nana624.png

2010年10月16日

「ホワイト・アルバム」全部で5,800円、の三回目

White Album


結局、9枚全部聴くのに半日以上掛かりました。ほとんど聴いたことがあると思っていたのですけど、例えば「I WILL」のセッションで「CAN YOU TAKE ME BACK」(公式盤では「REVOLUTION 9」の前に入っているポールの鼻唄みたいな曲)がフルで演奏されていたり、同じく「I WILL」のセッションで「アンソロジー2」に収録されている「LOS PARANOIAS」もポールが悪ノリ全開で4分近くも歌い続けていたりと、初めて聴けた部分も結構ありました。こーゆーのって、永遠に公式盤にはならないんでしょうね。

「ホワイト・アルバム」を制作する前に、ビートルズはインドに行きまして、収録曲の大半はインドで書かれたと云われています。何も娯楽がなくって、曲を書くくらいしかやることがなかったらしいのですが、兎も角、1968年5月の終わりにジョージ宅でデモを録音しました。全27曲で、内19曲は「ホワイト・アルバム」に収録されます。「ホワイト・アルバム」は全30曲ですが、此のデモで披露されている19曲から派生した楽曲もありますので、所謂ひとつの「Kinfauns Demo」の段階で「既に十二分に曲は在った」わけです。

「Kinfauns Demo」で演奏されて「ホワイト・アルバム」に入らなかった8曲が、また興味深い楽曲群です。まず、ポール作の「JUNK」は、1970年の初ソロ・アルバムまでお蔵入りしますが、此の時点で少なくともメロディーは完成しています。ジョージの3曲は、「SOUR MILK SEA」がジャッキー・ロマックスへの提供曲となり、「NOT GUILTY」は1979年の「慈愛の輝き」で発表、「CIRCLES」も1982年の「ゴーン・トロッポ」で発表と、当時のジョージの扱いの低さが伺える感じです。

余談ですが、「NOT GUILTY」って曲は、あたくしが初めて買った海賊盤に入っていて、それはラビ・シャンカールのサントラから持ってきた全く別の曲だったんですけど、昔はそーゆーインチキが普通だったのですよ。あたくしが其の「インデアン・ループ・トリック」って海賊盤を買った時には、もう「慈愛の輝き」が出た後だったので「おいおい、違うじゃん!」と気付きましたけど、みんな騙されたんです。其れにはニール・イネスがTVで歌った「チーズ&オニオンズ」(後にラトルズで発表)も入っていて「John Lennon OUT TAKE '74?」とか書かれていました。ホント、信じられないでしょうけど、昔の海賊盤ってそんなんばっかだったのですよ。

さて、残りの4曲はジョン作でして、ジョンはインドへ行く前の1968年2月のシングル用セッションでも「ACROSS THE UNIVERSE」をボツにしちゃって、挙げ句にシングルになったポール作の「LADY MADONNA」のプロモ撮影時に録音した「HEY BULLDOG」もお蔵入りさせておりました。此の時も、まぁ「WHAT'S THE NEW MARY JANE」は兎も角、「MEAN MR. MUSTARD」と「POLYTHENE PAM」を「ABBEY ROAD」まで寝かせます。そして、もう1曲は「CHILD OF NATURE」なんですけど、此れは御存知の通り、後にソロで1971年に発表した「ジェラス・ガイ」の原曲です。曲は完成していて、歌詞を全面的に書き直して三年後に発表したのですけど、此の原曲デモは未だに公式音源として陽の目を見ていません。

芳醇な「ホワイト・アルバム」ですら、「JUNK」や「CHILD OF NATURE」と云った超名曲をボツにした上に成り立っているのです。そして、此のアルバムのセッションでは「HEY JUDE」も録音されていますが、ビートルズは其れをシングルでのみ発売し、アルバムには収録しませんでした。二枚組30曲なのに「HEY JUDE」はシングルだから入れないのだよ。う〜む、敵わんナァ。


(小島藺子)


posted by 栗 at 22:33| FAB4 | 更新情報をチェックする

「ホワイト・アルバム」全部で5,800円、のつづき

ザ・ビートルズ [12 inch Analog]


本日(10/16)は、石川亜沙美さんのお誕生日です。御目出度う御座居ます。片瀬那奈ちゃんとは「熟年離婚」で共演されていますが、絡みは無かったと思います。でもですね、片瀬クンが歌手時代に出演した「汐留スタイル!」では、しっかりと絡んでおります。

