かに信じ難い離れ業ですね。


此れまで、2003年からは半年ごとに区切って片瀬那奈ちゃんのバラエティ番組出演歴を振り返って来ましたが、今回からは「三ヶ月」と変更します。理由は、リストを御覧頂ければ一目瞭然でしょうが、片瀬那奈ちゃんのバラエティ番組出演が、ドドンガドンドン!と増える一方となって来たからです。其れは、イコール、女優としてのドラマや映画への御出演も増え捲くって来た事を意味します。

片瀬那奈ちゃんは、2006年7月から9月のクールには連続ドラマには出演されておりません。其れが当然と思える理由は、其の期間に放送されただけでもドラマ「ビバ!山田バーバラ」で主演され、「ニッポン人が好きな100人の偉人・美女編」では夏目雅子さんを演じられただけでなく、映画「デスノート the Last name」と「きみにしか聞こえない」、ドラマ「信長の棺」と「再会〜横田めぐみさんの願い〜」と「鉄板少女アカネ!!」を撮影されていた事実だけで充分でしょう。女優業だけでも、三ヶ月で七つの役を演じ分けていたのです。

其の成果は、2006年10月から矢継ぎ早に公開されますが、片瀬那奈ちゃんのワーカホリックぶりが発揮されるのはまだまだ此れからなのだ。先を急ぎますと、10月からは遂にバラエティ番組の司会も始めますし、11月からはブランドを立ち上げてデザイナーとしてもデビューしてしまうのです。当然、バラエティ番組出演も益々増えてゆき、とても半年のスパンではまとめきれませんので、何卒御了承下さい。三ヶ月で女優だけでも映画二本とドラマ五本って、、、下手すりゃ過労死しちゃいますよ。とは云え、スーパーウーマンである片瀬クンは、もっともっとハードなスケジュールをこなす様になります。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 20:26| SMiLE | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#10(2006-part3)

「鉄板少女アカネ!!」オリジナル・サウンドトラック


2006年10月1日:「ZOOM UP」(日本テレビ)
2006年10月3日:「イブニングプレス donna」(日本テレビ)
2006年10月3日:報道特別ドラマSP「再会〜横田めぐみさんの願い〜」(日本テレビ)
2006年10月5日:「オビラジR」(TBS)
2006年10月6日:「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS)
2006年10月6日:「ピンポン!」(TBS)
2006年10月7日:「チャンネル☆ロック!」(TBS)
2006年10月14日:「知っとこ!」(TBS)
2006年10月15日:「日曜劇場 鉄板少女アカネ!! 今夜9時スタート」(TBS)
2006年10月17日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 1」(フジテレビ)
2006年10月18日:「クチコミ」(TBS)
2006年10月21日:「王様のブランチ」(TBS)
2006年10月24日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 2」(フジテレビ)
2006年10月26日:「ラジかるッ」(日本テレビ)
2006年10月31日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 3」(フジテレビ)

さあ、トンデモナイ事になってまいりましたよっ。2006年10月には「再会〜横田めぐみさんの願い〜」が放送され、伝説の「西豪寺エレナ様」が君臨したドラマ「鉄板少女アカネ !!」も始まります。尚、夏目雅子さんと横田めぐみさんを演じたのは、完全なる「女優・片瀬那奈」としての活動ですが、それぞれが放送された番組が純然たるドラマ番組とは云えませんので此のリストにも加えています。更に、片瀬那奈ちゃんは「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 」のレギュラー司会を務められました。此の時期になりますと、映画「デスノート the Last name」の公開へ向けての番組も数多く放送されておりましたが、予告編のみにしか片瀬那奈ちゃんが登場していない番組はリストから外しています。


2006年11月2日:「IKETERU」(テレビ朝日)
2006年11月3日:「銀幕会議2」(フジテレビ)
2006年11月3日:「未来創造堂 29」(日本テレビ)
2006年11月4日:「いまあま」〜「デスノート」スペシャル〜(日本テレビ)
2006年11月4日:「ぷれミーヤ!」(テレビ朝日)
2006年11月5日:「今夜9時放送 信長の棺ドラマスペシャル」(テレビ朝日)
2006年11月7日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 4」(フジテレビ)
2006年11月14日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 5」(フジテレビ)
2006年11月18日:「王様のブランチ」(TBS)
2006年11月21日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 6」(フジテレビ)
2006年11月28日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 7」(フジテレビ)

