nana624.png

2010年10月27日

「闇金ウシジマくん」第3話

闇金ウシジマくん 14 (ビッグコミックス)


TBS 1:04〜1:34

■ キャスト

 山田孝之 :丑嶋 馨(24)

 片瀬 那奈:大久保千秋(26)

 やべきょうすけ :柄崎(24)
 崎本大海  :高田(26)
 かすみりさ :瑞樹
 横山美雪 :杏奈
 希崎ジェシカ :モコ
 、ほか

■ スタッフ
 原作:真鍋昌平「闇金ウシジマくん」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
 脚本:福間正浩、山口雅俊(ヒント)
 音楽:吉俣良
 主題歌:鴉「巣立ち」(トイズファクトリー)
 演出:山口雅俊(ヒント)、川村泰祐
 企画・プロデュース:山口雅俊(ヒント)、木村元子(DHE)、竹園元(毎日放送)
 プロデューサー:幹九郎、佐々木博之(DHE)、丸山博雄(毎日放送)
 製作:「闇金ウシジマくん」製作委員会・毎日放送



本日(10/27)は、渡辺いっけいさん(片瀬那奈ちゃんとは「プリティガール」「信長の棺」「キミ犯人じゃないよね?」で共演)、小西真奈美さん(片瀬那奈ちゃんとは「小児救命」で共演)、塚本高史くん(片瀬那奈ちゃんとは「鉄板少女アカネ!!」「ミラクルボイス」「小児救命」で共演)のお誕生日です。皆さん、御目出度う御座居ます。

多くのカタセカイ住人の記念日でも在りますが、本日は「片瀬那奈ちゃんDAY」と云うべき怒涛の一日になります。「ドラマだ!TVだ!WEBだ!雑誌だ!」と「24時間、那奈ちゃん尽くし」なのですよっ。初っ端から「鮮やかにバッティング」して下さるほどに、片瀬那奈ちゃんは頑張ってらっしゃるっ。此れは、追える限りは追わねばなりますまいっ。

さて「ウシジマ」(片瀬クン声で)の第3話は、いきなりだナァで大久保千秋の登場場面から始まりました。今週もガッチリと出番が多くて、此れじゃ「プロゴルファー花」と同時進行で撮影していたのでは「しんどかった」でしょう。片瀬クンにしては珍しくそんな発言が出てしまうのも宜なるかなです。高瀬リコと大久保千秋を同時進行で演じ分けてしまったって、本当に凄いですよ。挙げ句に藤田千秋も被っていたのですからね。

「凄いナァ、やっぱり」(小鉄声で)

今回も面白かったです。でもですね、千秋は何故に久美子の堕ちる場面に居合わせて「自分を見失わないで!」って何度も忠告するのかしらん。千秋は、とってもマトモな感覚を持っているのですけど、結局は何も出来ないんですよね。いえ、本当に好いキャラクターなんですけど、その甘さが次回ではトンデモな展開になりそうです。

更に、早くも12月15日に「DVD箱」が発売される事が告知されました。レンタルでは「一週間で990円」なんてサービスも始まる様です。いえ、もう、此の作品は、しっかりと「DVD箱」を買いますよっ。もう確定して好いでしょう。

「闇金ウシジマくん」は、片瀬那奈ちゃんの代表作のひとつです。


(小島藺子/姫川未亜)



「闇金ウシジマくん」MBS公式サイト


posted by 栗 at 01:37| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「さきっちょ☆」

Live 93 - Double CD


テレビ朝日 1:21〜1:51


えっと、まあ、見事に「闇金ウシジマくん」とバッティングしちゃいましたので、1:35から録画されましたよ。片瀬クンは10/24に放映された「さきっちょ☆(秘)拡大版スペシャル」とおんなじスタイリングですので、撮りは一緒ですね。よーするに「つづき」なわけだ。

肝心の映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」宣伝の部分等の後半は観れましたけど、バッティングした「13分」は幻で御座居ます。片瀬クンは此れまでもバッティングが在って「バッティング女王」とも呼ばれております。だったら「二番組同時録画」で対応するべきなのでしょうけど、あたくしはそーゆーのは苦手なのですよ。トンボじゃないんだからさ、壱度に沢山観れないわよ。


(小島藺子)



