nana624.png

2010年10月02日

「月刊・未亜 アゲン #101002」2010年10月号

心の壁、愛の橋(紙ジャケット仕様)


未亜:姐御!那奈ちゃんが来年の連ドラにも出演すると発表されましたよっ。

イコ:矢鱈と先撮りしてるから「年内引退か?」と思ってたのに、好かったナ。

未亜:那奈ちゃんは「生涯現役」ですよっ。

イコ:片瀬クンは、ジャイアント馬場かよ。嫁に行ったら引退だろ。

未亜:那奈ちゃんは一人娘だから、お婿さんを貰うって立場なんです。嫁には行かないっ。

イコ:でもさ、結婚したら引退するんだろ。

未亜:しませんよっ。研音は女のコは切らない事務所ですからねっ。山口サンとか仙道サンとか高田サンとか、、、。いえ、あの、他意はありませんけど、、、。

イコ:ほぉ、じゃあ、何で絢香は切られたのよさ。

未亜:何事にも例外はありますからね。てか、アノイ牛は、カブトが切られたんでしょう。

イコ:そんな事より、煙草の値段が上がったのよさ。

未亜:姐御も、舘ひろしサンみたいに禁煙したら好いじゃん。

イコ:禁酒は出来ても、禁煙は無理なの。一応3カートン買ったんだけど、来月までには無くなっちゃうのよさ。ピースが440円って、ふざけてるわよ。140円も値上げしやがって、壱日に一箱なんだから月間で4200円も値上げじゃないのよさ。4200円でレコードやCDが何枚買えると思ってんのよさ、此のトンチキ野郎!

未亜:志田ちゃんかよっ。姐御は、最近はレコもCDも買ってないじゃん。

イコ:うんにゃ、昨日6枚買ったわよ。記事にしてないだけで普通に買ってますわよ。其れがさ、新品6枚で2000円なのよさ。其の内の壱枚は「2on1」だから、実質「那奈麻衣」なのよさ。壱枚300円もしないのよ。どーゆーこと?

未亜:CDなんて、もう滅びるって事でしょう。でも、其の五枚組で千円って60年代のコンピは、全部オリジナルじゃなくって録音しなおしたヘッポコ盤だったじゃないですか。「安物買いの銭失い」ですね。

イコ:莫迦だナァ。録り直しだから価値があるわけじゃない。ビリー・J・クレマーとかアップル・ジャックスとかが、未だ現役でレノマカの楽曲だけでドサ回りして食いつないでるって想像しただけで笑えるでしょ。流石にダイアナ・ロスがいないシュープリームスにはズッコケたけどさ。でもね、此れの70年代篇にはシリータが入ってたのよさ。再録だったら貴重だから、次に行ったら買うわよ。

未亜:負け惜しみってゆーか、イソップの狐ってゆーか、、、。

イコ:未亜たんだって、片瀬クンの別ヴァージョンとかを有り難がってるんだから、おんなじです。

未亜:あのですね、天下無敵の御本尊様とビリー・J・クレマーごときを一緒にしないで下さいっ。

イコ:だったら、片瀬クンはレノンに曲を書いてもらったのかしらん?

未亜:ジョンは「那奈ちゃんにそばにいてほしい」って熱唱してますよっ。

イコ:あのさ、ジョンの「STAND BY ME」は1975年に発表されたんだよ。片瀬クンは生まれてないだろ。

未亜:いえ、ジョンは予言していたのれす。

イコ:未亜たんの論理だと、其の内に「片瀬クンはレノンの生まれ変わり」とか云いかねないナ。

未亜:あっ。そー云えば、ジョンが殺されたのが1980年12月8日で、那奈ちゃんが生まれたのが1981年11月7日だから、辻褄が合いますねっ。姐御、ナイス推理!

イコ:おまいナァ、だったら内山理名ちゃんがジョンの生まれ変わりかもしれないじゃまいか。

未亜:だからぁ、もう理名ちゃんネタでボキを責めるのはヤメて下さいってばさ。

イコ:しかし、片瀬クンも鬼だな。折角、理名ちゃんの新番組「3ヶ月トピック英会話」が始まったのに、二週目の10月6日に裏番組の「グータンヌーボ」に出演って、ま〜た潰しに来ましたよ。友情もへったくれも無いんだナ。怖い、怖い。