えっと、もう祭りでしたね。2006年11月には、当然ドラマ「鉄板少女アカネ !!」が絶賛放送中でしたが、片瀬那奈ちゃんは余りのハード・スケジュールで、うっかり「信長の棺」とバッティングしてしまいました。映画「デスノート the Last name」も公開されましたが、片瀬クンは試写会にも積極的に参加し、なな、なんと「福岡で夜に舞台挨拶された翌日の昼には札幌で舞台挨拶をする」など、宣伝隊長ぶりを見せます。此れだけの過密スケジュールの中でも、バラエティでは「ご当地キューピー」のコレクションを披露したり「ドンキホーテ好き」をアピールしたりと、愉快痛快な那奈ちゃんが居ます。11月7日のお誕生日には「So close, 7」を立ち上げ「デザイナー・デビュー」もしています。単に名前を貸すのではなく、実際に那奈ちゃんがデザインし、素材選びなども自ら行っていました。もう、完全に、働き過ぎですね。


2006年12月1日:「TBS ドラマナビ」(TBS)
2006年12月2日:「サタデーバリューフィーバー『欲9』 」(日本テレビ)
2006年12月5日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 8」(フジテレビ)
2006年12月7日:「Goro's Bar」(TBS)
2006年12月9日:「王様のブランチ」(TBS)
2006年12月12日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 9」(フジテレビ)
2006年12月14日:「Goro's Bar」(TBS)
2006年12月19日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 10」(フジテレビ)
2006年12月21日:「Goro's Bar」未公開トーク(TBS)
2006年12月23日:「未来創造堂未公開トーク満載特別版」(日本テレビ)
2006年12月23日:「もしもツアーズ スペシャル」(フジテレビ)
2006年12月29日:「人志松本のすべらない話8 年末拡大スペシャル」(フジテレビ)

「鉄板少女アカネ !!」は数字が悪いとの理由で一話短縮の打ち切りとなってしまいましたが、片瀬那奈ちゃんを語る上で此のドラマは最重要作品のひとつです。「打ち切り決定か?」などと早い段階から云われたのに、片瀬クンはテンションが下がるどころか上がり捲くり「怪優開眼」してしまいました。六年経った今、観直しても、西豪寺エレナ様が回を重ねるごとにぶち壊れてゆく様は、余りにも感動的です。バラエティ番組でも、エレナ様モード満点の振り切れた佇まいが素晴らしかった。遂に、片瀬那奈は化けたのです。


いやはや、もう手が付けられないですね。2006年10月から12月までの片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録は、上記のモノでもかなり割愛しております。「デスノート the Last name」や「鉄板少女アカネ !!」などの番宣番組は他にも沢山ありました。あたくしは、西豪寺エレナ様を観て「もう此処までやってくれたなら、充分だ」と思いました。「結婚引退」となっても、確かに片瀬那奈はテッペンまで行ったのだと、納得できたと思います。「美人女優」とか「きれいなおねえさん」とか「クールビューティー」とかのイメージを「これでもかぁ、これでもかっ!」とばかりに自ら破壊し捲くる突き抜けた演技に、心の底から感動しました。

然し、志半ばで打ち切られた「西豪寺エレナ様」では、片瀬那奈は全く満足していなかった。それどころか「何だか、エレナ様が思いのほか受けているので、飽きられない内に封印します」などと云ってのけたのでした。実際に、エレナ様を演じた直後から新たなドラマの撮影に入り、年末年始のバラエティ番組収録やトークショーなど休む間もなく働きました。そして、初舞台出演も決定したのです。おいおい、結婚引退宣言はいずこへ。あたくしといたしましても益々の活躍は望んでおりましたし、エレナ様のパーティーにエキストラ参加できなかった(日曜日のロケだったのですが、神奈川県海老名市で終日では次の日に会社へ行けません)ので、「引退前にロケにも参加したいナァ」なんぞと考えておりました。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 01:26| SMiLE | 更新情報をチェックする