さてさて、お題は片瀬クンではなく「ホワイト・アルバム」9枚組ブートのお話のつづきで御座居ます。あたくしが最も多く購入したビートルズの海賊盤は「ゲバ」こと「THE GET BACK SESSIONS」関連ですけど、其れは物量的に膨大だったからでありまして、まぁハマれば「底なしの地獄沼」で其れ也に楽しめますが、出来れば陥らない方が好い領域だと思います。以前も書いたと思いますけど、あたくしは「ゲバ」のロールを買い集めていた頃に、某有名レコ屋の店員サンに「お客さん、こんなもんまで全部集めてるんですか?聴いてて面白いですか?」と真顔でレジで云われた事があります。ま、つまんなかったら買わないわけだが、、、。

そんな「暗黒のゲバ」に比べれば、「ホワイト・アルバム」のブートは好いですよっ。たぶん「ゲバ」の次に投資額が大きいのは「ホワイト・アルバム」だと思います。音源が沢山遺っているって事もあるのですけど、あたくしの場合、所謂ひとつの「ミックス違い」にハマったのも「ホワイト・アルバム」のモノ盤を聴いたからだったし、何よりも「ホワイト・アルバム」が好きなんですよね。来週にリマスターが出る「赤盤」と「青盤」でビートルズを知ったあたくしにとって、オリジナル・アルバムで衝撃的だったのは「REVOLVER」と「THE BEATLES」でした。よーするに、「赤盤」と「青盤」には其の二作からの選曲が極端に少ないのです。「REVOLVER」からはシングル2曲のみで、二枚組の「THE BEATLES」からは3曲のみ!なのですよ。

「THE BEATLES」と題された通称「ホワイト・アルバム」は、ビートルズの崩壊を記録したアルバムです。翌年に「THE GET BACK SESSIONS」と「ABBEY ROAD」が在りますが、バンドがぶち壊れてゆく様を音盤に記したのは「ホワイト・アルバム」です。最初はジョージ宅で仲良くデモを制作していて、実際にインドで書いた曲はほとんどがアルバムに採用されるのですけど、レコーディングに入ると激しい軋轢が生じます。アルバム冒頭を飾る二曲でドラムを叩いているのはリンゴではなくポールで、其れはリンゴが脱退してしまったから起きたのでした。

最終的な曲順は、ジョンとポールが24時間も掛けて吟味した結果だったので、冒頭にリンゴ抜きの二曲を配置したのも、最後にリンゴしか参加していない曲を持って来たのも、全部「意図的」な仕掛けなのです。バラバラの様に見せ掛けて、タイトルは「THE BEATLES」、ジャケットは真っ白。解散なんて考えてはいなかったでしょうけど、明らかに彼等は「再出発」を望んでいたのでしょう。ビートルズの作品は全て好きですけど、一番惹かれるのは「ホワイト・アルバム」から「ゲバ」へ向かった1968年の夏から1969年の冬までの半年間です。特に「ホワイト・アルバム」は、鬼気迫る狂気があります。

こうして総括したブート音源を聴いても、謎は深まるばかりなのです。セッションは混沌を極めていたし、ジョージ・マーティンは投げ出し「壱枚にまとめなさい」って苦言を呈したのに、ジョンとポールは二枚組にしちゃったのよさ。滅茶苦茶になったモンを、其のハチャメチャな部分を残しつつも「THE BEATLES」にしてしまったのです。世界の頂点に立ったからこそ、こんなモンを出せたのです。でも、やりたい放題の様で「計算」もしてるのよさ。深いナァ。あたくしなら、此れで解散しちゃうけどね。そうしなかったのも、やっぱ、凄いです。正に、至上の名盤です。「THE BEATLES」との看板に、偽り無し。

でさ、前半の山場はセッション初日の「REVOLUTION SESSION」なのですよ。いえね、単体ブートでも買って知っている音源なんだけどさ、後に「REVOLUTION 1」と「REVOLUTION 9」になった歴史的なセッションですよ。そりゃ、もう凄いのですよ。延々と収録されていても聴き応え充分なんです。でもですね、、、もう絶対に、此れだけは譲れませんっ。

「小野洋子、黙れっ!」

えっとですね、折角のお宝音源にヨーコさんの実況解説が御丁寧に被されているので御座居ます。本当に申し訳ないのですけど、アンタの解説、イラナイから。マジで邪魔です。ホント、ポールとジョージとリンゴは、よく耐えましたね。其れだけで、エラいよ。人間が出来てます。


(小島藺子)


posted by 栗 at 01:00| FAB4 | 更新情報をチェックする