テレビ朝日「さきっちょ」公式サイト

posted by 栗 at 01:57| TV | 更新情報をチェックする

「an・an」1731(2010年11月3日号)

an・an (アン・アン) 2010年 11/3号 [雑誌]


発行/マガジンハウス

WHO’S HOT?この人に注目!
第51回 片瀬那奈
「婚活には、興味ありません」


に登場。カラー3頁(P91〜P93)

 写真・小笠原真紀
 スタイリスト・大沼こずえ(KIND)
 ヘア&メイク・青山理恵(nude.)
 インタビュー、文・杉谷伸子


片瀬那奈ちゃんが、じっくりと仕事や結婚観を語ります。写真も撮り降ろしで、インタビューは2頁見開きに渡る読み応え充分な内容。此れは、初心者から上級マニアまで「絶対、買い!」です。

「今は結婚ぐらいで仕事辞めない」

此の発言を聞けただけで、値千金です。片瀬クンの「結婚引退宣言」は、完全に撤回されました。いえ、もう、分っては居りましたが、こうして御本尊様から明言されると感無量で御座居ます。

思えば2006年の「7・2 名古屋」に於いて発せられた「結婚引退宣言」は、少なくともあたくしにとっては重い発言でした。「ならば、其の時まで、真摯に片瀬那奈ちゃんを見守ろう!」と、誓ったものですよ。でもですね、余りにも片瀬那奈ちゃんは其の後も魅力を増し続けるわけでして、こっちとしては「結婚しても仕事は続けてはくれないか?」と願っていたのですよ。片瀬那奈ちゃんが居ないと死にはしないけど、居てくれないとツマンナイんですよ。

いえ、ハッキリ云って、居てもらわないと困るんです。

其れがですね、結婚しても「片瀬那奈」を辞めないって云ってくれたんだから、もう、最高です。こーなったら、私情丸出しで、

「三冊買い、決定!」


(小島藺子/姫川未亜)



「an・an」1731

posted by 栗 at 12:07| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「Yahoo ! Japan BEAUTY FILE」で片瀬那奈ちゃん!

ヤフー・ジャパン公式ガイド 2008


「片瀬那奈さんが語る、キレイの秘密」
(BEAUTY FILE 10/27)

まずは御覧下さい。フォトダイアリーも在る充実の内容です。


(姫川未亜)


posted by 栗 at 13:43| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「大御所芸能人が行く 人気お得ツアー初体験」

Bloody Tourists


TBS、MBS 21:00〜22:48

旅行代理店「浜田ツーリスト」のカウンターに並ぶのは浜田雅功・志村けん・片瀬那奈・友近・杉浦太陽・ビビる大木の6人。不景気の今、大御所芸能人といえども高い旅費を払っての豪華旅行ではなく一般客に混ざってパックツアーを体験してもらおうというのが狙いだ。


二時間弱の特番ですが、メインは其の名の通り「大御所芸能人が行く 人気お得ツアー初体験」のVTRです。片瀬那奈ちゃんは何をしているかと云うとですね、スタジオでVTRを観ているゲストなのです。小窓ちゃんも在りませんので、大変編集し易い番組ですね。VTRを観て笑っているトコは通常サイズで入りますし、感想を述べつつ料理を食いまくるって場面も在りますので、

「本当に親切な編集です。(キッパリ)」

いえ、マジで「小窓ちゃん」って、色んな意味で「好くない」ですからっ。此れは、正しい。

片瀬クンが理名ちゃんと急に思い立って韓国旅行を敢行したのは、此の番組収録が影響していたのでありましょうか。でもですね、星村クンとの島根デートも突然に決めてやらかして居りますので、元々、片瀬クンのフットワークは軽いんですよ。御蔭様で、ずっと、ドキドキさせて頂いております。片瀬那奈ちゃんは「腕白」です。目が離せないよ。


(小島藺子/姫川未亜)



「大御所芸能人が行く 人気お得ツアー初体験」TBS番組紹介

posted by 栗 at 22:57| TV | 更新情報をチェックする

「3か月トピック英会話」で内山理名ちゃん!#05

NHKテレビ3か月トピック英会話 2010 11―聴く読むわかる!英文学の名作名場面 (NHK CD)