「桜井玲奈さんからレディー・パンドラへの道」

sp-1.jpg


片瀬那奈ちゃんは無事にドラマ「カエルの王女さま」のクランクアップを6月17日に迎えられましたが、当然乍ら午前中には「シューイチ」の生放送に出演されておりました。此れまでも「シューイチ」の生放送後に「カエルの王女さま」のロケに参加するのは恒例だった様ですし、早朝から「カエルの王女さま」を撮ってから「どや顔」の収録へ向うと云った過密なスケジュールは、「マネ日記」からも伺えました。「カエルの王女さま」のロケは、都心から結構離れた場所で行われていた様ですので、移動だけでも大変だったでしょうね。本当に、那奈ちゃん、お疲れ様でした。明後日の最終回を楽しみに待っています。

さて、レッスンから半年近く関わったドラマ「カエルの王女さま」が終わっても、片瀬那奈ちゃんに休息はありません。「シューイチ」と「どや顔」は続きますし、8月から9月には那奈ちゃんが「秘密結社“ダークネス”のセクシー・デビル、レディー・パンドラ」を演じられる舞台「サイケデリック・ペイン」が上演されます。「サイケデリック・ペイン」の公式サイトやツイッターも騒がしくなって参りました。まずは、昨日(6/18)発売の「ロックジェット」に森雪之丞さんといのうえひでのりさんのインビューが掲載されています。今週の土曜日(6/23)に発売される「Body+」8月号に片瀬那奈ちゃんのインタビューが掲載されるそうです。更に、同日からふたたび公式サイトでの東京公演チケット先行発売が行われる事も発表されました。

東京公演のチケット一般発売は、7月1日(日)から行われます。たったの二千円で観劇できる「ヤングチケット」も用意されるとの事ですので、発売日当日は結構ナンギな状況になるかもしれません。まずは、確実に入手できる公式での先行を利用するのも宜しいかと思われます。ところで「Message 2012」は当選して振込み用紙が届いたので速攻で入金しましたが、手数料が「950円」って何気に驚いてしまいました。其の上、何やらオークションにもワラワラと出回っておりますね。

「知人の応募とダブってしまいました」とか「外せない用事ができました」とか云って定価での出品は未だカワイイ方で(定価だと確実に手数料分は出品者負担ですから、営利目的とは考えられません。ま、転売禁止と謳われているからアウトなんだけどさ)、いきなりだナァで「二万五千円(定価は、5,250円、手数料込みでも、6,200円)」とかで出品していたりもします。こーゆーのって、所謂ひとつの「ダフ屋さん」と代わらないんじゃまいか。あたくしは「金券販売も可能な道具商」ですけど、そんな事はやりませんよ。そー云えば大昔に免許を取る時に「金券も扱うって、お前はダフ屋でもやる気なのか?」と警察の防犯課で訊かれたっけナァ。ウチラは免許を持っているのですから、特に素性が丸分かりの個人事業者じゃそんな愚かなマネは絶対に出来ませんってばさ。一発で、逮捕です。其の点、オークションって簡単ですね。何だかナァ。研音さん、色々と、しっかりして下さいね。ちなみに、「6/7」は、木曜日です。


「THANX 4 うっぴー☆」:(小島藺子)



「カエルの王女さま」フジテレビ公式サイト
「サイケデリック・ペイン」公式サイト


posted by 栗 at 18:10| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#11(2007-part1)

僕たちの好きだった革命


2007年1月1日:「今夜完全復活!ビートたけしのお笑いウルトラクイズ 」(日本テレビ)
2007年1月2日:「芸能人格付けチェック これぞ真の一流品だ!!'07お正月スペシャル!」
(テレビ朝日)伝説の「猪木 vs 片瀬」!!
2007年1月4日:「新春!オールスターハプニング大賞2007」(TBS)
2007年1月9日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 11」(フジテレビ)
2007年1月16日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 12」(フジテレビ)
2007年1月17日:「ココリコミラクルタイプ」(フジテレビ)
2007年1月19日:「笑っていいとも!」(フジテレビ)「テレフォンショッキング」二回目
2007年1月21日:「笑っていいとも!増刊号」(フジテレビ)
2007年1月23日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 13」(フジテレビ)
2007年1月27日:「もしもツアーズ」(フジテレビ)
2007年1月29日:「はなまるマーケット」(TBS)
2007年1月29日:「バチカンに眠る織田信長の夢 」(TBS)
2007年1月30日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 14」(フジテレビ)

