nana624.png

2010年10月21日

FAB4-091:YOU WON'T SEE ME

愚かなり、わが恋(紙ジャケット仕様) All of Me


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(11/11)、リチャード・ラッシュ(11/15)
 録音:1965年11月11日(take 2)
 MONO MIX:1965年11月15日
 STEREO MIX:1965年11月15日

 1965年12月3日 アルバム発売 (「RUBBER SOUL」 A-3)
 パーロフォン PMC 1267(モノ)、PCS 3075(ステレオ)


ポール・マッカートニー作の佳曲。データでお分かりの通り、アルバムのレコーディングでギリギリの時期に録音された曲のひとつです。ところが、其れが好い曲なんだから困ったもんだ。内容は当時の恋人で婚約者だったジェーン・アッシャーへ向けたモノらしいのだけど、相手は美人女優なんだからなかなか逢えないってのは承知の上だったでしょう。こんな歌を書いておきながら、ポールは「マスオさん状態」でアッシャー家に住んで居たのに、ジェーンが不在の時にはチャッカリと他のおねえちゃんを連れ込んでよろしくやっていたわけですよ。そんでもって、ジェーンが米国ロケから帰って来たら、自室のベッドにポールと知らないおねえちゃんが裸で寝ていたって現場を目撃して、婚約破棄!となるのです。此れが本当の話なんだから、呆れてしまいますよ。えっとですね、繰り返しますけど、ポールはジェーンの実家に住んでいて、ジェーンの寝室にジェーンが不在時には手当たり次第に他のおねえちゃんを連れ込んでいて、遂に事の現場をジェーンに目撃されたのです。ケダモノか、ポール・マッカートニー。

正に、ジェーンにとっては「地獄絵図」だったでしょう。サザエさんが財布を忘れて磯野家に戻ったら、マスオさんが裸で知らない女の子とやらかしていたわけですよっ。「サザエさん」完!じゃまいか。でもですね、楽曲は好いのです。後に完全に開花する「マッカートニー節」の片鱗が伺えるメロディーに、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの追っかけコーラスが堪りません。其の♪うーらんらら、うーらんらら♪とバックで流れる旋律は、シカゴの名曲「サタデー・イン・ザ・パーク」の元ネタになってますよね、ソックリだもん。おそらく、ポールのことですから「共通の元ネタ」があるのかもしれませんけどね。何気に此のフレージングは色んな曲に転用されているんですよ。所謂ひとつの「隠れた名曲」ってのも、ポールは書ける様になったのです。前後に配されたジョンの曲が好過ぎるから小品になっちゃってますけど、1965年のポールは確かに覚醒していました。音楽的な才能だけではなく、下半身もハッスルし捲くっていたわけだが。


えっと、久しぶりの再開なので説明しますけど、此れは「ビートルズ全曲解説」ってコンセプトの連載です。其れで、貼付画像は基本的には「其の楽曲のカヴァー・ヴァージョン」を収録したアルバムを選んでおります。ビートルズの曲は、全曲カヴァーされているのですよ。


(小島藺子/鳴海ルナ)



posted by 栗 at 02:46| FAB4 | 更新情報をチェックする

「そろそろ、マジでFAB4を再開します」

ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版


本日(10/21)は、白川由美さん(片瀬那奈ちゃんとは「GTOドラマスペシャル」で共演)と、乙一さん(片瀬那奈ちゃんが出演した名画「きみにしか聞こえない」の原作者)のお誕生日です。御目出度う御座居ます。

あたくしが此の「the diary of nana katase」通称「ゼンキロ」を立ち上げ続けている上で、ひとつの目標としているのは、マーク・ルーイスンさんが上梓された「The COMPLETE BEATLES recording sessions」と云う本です。此れは、日本語訳も出て、其れはボロボロになる程に読んだのですけど、昨年のリマスター化に合わせて新装改訂版も出ました。翻訳版は、以前のモノは文章主体で其れは其れで好かったのですけど、完全版と称する改訂版は図版も増えて好い感じにはなっています。でもですね、矢張り原書のLPサイズってのが、どー考えてもベストなんですよ。何ゆえ、昨年にアップデートする時に原書と同じ体裁にしなかったのでしょう?てか、ビートルズが好きなら原書で読んでも充分に理解出来るはずですし、所詮は訳書では伝わらない部分もあるのよさ。

其れがどーゆー本なのかと云うと、THE BEATLES のレコーディングを克明に記録しただけの内容なのです。其の続編的にライヴを記録したモノや、其の名も「ザ・ビートルズ全記録」なんて活動記録もありますけど、メインは「録音記録」なのです。淡々と彼等が録音してゆく様を時系列で書き連ねただけの本です。其れが、無茶苦茶面白いのですよ。ビートルズ関連の本は山程ありますけど、単純明快に録音を記録した此の本が、段違いに一番面白いのです。

此処を始めた時は、正に「The COMPLETE BEATLES recording sessions」を横に置いて模倣しました。「何年何月何日に片瀬那奈ちゃんは何をしたか?」を羅列するだけで、充分に成立すると思ったのです。そして、今や混沌とした中から何れは其のカタチへまとめられると思っています。日常的に綴っている此処は、云ってみれば「草稿」なのですよ。未だに、此処が目指すのは「The COMPLETE BEATLES recording sessions」です。ゆえに、中断している「FAB4」は、絶対に再開し完結しなければなりません。其れは、此処の「雛形」なのですからね。多くの試行錯誤を、赤ら様にしているのが此処の正体です。何れ、此処は「海賊盤」になるのです。

つまり、あたくしは「The COMPLETE NANA KATASE working sessions」ってモンを書き遺したいのです。おそらく、生涯を賭けた仕事になるでしょう。何故なら、僕は片瀬那奈ちゃんが大好きだからです。其れ以外に理由なんていらないでしょう?


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 00:13| FAB4 | 更新情報をチェックする