未亜:理名ちゃんの番組は二回も再放送があるんだから平気ですよっ。そー云えば、ようやく「大仏開眼」の再放送も決まりましたねっ。やっと後編が観れますよっ。

イコ:やっぱ、未亜たんは「内山理名ちゃんネタ」だと食い付くんだナ。別にぃ、あたくしは「片瀬那奈全記録」でも「内山理名全記録」でも、どっちでも好いぞ。

未亜:いえ、あの、「那奈ちゃんゾッコン☆LOVE!」ですから。けほ、けほ。ほら、いよいよ「闇金ウシジマくん」が始まりますよっ。那奈ちゃん念願の「津軽弁」を披露出来る役柄ですっ。

イコ:ああ、「元AV女優」か。片瀬クンは何でもやるナ。

未亜:あのね、、、。其れに、もう来年のドラマも決まって、嬉しいじゃないですかっ。

イコ:「織田サンと片瀬クンの再共演」なんて騒いでるのは此処だけで、一般的には「織田サンが柴崎コウちゃんと再共演!」って話題になっとるじゃまいか。大体、未亜たんも「ラスクリ」は駄作だって認めてるんじゃなかったか?

未亜:いえいえ、藤澤律子もなかなか好いんですよ。那奈ちゃんに駄作なんて在りませんからっ。

イコ:そんな盲目的なファンじゃ意味ないざんしょ。ダメなものは叩く!

未亜:そんなこと云ってて、姐御だって叩いてるのはスタッフばっかじゃないですか。那奈ちゃんは叩かないじゃん。

イコ:片瀬クンは、叩けませんよ。

未亜:ホラ見た事かっ。みなさ〜ん、姐御も「那奈ちゃんゾッコン☆LOVE!」なんですよーっ!!

イコ:うんにゃ、あたくしが片瀬クンを叩けないのは「片瀬クンが怖い」からです。(キッパリ)


(小島藺子/姫川未亜)



「アンテツにしか分らないオチだったナ」(イコ)

posted by 栗 at 16:20| MIAMIA | 更新情報をチェックする

「片瀬那奈ちゃん名セリフ集」#033

小児救命DVD-BOX


「ありがとう。でもさ、留守電入れる時は自分の名前言った方がいいよ、あたしは声で分ったからいいけどさ、じゃなきゃ、只の変態、そう変態だよ、あれ、うん。(中略)あっ、今度お店来て、サービスするからさ」

(「小児救命」2008年)


片瀬那奈ちゃんは「ウォーター商売(佐藤二朗さん声で)」の役柄を演じる機会もあります。「お水も、全然いけまっせっ」って感じで、ホステス、風俗嬢、さらには来るべき「闇金ウシジマくん」では「元AV女優」と、何でもあり!なのです。

ホステス役では「セクスィ〜部長」や「リセット」も好いのですけど、やはり此の「小児救命」第7話にゲスト出演した時がギラリと光ります。まずもって、役名が「三浦 純」ですから、もう名前だけで落ちに行っております。さらに、此のドラマには「黒金、スゥイン太くん、北村」と「鉄板少女アカネ!!」の主要キャラが勢揃いしておりまして、片瀬クンもシリアスなのに「西豪寺エレナ様」モードに入ってしまってます。正に、「隠れた名演技」と呼べる逸品でしょう。

純は、夫と死別したシングルマザーで病弱な息子と暮らしています。仕事はホステスで、ま、色々と苦しい状況みたいです。息子の薬代が払えないって事で物語に関わってくるのですけど、息子の容態が急転し、母性爆裂モードに入り、お店に戻り医療費を前借りし裸足で病院に駆けつけるのでした。親身になってサポートしてくれた若い医師に云ったのが、今回のセリフです。

略した部分は「気をつけます」「息子のトコに行かなきゃ」とかの会話です。前半のヤンキーが入った言い回しも好いのですけど、最大のポイントは、去り際の「あっ、今度お店来て、サービスするからさ」なのだ。なんですと?

「片瀬那奈ちゃんのサービスって、何?」

もう、妄想が「チンパン探偵ムッシュムラムラ」になってしまいますよっ。片瀬那奈ちゃんがホステスのお店だけでもトンデモなのに「サービスするからさ」って、、、。こいつ(賢斗:勝地涼くん)は、絶対に行ったよな。おい、一体、どんなサービスだったのよさ?スピンオフを作って詳らかにしてくんしぇいっ。もう壱度、問いたいっ。

「片瀬那奈ちゃんのサービスって、何?」

さて、大いに取り乱しましたが、本日(10/2)は、ドン・マクリーンとスティングのお誕生日です。御目出度う御座居ます。昨日、新宿でカレー屋さんに行ったら、ドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」が流れていました。長い曲なので、其れしか聴けなかったです。


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 00:02| ERENA | 更新情報をチェックする