2007年の片瀬那奈ちゃんは、年末年始に二週間の世界一周旅行で英気を養いスタートしました。とは云え、テレビでは年末に撮ったバラエティ番組が元旦から放送されております。「芸能人格付けチェック」では「猪木 vs 片瀬」と云う「夢の対決」も実現し、片瀬クンは見事に「映す価値なし!」と画面から消えてしまいました。「笑っていいとも! テレフォンショッキング」や「はなまるマーケット」にも、それぞれ二度目の御出演となりまして、矢張りこーゆー番組にお呼ばれしますと、一般的な知名度も上がります。女優としては、「潜入刑事 らんぼう 2」(2007年2月6日放送)を2006年12月下旬に撮影しており、初舞台「僕たちの好きだった革命」の稽古を行っていました。


2007年2月1日:「Goro's Bar」(TBS)
2007年2月6日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 15」(フジテレビ)
2007年2月6日:「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)
2007年2月13日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 16」(フジテレビ)
2007年2月15日:「汐留☆イベント部」(日本テレビ)
2007年2月16日:「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)
2007年2月17日:「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)
2007年2月20日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 17」(フジテレビ)
2007年2月20日:「ピンポン!」(TBS)
2007年2月21日:「プルミエール」(WOWOW)
2007年2月25日:「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)
2007年2月25日:「みゅーじん/音遊人」(テレビ東京)
2007年2月27日:「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 18」(フジテレビ)

前述の通り、2007年2月には「潜入刑事 らんぼう 2」が放送されました。此れは公開としては、2007年最初の「女優・片瀬那奈」作品となります。但し、撮影は2006年12月で「西豪寺エレナ様を演じた直後」でした。エレナ様と甲田美和子の「余りにも振幅が在り過ぎる演じ分け」に注目して下さい。初舞台「僕たちの好きだった革命」の上演へ向けて稽古を重ねながら、片瀬那奈ちゃんは「宣伝隊長」として多くのバラエティ番組にも出演しました。レギュラーの「フェイク・オフ〜完全なる相関図〜」も含めて、芸人さんの弄りにも臆せずに頑張っておられました。


えっと、こないだ「三ヶ月おきに変更」と申し上げたばかりで誠に恐縮ですが、2007年からはランダムに「片瀬那奈ちゃんのバラエティ出演録」をまとめて行きます。ゆえに今回は「二ヶ月分」となりました。正直、此の辺からは「一ヶ月ごと」でも大変な量なのです。こーゆー「INDEX」モノって、一見「おいおい、イコが楽してるぞ」と思われるかもしれませんが、普通の記事を書くよりずっとナンギです。あたくしが「片瀬那奈ちゃんのバラエティ出演録」を綴る目的は「片瀬那奈ちゃんの女優歴」をより深く味わって頂きたいからなのです。

折々のバラエティ番組は、単に「番宣」だけではなく、其の時の役柄を投影しています。勿論、女優活動だけでは知りえない「素の那奈ちゃん」が垣間見えるのもファンとしては嬉しいものの、多くのバラエティ番組に出演されるのは、あくまでも「女優・片瀬那奈」が在るからです。ゆえに、今回は「2007年2月」までとしなければなりません。其れは「2007年2月28日」に「片瀬那奈が初舞台を踏んだ」からです。初舞台「僕たちの好きだった革命」から「第三期女優時代」が始まります。

尚、2003年4月から2004年3月までに片瀬那奈ちゃんが司会を務めた「真夜中の王国」出演日に関しては、可能な限り「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#02〜#04 に補足しました。案の定、歌手時代が「真夜中の王国」だらけのリストになってしまいましたよ。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:37| SMiLE | 更新情報をチェックする

映画「闇金ウシジマくん」の主題歌公表!