NHK教育 23:10〜23:30

E.M.フォースター「インドへの道」


本日(2010年10月27日)は、眞に「目くるめく片瀬那奈ちゃんDAY」でした。ドラマ、バラエティ、雑誌、WEB、と波状攻撃で、遂に「肝心のアレも公表!」と、正に目が離せない24時間が展開されたのです。それにつけても「片瀬クンに寄り添う内山理名ちゃん」の存在が、今や「当たり前」の事として多く語られているのが目を引きます。此処的には、本当に好い状況になって参りました。

てなわけで「片瀬那奈ちゃんDAY」の最後は、ビシッと内山理名ちゃんに締めて頂きましょう。本日からは、新しいテキスト本になりました。此の「3か月トピック英会話」を観て、片瀬クンが出演していた「テレビでスペイン語」に比べて「分り易い」と感じるのは、あたくしが英語なら少しは理解出来ているって事もあるのかもしれません。スペイン語は片瀬クンがナビゲーターだから初めて接したので、正直、最後までマリアが何を話しているのかサッパリ分りませんでした。

其れで、毎回言及しているのですけど、同じ語学番組のナビゲーターなのに「那奈理名」には明確な違いが在るのです。片瀬クンと理名ちゃんは、お誕生日が一緒で感性も合って親友なのですけど、個性が全く違うんですよ。本当に、よくぞ出逢って下さったと思います。「那奈理名」は、あたくしにとっては「レノン・マッカートニー」に匹敵するコムビです。


(小島藺子/姫川未亜)



「3か月トピック英会話」NHK公式サイト

posted by 栗 at 23:37| RINA | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

FAB4-099:IN MY LIFE

For The Boys: Music From The Motion Picture トゥ・サイズ・オブ・ザ・ムーン(紙ジャケット仕様)


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス(10/18、25、26)、スチュワート・エルサム(10/22)
 2E:ケン・スコット(10/18、25)、マイク・ストーン(10/22)、ロン・ベンダー(10/26)
 録音:1965年10月18日(take 3)、10月22日(take 3 へ SI)
 MONO MIX:1965年10月25日
 STEREO MIX:1965年10月26日

 1965年12月3日 アルバム発売 (「RUBBER SOUL」 B-4)
 パーロフォン PMC 1267(モノ)、PCS 3075(ステレオ)


ビートルズの楽曲の大半は「レノン・マッカートニー」と作者名が記されていますが、それらが全て二人の合作ではありません。確かに合作もありますが、ほとんどはどちらか片方が書いた作品です。どちらか個人で書いた曲も含めて、全て「レノン・マッカートニー」の作品にする事を、二人は10代の時に決めたのでした。

其れでも、自ずとどちらが書いたのかは明白になってゆきます。基本的に「歌っている方が書いた」って見分けが付くのですけど、ジョン・レノン自身が「レノマカ楽曲のカラクリ」を大いに暴露してしまいます。有名なのは、解散後の1970年に出た「ビートルズ革命(回想するジョン・レノン)」と、殺されてしまう直前の1980年の「プレイボーイ誌インタビュー」でしょう。其のジョン・レノン自身の解説で、ほとんど全ては明かされたと思えました。ところが、レノンの死後にマッカートニーが異説を語り出したのです。基本的にはレノン説と同じなのですが、二曲が大いに異なっていました。其の一曲が此の「IN MY LIFE」です。

レノン説では「既に詩もメロディーも出来上がっていた段階で、ポールに聴かせて、ミドル8を手伝ってもらった」って事でして、ほとんど「ジョン・レノン作品」って事になります。一方、ポールは「曲を書いたのは僕だ。ジョンは詩を完成させていて、其れに僕が曲をつけた」と断言しています。よーするに「詩はジョンが書いた」は確定で、問題は「作曲が誰か?」なのです。

レノマカ作品の通例から云って歌っているジョンが主に書いたと思うのですが、ジョンも認めている通りに、ミドル8のメロディーはポールの色が強く出ています。では、Aメロはどうなのか?と云えば、大いにレノン節でも在るし、其れはポール節でも在るのです。ジョンが歌っているのですから、彼が全く作曲に関わっていないとは考えられません。無理矢理に結論付けると、此の楽曲こそが「レノン・マッカートニー」作品なのです。どっちが書いたのか、本当に分らないんですよ。

