nana624.png

2010年10月26日

「NANA DIARY」モバイル版 #083

那奈理名.jpg


サブタイトル:「ウシジマ放送中!」


おやまあ、片瀬那奈ちゃん本人が書いた「NANA DIARY」が、なな、なんと約八ヶ月振りに突然に復活だっ。

当ブログ既報通り、4月期の連ドラ「プロゴルファー花」と現在放映中の連ドラ「闇金ウシジマくん」は同時進行で撮影されておりました。ゆえに片瀬クンは超多忙だったわけですが、夏には少しはのんびり出来て、例によって内山理名ちゃんとラヴラヴ韓国旅行を楽しんだりしている様です。てか、「NANA DIARY」って「那奈理名紀行報告」って側面も多いです。本当に、仲が好いナァ。

「まるで、恋人同士である」なのだ。

矢張り、片瀬那奈ちゃん自身からのメッセージは嬉しいですね。研音の告知も「GETTING BETTER」になって来ました。好い感じです。


(「THANX 4 うっぴー☆」:小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 22:12| 7D | 更新情報をチェックする

FAB4-097:GIRL

Imagine Girl


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(11/11)、リチャード・ラッシュ(11/15)
 録音:1965年11月11日(take 2)
 MONO MIX:1965年11月15日
 STEREO MIX:1965年11月15日

 1965年12月3日 アルバム発売 (「RUBBER SOUL」 B-2)
 パーロフォン PMC 1267(モノ)、PCS 3075(ステレオ)


ジョン・レノン作の佳曲。此の楽曲は、アルバム「RUBBER SOUL」セッションの最終日(1965年11月11日)に録音されました。締め切りギリギリだった其の日に、ビートルズはポール・マッカートニー作の「YOU WON'T SEE ME」と此の楽曲をレコーディングするのですけど、ジョンもポールも徹夜で捏ち上げた新曲だったのです。其れで、此のクオリティーには驚かされます。両曲ともに、たったの2テイクで決めてしまったのですよ。

追い詰められたジョン・レノンの恐ろしさが分る名曲ですが、そんな切羽詰まった状況でもビートルズは遊びます。哀愁を帯びたシリアスな歌が展開するのに、サビになると♪tit tit tit tit♪とコーラスが入ります。実に効果的なコーラスなのですけど、よーするに♪おっぱい、おっぱい、おっぱい、おっぱい♪と歌っているわけですよ。どんなに「アノコはクールだぜ」なんぞと云ってもですね、結局は「おっぱい」かよ?ってオチなのです。ジョンが息を吸い込む音もわざと目立つ様に録音されていますけど、丸っきりマリファナでもやってたんじゃまいか?と思わせます。

此れだけ堂々とやらかしていたのに、ジョージ・マーティンは「彼等がドラッグをやっていたなんて、全く知らなかったよ。もし気付いていたなら、私がヤメさせた」なんぞと語っております。黙認していたに決まっているのに、絶対に認めないんだから在る意味大したもんですよ。そりゃ、ビートルズも信頼するわけだ。

ジョンは後に「GIRL は、結局、ヨーコだった」などと発言していますけど、そんなもんは後付けです。また、遺作になってしまった「ダブル・ファンタジー」に収録された名曲「WOMAN」を「GIRL」の続編だとも云ってますが、何だかよく分かりません。作品ってのは、発表されてしまったなら「作者の意図」とは関係なくなってしまうのです。少なくともあたくしは、「GIRL」や「WOMAN」を聴いて小野洋子さんを想起した事は壱度もありません。


(小島藺子)



さて、本日(10/26)は、マツコ・デラックスさんのお誕生日です。御目出度う御座居ます。愛読している中村うさぎ先生のお友達なので以前から知っていましたけど、最近矢鱈と売れてますね。昨日のワイドショーを見たら、エリカ様に関して語っておりましたけど、全く以て「同意」でした。うん、エリカ様みたいなモンは「大切に放っとかなきゃイカン」ですよ。エリカ様に関して、初めて「全く同じ評価」を聞けました。マツコ・デラックスは、同志だナ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:04| FAB4 | 更新情報をチェックする