Force(5周年記念生産限定盤/CD+特典CD+LP+5周年記念ポスター)


Superfly、映画『闇金ウシジマくん』主題歌決定(オリコン 6/20)


いよいよ、明日(6/21)に最終回を迎えるドラマ「カエルの王女さま」、そして8月22日から上演される舞台「サイケデリック・ペイン」と、片瀬那奈ちゃんの女優活動も活発です。現在進行形で演じられている作品に話題が集まりますが、大久保千秋が復活する映画「闇金ウシジマくん」(8/25公開)もお忘れなく。主題歌がSuperflyの新曲「The Bird Without Wings」に決まったそうです。

此の映画は昨年(2011年)の夏に撮影されたと思われますし、既に関係者向けの試写会も行われていますから、いまさら「決定!」ってのも変な話ですけど、よーするに「情報解禁された」と云う事でしょう。Superflyと云えば「BOSS」での「あまみん」の勇姿が思い浮かびますが、どうやら明日の「笑っていいとも!」に澪コーチ自ら最終回の番宣で御出陣される模様です。う〜む、此れで「カエルの王女さま」絡みでの片瀬那奈ちゃんの御出演は消えましたね。


【参考過去記事INDEX】
 「闇金ウシジマくん」INDEX


(小島藺子/姫川未亜)



映画「闇金ウシジマくん」公式サイト


posted by 栗 at 14:31| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「電報日和」第8話「結婚式」で内山理名ちゃん!とっくに公開されていました。

【卒業入学・結婚・誕生日・母の日・開店お祝いギフト・祝電報に風船の花束を】キティー&ラブハート(花束バルーン)


「電報日和」第8話「結婚式」


内山理名ちゃんが主演されたドラマ「電報日和」第8話「結婚式」が、「7/7、7/16、7/27、7/31」にCSで放送されると公式サイトで告知されました。「ふ〜ん、CSじゃ観れないナァ。しょぼ〜ん」と思っておりましたが、なな、なんと「電報日和」公式サイトで、普通に全編を「4/4」から公開されていたのでした。あららららん、理名ちゃん、正直すまんかった。

御出演情報は認識しておりましたが「どーせ、またBSかCSなんざんしょ」と勝手に思っていたのです。いえ、分かり易いウソをつきました。すみません、桜井玲奈さんを演じる片瀬那奈ちゃんに夢中で、うっかりしていたのでした。なんか「カエルの王女さま」の公式サイトを開くと「電報日和」ってバナーが出て来ていたのですけど、思いっきりスル〜し捲くっておりました。てか、過去記事を見たら「3/2」に「インターネットドラマの「電報日和」に御出演される」って自分で書いているじゃまいか。トホホ、、、。

ウェディング・ドレス姿も観れるショート・ドラマでございまして、理名ちゃんファンは必見です。ところで、現実の「那奈理名」の結婚はいつなのでしょうかしらん。此処まで来ますと「どちらが先に嫁ぐのか?片方が決まったら、もう一方も焦り捲くるのか?いっそのこと、二人同時にしちゃうのか?」などとも考えてしまいますが、余計なお世話ですね。


(姫川未亜)



posted by 栗 at 17:46| RINA | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

「片瀬那奈ちゃんバラエティ出演録」#12(2007-part2)

僕たちの好きだった革命


2007年3月6日:「フェイク・オフ 〜完全なる相関図〜 19」(フジテレビ)
2007年3月13日:「フェイク・オフ 〜完全なる相関図〜 20」(フジテレビ)
2007年3月20日:「フェイク・オフ 〜完全なる相関図〜 21(最終回)」(フジテレビ)
2007年3月24日:「カワズ君の検索生活」最終回(フジテレビ)
2007年3月29日:「なるトモ!」(よみうりテレビ)

2007年2月28日から4月1日まで、片瀬那奈ちゃんは初舞台「僕たちの好きだった革命」に出演されました。3月11日までは東京公演で、3月14日からは北海道、東北、名古屋、大阪の全国公演と、約一ヶ月で「25公演」のハードスケジュールでした。其の上、片瀬クンは「So Close, 7」や雑誌取材などの為に、全国公演中も何度も東京へ戻らなければならなかったようです。ゆえに、3月のバラエティ出演はレギュラーだった「フェイク・オフ」にほぼ限定されていました。おそらく収録は舞台出演前に終えていたと思われます。最終回では「逆ドッキリ」の罠にはまる「散々なオチ」でした。