何にしろ、此れは名曲です。20代半ばで、ジョン・レノンはこんな境地に居たわけですよ。其れは、在る意味、不幸です。人生を振り返るには、未だ早過ぎる。ジョンは「元祖アイドル」なんだよね。でもさ、ジョンは振り返るべき過去が既に在ったのよさ。「10代からアイドルやってたけど、色々あって、、、」って話とは、全然違うんだよ。そもそも、此の当時のビートルズって天下無敵だったわけで、「俺様はビッグじゃん!ガッハッハッハ」って云っても誰も文句が云えない様な立場だったわけですよ。なのに、ジョンは何か終ってしまっているのです。「こんなはずじゃなかった」と歌うのです。迷っているんですよ。此の楽曲には、普遍性が在る。でも、ジョンはそんな事は考えていなかったはずです。其の時に、思った通りに書いたのでしょう。余りにも、無垢なんだよ。其れを「天才」と云うのは容易い事です。

あたくしは、ジョン・レノンは「天才」ではないと思います。たまたま才能とチャンスが在ってお金持ちになっただけの、悩める普通の人です。だからこそ、僕らは未だに此の曲に感動するのです。


(小島藺子)



さて、本日(10/28)は、蟹江敬三さん(片瀬那奈ちゃんとは「信長の棺」「いのちのいろえんぴつ」「朝食亭」で共演)、「あたくしが最も愛した女子プロレスラー」尾崎魔弓「オザキーッ!」、そんでもって、こないだも片瀬クンと「さきっちょ☆」で共演していた「スザンヌちゃん」のお誕生日です。皆さん、御目出度う御座居ます。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 01:11| FAB4 | 更新情報をチェックする

「MORE」2010年12月号

MORE (モア) 2010年 12月号 [雑誌]


発行/集英社

「片瀬那奈さんがナビ!
 今したいコーデと相思相愛
 旬顔ブーツがなくっちゃね!」


に登場。カラー6頁(P141〜P146)

 構成・文/熊谷聡子
 撮影/西出健太郎(モデル)坂田幸一(製品)
 ヘア&メイク/村端ジン(ヌーデ)
 スタイリスト/大沼こずえ(カインド)


ブーツを紹介する特集なので、6頁中5頁で片瀬那奈ちゃんの全身ショットが観れます。ライティングが少し暗めなのが気になりますけど、「こずえ&ジンコ」の黄金タッグによる仕事ですので、外しません。

此れは「絶対、買い!」です。

付録でトートバッグもついてますよ。


(小島藺子/姫川未亜)



「MORE click !」



posted by 栗 at 12:07| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

FAB4-100:WAIT

Rubber Folk The Capitol Albums Vol.2 (Long)


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:フィル・マクドナルド(6/17)、ケン・スコット(11/3)、ジェリー・ボイズ(11/9)
 録音:1965年6月17日(take 4)、11月11日(SI onto take 4)
 MONO MIX:1965年11月15日
 STEREO MIX:1965年11月15日

 1965年12月3日 アルバム発売 (「RUBBER SOUL」 B-5)
 パーロフォン PMC 1267(モノ)、PCS 3075(ステレオ)


レノン・マッカートニーの合作。本当に時間が無かった。契約上、どうしても1965年のクリスマス・シーズンに合わせてアルバムを出さなければならず、実質的な録音はたったの一ヶ月!しかもビートルズは過酷なツアーも行っていた合間に録音していたアルバム「RUBBER SOUL」セッションの最終日に、ポールは「YOU WON'T SEE ME」を、ジョンは「GIRL」を、何とか捏ち上げたのですが、未だ足りなかったのです。普通なら、シングルにする「DAY TRIPPER / WE CAN WORK IT OUT」を入れてしまえば済む話なのだけど、ビートルズは「アルバムとシングルは別だ!」との頑固な姿勢を貫きたかった。其処で、前作「HELP !」のセッションでボツにした録音を引っぱり出しまして、オーバー・ダビングをして急場を凌いだのでした。

たったの半年ですけど、明らかに「HELP !」と「RUBBER SOUL」は別の世界観を持った作品になっています。ゆえに、此の「HELP !」セッションで録音された楽曲は居心地が悪いのですけど、やはり何気に好い曲なんですよ。アルバムだと次作になる「REVOLVER」からは、明らかに「レノマカ崩壊」が感じられます。其の流れは「HELP !」で既に示されてもいました。ところが、「RUBBER SOUL」では「此れぞ、レノマカ!」と云える先祖帰り現象が起きています。ビートルズのアルバムで、此れ程までに「ジョンとポールの合作と二重唱」が聴けるのは「RUBBER SOUL」だけです。1965年に、遂に覚醒した相棒ポールと、ジョンは思う存分にタッグワークを楽しんだのでしょう。そして、実際に多くの名曲を書けたのです。翌1966年からは「ポール主導」と語られがちなのですけど、其れは違う。ジョン・レノンは明らかに「曲作り」の手法を変えました。其れがまた、面白いんですよ。


(小島藺子)



さて、本日(10/29)は、デニー・レインとピーター・グリーンのお誕生日です。つーか、デニーってピーター・グリーンよりも年上なのかよっ。後、ホリエモン(「闇金ウシジマくん」絡みで、何故かカタセカイに参入して参りました)もお誕生日ですね。皆さん、御目出度う御座居ます。てか、皆さん、壮絶な人生を歩んでらっしゃる。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「みんな大好き!片瀬那奈ちゃん」

ラヴ・ユー(紙ジャケット仕様)


本日の「カタセカイ☆ニュース」

【ドラマの見どころ!】学校では絶対に教えてくれない、人生のお高い授業料。『闇金ウシジマくん』(リアルライブ 10/29)


「闇金ウシジマくん」の第三話の関東での数字は「2.2%」でした。此の侭「2%」前後で行くのでしょうね。ま、深夜枠なら普通だと思います。問題は作品の評価ですが、片瀬那奈ちゃん演じる大久保千秋に関しては「賛否両論」です。

大久保千秋は「ドラマ・オリジナル・キャラクター」ですので、原作のファンからは不評です。「原作の残酷な世界観を、千秋の存在が邪魔している」って事なんですけど、元々ドラマ版で「救い」を演出する為に設定されたキャラクターですので、片瀬クンは其れを忠実に演じているだけなのです。映画「デスノート」の時も思いましたけど、そんなに原作のまんまを望むならば、実写化なんて意味がないのですよ。どうして、原作と映像作品の違いを楽しもうって気持ちになりませんのかしらん。てか、ツマンナイなら観なければ好いだけです。

此の記事では「暗いドラマの中で唯一の救いは、片瀬那奈演じる千秋の存在。堕ちていく女の客に「あなた、それでいいの?」と問いかける。ドラマオリジナルキャラらしいけど、キレイな顔して津軽弁を話す千秋になんかほっこり。さすが、片瀬那奈だわ。」と絶賛されています。「東スポ」や「リアルライブ」に好かれてもどーなのか?って感じですけど、何気に片瀬クンは鬼畜系メディアでも好評ですね。

ま、此処もカテゴライズするなら、立派に「鬼畜系」なわけだが。


(小島藺子)


posted by 栗 at 23:20| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

FAB4-101:IF I NEEDED SOMEONE(恋をするなら)

Mr. Tambourine Man Limited Edition The Hollies Greatest Hits


 w & m:HARRISON

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(10/16、18、25)、ロン・ベンダー(10/26)
 録音:1965年10月16日(take 1)、10月18日(take 1 に SI)
 MONO MIX:1965年10月25日
 STEREO MIX:1965年10月26日

 1965年12月3日 アルバム発売 (「RUBBER SOUL」 B-6)
 パーロフォン PMC 1267(モノ)、PCS 3075(ステレオ)


ジョージ・ハリスンの作品で、彼にとって初めての傑作と呼べる楽曲です。此れなら「レノマカ楽曲」と並んでいても通用します。1966年のビートルズ来日公演でも演奏され、1991年のソロ来日公演でも披露されました。ビートルズ来日の時に田舎の幼稚園児だったあたくしは、公演に行けるどころか「ビートルズとは何か?」すら認識していませんでした。マンガで見て「ビートルズって、ヒッピーとかフーテンのことかしらん」と思っていましたよ。「生・ビートル」を実演で初めて観たのは1990年のポール初来日公演ですが、あたくしは翌年のジョージで此の楽曲が演奏された時に「おおっ!ビートルズ来日公演だっ」と大いに興奮したものです。