2007年4月7日:「ウチスタ Collection」(フジテレビ)
2007年4月14日:「ウチスタ Collection」(フジテレビ)
2007年4月21日:「リュールな時」(フジテレビ)
2007年4月21日:「ウチスタ Collection」(フジテレビ)
2007年4月24日:「トクメイ希望 放送直前スペシャル」(フジテレビ)
2007年4月24日:「カスペ!トクメイ希望」(フジテレビ)
2007年4月24日:「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)
2007年4月25日:「水トク! 芸能界ホラ吹きバトル ビッグ・マウスSP!」(TBS)
2007年4月28日:「ウチスタ Collection」(フジテレビ)
2007年4月29日:「まさかのミステリー傑作問題集」(日本テレビ)

奇跡の初舞台を終えた2007年4月の片瀬那奈ちゃんは、ふたたびバラエティ番組へ多く出演しました。此の頃は「So Close, 7」を自ら着用したり番組でも取り上げたりとブランドの宣伝もお盛んでございました。様々なバラエティで相手も千差万別ですが、片瀬クンの其の場に合わせて自分を出す上手さが光ります。


初舞台を踏んだ片瀬那奈ちゃんは、女優として大きく成長しました。舞台の後で、明らかに演技が変わったのです。其の成果が公開されるのは、2007年7月からとなります。映画「きみにしか聞こえない」が6月に公開されますが、前述の通り撮影は2006年7月です。ゆえに、7月期の連続ドラマまで新たな演技は観れませんでした。然し!片瀬那奈ちゃんはバラエティに出捲くっているだけではなかったのです。此の期間に何が行われていたのかは追々と明らかになるのですが、2007年4月から女子マネちゃんが登場し「マネ日記」を配信し始めた事で大いに謎を解く鍵を得られるようになりました。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:27| SMiLE | 更新情報をチェックする

「続・桜井玲奈さんからレディー・パンドラへの道」

sp-1.jpg


『サイケデリック・ペイン』製作発表をエントレにて配信決定!
(「Psychedelic Pain News」 6/21)

以下、引用。

6月某日に行います 雪之丞一座〜参上公演 ロック☆オペラ
『サイケデリック・ペイン』の 製作発表の模様を
エントレのUSTREAMにて配信することが決定いたしました!

【配信日】2012年6月24日(日)
【配信時間】(1)18:00〜 (2)22:00〜
【配信ページ】http://entre-news.jp/2012/06/3579.html (エントレ)

【登壇予定】
 脚本: 森 雪之丞 音楽:布袋寅泰 演出:いのうえひでのり(劇団☆新感線)
 出演: 福士誠治 北乃きい 綾野 剛 / 片瀬那奈 / 内田朝陽 前川紘毅 松田 翔

※約30分を予定しております。
※ユーストリームのアーカイブとしては残りません。
※回線の事情により、中止・中断せざるを得ない場合もございます。予めご了承ください。



と云うわけで、ドラマ「カエルの王女さま」をクランクアップされた片瀬那奈ちゃんは、舞台「サイケデリック・ペイン」へと向っております。製作発表がネット配信とは云え観れるのは、大変嬉しいですね。日曜日に配信されるとの事ですので、今週中に行われるのでしょう。各種報道にも注目です。

さて、其の前に、本日(6/21)は「カエルの王女さま」の最終回です。澪コーチこと天海祐希さんが「笑っていいとも!」に御出演され「是非、シャンソンズのゆくえを見守って下さい!」と最後の番宣をやっておられました。ようやく、予告にも「シャンソンズのコンサートらしき映像」が加わっております。さあ、もう待ったなしだ。がんばれ!桜井玲奈さん。がんばれ!シャンソンズ。


(小島藺子/姫川未亜)



「カエルの王女さま」フジテレビ公式サイト
「サイケデリック・ペイン」公式サイト


posted by 栗 at 16:05| ACTRESS | 更新情報をチェックする