イントロの12弦ギターで奏でるフレーズが、ザ・バーズの「リムニーの鐘(The Bells Of Rhymney)」とほとんど同じです。でもですね、リッケンバッカーのエレキ12弦を初めて使ったのはジョージで、其れは映画「A HARD DAY'S NIGHT」に記録されている通りなのです。其れを観たロジャー・マッギンは12弦を買ったんです。ロジャー・マッギン自身が「12弦ギターで最も影響を受けたのは、ジョージ・ハリスン」と明言しております。ゆえに、此れはジョージからの愛ある返答だったのですよ。こーゆーのを「パクリ」とか「盗作」だとか、さみしい云い方をしてはいけませんよ。

テンション・コードを多用し基本的には同じコードで展開させる曲作りは、ジョージの十八番になります。特に「ディミニッシュ・コード」の使い方が絶妙です。ジョージの独特な作曲法が確立された記念すべき楽曲と云えます。此れは、名曲です。しかし、当時の世間の評価は違っていました。此の曲は、ビートルズがシングル・カットせず、競作でホリーズがシングルを出したのです。ところが、最高20位と些かお粗末な結果となりました。自信作の不評に怒ったジョージ・ハリスンは、有ろう事か「ホリーズがヘッポコだから売れなかった!」と八つ当たりし、ホリーズも「そんな風に云うなら、もうこんなクズ曲は演奏しない!」と二度とライヴで披露しなくなったのでした。何だかナァ。


(小島藺子/姫川未亜)



さて、本日(10/30)は、仲間由紀恵さん(片瀬那奈ちゃんとは、映画「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」で共演)のお誕生日です。御目出度う御座居ます。そー云えば、「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」の初日舞台挨拶には行けませんでした。登壇告知が無かったので、スル〜しちゃったのよさ。那奈ちゃんの出演映画初日舞台挨拶を逃したのは、初めてでした。もう二度と、そんな事は御免だな。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 00:00| FAB4 | 更新情報をチェックする

「研音さん!片瀬那奈ちゃんに逢いに行ってもいいすか」

裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)


えっと、研音さんの公式では全く告知がありませんが、本日(10/30)、来週(11/6)公開の映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の初日舞台挨拶付き前売り券が発売されました。渋谷で二回、埼玉で一回の計三回行われる舞台挨拶には、当然乍らヒロイン「美人鬼検事・マリリン」を演じた片瀬那奈ちゃんも登壇します。

名古屋の件もありましたので、三回全部追っかけようとも思いましたけど、埼玉に参加するには渋谷の二回目は舞台挨拶だけ観て映画をパスして駆けつけないと間に合いませんし、やっぱそーゆーのは何だか変なので、渋谷の二回に行く事にしました。無事にテケツもしっかりと「ぴあ」店頭販売で買いましたので、来週こそは片瀬那奈ちゃんに逢えそうです。

「研音さん、まさか、雨で中止とか云わないですよね?」


(小島藺子/姫川未亜)



設楽初主演映画の舞台挨拶にバナナマン登場(お笑いナタリー 10/27)
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」公式サイト

posted by 栗 at 11:01| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「EURO24 卒業 新たなわたしと出会う旅」

NHK テレビでスペイン語 2010年 04月号 [雑誌]  NHK テレビでスペイン語 2010年 05月号 [雑誌]  NHK テレビでスペイン語 2010年 06月号 [雑誌]

NHK テレビでスペイン語 2010年 07月号 [雑誌]  NHK テレビでスペイン語 2010年 08月号 [雑誌]  NHK テレビでスペイン語 2010年 09月号 [雑誌]


NHK教育 16:00〜16:59


半年間の「EURO24」が終了して早一ヶ月、「卒業」と題した完結篇が放送されました。勿論、「テレビでスペイン語」で大活躍した「姫様」こと片瀬那奈ちゃんも登場ですよっ。思えば「EURO24」は、始まる前にも特番でイントロダクション篇がありましてですね、最後もこうしてしっかりと完結篇を制作するって「志」は素晴らしいですね。流石は「数字に左右されない日本放送協会サマ」です。

四ケ国語のナビゲーターを勤めた美女4人が、それぞれ半年間の成果を見せるべくミッションを敢行します。片瀬クンに課せられたお題は、やっぱり「食いしん坊」ネタで「巨大パエリアを作れ」でした。しっかりとデザイン画から始めて、久しぶりにフリオと再会し、スペイン語圏の方々とパーティーです。相変わらず、フリオには「タメグチ全開モード」で御座居ます。

まずもって、片瀬クンのスペイン語が流暢なのが素晴らしいですね。番組では「わざと下手な振りをしていた」わけだ。フリオが通訳しているんでしょうけど、ヒアリングではほとんどスペイン語を理解出来ている様子です。分らない単語や表現が出ると、すかさずフリオに訊いてましたからね。そりゃ、片瀬クンが半年間学んだなら、此のレベルには行きますよ。片瀬那奈ちゃんの魅力が爆裂のパエリア祭りが展開され、観て居るだけで楽しくなってしまいます。

「やっぱ、那奈ちゃんって好いナァ」

本日は、映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の初日前売り券をゲットする事でエナジーを使い尽くしましてですね、颱風も来てるんで部屋に籠って魂が抜けた様にホケ〜と過ごしていたのですけど、こーゆー番組を観ると元気が出ますよ。ま、「魂が抜けた様にホケ〜と過ごしていた」時には「闇金ウシジマくん」や「プロゴルファー花」を流していたわけですけどね。(てか、「マジで此れを同時に撮っていたのかよ?」と驚かされます。)

どんな薬や治療よりも、片瀬那奈ちゃんが効くのです。だってさ、此の番組だって「片瀬那奈ちゃんがスペイン語圏のみんなとパエリアを作って食べてるだけ」なのよさ。其れを観ただけで幸せになっちゃうんだから、こりゃドエライ事ですよ。正に、あたくしは「片瀬那奈ちゃんによって生かされている」のでしょう。那奈ちゃん、いつも有難う。今回も、

「ケ リコ !」で御座居ました。


(小島藺子/姫川未亜)



「EURO24女子Dのココだけの話」

posted by 栗 at 17:07| TV | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

FAB4-102:RUN FOR YOUR LIFE(浮気娘)

Boots エルヴィスのゴールデン・レコード第1集


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(10/12、11/10)、ジェリー・ボイズ(11/9)
 録音:1965年10月12日(take 5)
 MONO MIX:1965年11月9日
 STEREO MIX:1965年11月10日

 1965年12月3日 アルバム発売 (「RUBBER SOUL」 B-7)
 パーロフォン PMC 1267(モノ)、PCS 3075(ステレオ)


アルバム「RUBBER SOUL」の最後を飾るのはジョン・レノンの作品で、「RUBBER SOUL」セッションで最初に録音された曲です。有名な話ですが、作者のジョンは此の曲を「クズだ」「キライだ」と公言しています。エルヴィスがカヴァーしてヒットした「BABY, LET'S PLAY HOUSE」から歌詞を転用した事も認めたうえでの発言ですので「照れ隠し」もあるのかもしれません。

ジョンが語る通りに「締め切りに追われ、何か書かなければならないから捏ち上げた」のでしょう。其れでも好い曲になっちゃうんだから困ったもんです。アルバムのセッションで最初に取り上げたのですから、単なる埋め合わせとは考えられません。大体、そんな駄曲をアルバムの最後に収めたりしませんよ。ビートルズのアルバムは全て「ジョン・レノンの最新自信作から録音される」と云う暗黙の了解もありますので、案外ジョンは此の曲を気に入っていたのかもしれません。

前述の通り、アルバム「RUBBER SOUL」の方向性は此の曲の次に録音された「NORWEGIAN WOOD(This Bird Has Flown)」で決定されたとは思いますが、此の楽曲でも既に「RUBBER SOUL」らしさが示されています。ブライアン・ウイルソンは改変されたアメリカ盤の「RUBBER SOUL」を聴いて「フォーク・ソング集だ」と云いましたが、此の疾走感溢れる曲でもジョンが弾くのはアコギなのです。ディランの影響もあったのでしょうけど、1965年のジョン・レノンはアコースティック・ギターにより傾倒していました。

アルバム「RUBBER SOUL」を年末のクリスマス・シーズンに間に合わせ、ビートルズの1965年は終ります。翌1966年には、またしても新たな展開へと進むのですが、其のひとつに「ジョン・レノンの曲作りが明らかに変わった」事があります。デビュー以来のポップなレノン節は「RUBBER SOUL」で完結しました。ジョンは、意図的に違う世界へ向かいます。ポールの覚醒と成長が鮮やかに感じられるのは、ジョンの変化による部分も大きいのです。

ソレからですね、ビートルズの邦題にはナイスなものが多いのですけど「RUBBER SOUL」あたりになると本当にトンデモです。シングルの「恋を抱きしめよう」とか「何で?」としか思えませんけど、「ひとりぼっちのあいつ」に「嘘つき女」で「浮気娘」ですよ。何なんだ?おまいはコジマユか?「ひとりぼっちのあいつ」って、もしかしたら「こいつ」に掛けてんの?だから、そもそも何で「THIS BOY」が「こいつ」なのよさ。


(小島藺子)



さて、本日(10/31)は、つげ義春さんと「L/竜崎」のお誕生日です。御目出度う御座居ます。マンガのキャラと一緒にしちゃってすみません。でも、つげさんって凄いんですよ。「ゲゲゲの女房」であたくしが壱番面白かったのは、つげさんと池上遼一さんがアシスタントでいた時代でした。水木先生の著書で読んだ実話で、水木先生が調子が悪そうなつげさんを心配して「どうしたの?」と訊いたら、つげさんが「首の上に頭が乗っていて、重くて辛いです」って応えたエピソードは衝撃的でした。そんな物凄い事を、壱度は云ってみたいもんですよ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「シネ通!」で「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

【SG】バナ夫 BANAO “FuFu” 限定デザインTシャツ(デイジー) M


テレビ東京 0:50〜1:20

我らがMC設楽統初主演作を片瀬那奈と語る

スタジオゲスト:片瀬那奈



日付は変わりましたけど、今日は決戦!でした。映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の初日に舞台挨拶が在る事が公表されたのが10/16で、其れからはもう具体的なテケツ入手方法告知を待つ日々ですよ。ようやく其れが発表された10/27からは、もう頭の中は「マリリンのテケツ」でいっぱいです。「ぴあ」限定って事で、此れは店頭販売が確実だっ!と思ったら雨じゃん。名古屋で買った傘が強風でぶっ壊れ、ずぶ濡れになりながら買いにゆきましたよ。ま、片瀬那奈ちゃんのファンなんだから当然なんですけどね。こっちとら、名古屋の門前払いで更に強くなってますから。

そんな決戦日を無事に終え、パエリアを作る片瀬クンでほっこりさせて頂いて、締めは「シネ通!」なのだ。MCがバナナマンの設楽さんですからね、そりゃ主演作「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の告知はしますよね。其れで、ヒロインの片瀬クンもゲストで呼びますよね。うん、うん、好いぞ。で、登場した片瀬クンですが、、、

「な、なな、何だ?其の小さな帽子はっ」

此処の処、片瀬クンは「帽子の役目を成してない帽子を被る」ってファッションがお気に入りの様子です。此の小さなハットも初めてでは在りません。しかし、、、佇まいで「出落ち」だっ。外さないナァ。阿曽山大噴火サンが普通に見える程のトンデモなスタイリングです。くれぐれも皆さん、マネしないで下さいね。片瀬那奈ちゃんだから似合うんですよっ。

此れから公開へ向けて宣伝の番組は他にもあるのでしょうけど、此の番組がおそらくベストでしょう。日村サンが美味しいトコを全部持ってっちゃったけど、爆笑する小窓の片瀬クンがゲロマブだっ。本当に、公開が待ち遠しい!舞台挨拶も楽しみですけど、当然乍らようやく観れる(此の映画の撮影は、一年前!)本編こそがメインなのです。ゆえに、埼玉はパスして、渋谷で二回観る事にしたんですよ。「舞台挨拶だけ観て映画は観ない」って失礼ですよ。人それぞれですけど、あたくしは納得がいかない。ま、「どこでもドア」でも在れば、埼玉も行くわけですけど、あたくしのスタンスでは「映画を観ないで舞台挨拶を追う」ってのは無理なんです。バッティングで両方選ぶって、ズルいよ。


(小島藺子/姫川未亜)



「シネ通!」テレビ東京公式サイト

posted by 栗 at 01:27| TV | 更新情報をチェックする